Create issue ticket

考えれる39県の原因 歯車様固縮

  • パーキンソン病

    パーキンソン病の筋で典型的な場合は、ギコギコとちょうど歯車のように感じます。そのためこのような筋歯車と呼んでいます。パーキンソン病を他の病気、とくにパーキンソン症候群といわれる種々の病気と区別する時に重要な症状です。 動作緩慢(どうさかんまん) 動作が遅くなる、のろくなるという症状です。[hamayuukai.or.jp] 筋肉の パーキンソン病では手足の筋肉が持続的にこわばる「」と呼ばれる症状が出現します。パーキンソン病のの特徴は、「歯車」です。例えば、患者さんの手首を持ち、力を入れて肘を伸ばそうとすると、カクカクした抵抗感を感じます。 固縮の症状が進むと、動作がぎこちなくなったり、歩行の際に手足が動かしにくくなったりします。[tyojyu.or.jp] 強剛()には一定の抵抗が持続する鉛管強剛(鉛管、lead pipe rigidity)と抵抗が断続する歯車強剛(歯車、cogwheel rigidity)があるが、歯車強剛が特徴的に現れ、とくに手関節(手首)で認めやすい。純粋なパーキンソン病では錐体路障害がないことが特徴である。[ja.wikipedia.org]

  • パーキンソン病 3型

    パーキンソン病では歯車現象が特徴である。頸部や下肢では鉛管の場合もある。初期には固縮がない症例もある。 動作緩慢は文字通り動作がゆっくりとなることである。無動とはじっとして動かなくなる。小声、書字が小さくなり、ボタンや紐を結ぶことがしにくくなる巧緻障害がみられる。筋力低下はないが最大収縮まで時間がかかる。[nagoya-central-hospital.com]

  • 多発性骨髄腫

    多発性骨髄腫(たはつせいこつずいしゅ、Multiple Myeloma:MM)は形質細胞腫瘍の一種であり、その中では最も患者数の多い難治性血液腫瘍である。[…][ja.wikipedia.org]

  • パーキンソン-痴呆症候群

    脳神経内科は、脳・脊髄の中枢神経系、末梢神経や、筋肉の病気を診る内科です。代表的な疾患は、脳血管障害(脳梗塞・脳内出血・脳塞栓・一過性脳虚血)、認知症(アルツハイマー病・脳血管性認知症・軽度認知障害、その他 認知機能障害)、一過性全健忘、頭痛、てんかん、痙攣、感染性疾患(脳炎・髄膜炎)、神経難病(パーキンソン病・パーキンソン症候群、脊髄小脳変性症・多 系統萎縮症・筋萎縮性側索硬化症・重症筋無力症・多発性筋炎・筋ジストロフィー等筋疾患、 等々)、脊髄疾患、神経根障害、末梢神経障害(炎症性・糖尿病性・ビタミン欠乏性等)などがあります。[…][seichokai.or.jp]

  • 錐体外路症候群

    錐体外路症状の種類 ・ 歯車と鉛管に分類される。 歯車は、関節屈伸運動時にガタガタとした断続的な抵抗を感じるもので、パーキンソン病に特徴的な 固縮である。鉛管様固縮は、抵抗を感じるもので、非特異的な固縮である。 ・ 無動 :動作が少なくなり、動作が緩慢となり、進行すると動けなくなる。[akira3132.info] 動画をみる(QuickTime) 筋固縮: 固縮とは、安静時に四肢、躯幹の関節に他動的屈伸運動を加えたときの筋緊張の亢進をいい、パーキンソン病では、ガクガクと断続的な抵抗を示す歯車(cogwheel rigidity)や持続的な抵抗を示す鉛管様固縮(lead-pipe rigidity)がみられる。[nmt.ne.jp] 歯車 と 鉛管様固縮 に分類され、前者は関節屈伸運動時にガタガタとした断続的な抵抗を感じるもので、パーキンソン病に特徴的な固縮であるのに対し、後者は一様な抵抗を感じるもので、非特異的な固縮である。 無動(寡動、動作緩慢) 自発的な動作が少なくなり、動作が緩慢となり、進行すると動けなくなる。[bsd.neuroinf.jp]

  • 淡蒼球錐体症候群

    この作用によりアクチンがミオシンの間に滑り込み、筋線維の長さが短縮します 錐体外路症状の種類 ・ 歯車と鉛管に分類される。 歯車は、関節屈伸運動時にガタガタとした断続的な 抵抗を感じるもので、パーキンソン病に特徴的な固縮で ある。鉛管様固縮は、抵抗を感じるもので、非特異的な 固縮である。[akira3132.info]

  • 心因性過換気

    くつまむだけで腰部が広範囲に痛む nonanatomic 局在しない広範囲の深部の痛み 擬似負荷試験 axial loading 立位で頭を軽く押さえると腰痛を誘発する rotation 肩と骨盤を一体のまま回旋させると腰痛を誘発する 気そらし試験 distraction 下肢伸展拳上試験を坐位で行うと陰性化する 神経学的所見 weakness 歯車[n-ushicli.com]

  • 錐体路障害

    錐体外路症状の種類 ・ 歯車と鉛管に分類される。 歯車は、関節屈伸運動時にガタガタとした断続的な抵抗を感じるもので、パーキンソン病に特徴的な 固縮である。鉛管様固縮は、抵抗を感じるもので、非特異的な固縮である。 ・ 無動 :動作が少なくなり、動作が緩慢となり、進行すると動けなくなる。[akira3132.info] 歯車 と 鉛管様固縮 に分類され、前者は関節屈伸運動時にガタガタとした断続的な抵抗を感じるもので、パーキンソン病に特徴的な固縮であるのに対し、後者は一様な抵抗を感じるもので、非特異的な固縮である。 無動(寡動、動作緩慢) 自発的な動作が少なくなり、動作が緩慢となり、進行すると動けなくなる。[bsd.neuroinf.jp]

  • 幼児の痙攣と舞踏病アテトーゼ

    歯車 と 鉛管様固縮 に分類され、前者は関節屈伸運動時にガタガタとした断続的な抵抗を感じるもので、パーキンソン病に特徴的な固縮であるのに対し、後者は一様な抵抗を感じるもので、非特異的な固縮である。 無動(寡動、動作緩慢) 自発的な動作が少なくなり、動作が緩慢となり、進行すると動けなくなる。[bsd.neuroinf.jp]

  • 片頭痛性脳卒中

    一定の抵抗が継続する鉛管と、抵抗が断続する歯車があります。 無動、寡動 動作の開始が困難となります。また動作が全体にゆっくりとして小さくなります。 仮面様顔貌、すくみ足、小刻み歩行、前傾姿勢、小字症、小声症などが見られます。 バランスを崩しそうになったときに倒れないようにするための反射が弱くなります。加速歩行など。[kadota-noushinkeigeka.com] 症状 安静時振戦 筋強剛・ 歯車現象を伴う強剛 無動 仮面顔貌・低く単調な話し声、動作の緩徐・拙劣、すくみ足 姿勢保持障害 前傾歩行・突進現象 などが見られます。 てんかん 脳の特定の場所が過剰に興奮したときに起きる現象です。[hidekiclinic.com]

さらなる症状