Create issue ticket

考えれる139県の原因 正球性正色素性貧血, 発熱

  • 消化管出血

    6)併発症状の有無 1.消化器症状:悪心・嘔吐、腹痛、便通異常 2.全身状態:発熱、体重減少、食欲不振 3.出血傾向の有無 4.急性腹膜炎を伴う下血には最大の注意を払う。 7)誘因:食物、薬物(抗生剤・ステロイド・消炎鎮痛剤・抗凝固剤) 8)基礎疾患と既往症:手術、放射線治療、海外渡航歴、特殊な性癖。[nms.co.jp] に応じて行う. 3)病歴の聴取: 吐血・下血患者に対する病歴の聴取は重要である.出血の量・色調により,出血源を推定する.吐血の場合,新鮮血はまず食道静脈瘤破綻が考えられる.黒色の場合は胃・十二指腸潰瘍からの出血を考える.下血なら黒色便は上部消化管からの出血,鮮紅色 新鮮血は結腸・肛門からの出血が疑われる.随伴症状(腹痛,下痢,悪心・嘔吐,発熱[kotobank.jp] 腰痛・頭痛や発熱などでアスピリンなどの解熱鎮痛薬を使用することが多いのですが、解熱鎮痛薬はその副作用として潰瘍や胃炎を生じて吐血することがあります。 食道静脈瘤・胃静脈瘤は肝硬変の合併症として認められます。アルコール多飲や肝炎ウイルスなどによって肝硬変が生じると、食道や胃の静脈の血流が多くなり静脈瘤が形成されます。[kompas.hosp.keio.ac.jp]

  • 自己免疫性溶血性貧血

    特に急激発症では発熱、全身衰弱、心不全、呼吸困難、意識障害を伴うことがあり、ヘモグロビン尿や乏尿も受診理由となる。症状の強さには貧血の進行速度、心肺機能、基礎疾患などが関連する。代償されて貧血が目立たないこともある。黄疸もほぼ必発だが、肉眼的には比較的目立たない。特発性でのリンパ節腫大はまれである。脾腫の触知率は32 48%。[nanbyou.or.jp] 血液検査 末梢血塗沫染色検査 色素貧血 : 造られる赤血球自体は正常なので色素性を示す。 サラセミア 自己免疫性溶血性貧血 発作性夜間血色素尿症 異常赤血球 : ただし、赤血球の形状自体が異常であるため溶血の原因となる場合もある。[ja.wikipedia.org] これにより赤血球の平均容積は相殺され、一般に末梢血は色素貧血を呈する [2] 。また造血の亢進を反映して、骨髄は赤芽優位の過形成となる [2] 。 免疫学的には クームス試験 が重要である [2] 。この疾患において感作された赤血球の膜上には温式抗体(化学的には 免疫グロブリン という蛋白質)が付着している [2] 。[ja.wikipedia.org]

  • 上部消化管出血

    また、吐血では悪心・嘔吐、タール様便、喀血では咳、痰、発熱を伴うことが多い。とくに、喀血を飲み込んで吐く場合の吐血との鑑別は、喀出物の性状のみからでは困難であり、これら随伴症状の有無が役立つ。 b. 診察のポイントと検査 n 全身状態の把握:意識状態、血圧、脈拍、体温、呼吸、発汗などの状態からショック症状の有無を判定する。[kanazawa-med.ac.jp] 腰痛・頭痛や発熱などでアスピリンなどの解熱鎮痛薬を使用することが多いのですが、解熱鎮痛薬はその副作用として潰瘍や胃炎を生じて吐血することがあります。 食道静脈瘤・胃静脈瘤は肝硬変の合併症として認められます。アルコール多飲や肝炎ウイルスなどによって肝硬変が生じると、食道や胃の静脈の血流が多くなり静脈瘤が形成されます。[kompas.hosp.keio.ac.jp] 6)併発症状の有無 1.消化器症状:悪心・嘔吐、腹痛、便通異常 2.全身状態:発熱、体重減少、食欲不振 3.出血傾向の有無 4.急性腹膜炎を伴う下血には最大の注意を払う。 7)誘因:食物、薬物(抗生剤・ステロイド・消炎鎮痛剤・抗凝固剤) 8)基礎疾患と既往症:手術、放射線治療、海外渡航歴、特殊な性癖。[nms.co.jp]

  • 関節リウマチ

    また、患者に対し、発熱、倦怠感が出現した場合は、速やかに主治医に相談するよう指導すること。 2.最終解析の結果から重篤感染症の危険因子として以下が認められた。[ryumachi-jp.com] 発熱、筋力低下、他の臓器の損傷が起こることもあります。 診断は、主に症状に基づいて下されますが、血液検査のリウマトイド因子やX線画像も参考にします。 治療には、運動と副子による固定、薬(非ステロイド系抗炎症薬、疾患修飾性抗リウマチ薬、免疫抑制薬)、ときに手術などがあります。[msdmanuals.com] また「全身症状」として、38-39度台の発熱を同時に生じる場合(特に急性発症時)や37度台の微熱と全身倦怠感を伴うこともしばしばあります。[doh-racenter.jp]

