Create issue ticket

考えれる236県の原因 核内封入体

  • 亀頭包皮炎

    感染初期には上部気道細胞に封入を形成する。治療には対症療法が行われる。弱毒生ワクチンおよび不活化ワクチンが実用化されている。[ja.wikipedia.org]

  • 全身性単純ヘルペス

    封入を伴う細胞に明瞭な陽性シグナルを認める。 Copyright 2010, Department of Pathology, NIID, Japan[www0.nih.go.jp] サイトメガロウイルスほか サイトメガロウイルス(感染細胞が、封入を持つ特徴的な巨細胞となることからこのように命名されました。ヒトヘルペスウイルス5)は、初感染では、一部で伝染性単核症のような病態を起こしますが、特に免疫不全状態における間質性肺炎などの疾患に関与します。 これ以降に発見されたウイルスはいずれも番号のみです。[iph.pref.hokkaido.jp] 一般に、HHV-6タンパクの発現が免疫組織化学で確認される標本は少ないが、HHV-6関連薬剤過敏症症候群のリンパ節炎では封入を伴う感染細胞に陽性シグナルが見られる。 核酸検査は パラフィン標本でも可能であるが、末梢血からも検出されるため、定量的に行う必要がある。[www0.nih.go.jp]

  • 女性の性器ヘルペス 

    感染細胞の特徴はスリガラス状および多核化圧迫状配列などにあったが, 封入は33%の症例のみに認められた. 2. 細胞診用の外陰部検体採取は初感染例では症状発現後1週間以内であれば診断可能であった. 採取法はガラスエッジの方が綿棒より良好な検体が得られた. 3. 培養法と比較し細胞診での診断率は77%であった.[jstage.jst.go.jp]

  • 甲状腺好酸性細胞型濾胞癌

    細胞診所見 背景にRBCと泡沫細胞を少数認め、細胞質が広く、顆粒状で、小体の目立つ細胞が孤立性 疎な結合で認めた。 それらの溝は認めるが明らかな封入は認めず、好酸性細胞腫瘍を考える所見とし鑑別困難とした。 組織所見 肉眼的に左葉下部と中部に合わせて3個の腫瘤を認めた。[ns.jscc-tokai.jp] 切除標本は、 索状/胞巣状の腫瘍細胞 硝子様物質の沈着 腫瘍細胞はやや腫大・切れ込み/くびれ/捻れなど不整形・封入あるも、分裂像は乏しい で、術後病理所見にて 甲状腺硝子化索状腫瘍 と確定診断されました。[nagasaki-clinic.com] 診断: ・ 病理組織学的には、上皮細胞の乳頭状増殖が見られ、の変形や封入など特徴的所見があり、細胞診に好適な病変である。 ・ 甲状腺は体表に近いことから超音波診断と穿刺吸引法によって診断率が大幅に向上している。[medic-grp.co.jp]

  • 常染色体劣性痙性対麻痺 48型

    一方,CAG repeat遺伝子トランスジェニックマウスや培養細胞でも,封入が形成されなくとも神経細胞死が起こったり,封入ができても,ポリグルタミン鎖を持った蛋白の凝集外にあったりする場合も報告されており,封入の形成が本当に神経細胞死に直接結びつくのかどうか疑問視する向きもある.[square.umin.ac.jp] GCIを含むオリゴデンドログリアではにも点状ないし線状の封入、GNIが認められることもある、また神経細胞質封入であるNCI、神経細胞封入NNIや神経突起内にneuropil threadsなど知られている。GCI、GNI、NCI、NNI、neuropil threadsという5種類の構造物が知られている。[up-t.jp] 抗ポリグルタミン抗体IC2を用いた免疫染色では変異atrophin-1蛋白質の神経細胞封入のびまん性蓄積を認める。頭部MRIでは小脳萎縮や脳幹(特に被蓋部)萎縮、大脳萎縮を認める。また遅発成人型では 大脳白質にびまん性のT2延長病変 が認められる。 ハンチントン病 で特徴的な尾状核頭部の萎縮は認められない。[ja.wikipedia.org]

  • 常染色体劣性痙性対麻痺 32型

    一方,CAG repeat遺伝子トランスジェニックマウスや培養細胞でも,封入が形成されなくとも神経細胞死が起こったり,封入ができても,ポリグルタミン鎖を持った蛋白の凝集外にあったりする場合も報告されており,封入の形成が本当に神経細胞死に直接結びつくのかどうか疑問視する向きもある.[square.umin.ac.jp] GCIを含むオリゴデンドログリアではにも点状ないし線状の封入、GNIが認められることもある、また神経細胞質封入であるNCI、神経細胞封入NNIや神経突起内にneuropil threadsなど知られている。GCI、GNI、NCI、NNI、neuropil threadsという5種類の構造物が知られている。[up-t.jp] 抗ポリグルタミン抗体IC2を用いた免疫染色では変異atrophin-1蛋白質の神経細胞封入のびまん性蓄積を認める。頭部MRIでは小脳萎縮や脳幹(特に被蓋部)萎縮、大脳萎縮を認める。また遅発成人型では 大脳白質にびまん性のT2延長病変 が認められる。 ハンチントン病 で特徴的な尾状核頭部の萎縮は認められない。[ja.wikipedia.org]

