Create issue ticket

考えれる166県の原因 毒素性ショック症候

  • 化膿レンサ球菌

    免疫担当細胞の過剰な亢進を引き起こし、発熱、炎症、全身ショックの原因になる。猩紅熱に見られる全身の発赤(発赤毒素)や毒素ショック症候群などの毒素疾患の主因であり、また壊死性筋膜炎との関連も指摘されている。[ja.wikipedia.org] 免疫担当細胞の過剰な亢進を引き起こし、発熱、炎症、全身 ショック の原因になる。 猩紅熱 に見られる全身の発赤(発赤毒素)や毒素ショック症候群などの毒素疾患の主因であり、また壊死性筋膜炎との関連も指摘されている。[ja.wikipedia.org] その他、蜂窩織炎(蜂巣炎)や化膿関節炎、骨髄炎、結膜炎などさまざまな感染症を起こす。 毒素ショック症候群 - 化膿レンサ球菌が産生する毒素に対する免疫反応のために、全身炎症反応症候群からショック、多臓器不全に至る。壊死性筋膜炎とともに、「劇症型溶連菌感染症」と呼ばれる。[ja.wikipedia.org]

  • レンサ球菌感染

    また、まれに壊死筋膜炎に進行して、毒素ショック症候群(Streptococcal toxic shock syndrome;STSS)を呈することがあります。壊死性筋膜炎は筋膜から脂肪および上皮へ重篤でかつ急激に感染が進行し、筋膜の壊死を起こします。[yoshida-pharm.com] 壊死筋膜炎(えしせいきんまくえん) 溶連菌急性感染症の最も重症な病型であり、後述する毒素ショック症候群とともに「劇症型溶連菌感染症」と呼ばれる。きわめて急速に進行する軟部組織の感染症であり、典型的な例では指先や足先など四肢の末端部から、1時間に数cmもの速さで壊死が進行する。高熱、全身状態の不良、局所の腫脹・疼痛が主症状。[ja.wikipedia.org] 肺炎 猩紅熱(しょうこうねつ)(現在はまれ) レンサ球菌毒素ショック症候群 レンサ球菌感染症の後に起こる病気 糸球体腎炎(腎臓炎症) リウマチ熱 B群 ストレプトコッカス・アガラクティエ 成人、特に糖尿病がある場合 膿瘍 蜂窩織炎 傷の感染 新生児の場合 血流への感染(敗血症) 髄膜炎 肺炎 出産後の女性 血液の感染 子宮の感染(子宮内膜炎[msdmanuals.com]

  • 黄色ブドウ球菌感染症

    黄色ブドウ球菌は、ヒトや動物の皮膚、消化管内などの体表面に常在し、 ヒトの化膿疾患に深く関わっています。 また、本菌が産生する毒素は健常者にも食中毒や毒素ショック症候群の原因となります。[kanpoken.pref.yamaguchi.lg.jp] 黄色ブドウ球菌の病原が強い理由としては、さまざまなタンパク毒素を産生することが挙げられます。たとえば、毒素ショック症候毒素 (TSST-1) は免疫系の重要な細胞であるTリンパ球にはたらき強い炎症を引き起こし、毒素ショック症候群の原因になります。[jsbac.org] 毒素ショック症候群 [ 編集 ] 毒素ショック症候群 (Toxic shock syndrome, TSS) は、黄色ブドウ球菌の産生するTSST-1 (Toxic shock syndrome toxin 1) という毒素による症候群。[ja.wikipedia.org]

