Create issue ticket

考えれる16県の原因 棘波および鋭波のないデルタまたはシータ波

つまり: 棘波および鋭波のないデルタまたはシータ

  • てんかん重積状態

    […] hypsarrhythmia(ヒプサリズミア) 高振幅のδ(デルタ)およびθ(シータ)が全般性,持続性に出現し,さらに多焦点性の波が群発する特異な脳波パターンであり,点頭てんかん(WEST症候群)の時に見られる. intermittent slow waves(間欠性徐波) θ(シータ)又はδ(デルタ)波がリズミカルに全般性,間欠性[naraamt.or.jp]

  • 進行性ミオクローヌス性てんかん 3型

    […] hypsarrhythmia(ヒプサリズミア) 高振幅のδ(デルタ)およびθ(シータ)が全般性,持続性に出現し,さらに多焦点性の波が群発する特異な脳波パターンであり,点頭てんかん(WEST症候群)の時に見られる. intermittent slow waves(間欠性徐波) θ(シータ)又はδ(デルタ)波がリズミカルに全般性,間欠性[naraamt.or.jp]

  • 睡眠中の連続的な棘波と徐波があるてんかん

    […] hypsarrhythmia(ヒプサリズミア) 高振幅のδ(デルタ)およびθ(シータ)が全般性,持続性に出現し,さらに多焦点性の波が群発する特異な脳波パターンであり,点頭てんかん(WEST症候群)の時に見られる. intermittent slow waves(間欠性徐波) θ(シータ)又はδ(デルタ)波がリズミカルに全般性,間欠性[naraamt.or.jp]

  • 代謝性脳症

    […] hypsarrhythmia(ヒプサリズミア) 高振幅のδ(デルタ)およびθ(シータ)が全般性,持続性に出現し,さらに多焦点性の波が群発する特異な脳波パターンであり,点頭てんかん(WEST症候群)の時に見られる. intermittent slow waves(間欠性徐波) θ(シータ)又はδ(デルタ)波がリズミカルに全般性,間欠性[naraamt.or.jp]

  • ミオクロニーけいれん

    […] hypsarrhythmia(ヒプサリズミア) 高振幅のδ(デルタ)およびθ(シータ)が全般性,持続性に出現し,さらに多焦点性の波が群発する特異な脳波パターンであり,点頭てんかん(WEST症候群)の時に見られる. intermittent slow waves(間欠性徐波) θ(シータ)又はδ(デルタ)波がリズミカルに全般性,間欠性[naraamt.or.jp]

  • 低血糖症

    低血糖症(ていけっとうしょう、英語: Hypoglycemia)とは、血糖値が低くなる状態である。 低血糖症は緊急疾患の可能性があるため通常は血糖値が70mg/dl未満の場合は低血糖症に準じた対応をする。しかし厳密には血糖値が低いだけでは低血糖症と診断するべきではなく交感神経刺激症状や中枢神経症状が存在し、かつ血糖値が60 70mg/dlの時を低血糖症という。[…][ja.wikipedia.org]

  • 低ナトリウム血症

    抄録 サイアザイド系類似利尿薬であるインダパミド投与による低Na,低K血症が原因と考えられた意識障害の1例を報告する.症例は83歳の女性である.高血圧治療のため,インダパミドの投薬を開始し約2カ月後より悪心,嘔吐,食欲低下が出現し,頻回の転倒,意識障害もみとめられたため入院した.意識混濁(JCS 20)以外に明らかな巣症状はみとめなかった.いちじるしい低Na(115mEq/ l ),および低K(2.8mEq/ l )血症を呈していたが,インダパミド中止により意識レベル,ならびに電解質はすみやかに正常化した.低Na,低K血症の機序として,利尿作用によるNa,[…][joi.jlc.jst.go.jp]

  • アルツハイマー病

    抄録[…][doi.org]

  • 外傷性脳損傷

    2018.07.17 友の会役員体制のご紹介 軽度外傷性脳損傷友の会役員体制を追加しました。 ご紹介致します。 2017.01.30 軽度外傷性脳損傷の実際 -学際的アプローチと多重的脳画像診断学- 軽度外傷性脳損傷の実際―学際的アプローチと多重的脳画像診断学 ひらの亀戸ひまわり診療所整形外科/石橋徹 川崎市立川崎病院耳鼻咽喉科/相馬啓子 安田泌尿器クリニック神経泌尿器科/安田耕作 木沢記念病院脳神経外科/篠田淳 (労働者住民医療2015.10) Mild Traumatic Brain Injury:Multidisciplinary Approach and Multiple Neuroimaging[…][mild-tbi.net]

  • 脳卒中

    目次 脳卒中とは 脳卒中の症状 脳卒中を疑ったら 病院での検査、治療 脳卒中の予防 1. 脳卒中とは 脳の血管が破れるか詰まるかして、脳に血液が届かなくなり、脳の神経細胞が障害される病気です。より早期(発症して4.5時間以内が目安です)に治療を開始すると後遺症が軽くなることがある、救急疾患です。 原因によって、1)脳梗塞(脳の血管が詰まる)、2)脳出血(血管が破れる)、3)くも膜下出血(動脈瘤が破れる)、4)一過性脳虚血発作(TIA)(脳梗塞の症状が短時間で消失する)の4つに分類されます。 脳梗塞[…][ncvc.go.jp]

さらなる症状