Create issue ticket

考えれる26県の原因 欠陥報告なし

  • 外傷性脳損傷

    患者数が少なく、選択した試験に方法論的な欠陥があり、報告が不十分なため、結果については慎重に解釈すべきである。HBOTによる利益がもっとも期待できる患者がいるとすれば、どのような患者なのかを明確にするには、方法論的にきわめて厳密で適切な検出力の試験が必要である。[cochrane.org]

  • 精神疾患

    殆ど毎週のように脳のイメージ技術による鬱、注意欠陥傷害、神経症等の新しい発見報告があった。 しかし、どうも我々の希望と要求が科学の進歩より余ほど先に行ってしまったようである。スキャン技術が現れてから30年経つが、まだこの技術での標準化された心の病の診断、治療は確立されていない。[mui-therapy.org] 注意欠陥傷害とか躁鬱病では今の所はっきりしたイメージ研究報告は無い。 一体、イメージ技術の研究目的は病気か、脳の構造の異変か、それとも観察された機能なのか、その辺の問題に未だ答えていない。この解答を得る為には子供から大人にかけて数千人の脳のイメージを取り、健康な人と病気の人との比較研究をしなくてはならない。[mui-therapy.org]

  • 人工関節の機械的合併症

    人工関節に関する調査・研究について 当センターでは既に学会で良好な使用実績が十分に報告されている関節を用いていますので、器械の欠陥のために再手術で交換しなければならなくなるケースは考えにくく、実際そのような経験もありません。 ただし、現在使用している関節も、未だ術後20年、30年・・・といった長期の成績はでていません。[tmghig.jp]

  • 青年期の調整反応

    自閉症スペクトラム障害の人は、最近では約 100人に1 2人存在すると報告されています。 男性は女性より数倍多く、一家族に何人か存在することもあります。 c)注意欠陥・多動性障害(ADHD)とは? 発達年齢に見合わない多動 - 衝動性、あるいは不注意、またはその両方の症状が、7歳までに現れます。[sugiura-kokoro.com]

  • 統合失調感情障害

    以上のような高EEレベルのご家族では、患者さんの再発率が高く、逆にEEレベルが低い家族では再発率が低いと報告されています。ただ、誤解してはいけないことは、家族が高EEだからといって、社会的に欠陥があるというわけではありません。[smilenavigator.jp]

  • 自閉性障害

    注意欠陥障害では、「少女は多動性よりも注意力の問題をより強く示す」との有力な研究報告を踏まえ、「集中力に問題があるだけで注意欠陥障害と診断できるようにした」(フランセスさん)。そのため、発生率の上昇は予想したが、15%程度の増加にとどまるはずだった。ところが、いざふたを開けてみると3倍にもなった。[web.archive.org] 児童期・青年期には注意欠陥/多動性障害(AD/HD)、学習障害(LD)、 てんかん を合併しやすいことが知られています。 自閉症の発生頻度 最新の報告では、自閉症は約100人に1人いると報告されています。性別では男性に多く、女性の約4倍の発生頻度です。ただし、女性では 過少評価されている可能性もあります。[e-healthnet.mhlw.go.jp]

  • 双極性障害

    15歳以下の子ども達の発症については、小児期(5、6歳)の発症例も報告されていますが、研究はこれからです。子どもについては、ADHD(注意欠陥・多動性障害)との識別が困難であることも、研究を難しくしている要因です。また、60歳以上の発症の場合、家族歴はまれで、脳や身体疾患との関連性がある場合が多いようです。[dr-maedaclinic.jp]

  • ウォルコット・ラリソン症候群

    この欠陥は、光受容体の 内セグメント においてタンパク質蓄積によるERストレスを誘発し、これが次にUPRを誘発することが報告されている(WO2013/124484)。[astamuse.com]

  • 酸素運搬能低下

    また、早産児は正期産児に比べ、学習能力が平均より劣っていたり、注意欠陥や多動性障害が多いことも報告され、これらの原因の一つに、胎児肝臓内への栄養素の蓄積不足(主に鉄、亜鉛)が疑われています。 妊娠中の体の変化 妊娠中は、胎児を育むためにダイナミックな生理学的変化が生じます。[mitsuoka-clinic.or.jp]

  • 抗第VIII因子抗体NMDA受容体脳炎

    その結果、症状、QOLが有意に改善した一方で、抗炎症作用は見られなかったと第26回欧州消化器病週間(UEG Week 2018、2018年10月20 24日、ウイーン)で報告した » 続きを読む 脳波所見から考えるてんかんとADHD 学会レポート 2018年11月21日 注意欠陥・多動性障害(ADHD)患児では、てんかん合併や脳波異常を認める[medical-tribune.co.jp]

さらなる症状