Create issue ticket

考えれる6県の原因 正常な瞼裂

  • 結膜炎

    これは「斑」といいます。 これは正常な組織が蛋白質と脂肪の沈着で変化したもので、悪いものではありません。 原因は、外界の光、埃、まばたき、コンタクトレンズなど、あらゆる刺激の蓄積であると言われています。 基本的には無害ですが、瞼裂斑は時として充血、痛み、異物感を伴う炎症を起こすことがあります。 治療は点眼薬の使用が中心となります。[yanagisaki-eye.com]

  • 内麦粒腫

    これは「斑」といいます。 これは正常な組織が蛋白質と脂肪の沈着で変化したもので、悪いものではありません。 原因は、外界の光、埃、まばたき、コンタクトレンズなど、あらゆる刺激の蓄積であると言われています。 基本的には無害ですが、瞼裂斑は時として充血、痛み、異物感を伴う炎症を起こすことがあります。 治療は点眼薬の使用が中心となります。[ziyugaoka-eye.com]

  • 上輪部角結膜炎

    染色されないのが正常で、部のみ染色は( )、瞼裂部およびそれより下方球結膜の染色は( )、上方球結膜まで染色は( )。 ドライアイのタイプ 涙がでるのにドライアイ? ドライアイは単に目が乾くという病気ではありません。 ドライアイは涙や眼の表面の状態の異常により「目の乾燥感」「目がゴロゴロする」、「目が痛い」などの症状を生じます。[ocular.net]

  • 萎縮性角結膜炎

    黒目の横にできる黄色っぽい盛り上がりを斑といいます。 正常なものですので心配しないでください。 斑は一種の変性で放置してよいものです。ここに炎症が生じ「瞼裂斑炎」となった場合は、低濃度のステロイド点眼を用います。 花粉症とは、季節性アレルギー性結膜炎のことです。[takeda-eye.com]

  • 上強膜炎

    黒目の横にできる黄色っぽい盛り上がりを斑といいます。 正常なものですので心配しないでください。 斑は一種の変性で放置してよいものです。ここに炎症が生じ「瞼裂斑炎」となった場合は、低濃度のステロイド点眼を用います。 花粉症とは、季節性アレルギー性結膜炎のことです。[takeda-eye.com]

  • デュアン眼球後退症候群 2型

    I型は著明な外転制限、内転はほぼ正常、内転時の眼球後退、狭小がみられます。 II型は著明な内転制限、外転制限はほぼ正常、内転時の眼球後退、狭小がみられます。 III型は外転障害と内転障害があり、内転の眼球後退、瞼裂狭小がみられます。[justanswer.jp]

さらなる症状