  • ブドウ球菌敗血症

    黄色ブドウ球菌の病原が強い理由としては、さまざまなタンパク毒素を産生することが挙げられます。たとえば、毒素ショック症候毒素 (TSST-1) は免疫系の重要な細胞であるTリンパ球にはたらき強い炎症を引き起こし、毒素ショック症候群の原因になります。[jsbac.org] 毒素ショック症候群 [ 編集 ] 毒素ショック症候群 (Toxic shock syndrome, TSS) は、黄色ブドウ球菌の産生するTSST-1 (Toxic shock syndrome toxin 1) という毒素による症候群。[ja.wikipedia.org] 黄色ブドウ球菌は、ヒトや動物の皮膚、消化管内などの体表面に常在し、 ヒトの化膿疾患に深く関わっています。 また、本菌が産生する毒素は健常者にも食中毒や毒素ショック症候群の原因となります。[kanpoken.pref.yamaguchi.lg.jp]

  • コアグラーゼ陰性ブドウ球菌

    黄色ブドウ球菌の病原が強い理由としては、さまざまなタンパク毒素を産生することが挙げられます。たとえば、毒素ショック症候毒素 (TSST-1) は免疫系の重要な細胞であるTリンパ球にはたらき強い炎症を引き起こし、毒素ショック症候群の原因になります。[jsbac.org] 黄色ブドウ球菌は、一般的に化膿症の原因菌ですが、コアグラーゼや腸管毒素の他にも多くの代謝産物である外毒素を産生することで、種々の疾患を起こします。毒素ショック症候毒素(TSST-1)はその名の通り毒素ショック症候群を引き起こし、エクソフォリアチンは表皮剥脱を起こす外毒素で皮膚剥脱症候群(SSSS)を引き起こします。[hk-wj.co.jp] 一部の菌株は,胃腸炎,熱傷様皮膚症候群,および毒素ショック症候群を引き起こす毒素を産生する。診断はグラム染色と培養による。治療には通常,ペニシリナーゼ抵抗 β -ラクタム系薬剤を使用するが,抗菌薬耐性がよくみられるため,バンコマイシンまたは他のより新しい抗菌薬が必要になることもある。[msdmanuals.com]

  • 感染性心内膜炎

    感染性心内膜炎(Infective endocarditis)は、心臓の内側に細菌が感染し、これによる心臓弁の穿孔等の炎症性破壊と菌血症を起こす疾患。「亜急性細菌性心内膜炎:Subacute Bacterial Endocarditis:SBE」などとも呼ばれていたが、細菌以外(真菌などの微生物)も原因となるので、この名となった。 多くの場合、大動脈弁閉鎖不全症(AR)や僧帽弁閉鎖不全症(MR)、あるいは心室中隔欠損症(VSD)や動脈管開存症(PDA)のように、「血流ジェット」([…][ja.wikipedia.org]

  • 感染性関節炎

    この記事は 検証可能 な 参考文献や出典 が全く示されていないか、不十分です。 出典を追加 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2017年12月 ) 感染性関節炎(かんせんせいかんせつえん) ・ 化膿性関節炎(かのうせいかんせつえん) とは、 関節 (関節液や関節組織など)の 細菌 感染症 ( 関節炎 )である。高齢者に多いとされているが、小児でも見られその場合は 乳幼児急性化膿関節炎 と呼ばれることもある。 概要 [ 編集 ] 起炎菌としては 黄色ブドウ球菌 が最も多く、また人工関節置換術後の約2%にみられる。 抗菌薬 の投与が遅れると関節が不可逆的に破壊されるという点で 整形外科[…][ja.wikipedia.org]

  • 感染性心内膜炎

    感染性心内膜炎(Infective endocarditis)は、心臓の内側に細菌が感染し、これによる心臓弁の穿孔等の炎症性破壊と菌血症を起こす疾患。「亜急性細菌性心内膜炎:Subacute Bacterial Endocarditis:SBE」などとも呼ばれていたが、細菌以外(真菌などの微生物)も原因となるので、この名となった。 多くの場合、大動脈弁閉鎖不全症(AR)や僧帽弁閉鎖不全症(MR)、あるいは心室中隔欠損症(VSD)や動脈管開存症(PDA)のように、「血流ジェット」([…][ja.wikipedia.org]

  • 右心系心内膜炎
  • 肺膿瘍

さらなる症状