Create issue ticket

考えれる103県の原因 殿部痛

  • 腰椎椎間板ヘルニア
  • 骨粗鬆症

    骨粗鬆症(こつそしょうしょう、骨粗しょう症、osteoporosis)とは、後天的に発生した骨密度の低下または骨質の劣化により骨強度が低下し、骨折しやすくなる疾患あるいはその状態を指す。 骨粗しょう症のほとんどを占める老化に伴う原発性骨粗鬆症と、続発性骨粗鬆症とがある。後者は疾患、特にステロイドの様な医薬品など薬物、栄養などによる二次的なものである。[…][ja.wikipedia.org]

  • 坐骨神経痛

    坐骨神経は「腰仙坐骨神経の支配領域、すなわち殿部、下肢後面あるいは外側面へ放散する疼痛自体、あるいは疼痛を呈する症候群の総称」とされています。(脊椎脊髄病用語事典より)すなわち「坐骨神経」はひとつの病気ではありません。[mizuho-ito-bs.jp] ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 の解説 坐骨神経 ざこつしんけいつう sciatica 坐骨神経の走行に沿って 殿 から大腿後側,下腿外側,足背にかけて,上部から下方に放散する 神経 。 椎間板ヘルニア ,腰椎カリエス,脊椎外傷,アルコールなどの中毒性疾患,梅毒などの感染症,糖尿病など,種々の 原因 がある。[kotobank.jp] 古典的には,灼熱,電撃,または突き刺すような痛みが坐骨神経の走行に沿って放散し,ほとんどの場合殿および下肢後面を膝下まで下行する。 感覚消失,脱力,および反射障害が起こることがある。 神経脱落症状がある場合,または症状が6週間を超えて持続する場合,MRIおよび電気診断検査を行う。[msdmanuals.com]

  • 化膿性仙腸関節炎

    【症例】49歳女性.1ヵ月前に尻餅をついて殿が出現したが,3週間の保存的治療で軽快していた.数日前より感冒症状出現し,2日後より強い右殿が出現し体動困難となり,近医より当院紹介となった.37.4 の発熱があり,血液検査にて炎症反応を認めた.初診時MRIでは右腸骨筋に浮腫性変化があるのみだったが,Pelvic compression[jstage.jst.go.jp] 「強直性脊椎炎」 症状 若年者に(男性に多く女性の2 3倍)、 腰痛 ・仙腸関節殿(坐骨神経痛)や胸部痛(肋間神経痛)、時に股・膝・足関節などの痛みや腫れで発症します。 痛む場所は移動することが多く、安静にしているより体を動かした方が軽くなるのが特徴です。[joa.or.jp] 3.症状 仙腸関節炎や脊椎炎による腰背部殿が初発症状となることが多い。疼痛が運動により軽快し、安静や就寝により増悪するのが特徴である。アキレス腱の付着部である踵部を初め身体各所の靱帯付着部(関節周辺の骨性突出部など)の炎症徴候(疼痛、腫脹)がしばしば見られ、時に股、膝、肩など四肢の大関節の疼痛や運動制限も生じる。[nanbyou.or.jp]

  • リウマチ性多発筋痛症

    リウマチ性多発筋痛症は, 巨細胞性動脈炎 (側頭動脈炎)と密接に関連する症候群である。55歳以上の成人に発生する。 典型的には近位筋に重度の痛みおよびこわばりが生じ(筋力低下や萎縮は伴わない),非特異的な全身症状を呈する。赤沈亢進およびCRPの上昇が典型的にみられる。診断は臨床的に行う。低用量コルチコステロイドによる治療が効果的である。低用量から中用量のプレドニゾンまたはメチルプレドニゾロンに対する劇的で急速な反応が診断を裏付ける。 リウマチ性多発筋痛症は55歳以上の成人に発生し,女性:男性の比率は2:1である。 リウマチ性多発筋痛症は 巨細胞性動脈炎[…][msdmanuals.com]

  • 脊柱管狭窄症

    腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)は、脊椎にある脊柱管(せきちゅうかん)という神経を囲んでいる管が狭窄する整形外科疾患。 通常、加齢に伴って発生する脊髄変性症で広く見られる症状であるが、ときには脊椎椎間板ヘルニア、骨粗しょう症や腫瘍によって引き起こされる場合もある。 間欠性跛行(かんけつせいはこう)がみられる。歩行しているとだんだん足が痺れたり痛くなり、休むと回復するのが特徴である。また、会陰(えいん)部の感覚に異常が生じることもある。なお、間欠性跛行は閉塞性動脈硬化症でもみられるため、鑑別が必要。[…][ja.wikipedia.org]

  • 強直性脊椎炎

    「強直性脊椎炎」 症状 若年者に(男性に多く女性の2 3倍)、 腰痛 ・仙腸関節殿(坐骨神経痛)や胸部痛(肋間神経痛)、時に股・膝・足関節などの痛みや腫れで発症します。 痛む場所は移動することが多く、安静にしているより体を動かした方が軽くなるのが特徴です。[joa.or.jp] 強直性脊椎炎 ( 従来の考え) 症状 若年者に(男性に多く女性の 2 3 倍)、 腰痛 ・仙腸関節殿(坐骨神経痛)や胸部痛(肋間神経痛)、時に股・膝・足関節などの痛みや腫れで発症します。 痛む場所は移動することが多く、安静にしているより体を動かした方が軽くなるのが特徴です。[itamikenkiyu.jimdo.com] 6.この病気はどのような症状がおきますか 多くの例で、腰痛(仙腸関節)や殿(坐骨神経痛)から始まりますが、痛みは次第に、項・頸部、胸部、四肢の大きい関節に拡がります。[nanbyou.or.jp]

  • 仙骨神経根障害
  • 仙骨障害

    痛みの特徴は仙腸関節付近を中心とする腰殿で、下肢への神経根障害に一致しない関連痛が多い。そして下腹部から股関節にかける痛みも伴いやすく、股関節疾患を疑われたり、消化器科や泌尿器科を受診する患者が稀ではない。[sendai.jcho.go.jp]

  • 毛巣嚢胞

    マヌカハニー は高い 殺菌効果 や 傷口の治癒効果 があるの で 被覆材として治療に使われることは以前にもご紹介しました。今回はその治療例として 毛巣嚢胞 治療が行われた実証研究をご紹介します。 マヌカハニーによる被覆治療 マヌカハニーの傷口治療として、傷口を覆って保護することで細菌を除去し、傷口を治すのがマヌカハニー被覆治療です。 マヌカハニーには高い殺菌効果がある[…][tcnkenko.com]

さらなる症状