Create issue ticket

考えれる131県の原因 正常な成長と発育

  • 甲状腺腫

    新陳代謝を活発にする “甲状腺ホルモン”を分泌し、成長発育を促進&エネルギーを生み出す 甲状腺はとても小さな臓器ですが、血液中に甲状腺ホルモンを分泌し、体中の新陳代謝を正常に保つ働きをしています。[women.benesse.ne.jp]

  • 慢性腎不全

    また生まれつき腎臓の発育が悪く、正常な腎臓に成長しない腎形成不全、腎遺形成、多発性嚢胞腎等の先天性腎疾患なども慢性腎不全の原因です。 腎不全を起こした猫の腎臓。表面に凹凸がみられる。 (写真提供/麻布大学付属動物病院 渡邉俊文先生) 6歳以上の猫に多く見られます。[kao.co.jp]

  • 橋本甲状腺炎

    新陳代謝を活発にする “甲状腺ホルモン”を分泌し、成長発育を促進&エネルギーを生み出す 甲状腺はとても小さな臓器ですが、血液中に甲状腺ホルモンを分泌し、体中の新陳代謝を正常に保つ働きをしています。[women.benesse.ne.jp]

  • 老人性関節症

    臼蓋形成不全とは 臼蓋(股関節の屋根の部分)の不完全な発育により大腿骨頭への被りが浅い状態で、先天性股関節脱臼に起因するものと、成長期に臼蓋の発育正常に進まない後天的なものとがあります。中年以降に痛みが出て、はじめて臼蓋形成不全と診断される場合もあります。[npo-nozomikai.jp]

  • 鼻中隔偏位

    一期治療は目標が明確であること、ダラダラしない (5 6年もかけない) 成長期の矯正治療の目的と有効性 ByDR黒江 発育とは成長(体が大きくなるなど形態) 発達(機能) 成長期の矯正治療とは、機能と形態の不調和を改善し、正常発育を促すこと。 発育期の不正咬合は機能不全による。[tokizane.com]

  • カルシウム含有腎結石

    その結果、食物の咀嚼回数が減少し、脳の働きの低下、顎や顔の成長阻害が起こるほか、心身の正常発育にも影響を及ぼすと考えられています。 永久歯を支える歯周組織の歯槽骨などの骨は生まれ変わっているので、特に幼児期から20歳くらいまでは骨と同様にカルシウムを十分に摂ることが大切です。[j-milk.jp]

  • 慢性腎臓病

    また生まれつき腎臓の発育が悪く、正常な腎臓に成長しない腎形成不全、腎遺形成、多発性嚢胞腎等の先天性腎疾患なども慢性腎不全の原因です。 腎不全を起こした猫の腎臓。表面に凹凸がみられる。 (写真提供/麻布大学付属動物病院 渡邉俊文先生) 6歳以上の猫に多く見られます。[kao.co.jp]

  • 内反股

    臼蓋形成不全とは 臼蓋(股関節の屋根の部分)の不完全な発育により大腿骨頭への被りが浅い状態で、先天性股関節脱臼に起因するものと、成長期に臼蓋の発育正常に進まない後天的なものとがあります。中年以降に痛みが出て、はじめて臼蓋形成不全と診断される場合もあります。[npo-nozomikai.jp]

  • 病的骨折

    通常、幼児期のO脚は「生理的O脚」とよばれ、正常発育家庭で見られるもので、成長するに従って改善します。通常は2 3歳くらいまではO脚で、4 5歳でX脚になり、6歳くらいまでにまっすぐになります。 ブロント病は,生理的O脚であれば、1 3歳で改善するはずのO脚が逆に悪くなる場合に強く疑われます。[ortho.w3.kanazawa-u.ac.jp]

  • 脊椎骨軟骨症

    軟骨無形成症は骨の成長が障害されますが、周囲の軟部組織(筋肉、神経、血管、皮膚など)は正常発育します。したがって骨を延長しても周囲に無理がかかりにくく、長く延長しても延長に伴う合併症は比較的少なく、延長に向いているとも言えます。しかし、軟骨無形成症における四肢の延長に対し反対の意見も存在します。[pref.shiga.lg.jp]

さらなる症状