Create issue ticket

考えれる18県の原因 歩様障害

  • 脳腱黄色腫症

    抄録 脳腱黄色腫症(cerebrotendinous xanthomatosis:CTX)は知能低下,小脳失調,白内障,腱黄色腫を呈する遺伝性代謝疾患である.本例は53歳,女性.四肢に巨大な軟部腫瘤を認め生検により黄色腫と判明.小脳歯状核病変や血清コレスタノール高値からCTXと診断しケノデオキシコール酸(chenodeoxycholic acid:CDCA)とスタチンの投与を開始した.下腿の巨大黄色腫はMRIでT2WI高信号域を認め出血や粘液変性の存在が示唆された.[jstage.jst.go.jp]

  • 神経根障害

    特発性多発神経根障害 概要 猫の特発性多発神経根障害とは、中枢神経である脊髄からムカデの足のように出ている脊髄神経の束(神経根)で原因不明の炎症などによる障害が起こり、障害や四肢のしびれなどの症状が現れる病気です。この病気の発生は稀ですが、後肢のしびれから進行し、四肢のしびれに進行する経過をたどることが多いです。[axa-direct.co.jp]

  • パーキンソン病

    特にパーキンソン病の場合は、動かしたときに感じる硬さに強弱の変動があり、まるで渋くなったが歯車をまわしているな感じがすることが特徴です(歯車筋強剛)。 姿勢反射障害 バランスが崩れたとき、これを支えるための脚の一がでないため、そのまま転倒しやすくなります。[hatsuta-cl.jp]

  • チアノーゼ

    異常、過敏、呼吸障害、心拍数増加、不整脈、心音混濁[naro.affrc.go.jp] 疾病名 キーワード 2 炭疽 (牛) 【法】 突然死、高死亡率、チアノーゼ、天然孔出血 10 ブルータング (牛) 【届】 チアノーゼ、浮腫、発熱、流涎、脱水、跛行、鼻汁、嚥下障害、異常産、先天性異常 177 硝酸塩中毒 突然死、チアノーゼ、流涎、起立不能、異常、伏臥、異常産 179 低マグネシウム血症 チアノーゼ、起立不能、振戦・痙攣[naro.affrc.go.jp]

  • 痛みがある眼筋麻痺

    動作は鈍く、歩行時に手の振りが少なく、小股になる(小刻み歩行)、最初の一がでにくい(すくみ足)、こけやすいなどの歩行障害をきたします。 顔の表情も乏しくなり(仮面顔貌)、姿勢は猫背(前屈)になります。 しばしば「うつ」も合併します。 上記パーキンソン症状に認知症や幻視を伴う場合、レビー小体型認知症(DLB)が疑われます。[kunishigemakotoclinic.jp]

  • 消耗症

    3.症状 BSEでは、中枢神経障害に起因した、1)異常行動、2)過敏症(知覚、触覚、視覚)、3)不安、4)異常、5)後躯麻痺、6)泌乳量の低下、7)一般健康状態の悪化などが認められる。羊スクレイピーでは掻痒症、脱毛を認める例もある。[naro.affrc.go.jp]

  • 勃起不全

    高血圧症、糖尿病、喫煙や高コレステロール値などの生活習慣病の関連因子を取り除くことが、治療の第一です。 患者とEDの治療について話し合い、患者様に合わせた治療法を選択します。問診や健康チェックで問題がなければ、心理的障害か器質的障害かにかかわらず診断的治療として、まず経口薬の効果で原因を特定するのが最近の傾向です。[kawakami-cl.com]

  • フコシドーシス

    異常、流涎、嚥下障害などの症状を示します。 好発犬種 シュナウザー(ミニチュア) チャウチャウ 発作性睡眠( ナルコレプシー) オレキシンは、覚醒レベルを高めたり、情動や緊張状態を保ったりする脳内の神経伝達物質です。[anicom-page.com]

  • 白血球粘着不全症

    異常、流涎、嚥下障害などの症状を示します。 好発犬種 シュナウザー(ミニチュア) チャウチャウ 発作性睡眠( ナルコレプシー) オレキシンは、覚醒レベルを高めたり、情動や緊張状態を保ったりする脳内の神経伝達物質です。[anicom-page.com]

  • 錐体外路症候群

    3) 無動(akinesia) 動作緩慢、仮面顔貌、小声、小字、小、すくみ足 4) 姿勢反射障害 :突進現象、加速歩行、前傾前屈姿勢 5) 精神症状 :うつ、幻視・せん妄、痴呆 6) 自律神経症状 :便秘、脂顔、起立性低血圧、排尿障害、発汗低下 重症度分類(Yahrの分類) Ⅰ:片側のみ Ⅱ:両側 Ⅲ:姿勢反射障害あり Ⅳ:日常生活の多[www2b.biglobe.ne.jp] 2) 筋固縮、筋強剛(rigidity) 鉛管様、歯車。対側肢に随意運動させると固縮が増強。[www2b.biglobe.ne.jp]

さらなる症状