Create issue ticket

考えれる18県の原因 歯齦炎

  • 歯齦炎

    腹膜、細菌性心内膜、敗血症、耳下腺、梅毒、放線菌症、アメーバ赤痢、細菌性赤痢、疫痢、トラコーマ、歯肉歯齦、リンパ節炎、炭疽、脾脱疽、発疹熱、歯髄炎、トリコモナス膣炎、乳幼児下痢症、眼瞼炎、角膜潰瘍[fpmaj-saihyoka.com] 出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報 デジタル大辞泉 の解説 しにく‐えん【歯肉】 歯茎 に起こる炎症。赤くはれ、出血することもある。 歯齦 (しぎんえん)。[kotobank.jp] 腹膜、細菌性心内膜、敗血症、耳下腺、梅毒、放線菌症、アメーバ赤痢、細菌性赤痢、疫痢、トラコーマ、歯肉歯齦、リンパ節炎、炭疽、脾脱疽、発疹熱、歯髄炎、トリコモナス膣炎、乳幼児下痢症、眼瞼炎、角膜潰瘍 (筋注) (1)有効であることが実証されているもの 原発性非定型肺炎、鼠径リンパ肉芽腫、発疹チフス、つつが虫病 (2)有効であることが[fpmaj-saihyoka.com]

  • 急性骨髄性白血病

    急性骨髄性白血病(きゅうせいこつずいせいはっけつびょう、英: acute myelogenous leukemia; AML)は白血病の一種で、骨髄系の造血細胞が悪性腫瘍化し、分化・成熟能を失う疾患である。 正常な造血細胞は造血幹細胞から分化を始めた極初期にリンパ系と骨髄系の2系統に分かれ、それぞれ成熟していく。この造血細胞が腫瘍化したものが白血病であり、その中でも細胞が成熟能を失うものを急性白血病と呼ぶ。さらに急性白血病の中で白血病細胞に骨髄系への分化の傾向が見られるものを急性骨髄性白血病という。骨髄系への分化は早い段階で止まり、正常に成熟することはない。[…][ja.wikipedia.org]

  • 特発性好中球減少症

    " 効能効果 効能・効果 用法・用量 造血幹細胞の末梢血中への動員 同種及び自家末梢血幹細胞採取時のフィルグラスチム(遺伝子組換え)[フィルグラスチム後続2]単独投与による動員 成人・小児 通常、フィルグラスチム(遺伝子組換え)[フィルグラスチム後続2]400μg/m 2 を1日1回又は2回に分割し、5日間連日又は末梢血幹細胞採取終了時まで連日皮下投与する。この場合、末梢血幹細胞採取はフィルグラスチム(遺伝子組換え)[フィルグラスチム後続2]投与開始後4 6日目に施行する。 ただし、末梢血幹細胞採取終了前に白血球数が50,000/mm 3[…][iryohoken.go.jp]

  • パピヨン・ルフェーブル症候群

    HOME 難治性疾患研究班情報(研究奨励分野) 掌蹠角化症(平成24年度) 研究班名簿 一覧へ戻る 1. 概要 掌蹠(手掌と足底)の過角化を主症状とする疾患群。掌蹠角化症には先天性素因によって生じる先天性掌蹠角化症と後天性掌蹠角化症がある。しかし、この両者を臨床所見のみで区別することは困難なことが多く、鑑別には発症年齢、家族歴、職業歴、詳細な臨床所見の観察などが必要となる。一般に掌蹠角化症という場合は先天性のものをさす。 2. 疫学 約4000人。 3. 原因[…][nanbyou.or.jp]

  • 重度の再生不良性貧血

    Aplastic Anemia 解説:藤田 浩之 ( 済生会横浜市南部病院 診療部長・血液内科主任部長) 再生不良性貧血はこんな病気 再生不良性貧血とは、血液中のすべての細胞を生み出す造血幹細胞が減少し、血液中の赤血球、白血球、血小板が減少してしまう病気です。この状態を汎血球減少と呼びます。 赤血球が少なくなると酸素欠乏の症状が起こり、だるさや動悸、息切れを感じます。白血球が少なくなると、肺炎などの細菌感染症を起こしやすくなります。血小板が少なくなると、出血しやすくなります。血球の数は減りますが、多くの場合、それぞれの血球の形態や機能などは正常に保たれています。[…][saiseikai.or.jp]

  • 周期性好中球減少症

    HOME PID知識の箱 周期性好中球減少症 周期性好中球減少症 【監修】 広島大学 小林 正夫先生 約21日周期で好中球が減少する遺伝性疾患である。典型例では好中球減少期に好中球絶対数は100/µL未満となり、同時期に一致して発熱、全身倦怠感、口内炎、皮膚感染、上気道感染などを反復し、3 5日で回復する。好中球減少時には単球増加を認め、両者が相反した周期を示す特徴がある。[…][emeneki.com]

  • 壊血病

    壊血病(かいけつびょう、英: scurvy、独: Skorbut)は、出血性の障害が体内の各器官で生じる病気でビタミンC欠乏状態が数週間から数カ月続くと症状が出現する。成人と小児では症状が異なる。 ビタミンCの欠乏によって生じる。ビタミンCは体内のタンパク質を構成するアミノ酸の1つであるヒドロキシプロリンの合成に必須であるため、これが欠乏すると組織間をつなぐコラーゲンや象牙質、骨の間充組織の生成と保持に障害を受ける。これがさらに血管等への損傷につながることが原因である。[…][ja.wikipedia.org]

  • ウイルス性上気道感染症

    鑑別診断として、単純ヘルペスウイルス1型による歯肉口内(口腔病変は歯齦・舌に顕著)、手足口病(ヘルパンギーナの場合よりも口腔内前方に水疱疹が見られ、手や足にも水疱疹がある)、アフタ性口内炎(発熱を伴わず、口腔内所見は舌および頬部粘膜に多い)などがあげられる。[niid.go.jp]

  • コクサッキー ウイルス感染症

    また 鑑別診断として、ヘルペスウイルスによる歯肉口内(口腔病変は、歯齦・舌に著明)、手足口病(ヘルパンギーナより口腔内前方に水疱疹が見られ、足・口にも水疱疹がある)、アフタ性口内(発熱を伴わず、口腔内所見は舌および頬部粘膜に多く見られる)などがあげられます。[kenkou.pref.mie.jp] 鑑別診断として、単純ヘルペスウイルス1型による歯肉口内(口腔病変は歯齦・舌に顕著)、手足口病(ヘルパンギーナの場合よりも口腔内前方に水疱疹が見られ、手や足にも水疱疹がある)、アフタ性口内炎(発熱を伴わず、口腔内所見は舌および頬部粘膜に多い)などがあげられる。[niid.go.jp]

  • 口唇ヘルペス

    歯齦を起こしたり、口内炎を起こしたり、ひどくなった時は、やはり休んでほしいわけです。 感染力はそれほど強くありませんけれども、初感染したときには、軽くかかる方もいますけれども、すごく重くなる方もいます。[glico.co.jp]

さらなる症状