  • 眼咽頭型筋ジストロフィー

    横紋筋線維の大小不同や縁取り空胞が認められ、変異PABPN 1による異常たんぱく質が筋細胞のに蓄積されて細いフィラメント様の凝集した封入を形成している。[ptosis-sscl.com] 常染色優性遺伝。 【病理】 筋に冠状フィラメント状の封入を認める。 【臨床症状】 眼瞼下垂は高度だが、日内変動はない。 外眼筋麻痺は比較的軽く、四肢筋はあまり侵されない。 【註記】 【参考】 【作成】2017-10-13[shiburin.xsrv.jp] 抗リン酸化TDP-43抗体免疫染色で、前頭葉、特に中心前回に、小型神経細胞優位に多数の釣り鐘型の細胞質封入を認めた。脳幹運動神経、脊髄前角細胞ではリン酸化TDP-43免疫染色の陽性所見は目立たなかった。大腿四頭筋は高度に萎縮していた。一方、上腕二頭筋では、筋線維の大小不同は目立つが、軽度の群集萎縮を認めた。[nmc.gr.jp]

  • 常染色体劣性痙性対麻痺 26型

    一方,CAG repeat遺伝子トランスジェニックマウスや培養細胞でも,封入が形成されなくとも神経細胞死が起こったり,封入ができても,ポリグルタミン鎖を持った蛋白の凝集外にあったりする場合も報告されており,封入の形成が本当に神経細胞死に直接結びつくのかどうか疑問視する向きもある.[square.umin.ac.jp] GCIを含むオリゴデンドログリアではにも点状ないし線状の封入、GNIが認められることもある、また神経細胞質封入であるNCI、神経細胞封入NNIや神経突起内にneuropil threadsなど知られている。GCI、GNI、NCI、NNI、neuropil threadsという5種類の構造物が知られている。[ja.wikipedia.org] 骨パジェット病および前頭側頭型痴呆を伴う封入ミオパチー(IBMPFD)であるにも関わらず、眼咽頭型筋ジストロフィー(OPMD)に特有な封入が存在する症例を報告した。常染色体優性遺伝を示唆する家族歴があり、緩徐進行性で非対称な四肢遠位筋力低下を示し、眼瞼下垂や嚥下障害はない。[ncbiobank.org]

  • 常染色体劣性脊髄小脳失調症 8

    GCIを含むオリゴデンドログリアではにも点状ないし線状の封入、GNIが認められることもある、また神経細胞質封入であるNCI、神経細胞封入NNIや神経突起内にneuropil threadsなど知られている。GCI、GNI、NCI、NNI、neuropil threadsという5種類の構造物が知られている。[ja.wikipedia.org] これらの封入はプルキンエ細胞のみに存在し、主に細胞質に存在し、抗ユビキチン抗体陰性である。他のポリグルタミン病では封入形成するため特徴的な所見である。なおCACNA1Aは反復発作性失調症2型(EA2)と家族性片麻痺性片頭痛の原因遺伝子でもある。[ja.wikipedia.org] 抗ポリグルタミン抗体IC2を用いた免疫染色では変異atrophin-1蛋白質の神経細胞封入のびまん性蓄積を認める。頭部MRIでは小脳萎縮や脳幹(特に被蓋部)萎縮、大脳萎縮を認める。また遅発成人型では 大脳白質にびまん性のT2延長病変 が認められる。 ハンチントン病 で特徴的な尾状核頭部の萎縮は認められない。[ja.wikipedia.org]

  • 常染色体劣性痙性対麻痺 27型

    GCIを含むオリゴデンドログリアではにも点状ないし線状の封入、GNIが認められることもある、また神経細胞質封入であるNCI、神経細胞封入NNIや神経突起内にneuropil threadsなど知られている。GCI、GNI、NCI、NNI、neuropil threadsという5種類の構造物が知られている。[up-t.jp] ③poly-Q封入にはSigma-1 receptor(SIGMAR1)が結合する。同じく封入体結合タンパク質p62ではS403のリン酸化が選択的オートファジーを促進することから、このオートファジー系制御が標的分子候補となることを示した。④poly-Q病における神経機能障害の根底に発達期のシナプス成熟障害が寄与する可能性を示した。[research-er.jp] 抗ポリグルタミン抗体IC2を用いた免疫染色では変異atrophin-1蛋白質の神経細胞封入のびまん性蓄積を認める。頭部MRIでは小脳萎縮や脳幹(特に被蓋部)萎縮、大脳萎縮を認める。また遅発成人型では 大脳白質にびまん性のT2延長病変 が認められる。 ハンチントン病 で特徴的な尾状核頭部の萎縮は認められない。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状