Create issue ticket

考えれる170県の原因 横紋筋肉腫

  • 前立腺横紋筋肉腫

    小児筋肉腫の生存率と治癒率 出典:「講義 筋肉腫の診断と治療」京都府立医科大学 細井創先生 小児肉腫を含めた小児がんの長期生存率は約70%にまで伸びています。 アメリカの調査によると、1970年には25%だった小児横紋筋肉腫の治癒率は、1995年には75%まで大きく改善しています。[medicalnote.jp] 表2 リスク分類 (日本肉腫研究グループによるJRS-IIリスク分類) 日本肉腫研究グループ(JRSG)「JRS-IIリスク分類」より作成 手術(外科治療) 手術の概要 筋肉腫に対して初回に行われる手術には、腫瘍切除(一期的手術)と生検があります。[ganjoho.jp] 治療の現状 いま“日本肉腫研究グループ”(JRSG)が立ち上がり,国内の小児外科医,小児科医,整形外科医,耳鼻咽喉科医,泌尿器科医,眼科医,脳神経外科 医,放射線科医などが集まり,さらに基礎研究分野の研究者が合流して肉腫を様々な方面から治療しようという局面に入りました.治りにくいものでも, これからだんだん治療成績が上がっていくことが[jsps.gr.jp]

  • ブドウ状横紋筋肉腫

    表2 リスク分類 (日本肉腫研究グループによるJRS-IIリスク分類) 日本肉腫研究グループ(JRSG)「JRS-IIリスク分類」より作成 手術(外科治療) 手術の概要 筋肉腫に対して初回に行われる手術には、腫瘍切除(一期的手術)と生検があります。[ganjoho.jp] 治療の現状 いま“日本肉腫研究グループ”(JRSG)が立ち上がり,国内の小児外科医,小児科医,整形外科医,耳鼻咽喉科医,泌尿器科医,眼科医,脳神経外科 医,放射線科医などが集まり,さらに基礎研究分野の研究者が合流して肉腫を様々な方面から治療しようという局面に入りました.治りにくいものでも, これからだんだん治療成績が上がっていくことが[jsps.gr.jp] 先のわが国の日本肉腫研究グループ(JRSG)では、我々の教室の細井教授が、リスク群の判定担当者、低リスク群の主任研究者を務めてきました。 化学療法 初診時に遠隔転移が認められず、原発腫瘍が全摘除できた症例も含め、すべての肉腫患者に化学療法は必須です。[f.kpu-m.ac.jp]

  • 横紋筋肉腫

    1993年から1998年にかけて、こういった進行期の患者に対し、造血幹細胞移植を用いた化学療法が広く試みられたが、その生存率は18パーセントから32パーセントどまりであったため、筋肉腫の分子生物学的研究を基盤にした新薬、及び治療法の開発が期待される。現在日本では「日本肉腫研究グループ」(JRSG)が立ち上がっている。[ja.wikipedia.org] アブストラクト全文を閲覧 背景: 軟部肉腫は、きわめて不均一でまれな悪性固形腫瘍の一種である。肉腫を除く軟部肉腫(NRSTS)には、筋肉腫以外のすべての軟部肉腫が含まれる。[cochrane.org] 小児筋肉腫の生存率と治癒率 出典:「講義 筋肉腫の診断と治療」京都府立医科大学 細井創先生 小児肉腫を含めた小児がんの長期生存率は約70%にまで伸びています。 アメリカの調査によると、1970年には25%だった小児横紋筋肉腫の治癒率は、1995年には75%まで大きく改善しています。[medicalnote.jp]

  • リンパ腫

    悪性リンパ腫(あくせいリンパしゅ、ML: Malignant Lymphoma)は、血液のがんで、リンパ系組織から発生する悪性腫瘍である。 リンパ系組織は全身を巡っているため、肉腫及び癌腫の癌とは異なり、外科手術による切除は行わず(但し、腫大による圧迫などを緩和するため姑息手術を行うことはある)、主に放射線療法および化学療法を適応する。リンパ腫には「良性」はない為、必ず「悪性」ということになるが、日本語の病名としては明示的に「悪性リンパ腫」と呼び習わしている。診療科目は血液内科や耳鼻咽喉科などである。 悪性リンパ腫は、単一ではなく、多様な病型のリンパ系組織のがんの総称である[…][ja.wikipedia.org]

  • 非定型奇形腫様横紋筋肉腫様腫瘍

    小児筋肉腫の生存率と治癒率 出典:「講義 筋肉腫の診断と治療」京都府立医科大学 細井創先生 小児肉腫を含めた小児がんの長期生存率は約70%にまで伸びています。 アメリカの調査によると、1970年には25%だった小児横紋筋肉腫の治癒率は、1995年には75%まで大きく改善しています。[medicalnote.jp]  第Ⅱ相臨床試験 29‐6 肉腫中間リスク群患者に対するVAC2.2(ピンクリスチン、アクチノマイシンD、シンクロフォスファミド2.2g/ ) /Ⅵ(ピンクリスチン、イリノテカン)療法の有効性及び安全性の評価 第Ⅱ相臨床試験 29‐7 肉腫低リスクA群患者に対するVAC1.2(ピンクリスチン、アクチノマイシンD、シンクロフォスファミド[kobe-pc.jp] 登録期間 倫理委員会承認日-2018/12/31 6) 肉腫中間リスク群患者に対するVAC2.2/VI療法の有効性及び安全性の評価 第 II相臨床試験(筋肉腫)登録期間 倫理委員会承認日-2019/12/31 7) 肉腫高リスク群患者に対するVI/VPC/IE/VAC療法の有効性及び安全性の評価 第II相臨床試験(筋肉腫[jrosg.jp]

