Create issue ticket

考えれる80県の原因 正球性正色素性貧血, 血小板数減少

  • 慢性腎不全

    病態 腎臓は赤血球を作るホルモンである エリスロポエチン を作っているので、慢性腎不全ではエリスロポエチンが不足して色素貧血になる。 高リン酸血症 : 糸球体濾過量の低下による。[ja.wikipedia.org] 貧血 エリスロポエチン の産生低下による色素貧血を来たす。 肺水腫 水分の排泄障害から体液の増加を来たし、循環血漿量の増加からうっ血性心不全を来たし、心不全から肺水腫に至る。心障害から至る肺障害を心性肺と言う。 中枢症状 尿毒素による神経障害から、意識障害、頭痛、等を来たす。[ja.wikipedia.org] 臨床像 [ 編集 ] 第1期(腎予備能減少期)から見られるもの 第2期(代償性腎不全期)から見られるもの 第3期(腎不全期、非代償期)から見られるもの 腎性貧血 腎性貧血 は、腎不全が原因で起こる 貧血[ja.wikipedia.org]

  • 多発性骨髄腫

    血小板は出血を防ぐ上で役立つ血栓を形成します。 骨髄腫細胞が増加すると、つくられる赤血球、白血球、血小板減少します。また骨髄腫細胞は骨を損傷、脆弱化します。 時に多発性骨髄腫では全く症状を示さないことがあり、他の状況のために血液検査か尿検査が行われた時に見つかります。多発性骨髄腫や他の状況において以下の症状がみられることがあります。[imic.or.jp] 骨髄腫で認められる貧血は一般的には色素貧血である。骨髄における腫瘍細胞の浸潤とサイトカイン産生により、骨髄での赤血球産生が抑制されておこると言われている。 よくある問題として、高カルシウム血症による易疲労感・脱力感・意識障害がある。[ja.wikipedia.org] 正常な状態の骨髄では、以下の3種類の成熟血液細胞に成長する 幹細胞 (未熟な細胞)が作られます: 骨髄腫細胞のが増えるにつれて、新たに作られる赤血球、白血球、血小板減少していきます。骨髄腫細胞はまた、骨に損傷を与えてもろくしたりもします。 多発性骨髄腫ではときに、 徴候 や 症状 が全くみられないことがあります。[cancerinfo.tri-kobe.org]

  • 自己免疫性溶血性貧血

    (6) その他:ヘパリン起因性血小板減少症(Heparin induced thrombocytopenia;HIT) 固形腫瘍に対して強力な化学療法を行う場合には,必要に応じて血小板を測定する。 血小板が2万/μL未満に減少し,出血傾向を認める場合には,血小板が1 2万/μL以上を維持するように血小板輸血を行う。[mhlw.go.jp] 血液検査 末梢血塗沫染色検査 色素貧血 : 造られる赤血球自体は正常なので色素性を示す。 サラセミア 自己免疫性溶血性貧血 発作性夜間血色素尿症 異常赤血球 : ただし、赤血球の形状自体が異常であるため溶血の原因となる場合もある。[ja.wikipedia.org] これにより赤血球の平均容積は相殺され、一般に末梢血は色素貧血を呈する [2] 。また造血の亢進を反映して、骨髄は赤芽優位の過形成となる [2] 。 免疫学的には クームス試験 が重要である [2] 。この疾患において感作された赤血球の膜上には温式抗体(化学的には 免疫グロブリン という蛋白質)が付着している [2] 。[ja.wikipedia.org]

  • 発作性夜間血色素尿症

    血液検査 末梢血塗沫染色検査 色素貧血 : 造られる赤血球自体は正常なので色素性を示す。 サラセミア 自己免疫性溶血性貧血 発作性夜間血色素尿症 異常赤血球 : ただし、赤血球の形状自体が異常であるため溶血の原因となる場合もある。[ja.wikipedia.org]

  • 遺伝性球状赤血球症

    ・高度の貧血が成長期に持続していると、発育が遅れて小柄となる傾向があります。 遺伝球状赤血球症の検査 色素貧血、赤血球の形態観察で球状赤血球、網状赤血球の増加、黄疸(間接ビリルビン上昇)、脾腫、赤血球の浸透圧抵抗の低下などを総合して診断します。可能であれば、電気泳動により膜蛋白の異常を同定します。[byoutaieiyou.e840.net] 検査と診断 色素貧血、赤血球の形態観察で球状赤血球、網状赤血球の増加、黄疸(間接ビリルビン上昇)、脾腫、赤血球の浸透圧抵抗の低下などを総合して診断します。可能であれば、電気泳動により膜蛋白の異常を同定します。 なお、新生児期には形態、浸透圧抵抗ともに典型的な所見をとらないことも多いため、診断が難しいことがあります。[qlife.jp] 検査と診断 色素貧血(せいきゅうせいせいしきそせいひんけつ)、赤血球の形態観察で球状赤血球、網状赤血球の増加、黄疸(間接ビリルビン上昇)、脾腫(ひしゅ)、赤血球の浸透圧抵抗(しんとうあつていこう)の低下などを総合して診断します。可能であれば、電気泳動により膜蛋白の異常を同定します。[medical.itp.ne.jp]

