Create issue ticket

考えれる253県の原因 横断性脊髄炎

  • 筋挫傷

    執筆者: Paul L. Liebert , MD, Attending Physician, Orthopedic Surgery, Tomah Memorial Hospital, Tomah, WI ハムストリング筋挫傷はハムストリングの筋肉の部分断裂であり,主な好発部位は筋腱移行部である。 ハムストリング筋挫傷はランナーによくみられる。リスクの高い運動選手には,ハムストリングの筋肉が柔軟性に欠ける人,十分なウォーミングアップを行わない人,この損傷の既往がある人などが挙げられる。年配の運動選手もリスクが高い。他の筋挫傷と同様に,筋肉を断裂させた力の大きさによって,損傷の程度が決まる。 症状と徴候[…][msdmanuals.com]

  • 伝染性単核球症

    合併症として認められる中枢神経症状には、無菌髄膜、脳炎、急性片麻痺、Guillain‐Barre症候群、視神経、脳神経麻痺、末梢神経横断脊髄、急性小脳失調、中枢神経系のリンパ腫などが含まれる。その他まれではあるが、溶血性貧血、血小板減少、再生不良性貧血、B細胞リンパ腫、心 筋炎、心膜炎、肺炎、気道閉塞などの報告もある。[niid.go.jp]

  • 帯状疱疹

    髄膜横断脊髄、脳炎を発症した報告もある。10-15%のHIV感染例が帯状疱疹治療後に帯状疱疹後神経痛を発症するとされる。 診断 特徴的な皮膚病変から、診断は比較的容易である。他のヘルペス性疾患との鑑別を要する場合には、水疱内容のウイルス分離やPCRによる鑑別を考慮する。[hb.acc-info.jp]

  • 急性アンフェタミン中毒

    家庭医学館 の解説 かくせいざいきゅうせいちゅうどく【覚醒剤急性中毒 Acute Methamphetamine Poisoning】 [どんな病気か] 精神興奮薬(せいしんこうふんやく)のうち、日本で覚醒剤といっているのは、 メタンフェタミン (ヒロポン、俗称「シャブ」)で、日本では市販されていないのですが、エフェドリンなどを原料に密造されたものが暴力団などを介して出回っています。 [症状] メタンフェタミンなどの精神興奮薬を大量に摂取すると、急性中毒がおこります。[…][kotobank.jp]

  • 前脊髄動脈症候群

    急性横断脊髄,脊髄圧迫,および脱髄疾患も類似の所見を引き起こすが,通常はより緩徐でありMRIおよび髄液検査により除外される。 治療 ときに梗塞の原因(例,大動脈解離,結節性多発動脈炎)が治療可能なことがあるが,多くの場合,唯一可能な治療は支持療法である。[msdmanuals.com] と同様な急性発症・進行の麻痺や神経症状がでる疾患として 脊髄硬膜外血腫,硬膜下血腫,脊髄腫瘍、横断脊髄,ギランバレー症候群などがある。[seikeigekamanual.seesaa.net] 麻痺は2 3週の後には次第に痙となってくる。 麻痺が対麻痺の形を呈するときは横断脊髄transverse myelitisという。 脊髄炎が視力障害と共にくれば視神経脊髄炎(Devic病)を考えねばならぬ。もし 運動および知覚の麻痺が速かに上行するときは上行性脊髄炎ascending myelitis と呼ばれる。[ibaraisikai.or.jp]

  • 非ホジキンリンパ腫

    非ホジキンリンパ腫(ひホジキンリンパしゅ、英: Non-Hodgkin lymphoma、NHL)は、ホジキンリンパ腫(ホジキン病)以外の全ての多様な悪性リンパ腫を含む一群である。 和訳はやや無理やりで、医療現場では通常英語名を使用する。日本では、びまん性大細胞型 (diffuse large cell type) が圧倒的に多い。日本ではホジキン病は少ないため、悪性リンパ腫の多くがこのびまん性大細胞型B細胞性リンパ腫 (diffuse large B cell lymphoma) である。[…][ja.wikipedia.org]

  • 乳房の腺癌
  • 前立腺腺癌

    前立腺導管腺癌 prostatic ductal adenocarcinoma 前立腺 通常型の前立腺癌 (Acinar adenocarcinoma) 特殊型の前立腺癌 悪性リンパ腫 尿路上皮癌 (Urothelial carcinoma) 神経内分泌腫瘍 カルチノイド 肉腫・癌肉腫 転移性腫瘍 炎症性腫瘤 尿道 尿道癌 前立腺導管腺癌(Ductal adenocarcinoma) ・前立腺導管上皮由来の前立腺癌である。病理組織学的に、管状、乳頭状、篩板状構築を示す縦長の核と好酸性の細胞質に富む高円柱状の異型細胞が特徴とされている。[…][trc-rad.jp]

  • 多発性硬化症

    急性脊髄横断脊髄) MSの場合は脊髄炎は左右非対称に生じ、不完全であることが多い。[ja.wikipedia.org] 欧米に比べると日本人では急性横断脊髄障害の頻度が高く、逆に失調症や企図振戦の頻度は低い。視神経が両側に起こり失明に至るような顕著な視力低下を呈する場合にはMSよりも視神経脊髄炎の可能性が高い。MSと診断された後は多くの神経症症候が定期的に生じうる。[ja.wikipedia.org]

  • 全身性エリテマトーデス

    また、無菌髄膜、血管横断脊髄などを除いて一般髄液検査では正常を示すことが多い。[med.osaka-u.ac.jp] 血管炎を反映した多発単神経がおきうるほか、急性炎症多発性根神経としてギラン・バレー症候群のような症状を呈することもある。横断脊髄も有名な症状であるが抗リン脂質抗体症候群と関連した病態である。心血管症状漿膜炎としての心外膜炎や、リーブマン・サックス心内膜炎、心筋炎を発症することがある。[ja.wikipedia.org] SLEにともなう脊髄症は急速に生じる横断脊髄として現れるが、虚血性の脊髄症も生じうる。灰白質(下位運動ニューロン)障害症状(弛緩、反射低下)、白質(上位運動ニューロン)障害症状(痙縮、反射亢進)が現れる。白質障害は視神経脊髄と関連することが多い。抗アクアポリン抗体陽性であれば視神経脊髄の診断の補助となる。[med.osaka-u.ac.jp]

さらなる症状