Create issue ticket

考えれる11県の原因 正球性正色素性貧血, 鉄欠乏性貧血

  • 貧血

    小球低色素貧血 サラセミア 芽球貧血 欠乏貧血 正球性正色素性貧血 再生不良性貧血 溶血性貧血 遺伝性球状赤血球症 発作性夜間血色素尿症(PNH) 自己免疫性溶血性貧血 大球貧血(大球正色素貧血) 巨赤芽球貧血 悪性貧血 葉酸欠乏貧血 ビタミンB12欠乏貧血 赤血球数 ヘモグロビン濃度 濃度 フェリチン濃度小球低色素貧血[ja.wikipedia.org] 色素貧血 サラセミア 鉄芽貧血 鉄欠乏貧血 色素貧血 再生不良貧血 溶血貧血 遺伝球状赤血球症 発作夜間血色素尿症(PNH) 自己免疫溶血貧血貧血(大色素貧血) 巨赤芽性貧血 悪性貧血 葉酸欠乏性貧血 ビタミンB12欠乏性貧血 赤血球数 ヘモグロビン濃度 鉄濃度 フェリチン濃度小球性低色素性貧血[ja.wikipedia.org] で上昇していれば二次貧血を疑い、低下していれば欠乏貧血を疑う。[ja.wikipedia.org]

  • 鉄欠乏性貧血

    若年女性などが偏食や無理な減量によって必要な量のを摂取していない場合は欠乏貧血に陥りやすい。 子宮筋腫の存在する女性が更年期近くになって出血量が増加し欠乏貧血になる例も多く見られる。 胃潰瘍 、 胃癌 、 痔 、 大腸癌 、などの消化管出血が欠乏の原因となることがある。特に右半大腸癌は欠乏貧血が唯一の症状であることがある。[ja.wikipedia.org] 色素貧血 サラセミア 鉄芽貧血 鉄欠乏貧血 色素貧血 再生不良貧血 溶血貧血 遺伝球状赤血球症 発作夜間血色素尿症(PNH) 自己免疫溶血貧血貧血(大色素貧血) 巨赤芽性貧血 悪性貧血 葉酸欠乏性貧血 ビタミンB12欠乏性貧血 赤血球数 ヘモグロビン濃度 鉄濃度 フェリチン濃度小球性低色素性貧血[ja.wikipedia.org] まれに他の 悪性腫瘍 が原因で慢性的に出血して欠乏貧血を生じる事もある。特に偏食をしているわけでもない男性が欠乏貧血であった場合、しばしば消化管からの慢性的な出血を疑う。 欠乏貧血の診断はさほど難しくはないが、診断・治療にあたっては下記のように原因を検索する必要があり、その際出血の有無、出血源を調べる。[ja.wikipedia.org]

  • 消化管出血

    長期間の少量の出血は欠乏貧血による疲労感や狭心症などの症状がある。 その他の症状は腹痛、息苦さ、顔面蒼白、失神などがある。少量の出血の場合、症状がない場合もある。 胃腸出血は一般的に上部消化管出血と下部消化管出血の2つのタイプに分かれる。 上部消化管出血は下部消化管出血より一般的である。[ja.wikipedia.org]

  • 溶血性貧血

    血液検査 末梢血塗沫染色検査 色素貧血 : 造られる赤血球自体は正常なので色素性を示す。 サラセミア 自己免疫性溶血性貧血 発作性夜間血色素尿症 異常赤血球 : ただし、赤血球の形状自体が異常であるため溶血の原因となる場合もある。[ja.wikipedia.org]

  • 多発性骨髄腫

    骨髄腫で認められる貧血は一般的には色素貧血である。骨髄における腫瘍細胞の浸潤とサイトカイン産生により、骨髄での赤血球産生が抑制されておこると言われている。 よくある問題として、高カルシウム血症による易疲労感・脱力感・意識障害がある。[ja.wikipedia.org]

