Create issue ticket

考えれる252県の原因 梅毒性髄膜炎

  • 梅毒性髄膜炎

    50 75mg/d l 高値 糖尿病 、 尿毒症、 脳出血 糖尿病 ,尿毒症,脳出血 低値 癌腫、 急性化膿、 結核 、 真菌梅毒 急性化膿 ,結核 ,真菌 梅毒 ,癌腫性 髄膜炎 次に必要な検査 髄液糖定量のほか,細胞数・種類測定,蛋白定量が通常同時に[primary-care.sysmex.co.jp] 梅毒性大動脈瘤 梅毒性動脈炎 梅毒性動脈内 梅毒脳動脈 梅毒肺動脈弁逆流症 シャルコー関節 脳脊髄梅毒梅毒梅毒運動失調症 顕神経梅毒 神経梅毒 進行運動運動失調症 進行麻痺 脊髄ろう 脊髄ろう関節 ニューロパチー関節 梅毒脊髄麻痺 梅毒視神経萎縮 梅毒 梅毒聴神経 梅毒パーキンソン[scuel.me] 異常値を示す主な疾患・状態 ・異常高値:糖尿病、尿毒症、脳出血 ・異常低値:化膿、結核、真菌製梅毒、癌腫性髄膜炎 結果一覧へ戻る[falco.co.jp]

  • 歯齦炎

    大腸、潰瘍大腸、創傷及び火傷感染症、、腹膜炎、細菌心内膜炎、敗血症、耳下腺炎、梅毒、放線菌症、アメーバ赤痢、細菌性赤痢、疫痢、トラコーマ、歯肉炎、歯齦炎、リンパ節炎、炭疽、脾脱疽、発疹熱、歯髄炎、トリコモナス膣炎、乳幼児下痢症、眼瞼炎、角膜潰瘍[fpmaj-saihyoka.com] 大腸、潰瘍大腸、創傷及び火傷感染症、、腹膜炎、細菌心内膜炎、敗血症、耳下腺炎、梅毒、放線菌症、アメーバ赤痢、細菌性赤痢、疫痢、トラコーマ、歯肉炎、歯齦炎、リンパ節炎、炭疽、脾脱疽、発疹熱、歯髄炎、トリコモナス膣炎、乳幼児下痢症、眼瞼炎、角膜潰瘍 (筋注) (1)有効であることが実証されているもの 原発性非定型肺炎、鼠径リンパ肉芽腫[fpmaj-saihyoka.com] 炎、扁頭炎、咽頭炎、喉頭炎、気管支炎、気管支拡張症の感染時、肺炎、肺化膿症、乳腺炎、膿胸、骨髄炎、猩紅熱、胆のう胆管炎、外耳炎、中耳炎、副鼻腔炎、乳様突起炎、淋疾、腎盂腎炎、膀胱炎、尿道炎、子宮内感染、軟性下疳、ガス壊疽、ワイル病、野兎病、百日咳、歯槽膿瘍、歯槽骨炎、脳膿瘍、急性涙のう炎 (3)有効と判定する根拠がないもの 口内膿瘍、結膜[fpmaj-saihyoka.com]

  • 皮膚感染症

    2 Gardnerella vaginalis 2 梅毒 2 神経梅毒 1 HIV/AIDS 1 トキソプラズマ脳炎 食道カンジダ 1 デング熱 1 感染大動脈瘤 1 Staphylococcus hominis 1 胆嚢 1 大腸菌 1 無菌性炎 1 感染症病床として、トイレ、洗面所、シャワー完備の隔離個室、2人部屋が計[toshima-hp.jp] Streptococcus mitis group 肺炎桿菌 1 1 1 1 ウイルス感染症 3 麻疹 風疹 帯状疱疹 1 1 1 感染性心内膜炎 3 黄色ブドウ球菌(感受性株) MRSA 2 1 化膿性脊椎炎 3 黄色ブドウ球菌(感受性株) 大腸菌(感受性株) 大腸菌(ESBL産生株) 1 1 1 急性肝炎 2 A型肝炎 EBウイルス 1 1 細菌[toshima-hp.jp]

