Create issue ticket

考えれる226県の原因 機能的な卵巣

  • 更年期障害

    女性ホルモンの分泌量の変化 人によって症状の出方が違うのは…更年期障害を起こす3つの要因 身体要因 卵巣機能の低下による女性ホルモンの分泌低下が直接の原因です。一般に、普段からホルモンの分泌が不規則で、月経不順や自律神経失調気味の人ほど、更年期障害が出やすい傾向にあります。[nipro.co.jp] 卵巣機能が衰え始め、消失するまでの時期のことです。 一般には44歳から55歳頃をさします。 更年期を迎えると、卵巣機能が衰退し始め、それまで卵巣でつくられていた女性ホルモンのひとつであるエストロゲン(卵胞ホルモン)の量が徐々に低下していきます。 このエストロゲンの減少によって起こる様々な症状を総じて更年期障害といいます。[ikeno-clinic.com] 逆に血中の女性ホルモンの濃度が低下すると、FSHとLHの分泌を促進し、女性ホルモンの 分泌を促進します(このことを「肯定な」という意味でポジティブフィードバックといいます)。 〔図:女性ホルモンの分泌と調節機構 参照〕 更年期とは、卵巣機能が減退し始め、消失するまでの時期にあたるとされ、一般には閉経の前後数年間をい います。[hospital.iwata.shizuoka.jp]

  • 卵巣嚢胞

    さらに、妊娠初期に見られる機能卵巣嚢腫(ルテイン嚢胞)のような経過観察でよいものもあります。さらに、体外受精などで卵巣刺激をしている場合は多彩な見え方となります。 卵巣内の血腫像は多房性であったり、内部が不整にみえたり、悪性腫瘍との鑑別が難しいものも少なくありません。[jaog.or.jp] 概要 疾患のポイント: 卵巣嚢胞とは、卵巣に生ずる嚢胞状の病変の総称である。卵巣嚢胞は、機能性(生理)嚢胞とそれ以外の病的な嚢胞に分かれる。機能性嚢胞には卵胞嚢胞と黄体嚢胞がある。病的な嚢胞は(狭義の)卵巣嚢腫と呼ばれる。 卵巣嚢腫には嚢胞腺腫・成熟奇形腫・チョコレート嚢胞(内膜症性嚢胞)などがある。[clinicalsup.jp] 卵巣が腫れていても腫瘍ではない場合もあります 卵巣の中では、卵胞発育・排卵・黄体形成が繰り返し行われており、その経過の中で卵巣が一時に腫れることがあります(機能性嚢胞)。 頻度が多いのは、排卵後の黄体に血液がたまる「出血性黄体嚢胞」ですが、無排卵周期で卵胞が大きくなり嚢胞のように見えることもあります。[sagara-clinic.com]

  • イレウス

    機械性イレウス(狭義の腸閉塞) 単純性イレウス(閉塞性イレウス) 複雑性イレウス(絞扼性イレウス)腸の捻れ、腸重積、ヘルニア嵌頓機能イレウス 麻痺性イレウス 痙攣性イレウス 腸管内に腫瘍、胆石、便塊、異物や食べ物での閉塞、寄生虫による閉塞、炎症や瘢痕による狭窄、卵巣癌などによる腹腔内病変による腸管圧迫閉塞等によるものや、腸管および腸間膜が[ja.wikipedia.org]

  • 性腺機能低下症

    適切な体系的治療、二次的な性的特性のために、男性は効力の部分な回復を経験することがある(精子形成が時々回復する)、女性に月経周期が現れる。 性腺機能低下症の外科処置には、卵巣または精巣の移植、発育不良(発達の遅い陰茎の塑性矯正)、精巣の精索不全再突入が含まれる。 合成睾丸の移植を行うことが可能である(未熟睾丸が腹腔にない場合)。[ja.med-directory.com]

  • 細菌性膣炎

    細菌性膣炎 卵巣機能低下、持続する出血、過度の性的刺激、膣内の異物や免疫力低下によって、一搬細菌が増る値する非特異膣炎と真菌(カンジタ)、トリコモナス、クラミジア、淋菌などの特異的な膣炎に分けられます。症状は、帯下(おりもの)の量の増加、臭い、色の変化、膣内のかゆみや痛み、外陰部のかゆみ、下腹部痛等さまざまです。[hiro-clinic.net]

  • 産褥期

    それに続いて授乳による高プロラクチン血症が生じて、間脳下垂体の抑制及び卵巣機能な抑制によりエストロゲンレベルの更なる低下が持続する。すなわち閉経期にも似た低エストロゲン状態か持続するのである。さらに母乳中へ大量のCaが移行することが加わり、骨量の減少することが考えられる。[m-alliance.j-milk.jp]

  • 骨盤内炎症性疾患

    若年者 (18歳まで) ホルモンバランスの未熟による無排卵周期や血液凝固障害など 性成熟期 (19歳〜39歳) 子宮筋腫、子宮腺筋症、内膜ポリープ等の器質異常や多嚢胞性卵巣症候群等の無排卵周期など 更年期移行期 (40歳〜閉経まで) 卵巣機能低下に伴う無排卵周期が多いですが子宮筋腫、子宮腺筋症等の器質疾患も多い時期です。[murata-ladies-clinic.com] • 思春期や閉経周辺期を原因とする排卵不順や、多嚢胞性卵巣症候群や甲状腺機能低下症のような疾患。 これは、排卵が定期になされていない時、子宮内膜が非常に厚くなってしまう可能性があるからです。そのため、やっと生理がきたという時に、ミンキン先生いわく「お祭り騒ぎの出血」になってしまうんだとか。 • 子宮内膜症。[buzzfeed.com]

  • 多嚢胞性卵巣症候群

    GnRHアナログ療法は投与して2週間くらい経たないと卵巣機能 (排卵)を抑えません。そのため治療開始直後は出血をきたしたり、卵巣が一時に腫大することがあります。 この現象は投薬を続けるにしたがい消失します。GnRH アナログによるホルモン抑制の度合いには個人差があります。[fert-tokyo.jp]

  • 卵管炎

    婦人科では、感染症(膣炎、頸管炎、卵管炎、骨盤腹膜炎など)、腫瘍(子宮筋腫、卵巣腫瘍、子宮癌、卵巣癌など)、性器脱(子宮脱、膀胱脱など)、月経困難症(含子宮内膜症)、内分泌異常(無月経、機能性出血、プロラクチン関連疾患など)、更年期障害、骨粗鬆症などの診断と治療を行っています。 子宮癌、卵巣癌については標準治療を行っています。[hospital.city.sendai.jp]

  • 内分泌機能不全

    卵巣機能に問題はないので、性腺刺激ホルモンにより排卵は可能です。しかしながら、体重を増やすなど基本な治療が大切と考えております。[med.osaka-cu.ac.jp] 残念ながら、原因は異なりますが、卵巣組織に障害が存在し卵巣機能をはたせなくなった状態です。治療は女性ホルモンの補充療法が中心となります。まれに卵巣機能が一時に回復し、排卵が起こる場合があります。粘り強く治療を受けられて妊娠出産にいたった例も存在します。先天疾患などでは、手術が必要になる場合があります。[med.osaka-cu.ac.jp]

さらなる症状