Create issue ticket

考えれる31県の原因 正常なT、Bリンパ球数

  • IgE型骨髄腫

    2.通常末梢血リンパT細胞正常だが、CD4陽性細胞が減少 3.B細胞表面MHC class IIの発現が欠損 4.無 低ガンマグロブリン血症:出生後数か月間は母体からのIgG型移行抗体が存在するため必ずしも低値とならない。またIgG値の正常値は月齢や年齢によって大きく異なる。[nanbyou.or.jp] III.自己免疫性リンパ増殖症候群(ALPS) 【診断基準】 A.必須項目 1.6か月を超えて慢性に経過する非腫瘍性、非感染性のリンパ節腫脹若しくは脾腫、又はその両方 2.CD3 TCRαβ CD4 - CD8 - T細胞(ダブルネガティブT細胞)の増加(末梢血リンパ正常又は増加している場合で、全リンパ中の1.5%以上又はCD3 T[nanbyou.or.jp] 細胞の2.5%以上) .付帯項目 1.一次項目 1) リンパ球のアポトーシスの障害(2回の独立した検索が必要) 2) FAS 、 FASLG 、 CASP10 のいずれかの遺伝子における体細胞又は生殖細胞系列での変異 2.二次項目 1) 血漿sFASL( 200 pg/mL)、血漿IL-10( 20 pg/mL)、血清又は血漿ビタミンB[nanbyou.or.jp]

  • 原発性免疫不全症

    2.通常末梢血リンパT細胞正常だが、CD4陽性細胞が減少 3.B細胞表面MHC class IIの発現が欠損 4.無 低ガンマグロブリン血症:出生後数か月間は母体からのIgG型移行抗体が存在するため必ずしも低値とならない。またIgG値の正常値は月齢や年齢によって大きく異なる。[nanbyou.or.jp] III.自己免疫性リンパ増殖症候群(ALPS) 【診断基準】 A.必須項目 1.6か月を超えて慢性に経過する非腫瘍性、非感染性のリンパ節腫脹若しくは脾腫、又はその両方 2.CD3 TCRαβ CD4 - CD8 - T細胞(ダブルネガティブT細胞)の増加(末梢血リンパ正常又は増加している場合で、全リンパ中の1.5%以上又はCD3 T[nanbyou.or.jp] 細胞の2.5%以上) .付帯項目 1.一次項目 1) リンパ球のアポトーシスの障害(2回の独立した検索が必要) 2) FAS 、 FASLG 、 CASP10 のいずれかの遺伝子における体細胞又は生殖細胞系列での変異 2.二次項目 1) 血漿sFASL( 200 pg/mL)、血漿IL-10( 20 pg/mL)、血清又は血漿ビタミンB[nanbyou.or.jp]

  • X連鎖低ガンマグロブリン血症

    2.通常末梢血リンパT細胞正常だが、CD4陽性細胞が減少 3.B細胞表面MHC class IIの発現が欠損 4.無 低ガンマグロブリン血症:出生後数か月間は母体からのIgG型移行抗体が存在するため必ずしも低値とならない。またIgG値の正常値は月齢や年齢によって大きく異なる。[nanbyou.or.jp] III.自己免疫性リンパ増殖症候群(ALPS) 【診断基準】 A.必須項目 1.6か月を超えて慢性に経過する非腫瘍性、非感染性のリンパ節腫脹若しくは脾腫、又はその両方 2.CD3 TCRαβ CD4 - CD8 - T細胞(ダブルネガティブT細胞)の増加(末梢血リンパ正常又は増加している場合で、全リンパ中の1.5%以上又はCD3 T[nanbyou.or.jp] 細胞の2.5%以上) .付帯項目 1.一次項目 1) リンパ球のアポトーシスの障害(2回の独立した検索が必要) 2) FAS 、 FASLG 、 CASP10 のいずれかの遺伝子における体細胞又は生殖細胞系列での変異 2.二次項目 1) 血漿sFASL( 200 pg/mL)、血漿IL-10( 20 pg/mL)、血清又は血漿ビタミンB[nanbyou.or.jp]

