Create issue ticket

考えれる12県の原因 正常な早期精神運動発達

  • てんかん

    とくに小児の場合、発達や脳の可塑性が重要です。例えば、大脳半球切除術後でも、正常精神運動発達が獲得できるという事実は、障害をきたすような手術でも、早期に発作を抑制できれば脳の可塑性が失われた脳機能を再生させ、手術による損失を埋め合わせることができるという可能性を示しております。[square.umin.ac.jp]

  • 脳性麻痺

    その後、Aは、B病院に転院したものの、出生直後から痙攣が重積し、新生児早期から重度の痙性麻痺が出現し、経口哺乳もまったくできず、正常精神運動発達は全く認められない状態であり、B病院において、低酸素性虚血性脳症、脳性麻痺と診断された。[medsafe.net]

  • 新生児の一過性呼吸

    Aは、出生直後から痙攣が重積し、新生児早期から重度の痙性麻痺が出現し、経口哺乳もまったくできず、正常精神運動発達は全く認められない状態であり、S病院において、低酸素性虚血性脳症、脳性麻痺と診断された。 その後、Aは低酸素性脳障害による痙性四肢麻痺やてんかん発作、小児脳性麻痺などの診断を受け、生活全般にわたって介助が必要な状態であった。[medsafe.net]

  • 偽性ハーラー・ポリジストロフィー

    小児期早期に神経症状がなく精神運動発達正常な患児もいるが、学習障害はきたしうる。臨床症状の発症は通常3 10歳の間である。難聴や心臓弁膜疾患はよく認められる。[grj.umin.jp] 知的障害 早期精神運動発達正常なこともあるが、通常発達遅滞は生後18ヶ月までに明らかとなる。その後、月単位で知能指標(ベイリー精神発達指数による評価)の低下が認められる。つづいて、ほとんどの患児で発達を認めなくなり、数年間横ばいで、その後知能の緩徐な低下が認められる。8 10歳時に死亡するまで、ほとんどの患児は重度の知的障害を伴う。[grj.umin.jp]

  • ネイティブアメリカン筋疾患

    精神神経発達正常な患者はきわめて少ない。多くはさまざまな程度の発達遅滞を認めると報告されている。一部の患者は、乳児期早期精神運動発達遅滞を呈する。その他は出生後早期の発達は正常だが、乳児期後期/小児期早期に運動能力や認知能力に遅れがみられる。[grj.umin.jp]

  • ムコ多糖症I型

    小児期早期に神経症状がなく精神運動発達正常な患児もいるが、学習障害はきたしうる。臨床症状の発症は通常3 10歳の間である。難聴や心臓弁膜疾患はよく認められる。[grj.umin.jp] 知的障害 早期精神運動発達正常なこともあるが、通常発達遅滞は生後18ヶ月までに明らかとなる。その後、月単位で知能指標(ベイリー精神発達指数による評価)の低下が認められる。つづいて、ほとんどの患児で発達を認めなくなり、数年間横ばいで、その後知能の緩徐な低下が認められる。8 10歳時に死亡するまで、ほとんどの患児は重度の知的障害を伴う。[grj.umin.jp]

  • 新生児低酸素性、虚血性脳傷害

    Aは、出生直後から痙攣が重積し、新生児早期から重度の痙性麻痺が出現し、経口哺乳もまったくできず、正常精神運動発達は全く認められない状態であり、S病院において、低酸素性虚血性脳症、脳性麻痺と診断された。 その後、Aは低酸素性脳障害による痙性四肢麻痺やてんかん発作、小児脳性麻痺などの診断を受け、生活全般にわたって介助が必要な状態であった。[medsafe.net]

  • 脳筋症ミトコンドリアDNA枯渇症候群

    精神神経発達正常な患者はきわめて少ない。多くはさまざまな程度の発達遅滞を認めると報告されている。一部の患者は、乳児期早期精神運動発達遅滞を呈する。その他は出生後早期の発達は正常だが、乳児期後期/小児期早期に運動能力や認知能力に遅れがみられる。[grj.umin.jp]

  • 早期幼児てんかん性脳症 1型

    とくに小児の場合、発達や脳の可塑性が重要です。例えば、大脳半球切除術後でも、正常精神運動発達が獲得できるという事実は、障害をきたすような手術でも、早期に発作を抑制できれば脳の可塑性が失われた脳機能を再生させ、手術による損失を埋め合わせることができるという可能性を示しております。[square.umin.ac.jp]

  • ラロニダーゼ

    小児期早期に神経症状がなく精神運動発達正常な患児もいるが、学習障害はきたしうる。臨床症状の発症は通常3 10歳の間である。難聴や心臓弁膜疾患はよく認められる。[grj.umin.jp] 知的障害 早期精神運動発達正常なこともあるが、通常発達遅滞は生後18ヶ月までに明らかとなる。その後、月単位で知能指標(ベイリー精神発達指数による評価)の低下が認められる。つづいて、ほとんどの患児で発達を認めなくなり、数年間横ばいで、その後知能の緩徐な低下が認められる。8 10歳時に死亡するまで、ほとんどの患児は重度の知的障害を伴う。[grj.umin.jp]

さらなる症状