Create issue ticket

考えれる13県の原因 正球性正色素性貧血, 鉄の低下

  • 鉄欠乏性貧血

    色素貧血 サラセミア 鉄芽貧血 鉄欠乏貧血 色素貧血 再生不良貧血 溶血貧血 遺伝球状赤血球症 発作夜間血色素尿症(PNH) 自己免疫溶血貧血貧血(大色素貧血) 巨赤芽性貧血 悪性貧血 葉酸欠乏性貧血 ビタミンB12欠乏性貧血 赤血球数 ヘモグロビン濃度 鉄濃度 フェリチン濃度小球性低色素性貧血[ja.wikipedia.org] 検査 [ 編集 ] 血液検査 典型的な検査結果パターン Hb(ヘモグロビン) 低下 Ht(ヘマトクリット) 低下 MCV(平均赤血球容積) 低下 MCH(平均赤血球色素量) 低下 Fe(血清低下 フェリチン 低下 TIBC 上昇 血清生化学検査 が欠乏するので、血清鉄が減少し、血清フェリチン(貯蔵鉄量を反映する)が減少する。[ja.wikipedia.org] で上昇していれば二次性貧血を疑い、低下していれば欠乏性貧血を疑う。[ja.wikipedia.org]

  • 貧血

    色素貧血 サラセミア 鉄芽貧血 鉄欠乏貧血 色素貧血 再生不良貧血 溶血貧血 遺伝球状赤血球症 発作夜間血色素尿症(PNH) 自己免疫溶血貧血貧血(大色素貧血) 巨赤芽性貧血 悪性貧血 葉酸欠乏性貧血 ビタミンB12欠乏性貧血 赤血球数 ヘモグロビン濃度 鉄濃度 フェリチン濃度小球性低色素性貧血[ja.wikipedia.org] 抄録 わが国において肝発癌との関係からその鉄代謝障害が注目されている慢性肝障害は主としてC型慢性肝疾患と非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)である.C型慢性肝疾患における代謝障害機序としてhepcidinの産生低下が報告されているが,NASHでの代謝障害機序は未だ不明の点が多い.両疾患のマネージメントにおいて鉄代謝異常を是正していくことは[doi.org] で上昇していれば二次性貧血を疑い、低下していれば欠乏性貧血を疑う。[ja.wikipedia.org]

  • 慢性腎不全
  • 発作性夜間血色素尿症

    血液検査 末梢血塗沫染色検査 色素貧血 : 造られる赤血球自体は正常なので色素性を示す。 サラセミア 自己免疫性溶血性貧血 発作性夜間血色素尿症 異常赤血球 : ただし、赤血球の形状自体が異常であるため溶血の原因となる場合もある。[ja.wikipedia.org]

  • 関節リウマチ

    関節リウマチ(かんせつリウマチ、rheumatoid arthritis:RA)とは、自己の免疫が主に手足の関節を侵し、これにより関節痛、関節の変形が生じる代表的な膠原病の1つで、炎症性自己免疫疾患である。 四肢のみならず、脊椎、血管、心臓、肺、皮膚、筋肉といった全身臓器にも病変が及ぶこともある。 以前は、「慢性関節リウマチ」と呼ばれていた。第6回日本リウマチ学会総会(1962年)において「rheumatoid arthritis」の日本語訳が「慢性関節リウマチ」に決定されたためだが、「rheumatoid[…][ja.wikipedia.org]

  • グルカゴン産生腫瘍

    症状 糖尿病やアミノ酸血症、壊死性移動性紅斑である皮膚病変が主症状です。糖尿病の症状はインスリン分泌に影響されるものではなく、グルカゴン作用によって引き起こされると言われており、二次性の糖尿病となります。低アミノ酸血症はほとんどのケースで見られ、他の症状が強く出ていなくても低アミノ酸血症だけは明らかに出現していたとする症例も見られます。壊死性移動性紅斑は顔面、殿部、鼠径部、四肢末端部といった個所に出現します。色素沈着や痂皮(かさぶた)、糜爛、水疱といったものが見られます。その他、血栓塞栓症、赤沈亢進、萎縮性舌炎、精神症状、口唇炎、貧血、体重減少などを示すこともあります。 原因[…][lalso.com]

  • ホジキン病
  • 膵島細胞腫瘍
  • 持病の貧血症
  • スポーツ貧血

    色素貧血 サラセミア 鉄芽貧血 鉄欠乏貧血 色素貧血 再生不良貧血 溶血貧血 遺伝球状赤血球症 発作夜間血色素尿症(PNH) 自己免疫溶血貧血貧血(大色素貧血) 巨赤芽性貧血 悪性貧血 葉酸欠乏性貧血 ビタミンB12欠乏性貧血 赤血球数 ヘモグロビン濃度 鉄濃度 フェリチン濃度小球性低色素性貧血[ja.wikipedia.org] で上昇していれば二次性貧血を疑い、低下していれば欠乏性貧血を疑う。[ja.wikipedia.org] 多くの病原体はその増殖に多量のを要するため、血清濃度を低下させることは炎症の原因となる菌の増殖を抑制して抗菌作用も発揮することになるが、臨床的には弱い作用であり実際に利用され無い。ヘプシジン(en:Hepcidin)は肝臓で産生される一種のペプチドホルモンであり、腸からの鉄の過剰な吸収を抑制する作用を有し、抗菌作用も指摘されている。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状