  • 免疫不全を伴うラロン症候群

    2.通常末梢血リンパT細胞正常だが、CD4陽性細胞が減少 3.B細胞表面MHC class IIの発現が欠損 4.無 低ガンマグロブリン血症:出生後数か月間は母体からのIgG型移行抗体が存在するため必ずしも低値とならない。またIgG値の正常値は月齢や年齢によって大きく異なる。[nanbyou.or.jp] III.自己免疫性リンパ増殖症候群(ALPS) 【診断基準】 A.必須項目 1.6か月を超えて慢性に経過する非腫瘍性、非感染性のリンパ節腫脹若しくは脾腫、又はその両方 2.CD3 TCRαβ CD4 - CD8 - T細胞(ダブルネガティブT細胞)の増加(末梢血リンパ正常又は増加している場合で、全リンパ中の1.5%以上又はCD3 T[nanbyou.or.jp] 細胞の2.5%以上) .付帯項目 1.一次項目 1) リンパ球のアポトーシスの障害(2回の独立した検索が必要) 2) FAS 、 FASLG 、 CASP10 のいずれかの遺伝子における体細胞又は生殖細胞系列での変異 2.二次項目 1) 血漿sFASL( 200 pg/mL)、血漿IL-10( 20 pg/mL)、血清又は血漿ビタミンB[nanbyou.or.jp]

  • X 連鎖無ガンマグロブリン血症

    T細胞が関与する免疫能は正常。 診断・鑑別診断 診断のポイントは末梢血中のBリンパの欠損と、および機能が正常Tリンパ球の確認です。 末梢血中単球の細胞質内btk蛋白をフローサイトメーターで検索することにより、簡便迅速診断が可能で、この方法は保因者診断にも応用できます。[blogs.yahoo.co.jp] 次に、末梢血中のBリンパの欠損を確認し、と機能が正常Tリンパ球の確認をすることが重要になります。末梢血中単球内のの細胞質内btk蛋白をフローサイトメーターで分析します。btk遺伝子の塩基配列を決定し、変異が確認されれば確定診断となります。[hospita.jp] 2.通常末梢血リンパT細胞正常だが、CD4陽性細胞が減少 3.B細胞表面MHC class IIの発現が欠損 4.無 低ガンマグロブリン血症:出生後数か月間は母体からのIgG型移行抗体が存在するため必ずしも低値とならない。またIgG値の正常値は月齢や年齢によって大きく異なる。[nanbyou.or.jp]

  • 中程度に区別された胸腺神経内分泌癌

    2.通常末梢血リンパT細胞正常だが、CD4陽性細胞が減少 3.B細胞表面MHC class IIの発現が欠損 4.無 低ガンマグロブリン血症:出生後数か月間は母体からのIgG型移行抗体が存在するため必ずしも低値とならない。またIgG値の正常値は月齢や年齢によって大きく異なる。[nanbyou.or.jp] III.自己免疫性リンパ増殖症候群(ALPS) 【診断基準】 A.必須項目 1.6か月を超えて慢性に経過する非腫瘍性、非感染性のリンパ節腫脹若しくは脾腫、又はその両方 2.CD3 TCRαβ CD4 - CD8 - T細胞(ダブルネガティブT細胞)の増加(末梢血リンパ正常又は増加している場合で、全リンパ中の1.5%以上又はCD3 T[nanbyou.or.jp] 細胞の2.5%以上) .付帯項目 1.一次項目 1) リンパ球のアポトーシスの障害(2回の独立した検索が必要) 2) FAS 、 FASLG 、 CASP10 のいずれかの遺伝子における体細胞又は生殖細胞系列での変異 2.二次項目 1) 血漿sFASL( 200 pg/mL)、血漿IL-10( 20 pg/mL)、血清又は血漿ビタミンB[nanbyou.or.jp]

  • 意義不明の単クローン性ガンマグロブリン血症

    2.通常末梢血リンパT細胞正常だが、CD4陽性細胞が減少 3.B細胞表面MHC class IIの発現が欠損 4.無 低ガンマグロブリン血症:出生後数か月間は母体からのIgG型移行抗体が存在するため必ずしも低値とならない。またIgG値の正常値は月齢や年齢によって大きく異なる。[nanbyou.or.jp] III.自己免疫性リンパ増殖症候群(ALPS) 【診断基準】 A.必須項目 1.6か月を超えて慢性に経過する非腫瘍性、非感染性のリンパ節腫脹若しくは脾腫、又はその両方 2.CD3 TCRαβ CD4 - CD8 - T細胞(ダブルネガティブT細胞)の増加(末梢血リンパ正常又は増加している場合で、全リンパ中の1.5%以上又はCD3 T[nanbyou.or.jp] 細胞の2.5%以上) .付帯項目 1.一次項目 1) リンパ球のアポトーシスの障害(2回の独立した検索が必要) 2) FAS 、 FASLG 、 CASP10 のいずれかの遺伝子における体細胞又は生殖細胞系列での変異 2.二次項目 1) 血漿sFASL( 200 pg/mL)、血漿IL-10( 20 pg/mL)、血清又は血漿ビタミンB[nanbyou.or.jp]