  • 多発性骨髄腫

    3_発熱、出血傾向 発熱の主な原因は正常の抗体がつくられにくくなるために細菌やウイルスに対する抵抗力が弱まり感染症を合併しやすくなるためですが、多発性骨髄腫の病気自体のために発熱を伴うこともあります。血小板が減少することにより出血しやすくなるため、皮下出血、鼻出血、歯肉出血などがみられることもあります。[uwajima-mh.jp] 骨髄腫で認められる貧血は一般的には色素貧血である。骨髄における腫瘍細胞の浸潤とサイトカイン産生により、骨髄での赤血球産生が抑制されておこると言われている。 よくある問題として、高カルシウム血症による易疲労感・脱力感・意識障害がある。[ja.wikipedia.org] その他に、発熱、発疹、胃腸障害(便秘、下痢、悪心)などが起こることがあります。また、副作用としてボルテゾミブの投与中に帯状疱疹(たいじょうほうしん) ※1 を発症することがあるため、予防のために抗ウイルス薬(アシクロビル)を内服します。[ganjoho.jp]

  • 横隔膜下膿瘍

    ドレナージ法という治療法なら腹痛や背部痛の症状だけでなく、発熱や悪寒などの症状を緩和させる事が可能です。白血球が増加している時は、免疫抑制剤の投与を受けると貧血の症状を治すことが出来ます。症状が進行している時は、胆嚢を切り取る必要があります。 閲覧履歴 まだ病院情報は閲覧していません。 病院情報を閲覧すると、ここに履歴が表示されます。[hospita.jp] 症状 悪感やふるえを伴って、高い発熱状態が続きます。そのため食欲が減退して栄養状態が悪化し、全身衰弱となってしまうことも少なくありません。 おなかの上部、または胸の痛みを感じ、とくに患部を上から押すと強い痛みを覚えます。[igaku-jiten.com] 【中心静脈カテーテル感染】 中心静脈カテーテルの留置中に発現する発熱のことをいい、通常、突然に発熱し、多くの場合弛張熱の型をとります。 カテーテル留置中の患者において38度以上の発熱を認めた場合に、カテーテル抜去により速やかに解熱すれば、カテーテル感染症とされます。[star-law.jp]

  • 遺伝性球状赤血球症

    発疹が出る前には発熱、倦怠感、頭痛、筋肉痛になどがある場合があります。顔の発疹にやや遅れて上肢に、その後下肢にも湿疹が出てきて少したつとレース状の発疹になります。体の中心にも発疹が出ることがありますが、レース状になることはあまりありません。[sakuragaokashonika.com] ・高度の貧血が成長期に持続していると、発育が遅れて小柄となる傾向があります。 遺伝球状赤血球症の検査 色素貧血、赤血球の形態観察で球状赤血球、網状赤血球の増加、黄疸(間接ビリルビン上昇)、脾腫、赤血球の浸透圧抵抗の低下などを総合して診断します。可能であれば、電気泳動により膜蛋白の異常を同定します。[byoutaieiyou.e840.net] 検査と診断 色素貧血、赤血球の形態観察で球状赤血球、網状赤血球の増加、黄疸(間接ビリルビン上昇)、脾腫、赤血球の浸透圧抵抗の低下などを総合して診断します。可能であれば、電気泳動により膜蛋白の異常を同定します。 なお、新生児期には形態、浸透圧抵抗ともに典型的な所見をとらないことも多いため、診断が難しいことがあります。[qlife.jp]

  • 発作性夜間血色素尿症

    血液検査 末梢血塗沫染色検査 色素貧血 : 造られる赤血球自体は正常なので色素性を示す。 サラセミア 自己免疫性溶血性貧血 発作性夜間血色素尿症 異常赤血球 : ただし、赤血球の形状自体が異常であるため溶血の原因となる場合もある。[ja.wikipedia.org]

  • ホジキン病

    多くは頸部のリンパ節の腫れではじまり、周期的な発熱・脾腫などが見られる。リンパ節をはじめ造血臓器が系統的に侵される。放射線・化学療法で治癒可能。悪性リンパ肉芽腫症。[kotobank.jp] それは ・6ヶ月以内で10%以上の体重減少 ・発熱 38度以上 ・寝汗 があった場合です。 僕は、Ⅰ期でB症状ありでした。 みなホジキン病であることは変わりないのですが、 医学界では組織の違いでさらに分けられており、この違いは予後と関係してきます。 生検後であれば、時間があるときに主治医に聞いてみてはどうかと思います。[www005.upp.so-net.ne.jp] 全身症状(発熱、体重の減少、ひどい寝汗、全身のだるさ、食欲不振など)を伴うこともあります。全身症状のうち、発熱、体重の減少、ひどい寝汗の3つは「B症状」と呼ばれ、いずれかがあるとホジキンリンパ腫が進行しやすい場合が多く、診断や治療のために重要な情報となります。[msdoncology.jp]

  • 後腹膜出血

    今日は日直で病院に出ていた(最近は今日もになっている)。51歳男性が右下腹部痛で受診した。昨夜午後11時ごろに右下腹部痛があったが、寝ているうちに軽快した。朝はほとんど収まっていたので仕事に出かけたそうだ。今日の昼からまた右下腹部痛が出現して、昨日よりも悪化した様子をみていても軽快しなかった。腰を曲げて診察室に入ってきた。歩くと響くという。[…][blog.goo.ne.jp]

さらなる症状

類似した症状