  • 良性移動性舌炎

    を見出す、舌を見る、Moeller's. 舌、間質症、n(Clarke-Fournier舌)、結節栓塞栓症、終末梅毒に関連する硬化舌. 舌炎、中菱形、n萎縮、中枢乳頭を参照. 舌炎、migrans、n舌、地理を参照してください. 舌の炎症. その存在についてTFDに感謝したいですか?友だちに教えてください。[kmartinsarah.weebly.com]

  • 骨盤内炎症性疾患

    7 中枢神経感染症 1  2 脳膿瘍・脳炎 3 クロイツフェルト・ヤコブ病 8 心・血管系感染症 1 感染心内膜炎 2 菌血症/血流感染症・敗血症 3 結膜感染症 9 眼感染症 1 眼瞼感染症 2 涙器感染症 3 結膜感染症 4 角膜感染症 5 眼内感染症 10 耳鼻咽喉感染症 1 中耳炎 2 副鼻腔炎 3 耳下腺炎 11 HIV[jiho.co.jp] 尋常性ざ瘡 8 皮膚真菌症 9 疥癬 4 筋・骨格感染症 1 骨髄炎 2 関節炎・脊椎炎 5 尿路・泌尿器感染症 1 膀胱炎 2 腎盂腎炎 3 骨盤内炎症性疾患 6 性感染症 1 性器クラミジア感染症 2 淋菌感染症 3 性器ヘルペスウイルス感染症 4 性器パピローマウイルス感染症 5 性器カンジダ症 6 腟トリコモナス症 7 軟性下疳 8 梅毒[jiho.co.jp]

  • 前脊髄動脈症候群

    原因と症状 ・脊髄軟化 梅毒などによる動脈炎後の癒着、脊椎骨折による圧迫、動脈硬化症などによって、脊髄血管の内腔が閉塞してしまったり、解離大動脈瘤などによって大動脈の血液が脊髄血管に流れてこなくなってしまう場合などに起こる。 ・脊髄出血 脊椎外傷が多いが、先天的な脊髄血管の奇形、脊髄の動脈瘤破裂が原因となることもある。[medi.m2blog.net] 血管 SLE、 ベーチェット病 、大動脈症候群 感染症 細菌梅毒 、 ムコール症 血液疾患 血栓傾向、鎌状赤血球など 脊椎疾患 脊椎手術後、頚椎症など 外傷 その他 脊椎血管奇形(AVMなど)、コカイン中毒、減圧症など 脊髄の血管 [ 編集 ] 脊髄の 血管 として特に重要なのが1本の 前脊髄動脈 と2本の 後脊髄動脈 である[ja.wikipedia.org] 2012/11/26 2018/1/15 神経内科 脊髄の動脈 前脊髄動脈:脊髄の前3分の2を養う1本の動脈、左右の前角、錐体路、温痛覚、痛覚を養う 後脊髄動脈:脊髄の後ろ3分の1を養う2本の動脈、後角、後索を養う これらの血管は、脳の血管に比べると細く、動脈硬化をあまり起こさないため、血行障害の発生率は脳よりはるかに低い。[medi.m2blog.net]

  • ライム髄膜脳炎

    (新) 五類 全 数 アメーバ赤痢、クリプトスポリジウム症、クロイツフェルト・ヤコブ病、劇症型溶血レンサ球菌感染症、後天免疫不全症候群、ジアルジア症、、先天風疹症候群、梅毒、破傷風、バンコマイシン耐性腸球菌感染症、 変更:急性ウイルス肝炎 急性ウイルス肝炎(A型、E型を除く) 急性脳炎 定点把握から全数把握に変更 追加[jamt.or.jp] 球菌感染症、後天免疫不全症候群、ジアルジア病、、先天風疹症候群、梅毒、破傷風、バンコマイシン耐性腸球菌感染症 (定点)咽頭結膜熱、インフルエンザ、A群溶血性レンサ球菌咽頭炎、感染症胃腸炎、急性出血性結膜炎、クラミジア肺炎(オウム病を除く)、細菌性髄膜炎、水痘、性器クラミジア感染症、性器ヘルペスウイルス感染症、成人麻疹、手足口病[fuchu-ishikai.net] 梅毒、ライム病、回帰熱、ブルセラ症)、その他としては細菌治療中、髄膜周辺の感染源、心内膜炎を伴う髄膜炎、 急性散在性脳脊髄炎 (傍感染性症候群)、非感染性ではCNSループス、サルコイドーシス、片頭痛、外傷性腰椎穿刺、慢性良性リンパ球性髄膜炎、血管炎、髄膜癌腫症、薬剤性(イブプロフェン、イソニアジド、アザチオプリンなど)があげられる[ja.wikipedia.org]

