Create issue ticket

考えれる150県の原因 歯の発育不全

  • 良性移動性舌炎

    桶状根 出生前エナメル質形成不全 新生児エナメル質形成不全 新産線 限局性の異形成症 の形成異常 発育不全 K004 の形成障害 H00625 殻状歯 奇形歯 象牙質異形成症 象牙質形成不全症 遺伝性歯の形成異常 K005 歯の構造の遺伝性障害, 他に分類されないもの H00432 H00615 永久歯萌出不全 逆生歯 新生児歯[kegg.jp] 変形した発育障害または内分泌疾患を示唆することがある。ダウン症候群では歯牙は矮小で,ときに側切または小臼歯の発育不全および円錐状の下顎切がみられる。[msdmanuals.com] 早期萌出 智歯難生 沈下歯 乳歯早期脱落 乳歯萌出障害 萌出異常 萌出遅延 歯の難生 歯の埋伏症 先天歯 乳歯晩期残存 晩期残存 歯の交換期障害 乳歯歯根吸収不全 K006 の萌出障害 生歯困難 K007 生歯症候群 歯牙色素沈着 歯の形成期の変色 K008 歯のその他の発育障害 歯の白色斑 歯数異常 K009 歯の発育障害, 詳細不明[kegg.jp]

  • 膝窩部贅皮症候群

    の発達は、口腔上皮とその下の間葉の相互作用を含む複雑なプロセスであるが、このプロセスが混乱した結果、発育不全になる。本疾患は、常染色体優性遺伝形式、常染色体劣性遺伝形式、X連鎖性遺伝形式のいずれかで遺伝する。[kegg.jp] 臨床症状としては、両側正中線の下唇小窩、口唇裂、および数不足を伴う口蓋裂が見られる。その他の VWS に関連する特徴として、発育不全、舌小帯短縮症、高口蓋、四肢異常、先天性心不全などが見られることがある。膝窩部贅皮症候群は ...[kegg.jp] 口腔およびの疾患 hsa04310 Wnt signaling pathway MSX1 [HSA: 4487 ] [KO: K09341 ] PAX9 [HSA: 5083 ] [KO: K09382 ] WNT10A [HSA: 80326 ] [KO: K01357 ] WNT10B [HSA: 7480 ] [KO: K01357[kegg.jp]

  • 常染色体劣性難聴 44

    の発達は、口腔上皮とその下の間葉の相互作用を含む複雑なプロセスであるが、このプロセスが混乱した結果、発育不全になる。本疾患は、常染色体優性遺伝形式、常染色体劣性遺伝形式、X連鎖性遺伝形式のいずれかで遺伝する。[kegg.jp] 口腔およびの疾患 hsa04310 Wnt シグナル伝達経路 MSX1 [HSA: 4487 ] [KO: K09341 ] PAX9 [HSA: 5083 ] [KO: K09382 ] WNT10A [HSA: 80326 ] [KO: K01357 ] WNT10B [HSA: 7480 ] [KO: K01357 ] LRP6 [[kegg.jp]

  • 水疱性肺気腫

    桶状根 出生前エナメル質形成不全 新生児エナメル質形成不全 新産線 限局性の異形成症 の形成異常 発育不全 K004 の形成障害 H00625 殻状歯 奇形歯 象牙質異形成症 象牙質形成不全症 遺伝性歯の形成異常 K005 歯の構造の遺伝性障害, 他に分類されないもの H00432 H00615 永久歯萌出不全 逆生歯 新生児歯[kegg.jp] 早期萌出 智歯難生 沈下歯 乳歯早期脱落 乳歯萌出障害 萌出異常 萌出遅延 歯の難生 歯の埋伏症 先天歯 乳歯晩期残存 晩期残存 歯の交換期障害 乳歯歯根吸収不全 K006 の萌出障害 生歯困難 K007 生歯症候群 歯牙色素沈着 歯の形成期の変色 K008 歯のその他の発育障害 歯の白色斑 歯数異常 K009 歯の発育障害, 詳細不明[kegg.jp] 双生歯 台状根 癒着歯 弯曲歯 矮小歯 小臼歯化 切歯口蓋側溝 癒合歯 短根歯 咬頭先鋭 シャベル切歯 犬歯化 中心結節 樋状根 K002 歯の大きさ及び形の異常 H00618 H00652 歯のフッ素症 斑状歯 非フッ素化合物性エナメル斑 K003 斑状歯 エナメル質異常 エナメル質形成不全 セメント質形成不全 セメント質無形成 ターナー[kegg.jp]

