Create issue ticket

考えれる4県の原因 歯芽発育不全

  • シングルトン・メルテン症候群

    タイトル: 公表特許公報(A)_治療剤としてのペプチドの使用 出願番号: 2010523391 年次: 2010 IPC分類: C07K 7/06,A61K 38/00,A61K 9/08,A61K 9/19,A61P 35/00,A61P 37/00,A61P 11/00,A61P 29/00,A61P 25/00,A61P 31/04,A61P 9/00,A61P 3/00,A61P 31/20,A61P 31/12,A61P 1/16 ベヴェック,ドリアン カヴァリ,ファビオ カヴァリ,ヴェラ バッヒャー,ゲラルド JP 2010539018 公表特許公報(A) 20101216 2010523391 20080909[…][biosciencedbc.jp]

  • X連鎖下顎顔面形成異常

    確認された異常は発育不全(33.3%)、エナメル斑(20%)、上顎第1大臼歯の異所出(13.3%)を含む。 より低い頻度で見られる所見は下記となっている。 鼻骨の変形 高いアーチ状の口蓋 Angle分類クラスIIの前方開咬(不正咬合) 視力喪失(37%) たまに見られる所見は下記となっている。[grj.umin.jp]

  • 耳下顎頭骨形成異常

    確認された異常は発育不全(33.3%)、エナメル斑(20%)、上顎第1大臼歯の異所出(13.3%)を含む。 より低い頻度で見られる所見は下記となっている。 鼻骨の変形 高いアーチ状の口蓋 Angle分類クラスIIの前方開咬(不正咬合) 視力喪失(37%) たまに見られる所見は下記となっている。[grj.umin.jp]

  • 視力喪失

    確認された異常は発育不全(33.3%)、エナメル斑(20%)、上顎第1大臼歯の異所出(13.3%)を含む。 より低い頻度で見られる所見は下記となっている。 鼻骨の変形 高いアーチ状の口蓋 Angle分類クラスIIの前方開咬(不正咬合) 視力喪失(37%) たまに見られる所見は下記となっている。[grj.umin.jp]

さらなる症状