Create issue ticket

考えれる131県の原因 橋中心髄鞘崩壊症

  • 低ナトリウム血症

    48時間以内に25 (mEq/L)以上のナトリウム補正をすると中心崩壊(CPM)を起すことがある。 水分過剰(例:水中毒)の場合は水分制限を行う。特にSIADHの場合は重要である。 細胞外液過剰の場合は、厳重な水制限、水排出促進、ナトリウム摂取制限やナトリウム排出促進が必要である。 治療法がわかってこそ、診断には意味がある。[ja.wikipedia.org]

  • 橋中心髄鞘崩壊症

    家庭医学館 の解説 きょうちゅうしんずいしょうほうかいしょう【中心崩壊】 急性、重症の脳疾患です。もともとアルコール依存症や 栄養障害 など慢性の内臓障害のある人におこります。[kotobank.jp] 抄録 【はじめに】中心崩壊は1959年にAdamsらが、中央部に対称性・非炎症性の脱髄病変を報告したのが最初の記載であり、その発症メカニズムは未だ不明であるが、低ナトリウム血症の急激な補正によって生じる病変と考えられている。[ci.nii.ac.jp] 抄録 化学療法施行中に,突然の高ナトリウム血症,高血糖を生じ,昏睡状態となった78歳の男性の症例を経験した.血清ナトリウム値,血糖値が正常化した後も人工呼吸を必要とする昏睡状態が続き,保存的な加療を続けていたが,2カ月後に急速に意識レベルが改善した.MRI検査で中心崩壊の最終診断に至り,急変から114日後に転院となった.当初,本疾患[jstage.jst.go.jp]

  • 中心窩発育不全 - 初老性白内障症候群

    中心崩壊 G372 中心(部)崩壊 横断性脊髄症 G373 中枢神経系の脱髄疾患における急性横断性脊髄炎 亜急性壊死性脊髄炎 G374 亜急性壊死性脊髄炎 バロー病 G375 同心円性硬化症 [バロー] 先天性大脳白質形成不全症 ペリツェウス・メルツバッハ様病1 基底核および小脳萎縮を伴う髄鞘形成不全症 アラン・ハーンドン・ダドリー[kegg.jp] 亜急性出血性白質脳炎 急性出血性白質脳炎 G361 急性及び亜急性出血性白質脳炎 [ハースト] 多発性神経脊髄炎 G369 急性播種性脱髄疾患, 詳細不明 びまん性硬化症 シルダー病 軸索周囲脳炎 G370 びまん性硬化症 脱髄性脳梁エンセファロパシー マルキアファーヴァ・ビニャミ症候群 脳梁離断 脳梁離断症候群 離断症候群 G371 脳梁の中心性脱[kegg.jp]

  • 抗利尿ホルモン不適合分泌症候群

    副作用として 急激な血清ナトリウム濃度の上昇で、中心崩壊(一日の血清Na上昇を10mEq以下にする) 循環血液量の減少により 高カリウム血症 肝機能障害(5%以上) 多発性嚢胞腎に保険適応 これまで治療薬のなかった常染色体優性多発性嚢胞腎に対して、トルバプタン(サムスカ )を使用できるようになりました。[nagasaki-clinic.com] なお、添付文書の警告欄では、「急激な血清ナトリム濃度の上昇により中心崩壊を来す危険性」と「生殖細胞に染色体異常を誘発する危険性」について、注意が喚起されている。高ナトリウム血による中心崩壊の副作用を回避するために、投与後は医師の監視下で血清ナトリウム値や尿量、臨床症状などを定期的にチェックする。[medical.nikkeibp.co.jp] ,浸透圧性脱症候群あるいは中心崩壊とよばれ,重篤な場合は死に至る.[kotobank.jp]

  • 慢性アルコール依存症

    すなわち前者としてはアルコールの大量摂取による急性中毒、Wernicke脳症、Marchiafava-Bignami症候群、大脳萎縮、小脳萎縮中心崩壊、視神経萎縮症、脊髄症、多発末梢神経障害、筋障害など種々の病態が知られており、後者としては振戦、幻覚、痙攣、振戦せん妄などが知られています。[kouseiren-ta.or.jp] MRIでは病巣に一致して左右対称性にT 1 強調画像で低信号域,T 2 強調画像で高信号域および脳梁の最外層が比較的保たれた中心性壊死,菲薄化を認める.治療はビタミン剤投与や副腎皮質ステロイドの大量療法を行う.予後は比較的悪い. e)中心崩壊(central pontine myelinolysis):電解質異常,特に低ナトリウム血症[kotobank.jp] 低ナトリウム血症による意識障害と痙攣が生じ,補正後に構音障害,嚥下障害,四肢麻痺,外眼筋麻痺,行動異常,無言症,閉じ込め症候群などがみられる.橋外崩壊ではパーキンソニズム,舞踏アテトーゼ,ジストニアなどの不随意運動や小脳症状などを認める.[kotobank.jp]