  • 発作性夜間血色素尿症

    血液検査 末梢血塗沫染色検査 色素貧血 : 造られる赤血球自体は正常なので色素性を示す。 サラセミア 自己免疫性溶血性貧血 発作性夜間血色素尿症 異常赤血球 : ただし、赤血球の形状自体が異常であるため溶血の原因となる場合もある。[ja.wikipedia.org]

  • 慢性腎臓病

    腎性貧血はエリスロポエチン投与で改善することが多いが、エリスロポエチンの反応が低下した場合は以下のようなことが考えられる。 慢性疾患(感染症、悪性腫瘍)の貧血 欠乏貧血 副甲状腺機能亢進症 アルミニウム中毒 いったん慢性腎不全に陥ると回復は不可能となり、透析等の治療を受けないと尿毒症となる。[ja.wikipedia.org] 貧血 エリスロポエチンの産生低下による色素貧血を来たす。 肺水腫 水分の排泄障害から体液の増加を来たし、循環血漿量の増加からうっ血性心不全を来たし、心不全から肺水腫に至る。心障害から至る肺障害を心性肺と言う。 中枢症状 尿毒素による神経障害から、意識障害、頭痛、等を来たす。[ja.wikipedia.org] 第1期(腎予備能減少期)から見られるもの 第2期(代償性腎不全期)から見られるもの 第3期(腎不全期、非代償期)から見られるもの 腎性貧血 腎性貧血は、腎不全が原因で起こる貧血。病態腎臓は赤血球を作るホルモンであるエリスロポエチンを作っているので、慢性腎不全ではエリスロポエチンが不足して色素貧血になる。[ja.wikipedia.org]

  • 関節リウマチ

    関節リウマチ(かんせつリウマチ、rheumatoid arthritis:RA)とは、自己の免疫が主に手足の関節を侵し、これにより関節痛、関節の変形が生じる代表的な膠原病の1つで、炎症性自己免疫疾患である。 四肢のみならず、脊椎、血管、心臓、肺、皮膚、筋肉といった全身臓器にも病変が及ぶこともある。 以前は、「慢性関節リウマチ」と呼ばれていた。第6回日本リウマチ学会総会(1962年)において「rheumatoid arthritis」の日本語訳が「慢性関節リウマチ」に決定されたためだが、「rheumatoid[…][ja.wikipedia.org]

  • スポーツ貧血

    スポーツ選手で見られることの多い欠乏貧血であるが、一般には鉄分の摂取が少ない場合、あるいは月経や消化管出血等の出血で鉄分を喪失した場合にはスポーツ選手であってもなくとも欠乏貧血になる。しかし、スポーツ選手に特有の欠乏貧血の理由もある。スポーツ選手は一般人に比べ大量に汗をかくことが多いが、汗の中にも微量ながらもは含まれる。[ja.wikipedia.org] 色素貧血 サラセミア 鉄芽貧血 鉄欠乏貧血 色素貧血 再生不良貧血 溶血貧血 遺伝球状赤血球症 発作夜間血色素尿症(PNH) 自己免疫溶血貧血貧血(大色素貧血) 巨赤芽性貧血 悪性貧血 葉酸欠乏性貧血 ビタミンB12欠乏性貧血 赤血球数 ヘモグロビン濃度 鉄濃度 フェリチン濃度小球性低色素性貧血[ja.wikipedia.org] 体育を専門にする大学の新入生では女子学生の10%に貧血が見られるという報告もある。そのほとんどは欠乏貧血であり、一部は溶血による貧血であるといわれている。[ja.wikipedia.org]

  • 壊血病

    壊血病(かいけつびょう、英: scurvy、独: Skorbut)は、出血性の障害が体内の各器官で生じる病気でビタミンC欠乏状態が数週間から数カ月続くと症状が出現する。成人と小児では症状が異なる。 ビタミンCの欠乏によって生じる。ビタミンCは体内のタンパク質を構成するアミノ酸の1つであるヒドロキシプロリンの合成に必須であるため、これが欠乏すると組織間をつなぐコラーゲンや象牙質、骨の間充組織の生成と保持に障害を受ける。これがさらに血管等への損傷につながることが原因である。[…][ja.wikipedia.org]

さらなる症状