Create issue ticket

考えれる20県の原因 正球性正色素性貧血, 沈降速度促進

  • 慢性腎不全

    病態 腎臓は赤血球を作るホルモンである エリスロポエチン を作っているので、慢性腎不全ではエリスロポエチンが不足して色素貧血になる。 高リン酸血症 : 糸球体濾過量の低下による。[ja.wikipedia.org] 貧血 エリスロポエチン の産生低下による色素貧血を来たす。 肺水腫 水分の排泄障害から体液の増加を来たし、循環血漿量の増加からうっ血性心不全を来たし、心不全から肺水腫に至る。心障害から至る肺障害を心性肺と言う。 中枢症状 尿毒素による神経障害から、意識障害、頭痛、等を来たす。[ja.wikipedia.org] 臨床像 [ 編集 ] 第1期(腎予備能減少期)から見られるもの 第2期(代償性腎不全期)から見られるもの 第3期(腎不全期、非代償期)から見られるもの 腎性貧血 腎性貧血 は、腎不全が原因で起こる 貧血[ja.wikipedia.org]

  • 感染症による貧血

    貧血の定義はRBCやHbが年齢相応正常範囲内の値から低下した状態をいい、RBCの大きさや含まれるHb量から小色素貧血色素貧血、大色素貧血に分類されます。その原因は多様です。[tokushukai.or.jp] 検査 [ 編集 ] 血液検査 末梢血塗沫染色検査 色素 貧血 : 造られる赤血球自体は正常なので色素性を示す。 サラセミア 自己免疫性溶血性貧血 発作性夜間血色素尿症 異常赤血球 : ただし、赤血球の形状自体が異常であるため溶血の原因となる場合もある。[ja.wikipedia.org]

  • 多発性骨髄腫

    骨髄腫で認められる貧血は一般的には色素貧血である。骨髄における腫瘍細胞の浸潤とサイトカイン産生により、骨髄での赤血球産生が抑制されておこると言われている。 よくある問題として、高カルシウム血症による易疲労感・脱力感・意識障害がある。[ja.wikipedia.org] 末梢血液検査では, 色素貧血 ,赤血球の連銭形成(rouleaux formation),軽度の白血球減少,血小板減少を認めることが多い.形質細胞白血病では,末梢血中に形質細胞を多数認める.骨髄穿刺検査では,CD138 で形態学的に異型性のある形質細胞を認める(図14-10-25).CD38とCD19との発現を検索すると,単クローン[kotobank.jp]

  • 関節リウマチ

    抄録 症例1は69歳,男性.1年半前より手指のこわばり,四肢の関節痛があった.また,両手掌に多発性の皮下結節と手指の拘縮が出現してきたため,近医にて全身性強皮症(SSc)と診断されていた.当科での精査では皮膚硬化は認められず,リウマトイド因子(RF)が陽性であった.両手のX線像で近位指節間(PIP)関節に多発性のびらんを認めた.Palmar fibromatosisを合併したRAと診断した.Palmar[…][doi.org]

  • 横隔膜下膿瘍

    【 横隔膜下膿瘍はどんな病気? 】 横隔膜下膿瘍とは、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胆嚢炎などが進行して臓壁に穴があき、食物や膿などの内容物が腹腔内に漏れ出し、腹膜炎が起こります。その膿が横隔膜の下に溜まった状態のことです。激しい腹痛を伴うことが多く、高熱が出たり、悪寒、震えが止まらないなどが一般的な症状です。胃潰瘍、十二指腸潰瘍などが、進行して発病するので、早めに治療することで、予防することができます。 【 横隔膜下膿瘍の症状 】[…][hospita.jp]

  • ホジキン病

    ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 の解説 ホジキン病 ホジキンびょう Hodgkin's disease 腫瘍, 悪性リンパ腫 の一種。臨床的には, 弛張熱 , 好酸球 増加,全身 リンパ節 の 腫大 などがみられる。特に頸部, 縦隔 ,腹腔,鼠径部の無痛性のリンパ節に初発することが多い。その他の症状としては,炎症と免疫不全がみられる。また,皮膚病変を伴わない皮膚のかゆみ,アルコール飲酒後のリンパ節の痛み,食欲不振などの症状もある。 脾臓 ,肝臓,骨髄も侵される。脾臓では小結節状の病巣が多数みられることが多く,これは 斑岩 脾と呼ばれている。組織学的には,単核および多核の 腫瘍 細胞,[…][kotobank.jp]

  • 小児慢性肉芽腫症

    慢性肉芽腫症とは 原発性免疫不全症(生まれながらに、身体の抵抗力が弱い病気)の中で、最も多い病気です。身体に侵入してきた病原体をこわす(殺菌)ためには、活性酸素が必要です。しかし、慢性肉芽腫症の好中球(白血球の一部)は活性酸素を作ることができず、病原体が殺菌されないため、身体の中で増え続けて感染症を起こします。 さらに、慢性肉芽腫症では身体のいたるところに肉芽腫といわれる一種の“こぶ”のようなものができやすく、まわりの正常な組織を圧迫して臓器を障害することがあります。また、免疫のバランスが悪く約半数の方が慢性の腸炎(肉芽腫性腸炎)を合併します。 慢性肉芽腫症の症状[…][ncchd.go.jp]

  • 感染性心内膜炎

    感染が成立すると,色素貧血,白血球数増加,赤沈亢進,免疫グロブリン高値,末梢血中の免疫複合体およびリウマトイド因子の出現などがしばしばみられる,いずれの所見も診断上有用とはならない。尿検査では,しばしば顕微鏡的血尿を認め,ときに赤血球円柱,膿尿,または細菌尿がみられる。[msdmanuals.com]

  • 感染性心内膜炎

    感染が成立すると,色素貧血,白血球数増加,赤沈亢進,免疫グロブリン高値,末梢血中の免疫複合体およびリウマトイド因子の出現などがしばしばみられる,いずれの所見も診断上有用とはならない。尿検査では,しばしば顕微鏡的血尿を認め,ときに赤血球円柱,膿尿,または細菌尿がみられる。[msdmanuals.com]

  • 右側細菌性心内膜炎

    感染が成立すると,色素貧血,白血球数増加,赤沈亢進,免疫グロブリン高値,末梢血中の免疫複合体およびリウマトイド因子の出現などがしばしばみられる,いずれの所見も診断上有用とはならない。尿検査では,しばしば顕微鏡的血尿を認め,ときに赤血球円柱,膿尿,または細菌尿がみられる。[msdmanuals.com]

さらなる症状