Create issue ticket

考えれる911県の原因 歩行異常

  • ビタミンB12欠乏

    抄録 39歳男性例を報告した.視覚異常を自覚し,1カ月後に全身痙攣発作が出現して当科に入院した.頭部MRIにて右前頭葉内側,中脳,視床,大脳皮質に異常信号が多発したが,痙攣発作のコントロールとともに右前頭葉内側を除いて異常所見はおおむね消失した.その後,失調性歩行,四肢しびれが顕著となり,大球性貧血,血清ビタミンB12値低下,抗胃壁細胞抗体陽性[doi.org] 運動 失調 不随意運動 歩行障害 自律神経系 異常 脊髄 障害 排尿障害 ニューロパチー (neurophathy、末梢神経障害) 特定系統の症候学 錐体路障害 錐体外路障害 切迫する病態に関しての用語 脳浮腫 頭蓋内圧 亢進 脳ヘルニア 脳死 脳血管障害 [ 編集 ] 一過性脳虚血発作 (TIA) 脳卒中 脳梗塞 脳出血 クモ膜下出血[ja.wikipedia.org] 貧血に伴う諸症状のほかハンター舌炎(Hunter glossitis)による舌痛,悪心,食欲不振,便通異常などの消化器症状,四肢のしびれや感覚障害によるふらつきや歩行障害など,多様な症状を呈します。[jmedj.co.jp]

  • 急性アルコール中毒

    急性アルコール中毒(きゅうせいアルコールちゅうどく、英: acute alcohol intoxication)は、短時間に多量のアルコール(エタノール)を摂取することによって生じる中毒(オーバードーズ)である。急性アルコール中毒の症状は血液中のアルコール濃度に比例して誰もが陥り、意識を喪失し、死に至る。 かつての医学用語ではアルコール依存症のことを、「慢性アルコール中毒」と表現されることもあるが、本状態とは異なる。継続的なアルコールの使用による影響については、アルコール飲料の項を参照。 なお純度99%エタノールのLDLo(最少致死量)は、ヒトで1400mg/kgとされている。[…][ja.wikipedia.org]

  • 末梢神経障害

    異常感覚性大腿神経痛 Meralgia paresthetica 大腿外側皮神経、鼠径部 疼痛、灼熱感、知覚異常、立位歩行で増悪 肥満、妊娠、コルセット着用の圧迫 総腓骨神経麻痺 Common peroneal nerve palsy 総腓骨神経、総腓骨頭 感覚障害、足関節背屈障害、垂れ足、鶏歩 手術や病気での長期臥床、泥酔、ギプスや下肢装具[ja.wikipedia.org] 抗がん薬に伴う末梢神経障害(chemotherapy-induced peripheral neuropathy;CIPN)は、気持ち悪い異常感覚から日常生活に支障をきたし、重篤な状態では歩行、衣服の着脱ができなくなることもある。[kanehara-shuppan.co.jp] 外側大腿皮神経障害 [ 編集 ] 大腿外側の異常感覚や痛みを症状とする。症状は立位又は歩行で増強し坐位で軽減する。筋力は正常で膝蓋腱反射も保たれる。末梢神経の血管障害であり、太っている人がきつい下着やジーンズをはいた際などにおこりえる。[ja.wikipedia.org]

  • 松果体嚢胞

    平衡感覚の喪失、歩行困難。 異常な眠気や活動水準の変化。 人格や行動の異常な変化。 痙攣発作。 脊髄腫瘍 背部痛または背部から上肢・下肢にかけて拡がる疼痛。 排便習慣の変化や排尿障害。 下肢の脱力感。 歩行障害。 成人脳腫瘍を発見し、診断するために脳、脊髄を調べるための検査が用いられます。[imic.or.jp]

