Create issue ticket

考えれる6県の原因 気分変調性障害

  • 気分変調性障害

    「二重うつ病」とは、気分変調症に加えてうつ病エピソードを呈することである。気分変調の時期と軽躁の時期が交互に表れるときは、気分循環障害という軽症型の双極障害を示唆する。 DSM-5においては、気分変調症の項目は持続抑うつ障害となり、日本語版では気分変調症の診断名も併記されている。[ja.wikipedia.org] DSM-5では持続抑うつ障害(Persistent Depressive Disorder)と気分変調症の診断名が併記されている。その前のDSM-IVでは気分変調障害(きぶんへんちょうせいしょうがい、Dysthymic disorder)である。[ja.wikipedia.org] 気分変調症患者の少なくとも4分の3が慢性の身体疾患もしくは不安障害気分循環障害、薬物依存、アルコール依存など他の精神障害を併発するとされる。一般的な併存症としてはうつ病(〜75%)、不安障害(〜50%)、パーソナリティ障害(〜40%)、身体表現障害(〜45%)、薬物乱用(〜50%)がある。[ja.wikipedia.org]

  • 不安障害

    不安障害はほかの精神障害の併存が多いことも特徴のひとつと述べましたが、そのことも経過に影響を与えます。とくにうつ病(大うつ病や気分変調障害)、アルコール・薬物依存、パーソナリティ障害などが加わると、症状が悪化し経過が長引くことが分かっています。[mhlw.go.jp]

  • 慢性的な不安

    不安障害はほかの精神障害の併存が多いことも特徴のひとつと述べましたが、そのことも経過に影響を与えます。とくにうつ病(大うつ病や気分変調障害)、アルコール・薬物依存、パーソナリティ障害などが加わると、症状が悪化し経過が長引くことが分かっています。[mhlw.go.jp]

  • 不安神経症

    不安障害はほかの精神障害の併存が多いことも特徴のひとつと述べましたが、そのことも経過に影響を与えます。とくにうつ病(大うつ病や気分変調障害)、アルコール・薬物依存、パーソナリティ障害などが加わると、症状が悪化し経過が長引くことが分かっています。[mhlw.go.jp]

  • 精神疾患

    気分に関するものは、抑うつを呈するうつ病や、気分変調障害気分が高ぶった躁も呈する双極性障害、また不安や恐怖が持続する不安障害や強迫性障害に分類される。 ストレスを原因とする場合には、心的外傷後ストレス障害や急性ストレス障害である。DSM-5より適応障害がこのグループに含められるようになった。[ja.wikipedia.org]

  • 境界性人格障害

    また1998年の別の統計では、パニック障害や社交不安障害などの不安障害、うつ病や気分変調症などの気分障害、アルコール依存や薬物乱用、摂食障害、PTSD、身体表現障害が多かった。 併存疾患には男女差がある。アルコールや薬物依存は男性に多く、うつ病、不安障害、摂食障害、心的外傷後ストレス障害(PTSD)は女性に多い。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状