  • 内側性硬化症

    2 細菌 3 一酸化炭素中毒間欠型 4 低カリウム性ミオパチー 5 Fisher症候群 第55回 2015年12月9日 1 人工呼吸器管理を要した破傷風 2 MELAS 3 細菌性髄膜炎(リステリア) 4 クリプトコッカス髄膜炎 AIDS 5 アルコール性ケトアシドーシス 第57回 2016年9月28日 1 視神経脊髄炎 2 視神経脊髄炎[numazu-hospital.shizuoka.jp] 性脳炎 2 クリプトコッカス性髄膜炎 3 ギラン・バレー症候群 4 帯状疱疹性脊髄炎 5 Creutzfeldt-Jakob病 第53回 2015年2月25日 1 Creutzfeldt-Jakob病 2 視神経脊髄炎 3 左椎骨動脈解離 4 一酸化炭素中毒間欠型 5 脊髄梗塞 第54回 2015年6月10日 1 発熱・頭痛を主訴とした第2期梅毒[numazu-hospital.shizuoka.jp]

  • モラレ‐髄膜炎

    梅毒、ライム病、回帰熱、ブルセラ症)、その他としては細菌治療中、髄膜周辺の感染源、心内膜炎を伴う髄膜炎、 急性散在性脳脊髄炎 (傍感染性症候群)、非感染性ではCNSループス、サルコイドーシス、片頭痛、外傷性腰椎穿刺、慢性良性リンパ球性髄膜炎、血管炎、髄膜癌腫症、薬剤性(イブプロフェン、イソニアジド、アザチオプリンなど)があげられる[ja.wikipedia.org] 急性発症である 髄膜刺激症状の徴候 髄液所見では単球優位の異常を呈する 髄液の塗沫標本や培養からは細菌が検出されない 髄膜以外の場所に感染病巣を認めない 自己制約的であり良性の経過をとる この定義では、感染でもウイルス(エンテロウイルス、ムンプス、リンパ球脈絡ウイルス、HIV、その他)、非ウイルス(結核、真菌、マイコプラズマ、リケッチア[ja.wikipedia.org]

  • 髄膜脳炎

    正常/疾患 化膿 結核 真菌 ウイルス 脳炎 癌 無菌 反応 神経梅毒 神経ベーチェット 症候群 外観 (水様透明) 混濁膿性 (米とぎ汁様) 水様透明 ときに 日光微塵 水様透明 水様透明 水様透明 ときに白濁 水様透明 水様透明 水様透明 髄液圧 (100 150 mmH 2[sms.co.jp] 鑑別診断では細菌性髄膜炎やその他の感染性髄膜炎(マイコプラズマやリステリア、リケッチアなど)、髄膜近傍の感染症または部分的に治療された細菌、培養が陰性となりうる非ウイルス(真菌、寄生虫梅毒など)、癌、非感染性炎症性疾患(サルコイドーシス、ベーチェット病、ブドウ膜炎症候群など)による二次的髄膜炎である。[ja.wikipedia.org] これらの症状は慢性と重複する。原因菌としては 結核 菌、クリプトコッカスなどの 真菌症 、 ヒストプラズマ症 、 コクシジオイデス症 、 梅毒 などが知られている。 結核は結核菌が血行性に髄膜に広がることによって急性に起こるわけではない。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状