  • ホジキン病

    ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 の解説 ホジキン病 ホジキンびょう Hodgkin's disease 腫瘍, 悪性リンパ腫 の一種。臨床的には, 弛張熱 , 好酸球 増加,全身 リンパ節 の 腫大 などがみられる。特に頸部, 縦隔 ,腹腔,鼠径部の無痛性のリンパ節に初発することが多い。その他の症状としては,炎症と免疫不全がみられる。また,皮膚病変を伴わない皮膚のかゆみ,アルコール飲酒後のリンパ節の痛み,食欲不振などの症状もある。 脾臓 ,肝臓,骨髄も侵される。脾臓では小結節状の病巣が多数みられることが多く,これは 斑岩 脾と呼ばれている。組織学的には,単核および多核の 腫瘍 細胞,[…][kotobank.jp]

  • 葉酸欠乏性貧血

    特に白血球が増加し、赤血球血小板減少している時には白血病の疑いがありますので注意が必要です。[nms.co.jp] 表.赤血球恒数による貧血の鑑別 分類 MCV MCH 主な疾患 小色素貧血 低値 低値 鉄欠乏貧血、サラセミア、鉄芽貧血 色素貧血 正常 正常 溶血貧血、急性出血、白血病、再生不良貧血、腎貧血、症候貧血色素貧血 高値 高値 正常 ビタミンB12や葉酸欠乏による巨赤芽性貧血、肝障害に伴う貧血、[crc-group.co.jp] 分娩管理 血小板5万/mm3以上に保ち分娩にのぞむ。原則的には経腟分娩とするが、胎児の血小板減少が予想される場合(第1子出生時の血小板減少、臍帯穿刺・頭皮採血による出生前診断)は頭蓋内出血を避けるため帝王切開とする。[www2.nms.ac.jp]

  • 鉄欠乏性貧血

    検査 血液検査 造血能の障害はないので血小板自体は減らない。 ガラスビーズ管試験 ガラスビーズ管試験 では、粘着能に異状はないので血小板減少が見られる。 歴史 1918年に グランツマン によって報告された。[ja.wikipedia.org] ヘモグロビンでは生後6ヶ月 6歳 Hb 11g/dl以下 Ht 33%以下 6 12歳 Hb 12g/dl以下 Ht 36%以下 貧血の分類 1)小色素貧血 MCV80以下 MCHC 30以上 2)色素貧血 MCV 80 100 MCHC 31 35 3)大性 MCV 101 以上 MCHC 31 35[senoopc.jp] 色素貧血 サラセミア 鉄芽貧血 鉄欠乏貧血 色素貧血 再生不良貧血 溶血貧血 遺伝球状赤血球症 発作夜間血色素尿症(PNH) 自己免疫溶血貧血貧血(大色素貧血) 巨赤芽性貧血 悪性貧血 葉酸欠乏性貧血 ビタミンB12欠乏性貧血 赤血球数 ヘモグロビン濃度 鉄濃度 フェリチン濃度小球性低色素性貧血[ja.wikipedia.org]

  • 再生不良性貧血

    一方、成人では、血小板減少が半年以上続く慢性型が多く発症します。国内には約2万人の患者さんがおり、厚生労働省から難病に指定されていますので、所定の手続きを経て申請が受理されますと、医療費の補助を受けることができます。 症状 出血が唯一の症状です。その程度は個人差がありますが、血小板血小板減少の進行の速さによって規定されます。[keio-hematology.jp] 血清フェリチン値1,000ng/mL以上、輸血が40単位を超えた場合発症するリスクが高くなる 播種血管内凝固症候群 敗血症 ヘモクロマトーシス 心肥大・心不全・不整脈 糖尿病 末梢血塗沫標本検査 汎血球減少を来たす。 血算 色素貧血 : 作られる赤血球は正常な赤血球のため、(または大色素貧血を示す。[ja.wikipedia.org] 白血球では、リンパ球は保存されて減少の程度が軽いため、比率でみると顆粒 (かりゅう) が減少して、リンパが増している。これをリンパ比較的増加という。貧血色素貧血で、ときに経過の途中で軽い高色素性を示す例がある。出血傾向はもっぱら血小板の減少によるもので、出血時間は延長するが、凝血時間は正常である。[kotobank.jp]

  • 悪性貧血

    特に血小板減少から始まった汎血球減少ではネオーラルの効果が得られやすいことが知られています。 血球減少が進行する場合や、血小板が5万以下で日常生活に支障を来たす場合には、まずネオーラルを2 3ヵ月内服して効果があるかどうかを調べます。[nanbyou.or.jp] 貧血の定義はRBCやHbが年齢相応正常範囲内の値から低下した状態をいい、RBCの大きさや含まれるHb量から小色素貧血色素貧血、大色素貧血に分類されます。その原因は多様です。[tokushukai.or.jp] まず、貧血は赤血球の大きさ等により①小色素性、②球性正色素、③大色素の三つの種類に大きく分けることができ、それぞれの代表的な疾患には、 ①小色素:鉄欠乏貧血、サラセミア ②色素:急性出血、溶血貧血、再生不良貧血、 造血器腫瘍による貧血(白血病など) ③大色素性:悪性貧血、骨髄異形成症候群 などが[ohta-hp.or.jp]

さらなる症状