  • プラマー ヴィンソン症候群

    Home 序 目次 Ⅰ 発育異常 A エナメル質形成不全(ターナーの) / B 先天梅毒(Hutchinsonの歯)/ C 歯のフッ素症 / D 癒合歯 / E 癒着歯 / F 異常咬頭(中心結節) / G 樋状根 / H 歯内歯 / I 異所性エナメル質(エナメル滴) / J 早期萌出乳歯(先天歯)Rega-Fede病 Ⅱ 齲蝕・歯[www2.dent.nihon-u.ac.jp]

  • 常染色体劣性難聴 46

    の発達は、口腔上皮とその下の間葉の相互作用を含む複雑なプロセスであるが、このプロセスが混乱した結果、発育不全になる。本疾患は、常染色体優性遺伝形式、常染色体劣性遺伝形式、X連鎖性遺伝形式のいずれかで遺伝する。[kegg.jp] 口腔およびの疾患 hsa04310 Wnt signaling pathway MSX1 [HSA: 4487 ] [KO: K09341 ] PAX9 [HSA: 5083 ] [KO: K09382 ] WNT10A [HSA: 80326 ] [KO: K01357 ] WNT10B [HSA: 7480 ] [KO: K01357[kegg.jp]

  • マルファン症候群

    密生を伴った過度にアーチ状の口蓋 容貌(長頭,頬骨の発育不全,眼球陥入,顎後退,眼瞼裂) 眼 水晶体偏位 少なくとも以下のうち2つがあること 異常に平らな角膜(角膜曲率測定器により測定) 眼球の視軸長の増加(超音波で測定) 瞳孔収縮の減少を起こす虹彩の発育不全もしくは毛様体の発育不全 循環器系 少なくとも次のうち2つがあること バルサルバ洞[grj.umin.jp] 母指徴候(親指を中にして手を握った際に小指の側から親指の爪が全て出る)がある 20度以上の側彎か脊椎すべり症がある ひじの伸展制限(170度以下) 偏平足に伴う内踵の内側偏位 寛骨臼突出症(磨耗を伴った異常に深い寛骨臼) 2つの器官系の主症状か,1つの主症状と少なくとも次のうちの2つである 手術を要しない中程度の漏斗胸 関節の過剰運動性 [grj.umin.jp]

  • 爪真菌症

    周病菌連鎖という高血圧、動脈硬化、心疾患、脳疾患、各臓器での感染炎症などの発生、胎児発育不全、不妊などが発症する。[ja.wikipedia.org]

  • 後天性血管浮腫

    口唇、鼻の変形が目立つ患者さんは、年齢や心の発育を観察しながら修正をします。 口蓋裂では摂食障害・鼻咽腔閉鎖機能不全症状がみられ、正常言語の獲得と列や顎の発育を促し、より望ましい顔貌をめざします。手術後は、言語聴覚士による言語治療が必要となります。患者さんの唇・鼻・顔面骨の成長は生まれてから18歳まで続きます。[eph.pref.ehime.jp]

  • ガードナー症候群

    形成不全 *Marshall syndrome【マーシャル症候群】 侏儒状発育、前頭部突出、若年性白内障、聴力障害、鼻部・上顎形成不全、部分性無症 *Meige's syndrome【メージュ症候群】 眼瞼痙攣、口下顎ジストニー *Melkersson-Rosenthal syndrome【メルカーソン・ローゼンタール症候群】 再発性顔面神経麻痺[medo.jp] 、眼裂、下顎枝の先天性減形成 *Nonne's syndrome【小脳形成不全症症候群】( cerebellar agenesis syndrome】 *Noonan syndrome【ヌーナン症候群】 *oculodentodigital syndrome【眼指症候群】 *oculomandibulofacial syndrome【眼下顎顔面症候群[medo.jp] 】 *multiple basal cell nevi syndrome【多発性基底細胞母斑症候群】 *myelodysplastic syndrome【骨髄異形成症候群】 *myeloproliferative syndrome【骨髄増殖性症候群】 *Nagerde-Reynier syndrome【ナガード・レイニエル症候群】 耳介の発育異常[medo.jp]

さらなる症状

類似した症状