Create issue ticket

考えれる556県の原因 歯周病

  • 歯周病

    疾患は歯科医療の領域であり、歯科医師が治療を担当する。またを専門とする専門医制度が厚生労働省より認可されており、日本学会の行う試験に合格すると日本学会認定専門医を名乗ることができる。また、同学会では日本学会認定歯科衛生士の認定も行っており、疾患の専門性を高める施策を講じている。[ja.wikipedia.org] は必ずかかる病気なのでしょうか は必ずかかるわけではありません。の多くは、原因であるプラークや歯石を日頃の歯磨きや、定期的な歯科検診などを受けることにより除去することで予防することができます。 予防できないもありますが、遺伝性の病気など、非常に特殊な場合です。[perio.jp] と全身疾患の関連について,現在明らかにされている主な知見を総括した.[doi.org]

  • 歯ぎしり

    の直接的な原因は、プラークですが、すでにを発症している場合は、の進行が加速します。 知覚過敏を進行させたり、顎関節のリスクを高めたり、頭痛や、肩こりなどの原因となるといった悪影響があります。 睡眠中のブラキシズムはストレスが主な原因です。 交感神経が興奮した状態では顎の筋肉が過緊張して噛みしめてしまいます。[t-kenseikai.jp] マウスピースは歯ぎしりでに加わる力を分散するので、が割れるのを防ぐ効果があります。 に… 歯ぎしりによってに力が加わると歯が揺さぶられ、を支えている骨の間に隙間ができることがあります。 その隙間に病菌が感染するとが急激に進行する可能性があります。[1818.gr.jp] 強い噛みしめのため、は磨耗し時にが折れることさえあります。また、歯肉に違和感があり、を支える骨が溶けてが動揺しが悪化します。歯科医院でブラッシング指導を受け、一生懸命歯磨きしてもが進んでいく人がいます。歯ぎしりがを進行させるからです。 このように強い歯ぎしりは、歯科治療後の治りを妨げることがあります。[fukagawa.or.jp]

  • 肺炎

    呼吸器学 感染症 口腔細菌学 日本呼吸器学会[ja.wikipedia.org]

  • 誤嚥性肺炎

    虫歯やはきちんと治療しましょう。 2.寝る姿勢に注意 睡眠中に胃液が逆流しないように、上半身を15 20度くらい起こして寝るようにしましょう。 3.食事のとり方を工夫 ベッドで食事をとらなくてはいけない人は、少し起き上がった姿勢で食べるようにします。[kagoshima.med.or.jp] また、虫歯やがある場合は、口内細菌が増加しているため誤嚥性肺炎を起こしやすくなります。 しかし予防することも可能です。 右の表のような日常生活での工夫によって、誤嚥性肺炎を防ぎましょう。 誤嚥性肺炎予防の3つのポイント 1.口の中を清潔に 歯磨きや入歯の手入れを食後3回と寝る前の計4回行い、舌苔は専用の器具で落とします。[kagoshima.med.or.jp]

  • 糖尿病

    特に2型糖尿の方に関しては、治療を行うことで、インスリン抵抗性が改善することなどが報告されており、糖尿の血清コントロールに治療が重要であることが、認識されてきています。 「糖尿」に関するサンスターグループの取組み サンスターでは「と糖尿」に関する研究や活動に取り組んでいます。[jp.sunstar.com] あまり知られてはいませんが実はは糖尿の合併症の1つといわれるほど深い関連性があります。 と全身とのかかわり 糖尿に与える影響 糖尿になると細菌に対する抵抗力や組織の修復力の低下、 口腔内の乾燥等が生じ、それらがを悪化させる 糖尿だとに2倍以上かかりやすくなる。[miyazaki-da.or.jp] 糖尿になると免疫が低下するためになりやすく、また、病菌によってインスリンの働きが悪くなってしまうため糖尿になりやすいという関係にあるのです。そのため、日本糖尿学会と日本学会はともに診療ガイドラインを設け、糖尿の治療を同時に行うようにしています。[healthcare.omron.co.jp]

  • エプーリス

    また、の原因菌の中には女性ホルモンを好む細菌がいるため、女性ホルモンが多く分泌される妊娠期間中はになりやすくなってしまいます。 妊娠性エプーリスを発見したときは歯医者さんに行くまで清潔に保つように心がけてください。[ark-dc.com] 診断 検査データ 歯ぐきの精密検査を行ったところ、になりかけていましが、骨まで溶けてはいませんでした。 しかし出血が多く、ポケットも4mm以上の部分も多数ありプラークスコアー (歯の汚れの割合で最大100%)は78%でした。 前歯の歯肉の腫れ方や大きさから女性特有の歯肉炎(エプーリス)と診断しました。[hakusan-dental.com] /セメント質/象牙質/エナメル質/歯髄/歯肉/歯肉溝/歯槽骨/歯根/歯根膜/骨/口腔 う蝕//病名一覧 医療/看護/保健/健康/福祉 歯学/小児歯科/口腔外科/矯正歯科/審美歯科/補綴科/ブリッジ (歯科)/クラウン (歯科)/高齢者歯科 口腔診断学/保存修復学/歯周治療学/歯内療法学/口腔外科学/小児歯科学 / 歯科麻酔学/高齢者歯科学[ja.wikipedia.org]

