Create issue ticket

考えれる142県の原因 本態性血小板血症

  • 骨髄増殖性疾患

    真性赤血球増加は男性に多くみられ、本態血小板は女性に多くみられます。 症状 真性赤血球増加本態血小板は、無症状で、健康診断などで偶然、検査異常値として発見されることが多いです。[kompas.hosp.keio.ac.jp] 適格性 年齢(下限) 16歳以上 年齢(上限) 85歳以下 性別 男女両方 選択基準 1) 2016年修正WHO分類の骨髄増殖腫瘍(MPN)のうち真性多血(PV)または本態血小板(ET)と診断されている患者で、病名を告知されている患者(※付表)。[rctportal.niph.go.jp] 骨髄増殖疾患は、「真性多血」、「本態血小板」、「慢性骨髄白血病」、「特発骨髄線維」、「慢性骨髄増殖腫瘍」といった型があり、「真性多血」は赤血球が増殖、「本態血小板」は血小板が過剰に増える病気で、型によって異常となっている細胞が異なります。 症状 型によって症状は異なります。[doctor-map.info]

  • 真性多血症

    循環赤血球量が絶対的に増加する病態はそれ以降知られていたが、1951年Dameshekは慢性骨髄白血病・本態血小板・骨髄線維症と真性多血症がそれぞれ造血幹細胞レベルの異常で発症し細胞は分化能を失わず相互に病型移行することから、以上の4疾患を骨髄増殖性疾患(こつずいぞうしょくせいしっかん英名Myeloproliferative disease[ja.wikipedia.org]

  • 原発性骨髄線維症

    二次骨髄線維の原因となる疾患急性骨髄白血病、急性リンパ白血病、慢性 骨髄白血病、真性赤血球増加(真性多血)、原発血小板本態血小板 )、骨髄異形成症候群、多発性骨髄腫、悪性リンパ腫、がん腫、全身性エリテマト ーデス、全身性進行性硬化症、放射線照射後、などが含まれる.[med.osaka-cu.ac.jp] である真性多血本態血小板・原発性骨髄線維症の患者においてみられるJAK2遺伝子の変異を検出する検査です。[test-guide.srl.info] 慢性骨髄増殖性疾患の経過は、比較的ゆっくりで、慢性骨髄増殖疾患以外の病気で亡くなる人も含めて、半分の方が亡くなる生存中央値と呼ばれる期間は、真性多血で10年、本態血小板で5年以上、骨髄線維症で3 4年といわれています。[niigata-cc.jp]

  • 慢性好中球性白血病

    でない 異状巨核球が増加していない Reticulinあるいはコラーゲン線維の繊維化がない 赤血球奇形がない 本態血小板でない 血小板数 成熟大型巨核球が増加していない 7.骨髄異形成症候群あるいは骨髄異形成症候群/骨髄増殖性疾患ではない 顆粒球に異形成がない 他の骨髄系細胞に異形成像がない 単球数 出典・脚注 [ 編集 ] 参考文献[ja.wikipedia.org] 慢性骨髄増殖性疾患の経過は、比較的ゆっくりで、慢性骨髄増殖疾患以外の病気で亡くなる人も含めて、半分の方が亡くなる生存中央値と呼ばれる期間は、真性多血で10年、本態血小板で5年以上、骨髄線維症で3 4年といわれています。[niigata-cc.jp] 過形成 好中性顆粒球の割合と数の増加 骨髄有核細胞で骨髄芽球 好中性細胞の分化が正常 3.肝脾腫 4.他に好中球増多を来たす原因がない 感染症あるいは炎症性でない 腫瘍がないか、あっても染色体あるいは遺伝子検索で骨髄系細胞にクローン性がない 5.Ph染色体・BCR/ABL融合遺伝子陰性 6.他の骨髄増殖性疾患がない 真性多血症でない 慢性特発骨髄線維[ja.wikipedia.org]

  • 骨髄線維症

    二次骨髄線維の原因となる疾患急性骨髄白血病、急性リンパ白血病、慢性 骨髄白血病、真性赤血球増加(真性多血)、原発血小板本態血小板 )、骨髄異形成症候群、多発性骨髄腫、悪性リンパ腫、がん腫、全身性エリテマト ーデス、全身性進行性硬化症、放射線照射後、などが含まれる.[med.osaka-cu.ac.jp] 特発性骨髄線維症は 造血幹細胞 レベルの 遺伝子 変異が生じ、腫瘍性クローンである血球(主に 巨核球 )が増殖することが基礎にあり、同じく造血幹細胞レベルの腫瘍クローン増殖疾患である 真性多血本態血小板 に本質的には近い [4] 。[ja.wikipedia.org] 最近では、この骨髄線維症のほかに、血液幹細胞の増殖による疾患の慢性骨髄白血病(まんせいこつずいせいはっけつびょう)、真性多血(しんせいたけつしょう)、本態血小板(ほんたいせいけっしょうばんけっしょう)をまとめて、骨髄増殖症候群(こつずいぞうしょくしょうこうぐん)と呼びます。[kotobank.jp]

