Create issue ticket

考えれる373県の原因 正球性正色素性貧血, 浮腫

  • 貧血

    Uterus (ラ)子宮 ウルクス Ulcus (ラ)潰瘍 ウレミー Uremie (独)尿毒症 ウロ Urologie (独)泌尿器科 エ トップへ エオジノ Eosinophil (英)好酸球 エクツエーマ Ekzem (独)湿疹 エクトピー Ektopischi Schwagerschaft (独)子宮外妊娠 エデーム Oedem (独)浮腫[thpa.or.jp] 色素貧血 サラセミア 鉄芽貧血 鉄欠乏貧血 色素貧血 再生不良貧血 溶血貧血 遺伝球状赤血球症 発作夜間血色素尿症(PNH) 自己免疫溶血貧血貧血(大色素貧血) 巨赤芽性貧血 悪性貧血 葉酸欠乏性貧血 ビタミンB12欠乏性貧血 赤血球数 ヘモグロビン濃度 鉄濃度 フェリチン濃度小球性低色素性貧血[ja.wikipedia.org]

  • 慢性腎臓病

    病気が進行すると、夜間尿、貧血、倦怠感、むくみ(浮腫)、息切れなどの症状が現れてきます。これらの症状が自覚されるときには、すでにCKDがかなり進行している場合が多いといわれています。体調の変化に気をつけているだけでは、早期発見は難しいのがこの病気の特徴です。早期発見のためには、定期的な検査が有効です。[zjk.or.jp] 貧血 エリスロポエチンの産生低下による色素貧血を来たす。 肺水腫 水分の排泄障害から体液の増加を来たし、循環血漿量の増加からうっ血性心不全を来たし、心不全から肺水腫に至る。心障害から至る肺障害を心性肺と言う。 中枢症状 尿毒素による神経障害から、意識障害、頭痛、等を来たす。[ja.wikipedia.org] ビタミンDはカルシウム、リンのバランスを整え、正常な骨を維持するのに必要なホルモン 6.エリスロポエチンの分泌 赤血球の産生を促すエリスロポエチンを分泌する 7.レニンの分泌 血圧を調整するホルモンであるレニンを分泌する ※5.6.7 は内分泌器官としての働き 腎臓の機能が低下すると… 水分が体にたまる…むくみ(浮腫)、高血圧、低ナトリウム[zjk.or.jp]

  • 慢性腎不全
  • 関節リウマチ

    CTよりも軟骨病変・骨髄浮腫の評価に優れている。 超音波断層検査 滑膜炎や骨びらんを検出できることが判明し、現在積極的に用いられることとなった。 旧来より、米国リウマチ学会(ACR)の分類基準が、広く一般的に使われている。[ja.wikipedia.org]

  • 多発性骨髄腫

    骨髄腫で認められる貧血は一般的には色素貧血である。骨髄における腫瘍細胞の浸潤とサイトカイン産生により、骨髄での赤血球産生が抑制されておこると言われている。 よくある問題として、高カルシウム血症による易疲労感・脱力感・意識障害がある。[ja.wikipedia.org]

  • ホジキン病
  • 自己免疫性溶血性貧血

    8) 低蛋白血症に起因する肺水腫あるいは著明な浮腫が認められる場合 術前,術後あるいは経口摂取不能な重症の下痢などによる低蛋白血症が存在し,治療抵抗性の肺水腫あるいは著明な浮腫が認められる場合には,高張アルブミン製剤の投与を考慮する。[mhlw.go.jp] 血液検査 末梢血塗沫染色検査 色素貧血 : 造られる赤血球自体は正常なので色素性を示す。 サラセミア 自己免疫性溶血性貧血 発作性夜間血色素尿症 異常赤血球 : ただし、赤血球の形状自体が異常であるため溶血の原因となる場合もある。[ja.wikipedia.org] これにより赤血球の平均容積は相殺され、一般に末梢血は色素貧血を呈する [2] 。また造血の亢進を反映して、骨髄は赤芽優位の過形成となる [2] 。 免疫学的には クームス試験 が重要である [2] 。この疾患において感作された赤血球の膜上には温式抗体(化学的には 免疫グロブリン という蛋白質)が付着している [2] 。[ja.wikipedia.org]

  • 後腹膜出血
  • 壊血病

    他の症状や徴候には,大腿の神経鞘内への出血による大腿神経障害(深部静脈血栓症に類似することがある),下肢の浮腫,疼痛を伴う関節内の出血または液貯留などがある。 乳児では,症状は易刺激性,動作中の疼痛,食欲不振,成長の遅れなどである。乳児および小児では,骨成長が障害され,出血および貧血が生じることがある。[msdmanuals.com]

  • 高血圧症

    この研究の社会的意義 1)脳浮腫の病態解明と治療法開発に期待 脳の神経細胞が膨らんでしまう脳浮腫という病態があります。[nips.ac.jp] 浮腫の病態解明、そして、その予防と治療に役立つ研究成果と期待されます。[nips.ac.jp] この脳浮腫は、脳梗塞・脳出血・脳外傷の際や、(マラソンランナーや統合失調症患者に時折みられる)病的な過飲水や(抗利尿ホルモン不適合分泌症候群SIADH患者にみられる)バソプレシン分泌の過多の際におこる低ナトリウム血症の時に発生します。[nips.ac.jp]

    不足: 正球性正色素性貧血

さらなる症状

類似した症状