Create issue ticket

考えれる123県の原因 正中溝

  • 良性移動性舌炎

    舌/状舌/毛舌/正中菱形舌炎/舌小帯短縮症/口腔 口腔病理学/病理学 口腔外科学/外科学 歯科医師/医師[ja.wikipedia.org] 検出された舌疾患は9種類で, それぞれの被検者全体に対して占める割合は, 舌苔32.4%, 毛舌症19.4%, 地図状舌4.2%, 状舌2.6%, 舌強直症2.3%, 圧痕舌1.7%, 赤色平滑舌0.6%, 舌裂と正中菱形舌炎がそれぞれ0.2%であった。[ci.nii.ac.jp] 黒毛舌 舌苔 舌乳頭肥大 K143 舌乳頭の肥大 舌乳頭萎縮 K144 舌乳頭の萎縮 亀裂舌 状舌 K145 溝状舌 舌痛症 K146 舌痛 鋸歯状舌 舌萎縮 舌根腫瘤 舌根部粘膜下出血 舌腫瘤 舌肥大 舌色素沈着症 K148 その他の舌疾患 舌ポリープ K149 舌疾患, 詳細不明[kegg.jp]

  • 血管運動の不安定性

    脊髄髄内腫瘍の手術(後正中経由、後側方溝経由) III. 腕神経叢神経鞘腫摘出術 (非常に稀な疾患です) IV. 胸郭出口症候群の手術(鎖骨上アプローチ) V.[aichi-med-u.ac.jp]

  • 頸部脊椎症

    次に手術用顕微鏡下に第3頸椎から第6頸椎までの骨に2本のを縦に作成し、正中部分で頸椎を縦割します。 4つの頸椎を左右にひろげ、この間にセラミックで出来た人工骨をはさみ固定します(図4)。 この術式が頸部脊柱管拡大術と呼ばれるものです。[heiseihp.com] 手術用顕微鏡視下で、椎弓を正中で切断、椎弓の両側方にを作製し左右に展開し、脊柱管を拡大して脊髄の圧迫を取り除きます。これは、術後頸椎の弯曲異常や疼痛が少ない低侵襲手術で、早期離床が可能です。 頸椎症性脊髄症症例(60歳男性) 頸椎の変形により脊髄が圧迫されて、手足の運動知覚障害が生じていました。[rakuwa.or.jp] 次に手術用顕微鏡下に、椎弓に縦のを作成し、正中部分で頚椎を縦割、もしくは片側から持ち上げて、椎弓を持ち上げる事で、脊柱管を拡大させます。持ち上げた椎弓の間にはセラミックで出来た人工骨などを入れて固定します(図4)。この術式が頚部脊柱管拡大術と呼ばれるものです。[neurospine.jp]

  • パリスターホール症候群

    、 舌および下歯槽堤の正中、巨大舌、短頚 ENZ フェニルアラニン水酸化酵素 PAH 12q24.1 261600 フェニルケトン尿症 261600 AR 小頭症、時に口蓋裂、単一の長い人中、上口唇肥厚、扁平鼻梁、 眼角贅皮、上を向いた鼻 IS 網膜芽細胞腫-1 RB1 13q14.1-q14.2 180200 網膜芽細胞腫 180200[10et.com] 上下顎形成不全、口蓋架軟部組織肥大、 口蓋裂、高鼻、狭小眼瞼裂 (補足:マルファン症候群に類似) ECM グリピカン-3(Glypican) GPC3 Xq26 300037 シンプソン異形性症候群(Simpson) 312870 X 不釣合いに巨大な頭部、粗い顔貌、前突した巨大な顎、広い鼻梁、 上を向いた鼻尖端部、大口、口唇肥厚、下口唇正中[10et.com]

  • 棘突起骨折

    髄内腫瘍の場合は脊髄を脊髄の正中に存在するを広げながら腫瘍に到達して、腫瘍を摘出します。腫瘍摘出後に硬膜を顕微鏡下に縫合して、椎弓をもとの状態に復元し手術を終了します。手術時間は腫瘍の大きさや場所により異なりますが、約2 4時間程度で、麻酔時間を合わせて、手術場には4 6時間ほど入っています。[shintakeo-hp.or.jp]

  • 頸部脊柱管狭

    次に手術用顕微鏡下に第3頸椎から第6頸椎までの骨に2本のを縦に作成し、正中部分で頸椎を縦割します。 4つの頸椎を左右にひろげ、この間にセラミックで出来た人工骨をはさみ固定します(図4)。 この術式が頸部脊柱管拡大術と呼ばれるものです。[heiseihp.com] 次に手術用顕微鏡下に第3頸椎から第6頸椎までの骨に2本のを縦に作成し、正中部分で頸椎を縦割します。4つの頸椎を左右にひろげ、この間にセラミックで出来た人工骨をはさみ固定します(図3)。この術式が頸部脊柱管拡大術と呼ばれるものです。[okamoto-hp.or.jp]

  • 頸性脊椎炎

    次に手術用顕微鏡下に、椎弓に縦のを作成し、正中部分で頚椎を縦割、もしくは片側から持ち上げて、椎弓を持ち上げる事で、脊柱管を拡大させます。持ち上げた椎弓の間にはセラミックで出来た人工骨などを入れて固定します(図4)。この術式が頚部脊柱管拡大術と呼ばれるものです。[neurospine.jp]

  • 神経根障害

    頭の後ろに皮膚切開を行い、頚椎の後方(椎弓)に付着している筋肉を剥離し、椎弓に縦のを作成し、正中部分で頚椎を縦割、もしくは片側から持ち上げて、椎弓を持ち上げる事で、脊柱管を拡大させる。持ち上げた椎弓の間にはセラミックで出来た人工骨などを入れて固定する。[ja.wikipedia.org]

  • 脳橋内出血

    延髄 [ 編集 ] 延髄 と脊髄との境界は錐体交叉の下端、橋との境界は橋延髄である。延髄には前面の前正中裂、 舌下神経 根が出る前外側、 舌咽神経 ・ 迷走神経 ・ 副神経 根の出る後外側があり前部、外側部、後部に分けられる。また正中縫線より左右に分けられる。前部は錐体で構成される。[ja.wikipedia.org] 隆起した橋腹側部(橋底部)正中正中)を 脳底動脈 が上行する。背面は第四脳室底の上半部を形成する。橋は底部と橋被蓋部に 内側毛帯 によって境界される。MRIでは内側毛帯がT1WIで低信号、T2WIで高信号で示される。正常では橋底部:被蓋部は3.5:1である。橋底部(小脳求心系)に萎縮がある場合には正常のふくらみが消失する。[ja.wikipedia.org]

  • 腰部脊椎症

    次に手術用顕微鏡下に第3頸椎から第6頸椎までの骨に2本のを縦に作成し、正中部分で頸椎を縦割します。4つの頸椎を左右にひろげ、この間にセラミックで出来た人工骨をはさみ固定します(図3)。この術式が頸部脊柱管拡大術と呼ばれるものです。[okamoto-hp.or.jp]

さらなる症状