  • 真性多血症から移行した骨髄線維症

    JAPIC試験ID JapicCTI-111575 最終情報更新日: 2016年9月29日 登録日:2016年1月28日 基本情報 関連ID NCT01392443: ClinicalTrials.gov 対象疾患 試験実施者 ノバルティス ファーマ株式会社 試験の種類 介入試験(薬剤) 試験の概要 原発骨髄線維及び真性多血又は本態血小板[rctportal.niph.go.jp] 慢性骨髄増殖性疾患の経過は、比較的ゆっくりで、慢性骨髄増殖疾患以外の病気で亡くなる人も含めて、半分の方が亡くなる生存中央値と呼ばれる期間は、真性多血で10年、本態血小板で5年以上、骨髄線維症で3 4年といわれています。[niigata-cc.jp] 診療の特長・特色 藤田 浩之医師 血液内科は、常勤医師4名、非常勤医師4名の体制で、急性白血病(AML・ALL)・慢性白血病(CML・CLL)・骨髄異形成症候群(MDS)・多発骨髄腫・悪性リンパ腫(ホジキンリンパ腫・非ホジキンリンパ腫)・再生不良貧血・発作夜間血色素尿(PNH)・骨髄増殖腫瘍(真性多血本態血小板・骨髄線維症[nanbu.saiseikai.or.jp]

  • 遺伝性血小板異常

    本態血小板は根本的な治療法がないことから、血栓または出血の症状が現れることを防ぐために、増加した血小板を減少させることが治療の目標となります。 本態血小板(ET)と診断された患者さんへ Q:血液の成分には何がありますか? A:血液の成分には赤血球、白血球、血小板等があり、それぞれの役割があります。[shire.co.jp] 真性赤血球増加は男性に多くみられ、本態血小板は女性に多くみられます。 症状 真性赤血球増加本態血小板は、無症状で、健康診断などで偶然、検査異常値として発見されることが多いです。[kompas.hosp.keio.ac.jp] 本態血小板は遺伝しますか? 一般的に遺伝があるとは考えられていませんが、ごくまれに血縁関係の家族に本態血小板が起こる場合もあります。 Q7. 本態血小板ではどのような症状がみられますか? 本態血小板の初期は症状がない場合が多いですが、徐々にさまざまな症状がみられるようになります。[mpn-info.net]

  • 本態性血小板血症

    本態血小板とは主に増加している血球で鑑別されるが、真性多血では血小板も増加していることが多く、本態血小板と真性多血症のどちらであるか鑑別が困難な症例も存在する。[ja.wikipedia.org] このJAK2V617F陽性本態血小板と陰性本態血小板を長期間経 過観察すると陽性群の方が真性多血症に移行しやすいものの骨髄線維症、急性骨髄 白血病/骨髄異形成症候群への移行は有意な差がないことが報告されています( Ref 6 )。[med.osaka-cu.ac.jp] 本態血小板は根本的な治療法がないことから、血栓または出血の症状が現れることを防ぐために、増加した血小板を減少させることが治療の目標となります。 本態血小板(ET)と診断された患者さんへ Q:血液の成分には何がありますか? A:血液の成分には赤血球、白血球、血小板等があり、それぞれの役割があります。[shire.co.jp]

  • 血小板血症

    このJAK2V617F陽性本態血小板と陰性本態血小板を長期間経 過観察すると陽性群の方が真性多血症に移行しやすいものの骨髄線維症、急性骨髄 白血病/骨髄異形成症候群への移行は有意な差がないことが報告されています( Ref 6 )。[med.osaka-cu.ac.jp] 本態血小板とは主に増加している血球で鑑別されるが、真性多血では血小板も増加していることが多く、本態血小板と真性多血症のどちらであるか鑑別が困難な症例も存在する。[ja.wikipedia.org] 本態血小板は根本的な治療法がないことから、血栓または出血の症状が現れることを防ぐために、増加した血小板を減少させることが治療の目標となります。 本態血小板(ET)と診断された患者さんへ Q:血液の成分には何がありますか? A:血液の成分には赤血球、白血球、血小板等があり、それぞれの役割があります。[shire.co.jp]

  • 二次骨髄線維症

    慢性骨髄増殖性疾患の経過は、比較的ゆっくりで、慢性骨髄増殖疾患以外の病気で亡くなる人も含めて、半分の方が亡くなる生存中央値と呼ばれる期間は、真性多血で10年、本態血小板で5年以上、骨髄線維症で3 4年といわれています。[niigata-cc.jp] 適応疾患は、骨髄線維と既存治療が効果不十分または不適当な真性赤血球増加です。骨髄線維は、原発骨髄線維、真性赤血球増加本態血小板から移行した2 次性骨髄線維症を含みます。[mpn-japan.org] 特発性骨髄線維症は 造血幹細胞 レベルの 遺伝子 変異が生じ、腫瘍性クローンである血球(主に 巨核球 )が増殖することが基礎にあり、同じく造血幹細胞レベルの腫瘍クローン増殖疾患である 真性多血本態血小板 に本質的には近い [4] 。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状