  • アルツハイマー病

    さらに筋強剛,歩行 障害 ,姿態異常などがみられるほか,症状の経過に伴って活動性が低下し,高度の痴呆と失禁,全身障害が著明となる。日本の患者は年々,増加の傾向が強い。脳の実質が崩壊するアルツハイマー型の痴呆は,特に予防や治療がむずかしく,将来はこのタイプの老人痴呆が多数を占めるものとみられている。[kotobank.jp] 運動 失調 不随意運動 歩行障害 自律神経系 異常 脊髄 障害 排尿障害 ニューロパチー (neurophathy、末梢神経障害) 特定系統の症候学 錐体路障害 錐体外路障害 切迫する病態に関しての用語 脳浮腫 頭蓋内圧 亢進 脳ヘルニア 脳死 脳血管障害 [ 編集 ] 一過性脳虚血発作 (TIA) 脳卒中 脳梗塞 脳出血 クモ膜下出血[ja.wikipedia.org] 症候 [ 編集 ] 意識障害 遷延性意識障害 高次脳機能障害 認知症 失語 失認 失行 睡眠障害 構音障害 頭蓋骨縫合早期癒合症 髄膜刺激症状 頭痛 三叉神経痛 脳神経 症状 嗅覚障害 味覚 障害 神経眼科学 めまい (眩暈) 聴覚障害 麻痺 (運動麻痺と感覚麻痺) ミオパチー (myopathy、筋肉の疾患の総称) 筋萎縮 深部腱反射 異常[ja.wikipedia.org]

  • 関節炎

    関節炎(かんせつえん、英: Arthritis)は、関節の炎症をともなう疾病の総称。症状には局所症状と全身症状があり、局所症状としては発赤、腫脹、圧痛、こわばり、可動域制限などが知られ、全身症状としては発熱、全身倦怠感、体重減少などが知られている。 急性か慢性か、単関節炎か多関節炎かといった観点で纏められることが多い。 単関節炎は感染症、結晶誘発性、物理的要因によるものが多い。 細菌性関節炎淋菌性関節炎は若年者に多い。移動性の関節痛が特徴的である。高齢者、免疫不全状態の患者では非淋菌性関節炎が起りやすい。[…][ja.wikipedia.org]

  • 変形性関節症

    肩は、膝関節や股関節のような常に体重がかかる関節ではないため、 変形性肩関節症(へんけいせいかたかんせつしょう) を発症する割合は高くはありません。しかし、 腱板損傷(けんばんそんしょう) や 脱臼(だっきゅう) などにより 関節軟骨(かんせつなんこつ) や 靭帯(じんたい) が傷つくと 変形性肩関節症 を引き起こす危険性があります。 変形性肩関節症 では、軟骨がすり減ったり骨が変形した結果、関節内やその周辺に痛みを感じるようになります。残念ながら、傷んだ軟骨は再生しないため、腕や肩を使う動作が困難になり、徐々に 変形性肩関節症 が進行していきます。肩の 脱臼[…][kansetsu-life.com]

  • 老人性関節症

    3 骨関節疾患などにより生じる腰痛、膝関節痛、股関節痛などの疼痛(痛み) 痛みだけでなく筋力の低下も招き、異常歩行の原因となります。 4 老化によるものや四肢不全麻痺、失調症、脳卒中後遺症、パーキンソン病などにより生じるバランス障害 転倒しやすい異常歩行の原因となります。[scrio.co.jp] よく水が関節にたまって、抜いてもすぐ腫れる場合、レントゲンで異常が見られなくても、この疾患であることがあります。歩行できないほどの痛みを伴う場合があります。改善が得られない場合、人工関節手術により劇的に痛みが消失します。[nakatsu.saiseikai.or.jp]

  • 凹足

    足を表す言い方としてよくきかれる足の甲が高く盛り上がっている「甲高」という状態の方は、凹脚、ハイアーチと呼ばれる状態です。 足の裏にはバネの役目を果たす、踵、足の小指のつけ根、足の親指のつけ根の三点を互いに結び合う「アーチ」いう構造があります。 扁平足がこのバネが伸びきって、足や体への衝撃の緩和が悪くなるのに対して、 凹足ハイアーチの状態では逆にこのバネが縮まってしまって足や体への衝撃の緩和が悪くなる状態です。 凹足・ハイアーチの原因は足を形作る筋力の不均衡によるものです。 家系的な遺伝によるものが強く表れるといわれていますが、生まれた時点で現れるものではなく[…][yoikutu.com]

  • 脳卒中

    脳卒中センター 脳卒中センターのご案内 当院では、平成20年7月1日より脳卒中センター(38床)を開設致しました。 脳卒中とは 脳卒中とは、脳の血管が急に詰まったり破れたりして起こる病気のことです。具体的には、詰まる病気としては脳梗塞・一過性脳虚血発作(TIA)、破れる病気としては脳内出血・くも膜下出血が挙げられます。脳のどの部位が病気になるかにより、手足や顔の麻痺・しびれ、言語障害、視覚異常、めまい、頭痛など多彩な症状が出ます。 脳卒中の存在は大昔から知られており、「 卒 然として(突然に)、邪 風 (悪いカゼ)に 中[…][hoshigaoka.jcho.go.jp]

さらなる症状