Create issue ticket

考えれる2県の原因 毛瘡白癬菌

  • 足白癬

    足白癬(あしはくせん)は、感染症の一種で、白癬菌(はくせんきん)が足の指や足の裏など皮膚の角質やその下の皮下組織を侵食することで、痒みや炎症などが起きる。一般的な通称は水虫(みずむし)。足白癬には2種類あり、足の裏の角質が肥厚して硬くなる角化型白癬(かくかがたはくせん)と、水疱や皮膚剥離(薄く皮が剥ける)が発生し、発赤や痛痒感などを伴う汗疱状白癬(かんぽうじょうはくせん)が存在する。 治療には抗真菌薬が使われ、外用薬の場合1986年には1日1回で済む薬剤が登場した。[…][ja.wikipedia.org]

  • 爪真菌症

    頭部白癬(しらくも)・ケルズス禿 頭部に生じる白癬感染症。嚢を破壊し難治性の脱毛症を生じるものはケルズス禿と呼ばれる。Microsporum canis・Trichophyton verrucosumが原因の比率が高いため、猫飼育者・酪農家は注意が必要。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状