Create issue ticket

考えれる13県の原因 歩様障害

  • 脳腱黄色腫症

    HOME 病気の解説(一般利用者向け) 脳腱黄色腫症(指定難病263) のうけんおうしょくしゅしょう (概要、臨床調査個人票の一覧は、こちらにあります。) 1. 「脳腱黄色腫症」とはどのような病気ですか 体内にコレスタノールが蓄積することにより多彩な症状を呈する疾患です。 2. この病気の患者さんはどのくらいいるのですか 現在まで世界で150-200例ほど報告されている極めてまれな疾患です。 3. この病気はどのような人に多いのですか 遺伝性の疾患ですが突然 変異 により発症することもあると考えられています。 4. この病気の原因はわかっているのですか ステロール27位水酸化 酵素[…][nanbyou.or.jp]

  • パーキンソン病

    特にパーキンソン病の場合は、動かしたときに感じる硬さに強弱の変動があり、まるで渋くなったが歯車をまわしているな感じがすることが特徴です(歯車筋強剛)。 姿勢反射障害 バランスが崩れたとき、これを支えるための脚の一がでないため、そのまま転倒しやすくなります。[hatsuta-cl.jp]

  • チアノーゼ

    異常、過敏、呼吸障害、心拍数増加、不整脈、心音混濁[naro.affrc.go.jp] 疾病名 キーワード 2 炭疽 (牛) 【法】 突然死、高死亡率、チアノーゼ、天然孔出血 10 ブルータング (牛) 【届】 チアノーゼ、浮腫、発熱、流涎、脱水、跛行、鼻汁、嚥下障害、異常産、先天性異常 177 硝酸塩中毒 突然死、チアノーゼ、流涎、起立不能、異常、伏臥、異常産 179 低マグネシウム血症 チアノーゼ、起立不能、振戦・痙攣[naro.affrc.go.jp]

  • 痛みがある眼筋麻痺

    動作は鈍く、歩行時に手の振りが少なく、小股になる(小刻み歩行)、最初の一がでにくい(すくみ足)、こけやすいなどの歩行障害をきたします。 顔の表情も乏しくなり(仮面顔貌)、姿勢は猫背(前屈)になります。 しばしば「うつ」も合併します。 上記パーキンソン症状に認知症や幻視を伴う場合、レビー小体型認知症(DLB)が疑われます。[kunishigemakotoclinic.jp]

  • フコシドーシス

    異常、流涎、嚥下障害などの症状を示します。 好発犬種 シュナウザー(ミニチュア) チャウチャウ 発作性睡眠( ナルコレプシー) オレキシンは、覚醒レベルを高めたり、情動や緊張状態を保ったりする脳内の神経伝達物質です。[anicom-page.com]

  • 錐体外路症候群

    3) 無動(akinesia) 動作緩慢、仮面顔貌、小声、小字、小、すくみ足 4) 姿勢反射障害 :突進現象、加速歩行、前傾前屈姿勢 5) 精神症状 :うつ、幻視・せん妄、痴呆 6) 自律神経症状 :便秘、脂顔、起立性低血圧、排尿障害、発汗低下 重症度分類(Yahrの分類) Ⅰ:片側のみ Ⅱ:両側 Ⅲ:姿勢反射障害あり Ⅳ:日常生活の多[www2b.biglobe.ne.jp] 2) 筋固縮、筋強剛(rigidity) 鉛管様、歯車。対側肢に随意運動させると固縮が増強。[www2b.biglobe.ne.jp]

  • 手無感覚症, 片方

    動作は鈍く、歩行時に手の振りが少なく、小股になる(小刻み歩行)、最初の一がでにくい(すくみ足)、こけやすいなどの歩行障害をきたします。 顔の表情も乏しくなり(仮面顔貌)、姿勢は猫背(前屈)になります。 しばしば「うつ」も合併します。 上記パーキンソン症状に認知症や幻視を伴う場合、レビー小体型認知症(DLB)が疑われます。[kunishigemakotoclinic.jp]

  • 炭疽症

    犬では発熱に続き、流涎、嚥下障害がみられ、顔面筋の収縮、開口障害とともに両耳は後ろに牽引されます。瞳孔は持続的に縮瞳、ときに瞬膜の突出が見られ、は木馬様で刺激に対して敏感に反応します。重症例では後弓反張姿勢を呈し、呼吸不全で死亡します。 人の場合は、通常3 21日の潜伏期を経て特有の症状を呈します。[cpvma.com]

  • 遺伝性オトガイ筋運動障害

    具体的にはの異常や、転倒・起立困難などの運動障害があらわれます。また、筋強直の結果、全身の骨格筋が肥大します。頚部の筋肉肥大により気道が狭くなり呼吸音が大きくなったり、嚥下障害などの症状もあらわれます。[pontely.com]

  • 常染色体優性重症先天性好中球減少症

    異常、流涎、嚥下障害などの症状を示します。 好発犬種 シュナウザー(ミニチュア) チャウチャウ 発作性睡眠( ナルコレプシー) オレキシンは、覚醒レベルを高めたり、情動や緊張状態を保ったりする脳内の神経伝達物質です。[anicom-page.com]

さらなる症状