Create issue ticket

考えれる11県の原因 梅毒性髄膜炎

  • 髄膜炎

    鑑別診断では細菌性髄膜炎やその他の感染性髄膜炎(マイコプラズマやリステリア、リケッチアなど)、髄膜近傍の感染症または部分的に治療された細菌、培養が陰性となりうる非ウイルス(真菌、寄生虫梅毒など)、癌、非感染性炎症性疾患(サルコイドーシス、ベーチェット病、ブドウ膜炎症候群など)による二次的髄膜炎である。[ja.wikipedia.org] これらの症状は慢性と重複する。原因菌としては結核菌、クリプトコッカスなどの真菌症、ヒストプラズマ症、コクシジオイデス症、梅毒などが知られている。 結核は結核菌が血行性に髄膜に広がることによって急性に起こるわけではない。[ja.wikipedia.org] 脳脊髄液の糖の低下はウイルス脳炎では極めて稀であり、この場合は真菌、結核菌、寄生虫、レプトスピラ、梅毒などの感染を疑うべきである。ムンプス、リンパ球性脈絡髄膜炎ウイルス、重症のHSV脳炎患者ではまれに脳脊髄液の糖の低下が見られることがある。原因ウイルスの同定にはPCRが有効である。[ja.wikipedia.org]

  • 対麻痺

    小児期から思春期にかけて:遺伝対麻痺という稀な疾患がある。 成人期: 脊髄腫瘍 、 椎間板ヘルニア 、 HTLV-I関連脊髄症 (HTLV-1 associated myelopathy HAM)、 梅毒脊髄 (エルプ脊髄麻痺)、慢性硬膜外膿瘍、 脊髄空洞症 、 筋萎縮性側索硬化症 、 亜急性連合性脊髄変性症 などがある。[ja.wikipedia.org]

  • 脳膿瘍

    鑑別診断では細菌性髄膜炎やその他の感染性髄膜炎(マイコプラズマやリステリア、リケッチアなど)、髄膜近傍の感染症または部分的に治療された細菌、培養が陰性となりうる非ウイルス(真菌、寄生虫梅毒など)、癌、非感染性炎症性疾患(サルコイドーシス、ベーチェット病、ブドウ膜炎症候群など)による二次的髄膜炎である。[ja.wikipedia.org] これらの症状は慢性と重複する。原因菌としては結核菌、クリプトコッカスなどの真菌症、ヒストプラズマ症、コクシジオイデス症、梅毒などが知られている。 結核は結核菌が血行性に髄膜に広がることによって急性に起こるわけではない。[ja.wikipedia.org] 脳脊髄液の糖の低下はウイルス脳炎では極めて稀であり、この場合は真菌、結核菌、寄生虫、レプトスピラ、梅毒などの感染を疑うべきである。ムンプス、リンパ球性脈絡髄膜炎ウイルス、重症のHSV脳炎患者ではまれに脳脊髄液の糖の低下が見られることがある。原因ウイルスの同定にはPCRが有効である。[ja.wikipedia.org]

  • 球後視神経炎

    疾患には多発硬化症や副腎白質ジストロフィー、感染症では各種、神経梅毒、亜急性硬化全脳炎、進行性多巣性白質脳症、HAM、HIV-1感染症などで知られている。また脳血管障害やSLE、脳膿瘍などでも認められる。[ja.wikipedia.org]

  • 視神経炎

    疾患には多発硬化症や副腎白質ジストロフィー、感染症では各種、神経梅毒、亜急性硬化全脳炎、進行性多巣性白質脳症、HAM、HIV-1感染症などで知られている。また脳血管障害やSLE、脳膿瘍などでも認められる。[ja.wikipedia.org]

  • 梅毒

    の症状を呈する時期である.バラ疹,丘疹,粘膜疹,発熱,リンパ節腫脹,扁平コンジローマ,梅毒脱毛,などをきたす.丘疹は暗紅色で,手掌や足底にも出現することが特徴的である(図4-8-1).これらの皮膚や粘膜の病変は治療をしなくても自然消退する. c)第Ⅲ期梅毒:感染後3年以上を経過し,ゴム腫とよばれる潰瘍を伴いやすい結節を生じる. d)[kotobank.jp] 病原体の侵入部位に初期硬結を生じる.やがてこの硬結の中心が自潰し無痛性の硬性下疳となる.男性の亀頭部冠状溝,女性の大小陰唇を好発部位とし,鼠径部の所属リンパ節が腫脹したものを無痛性横痃という.これらのI期病変は通常2 3週で自然消退しいったん無症状となる. b)第Ⅱ期梅毒:3 12週に血行性に全身に広がり,皮膚や粘膜の発疹が出現,さらに臓器梅毒[kotobank.jp]

  • 結核

    真菌梅毒、癌性との鑑別を要する。 症状 無気力、過敏、食欲不振、発熱、頭痛、嘔吐、痙攣、昏睡である。行動の変化を認めることもある。また、多部位の結核菌感染の症状を認めることがある。 身体所見 項部硬直、脳神経麻痺症状を認めることがある。[ja.wikipedia.org] A17 - Tuberculosis of nervous system A18 - Tuberculosis of other organs A19 - 粟粒結核 (en:Miliary tuberculosis) 結核 (A17.0 Tuberculous meningitis) は、亜急性の鑑別の一つである。[ja.wikipedia.org]

  • 多発性硬化症

    疾患には多発硬化症や副腎白質ジストロフィー、感染症では各種、神経梅毒、亜急性硬化全脳炎、進行性多巣性白質脳症、HAM、HIV-1感染症などで知られている。また脳血管障害やSLE、脳膿瘍などでも認められる。[ja.wikipedia.org]

  • ペニシリン G

    蜂窩織 細菌心内 淋病 誤嚥肺炎、肺膿瘍 市中肺炎 梅毒 子供の敗血症 敗血症性関節炎 乳性下痢 壊疽 副作用としてはショック、溶血性貧血、無顆粒球症、急性腎不全等の重篤な腎障害、痙攣等の神経症状、偽膜性大腸炎等の血便を伴う重篤な大腸炎、中毒性表皮壊死融解症、出血性膀胱炎を稀に、発熱、発疹、蕁麻疹、好酸球増多、顆粒球減少、[ja.wikipedia.org]

  • 炭疽症

    破傷風 バンコマイシン耐性黄色ブドウ球菌感染症 バンコマイシン耐性腸球菌感染症 百日咳 風疹 麻疹 侵襲インフルエンザ菌感染症 侵襲性菌感染症 侵襲性肺炎球菌感染症 RSウイルス感染症 咽頭結膜熱 A群溶血性レンサ球菌咽頭炎 感染性胃腸炎 水痘 手足口病 伝染性紅斑 突発性発しん ヘルパンギーナ 流行性耳下腺炎 インフルエンザ ([ja.wikipedia.org] 五類感染症 アメーバ赤痢 ウイルス性肝炎 (E型肝炎及びA型肝炎を除く) 急性脳炎 (ウエストナイル脳炎、西部ウマ脳炎、ダニ媒介脳炎、東部ウマ脳炎、日本脳炎、 ベネズエラウマ脳炎及びリフトバレー熱を除く) クリプトスポリジウム症 クロイツフェルト・ヤコブ病 劇症型溶血性レンサ球菌感染症 後天性免疫不全症候群 ジアルジア症 先天性風しん症候群 梅毒[ja.wikipedia.org]

さらなる症状