  • 舌肺炎

    を磨き、フロスでの間を掃除するお口のケアは、虫歯だけではなく、の予防にも不可欠だ。口内の病菌が全身に回り、糖尿、心筋梗塞などの心血管疾患、肥満、認知症、リウマチ、肺炎などの原因になったり、症状を悪化させたりする。[yomidr.yomiuri.co.jp] 治療跡や入れ歯が多い 長く生きている高齢者は、その分虫歯やにかかった経験が多く、詰めものなどの治療跡が残っている人も少なくありません。また、が抜けてしまい、入れ歯を使っている人も多いでしょう。[irs.jp] ナビ助の口腔ケアスポンジ 口腔リハビリ・マッサージ 口腔ケアリハビリ・マッサージを行い口腔機能の維持やなどを予防します。 口腔ケアのための ウェットシート 保湿と乾燥予防 仕上げに口腔内全体に保湿ジェル、スプレー等を塗布して保湿します。[axel.as-1.co.jp]

  • 早産

    歯科健診1回目(妊娠14週から20週) に関する歯科検診、 必要に応じ治療、生活指導を行います (受診票を出していただいた方の健診料はこの事業が負担します) (上記の青文字をクリックすると、『妊娠と』に関する説明ページが表示されます。)[kumadai-obgyn.net] が進んでいる妊婦は普通の妊婦に比べて、早産の危険率が高いといわれています。 性 行 為 : 精液の中には子宮を収縮させるホルモンの一種が含まれています。妊娠中のコンドームを使用しない性行為は、卵膜を弱くし膣炎・子宮頸管炎の原因となり、絨毛用膜炎を助長する可能性があります。 早産予防 禁煙にしましょう。[city.minamisatsuma.lg.jp] について詳しくはこちらもご覧ください 『とはどんな病気か。食生活やライフスタイルの変化で発症する方が増えている』 切迫早産の原因は乳酸菌の減少? 近年になり、 腟内乳酸菌の減少が切迫早産の発生に影響を与えている要因の一つなのではないか 、と考えられるようになっています。[medicalnote.jp]

  • 口内炎

    による口内炎 は、の周囲にたまった垢や歯石の中の細菌によって、歯茎などののまわりが炎症を起こす病気です。重度の、歯肉炎になることで、口内炎をも引き起こしてしまう可能性があるのです 。 猫の口内炎の4つの症状 口内炎を発症すると、主に次の4つの症状が見られます。[anicom-sompo.co.jp] の治療 について 光殺菌システム(ぺリオウェイブ・システム) 予防歯科 - PMTC 審美歯科(白い詰め物・被せ物) クラウン(かぶせもの)種類 インレー(つめもの)種類 オールセラミックス・メタルセラミックス セラミックインレー審美歯科 プロセラ・ラミネートベニヤ ホワイトニング インプラント治療 インプラントとは 矯正歯科[yokoduka.com] 口内炎 歯列不正(歯並びが悪い) 義歯不適(入れ歯が合わない) 舌・頬の圧痕(恒常的にの痕が付く) 咬傷(口の中の噛み傷) う蝕(虫歯) 詰め物・やぶせもの不適 舌小帯付着異常(舌の裏の紐のような部分) アマルガム(金属の詰め物) 他 たかが口内炎だと安心していませんか?[oralcancer.jp]

  • 慢性膿瘍

    の進行に伴ってを支えていた骨(歯槽骨)が徐々に吸収されますから、の動きも大きくなります。たとえ今はれが治っていても、が治った訳ではありません。早めに受診しましょう。 体調が悪くなる度に歯ぐきが腫れるのですがなぜでしょうか。 歯肉は体の中でも非常に敏感な部分です。[perio.jp] 口のなかの病気にも糖尿は深く関わります。は、細菌の感染による組織の慢性的な炎症であり、糖尿では重症化しやすいと言われます。 では、歯肉が腫れ出血しやすくなり、進行すると歯茎が下がって、が長くなったようにみえます。ポケットが深くなると、血や膿が出てくることもあり、最終的にはが抜ける場合もあります。[dmic.ncgm.go.jp] 性上顎洞炎(しせいじょうがくどうえん) 上顎のう蝕(むし歯)やをひき起こした細菌による炎症が上顎洞(じょうがくどう)に波及することがあります。これを性上顎洞炎(が原因の蓄膿症)と呼びます。上顎洞は上顎の歯根と接近しているため、う蝕(むし歯)やを治療しないで放置していると、性上顎洞炎になることがあります。[jsoms.or.jp]

さらなる症状