  • 脱髄疾患

    進行性に生じる皮質下の虚血性脱 栄養欠乏 浸透圧性脱症候群 † (以前は中心崩壊と呼ばれていた) 脳梁の脱髄(Marchiafava-Bignami病) ビタミンB 12 欠乏症 中枢神経系へのウイルスの直接侵入 進行性多巣性白質脳症 亜急性硬化性全脳炎 熱帯性痙性対麻痺/HTLV-1関連脊髄症 原発性脱髄疾患 再発性かつ進行性[msdmanuals.com] 性脳梁エンセファロパシー マルキアファーヴァ・ビニャミ症候群 脳梁離断 脳梁離断症候群 離断症候群 中心崩壊 横断性脊髄症 亜急性壊死性脊髄炎 バロー病 脱髄疾患 脳硬化症 前のページへ戻る 診療科目 治療名・検査名 専門医 地域 路線・駅 専門外来 病名・病気 実績(治療名別) coming soon 実績(病名別) coming[scuel.me] 遺伝性疾患 フェニルケトン尿症およびその他のアミノ酸尿症 テイ-サックス病,ニーマン-ピック病,およびゴーシェ病 ハーラー症候群 クラッベ病およびその他の白質ジストロフィー* 副腎白質ジストロフィー* 副腎脊髄ニューロパチー* Leber遺伝性視神経症および関連するミトコンドリア病 低酸素症および虚血 一酸化炭素中毒および他の遅延性の低酸素性脳脱症候群[msdmanuals.com]

  • 塩類喪失

    副作用として 急激な血清ナトリウム濃度の上昇で、中心崩壊(一日の血清Na上昇を10mEq以下にする) 循環血液量の減少により 高カリウム血症 肝機能障害(5%以上) 多発性嚢胞腎に保険適応 これまで治療薬のなかった常染色体優性多発性嚢胞腎に対して、トルバプタン(サムスカ )を使用できるようになりました。[nagasaki-clinic.com] 浸透圧性脱症候群 浸透圧性脱症候群(以前は中心崩壊と呼ばれた)が低ナトリウム血症の性急な是正に続発する可能性がある。脱髄は,および脳の他の領域に影響を及ぼしうる。病変は,アルコール依存症,低栄養,またはその他の慢性消耗性疾患の患者でより一般的にみられる。[msdmanuals.com]

  • アルコール離脱

    すなわち前者としてはアルコールの大量摂取による急性中毒、Wernicke脳症、Marchiafava-Bignami症候群、大脳萎縮、小脳萎縮中心崩壊、視神経萎縮症、脊髄症、多発末梢神経障害、筋障害など種々の病態が知られており、後者としては振戦、幻覚、痙攣、振戦せん妄などが知られています。[kouseiren-ta.or.jp]

  • 代謝性脳症

    糖尿病関連脳症[低血糖性昏睡、糖尿病性ケトアシドシース、高浸透圧性非ケトン性昏睡でみられる脳症]、肝性脳症・高アンモニア血症性脳症、尿毒症性脳症、肺性脳症、敗血症性脳症、敗血症関連脳症、膵性脳症、ウェルニッケ脳症、低ナトリウム血関連脳症(水中毒、抗利尿ホルモン不適合分泌症候群、腎外・腎性ナトリウム喪失、中枢性塩類喪失症候群)、中心崩壊[neurology-jp.org] 、腫瘍随伴症候群、進行性多巣性白質脳症 糖尿病、腎・肝・肺疾患 脳梗塞、脳内出血、急性代謝性脳症、くも膜下出血(多発性嚢胞腎合併例) 重症筋無力・内分泌疾患 甲状腺クリーゼ、重症筋無力クリーゼ 精神科疾患 低ナトリウム血(水中毒)、薬物中毒、心因性、悪性症候群、中心崩壊 温暖な地域での土を掘り返す作業に伴う創傷 破傷風([neurology-jp.org] 外髄鞘崩壊症、腫瘍随伴症候群(脳脊髄炎、傍腫瘍性辺縁系脳炎、亜急性小脳変性症、傍腫瘍性オプソクロヌース・ミオクローヌス症候群)、薬剤関連脳症、可逆性後白質脳症症候群、心臓手術後の脳症、血栓性血小板減少性紫斑病。[neurology-jp.org]

  • 高浸透圧性

    ただしNa レベルの低下は0.5 1 mEq/時間が限界であり,それより急速な補正は脳浮腫,中心崩壊(central pontine myelinolysis)の原因になるので注意する. 治療効果のモニター 血糖値,血漿浸透圧,電解質,血圧,尿量は1 2時間ごとに行い,経過記録用紙に記入する.[kotobank.jp] 糖尿病関連脳症[低血糖性昏睡、糖尿病性ケトアシドシース、高浸透圧性非ケトン性昏睡でみられる脳症]、肝性脳症・高アンモニア血症性脳症、尿毒症性脳症、肺性脳症、敗血症性脳症、敗血症関連脳症、膵性脳症、ウェルニッケ脳症、低ナトリウム血関連脳症(水中毒、抗利尿ホルモン不適合分泌症候群、腎外・腎性ナトリウム喪失、中枢性塩類喪失症候群)、中心崩壊[neurology-jp.org] 外髄鞘崩壊症、腫瘍随伴症候群(脳脊髄炎、傍腫瘍性辺縁系脳炎、亜急性小脳変性症、傍腫瘍性オプソクロヌース・ミオクローヌス症候群)、薬剤関連脳症、可逆性後白質脳症症候群、心臓手術後の脳症、血栓性血小板減少性紫斑病。[neurology-jp.org]

さらなる症状