  • 単クローン性ガンマグロブリン血症

    2.通常末梢血リンパT細胞正常だが、CD4陽性細胞が減少 3.B細胞表面MHC class IIの発現が欠損 4.無 低ガンマグロブリン血症:出生後数か月間は母体からのIgG型移行抗体が存在するため必ずしも低値とならない。またIgG値の正常値は月齢や年齢によって大きく異なる。[nanbyou.or.jp] III.自己免疫性リンパ増殖症候群(ALPS) 【診断基準】 A.必須項目 1.6か月を超えて慢性に経過する非腫瘍性、非感染性のリンパ節腫脹若しくは脾腫、又はその両方 2.CD3 TCRαβ CD4 - CD8 - T細胞(ダブルネガティブT細胞)の増加(末梢血リンパ正常又は増加している場合で、全リンパ中の1.5%以上又はCD3 T[nanbyou.or.jp] 細胞の2.5%以上) .付帯項目 1.一次項目 1) リンパ球のアポトーシスの障害(2回の独立した検索が必要) 2) FAS 、 FASLG 、 CASP10 のいずれかの遺伝子における体細胞又は生殖細胞系列での変異 2.二次項目 1) 血漿sFASL( 200 pg/mL)、血漿IL-10( 20 pg/mL)、血清又は血漿ビタミンB[nanbyou.or.jp]

  • ワルデンシュトレーム型マクログロブリン血症

    2.通常末梢血リンパT細胞正常だが、CD4陽性細胞が減少 3.B細胞表面MHC class IIの発現が欠損 4.無 低ガンマグロブリン血症:出生後数か月間は母体からのIgG型移行抗体が存在するため必ずしも低値とならない。またIgG値の正常値は月齢や年齢によって大きく異なる。[nanbyou.or.jp] III.自己免疫性リンパ増殖症候群(ALPS) 【診断基準】 A.必須項目 1.6か月を超えて慢性に経過する非腫瘍性、非感染性のリンパ節腫脹若しくは脾腫、又はその両方 2.CD3 TCRαβ CD4 - CD8 - T細胞(ダブルネガティブT細胞)の増加(末梢血リンパ正常又は増加している場合で、全リンパ中の1.5%以上又はCD3 T[nanbyou.or.jp] 細胞の2.5%以上) .付帯項目 1.一次項目 1) リンパ球のアポトーシスの障害(2回の独立した検索が必要) 2) FAS 、 FASLG 、 CASP10 のいずれかの遺伝子における体細胞又は生殖細胞系列での変異 2.二次項目 1) 血漿sFASL( 200 pg/mL)、血漿IL-10( 20 pg/mL)、血清又は血漿ビタミンB[nanbyou.or.jp]

  • Hoyeraal-Hreidarsson症候群

    2.通常末梢血リンパT細胞正常だが、CD4陽性細胞が減少 3.B細胞表面MHC class IIの発現が欠損 4.無 低ガンマグロブリン血症:出生後数か月間は母体からのIgG型移行抗体が存在するため必ずしも低値とならない。またIgG値の正常値は月齢や年齢によって大きく異なる。[nanbyou.or.jp] III.自己免疫性リンパ増殖症候群(ALPS) 【診断基準】 A.必須項目 1.6か月を超えて慢性に経過する非腫瘍性、非感染性のリンパ節腫脹若しくは脾腫、又はその両方 2.CD3 TCRαβ CD4 - CD8 - T細胞(ダブルネガティブT細胞)の増加(末梢血リンパ正常又は増加している場合で、全リンパ中の1.5%以上又はCD3 T[nanbyou.or.jp] 細胞の2.5%以上) .付帯項目 1.一次項目 1) リンパ球のアポトーシスの障害(2回の独立した検索が必要) 2) FAS 、 FASLG 、 CASP10 のいずれかの遺伝子における体細胞又は生殖細胞系列での変異 2.二次項目 1) 血漿sFASL( 200 pg/mL)、血漿IL-10( 20 pg/mL)、血清又は血漿ビタミンB[nanbyou.or.jp]

さらなる症状