  • 神経線維腫症 1型

    この記事は 検証可能 な 参考文献や出典 が全く示されていないか、不十分です。 出典を追加 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2015年7月 ) 神経線維腫症1型 (しんけいせんいしゅしょう1がた、 英 : Neurofibromatosis type 1 ; NF1 )は、脳神経系に 腫瘍 を生じさせる 遺伝子疾患 。19世紀にこの病気について報告したドイツの学者レックリングハウゼン(Recklinghausen)に由来して、 レックリングハウゼン病 、もしくは レックリングハウゼン氏病 とも呼ばれる。 概要 [ 編集 ][…][ja.wikipedia.org]

  • 小児急性リンパ芽球性白血病

    グループの提唱する「進行性・転移性筋肉腫に対する自家造血幹細胞救援療法を併用した大量化学療法の第Ⅱ相試験への参加 小児内科 平成16年7月7日 61 日本肉腫研究グループの提唱する「肉腫低リスクA群患者に対する短期間VAC1.2療法の有効性および安全性の評価.第Ⅱ相臨床試験への参加 小児内科 平成16年7月7日 62 日本肉腫研究[kenchu.ipch.jp] 小児科 肉腫低リスクA群患者に対するVAC1.2(ビンクリスチン、アクチノマイシンD、シクロホスファミド1.2g/m2)/VA療法の有効性及び安全性の評価 第Ⅱ相臨床試験【JRSG】 2016年2月 筋肉腫 小児科 肉腫低リスクB群患者に対するVAC1.2(ビンクリスチン、アクチノマイシンD、シクロホスファミド1.2g/m2[hiroshima-u.ac.jp] 5月 筋肉腫 中間リスク群 肉腫中間リスク群患者に対する VAC2.2(ビンクリスチン、アクチノマイシンD、シクロホスファミド2.2 g/m2 )/ VI(ビンクリスチン、イリノテカン)療法の有効性及び安全性の評価 第II相臨床試験 JRS-II IR 京都府立医科大学 大学院 小児発達医学 血液 腫瘍科、小児外科 40 限定[shizuoka-pho.jp]

  • 急性白血病

    この記事は 検証可能 な 参考文献や出典 が全く示されていないか、不十分です。 出典を追加 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2014年2月 ) 急性白血病 (きゅうせいはっけつびょう)とは、 造血幹細胞 または造血前駆細胞に自律的増殖能の獲得と 分化 成熟障害がおこり、腫瘍化した病態である。 腫瘍細胞 は不死化(細胞寿命の延長)という特性をもち、正常 骨髄 を占拠して正常な造血を阻害し各種の正常 血液細胞 の減少をおこす。 末梢血 では 白血球 の幼若細胞に似た白血病細胞が増加したりするが、それは正常機能のない細胞であるので、感染防御機構は破綻する。 骨髄異形成症候群[…][ja.wikipedia.org]

  • 小児軟部肉腫

    このうち小児に発生する軟部肉腫はさらに少なく、全小児がんの5 6%にあたりますが、(おうもんきん)の腫瘍である肉腫および未分化肉腫(みぶんかにくしゅ)が、小児軟部肉腫の全症例の半数以上を占めます。 ここでは、肉腫を除いた主な小児の軟部肉腫(非肉腫性軟部肉腫)について説明します。[ganjoho.jp] /四肢・体幹 生検後の全摘手術:PRE あるいは化学療法後全摘術の選択/下腿に発生した肉腫症例/前腕に発生した肉腫症例/複数回再発をきたしている下腿発生肉腫症例/in-transit転移 筋肉腫/泌尿生殖器 膀胱・前立腺/傍精巣 横紋筋肉腫/胸腔内・後腹膜・肝胆道 後腹膜/胸腔内/肝胆道 横紋筋肉腫/骨盤・会陰・肛門周囲[medicalview.co.jp] 軟部肉腫のリスクが最も高いのは、神経線維腫症やリ・フラウメニ症候群の遺伝家系のお子さんです。これらの遺伝性疾患のお子さんは肉腫を発症するリスクも高いです。しかし、このような遺伝疾患を伴う症例は全体から見ればごく一部分を占めているに過ぎません。[childrenscancers.org]

  • 急性呼吸器感染症

    ・組織・細胞培養によるウイルス分離・同定 ARIsの病原ウイルスの培養には、主にHEp-2細胞、Vero細胞、HEL細胞(ヒト胎児肺繊維芽細胞由来)およびRD細胞(ヒト肉腫由来)などが用いられる。本法においては、ウイルスに対する培養細胞の感受性を考慮することと、適切に採取・保存された臨床材料を用いることが特に重要である。[idsc.nih.go.jp]

さらなる症状

類似した症状