Create issue ticket

考えれる10県の原因 横になって軽減される頭痛

  • 硬膜穿刺後頭痛

    麻酔EBM勉強会 担当:I先生 「硬膜穿刺後頭痛」 ・硬膜穿刺後頭痛 ・多くの場合は持続期間も短く軽症。 ・頭痛で動けず、退院が伸びてしまうこともある。 ・数か月、数年単位で持続したり慢性化しうる。 ・脳神経麻痺や硬膜下血腫の原因になりうる。 ・予想以上に頻度が高く訴訟になることも。 ・リスク因子 ・針の形とサイズ ・発症機序仮説① ・硬膜穿刺部位からCSFが漏出し続ける 頭蓋内のCSFの量が減る 脳と頭蓋骨がこすれやすくなり、髄膜が刺激される 髄膜は痛覚を感じるため頭痛が生じる ・この仮説から考えられる治療法 ・CSFの漏出を最小限にする ・CSFの産生を促す[…][kcgh-aneth.blogspot.com]

  • 片頭痛

    して頭痛軽減します) コーヒー、紅茶の飲用(これらに含まれるカフェインの作用によります) 鎮痛剤の服用(片頭痛の特効薬のきちんとした服用で、痛みから必ず解放されます) ただし、片頭痛に見せかけて、実はちがう脳の病気が潜んでいることがあります。[seirei-memorial.com] 予防薬を一定期間毎日服用することで、頭痛の発作を減らしたり、痛みを軽くしたりすることができます。 自分でできる痛み軽減策もあります。片頭痛が起こったら、暗くて静かな場所でになりましょう。こめかみなど痛むところを冷却用シートなどで冷やすのも良い方法です。逆に避けたいのは、入浴、マッサージ、運動など。[aflac.co.jp] 誘因 精神的ストレス 空腹 睡眠不足 ある特定の飲み物(アルコールなど) 天候(低気圧、快晴) ホルモン環境の変化(月経、更年期) 薬物(血管拡張剤、ニトログリセリンなど) まぶしい光、人混み、騒音、臭いなど 片頭痛が起きたら 暗い静かな所でになる(一眠りすると不思議と治ることがあります) 痛む所を冷やす(アイスノン、冷却シート:血管が収縮[seirei-memorial.com]

  • モートン中足骨痛症

    踵とつま先側の体重分散が極端に崩れることで、 横アーチが低下し、中足骨骨頭痛 を招きます。 中足骨骨頭痛の改善方法 テーピングでアーチを補強 しましょう。 足裏の負担が低減し、痛みが徐々に軽減されます。[andsteady.com]

  • 頚椎性頭痛

    急性期の症状は頑固な頭痛が主で、立位や座位で症状が悪化しになると軽減するのが特徴です。慢性期になると嘔気、眩暈、だるさ、背中や首の痛み、記憶力・集中力の低下などの多彩な症状が出現します。 診断はMRI(下図)などで行ないます。びまん性硬膜肥厚と造影所見および脳幹部の平定化、小脳の下垂などの所見が特徴的です。[xn--4itx00djtcz85b.jp]

  • 脊髄精神的外傷

    4) 症状は立位を保持すると悪化し、になると軽減する。 5) 症状は低気圧で悪化する。 6) 患者は頭痛などの症状で、仕事や家事などの日常生活を妨げられている。 7) 生活を妨げるような頭痛などの症状は、外傷以前にはなかった。 8) 四肢麻痺などの神経学的脱落所見はないか、あっても説明できる病変がない。[nch.or.jp]

  • 咳嗽性頭痛

    予防薬を一定期間毎日服用することで、頭痛の発作を減らしたり、痛みを軽くしたりすることができます。 自分でできる痛み軽減策もあります。片頭痛が起こったら、暗くて静かな場所でになりましょう。こめかみなど痛むところを冷却用シートなどで冷やすのも良い方法です。逆に避けたいのは、入浴、マッサージ、運動など。[aflac.co.jp] 急性期の症状は頑固な頭痛が主で、立位や座位で症状が悪化しになると軽減するのが特徴です。慢性期になると嘔気、眩暈、だるさ、背中や首の痛み、記憶力・集中力の低下などの多彩な症状が出現します。 診断はMRI(下図)などで行ないます。びまん性硬膜肥厚と造影所見および脳幹部の平定化、小脳の下垂などの所見が特徴的です。[xn--4itx00djtcz85b.jp]

  • 慢性日常性頭痛

    予防薬を一定期間毎日服用することで、頭痛の発作を減らしたり、痛みを軽くしたりすることができます。 自分でできる痛み軽減策もあります。片頭痛が起こったら、暗くて静かな場所でになりましょう。こめかみなど痛むところを冷却用シートなどで冷やすのも良い方法です。逆に避けたいのは、入浴、マッサージ、運動など。[aflac.co.jp]

  • 脳底型片頭痛

    急性期の症状は頑固な頭痛が主で、立位や座位で症状が悪化しになると軽減するのが特徴です。慢性期になると嘔気、眩暈、だるさ、背中や首の痛み、記憶力・集中力の低下などの多彩な症状が出現します。 診断はMRI(下図)などで行ないます。びまん性硬膜肥厚と造影所見および脳幹部の平定化、小脳の下垂などの所見が特徴的です。[xn--4itx00djtcz85b.jp]

  • 分娩合併症

    針穴から脊髄液が漏れるため、頭痛や首の痛み、吐き気出たりします。特に起き上がった時に症状が強くなり、になると軽減します。 硬膜外カテーテルの先端が硬膜を通じてさらに奥にある、くも膜下腔に入り、そこに麻酔薬が入ることで、麻酔が上半身まで広がり呼吸が苦しくなったり、一時的に意識が遠のいたりする場合があります。[auc.med-apple.co.jp]

  • 眼性片頭痛

    予防薬を一定期間毎日服用することで、頭痛の発作を減らしたり、痛みを軽くしたりすることができます。 自分でできる痛み軽減策もあります。片頭痛が起こったら、暗くて静かな場所でになりましょう。こめかみなど痛むところを冷却用シートなどで冷やすのも良い方法です。逆に避けたいのは、入浴、マッサージ、運動など。[aflac.co.jp]

さらなる症状