Create issue ticket

考えれる293県の原因 本態性振戦

  • 本態性振戦

    本態の病態はまだ十分には明らかになっておらず、薬剤の作用機序も不明な点が多い。[ja.wikipedia.org] 本態では生活に支障がなければ治療の必要はないが、支障が出るほど症状が強い場合は治療すべきである。が、最初から放っておいていいというのではない。まずは正確な検査を行って本態と診断がついた場合に、治療の有無を主治医と十分に話し合うべき、と考えられる。 受診するときは神経内科へ。[president.jp] 本態は最もよくある「ふるえ」の病気です。ここではQ&A方式で要点をまとめてみました。ご参考にして下さい。 Q1. 本態戦って、どういう病気ですか? Q2. 本態って、どういう意味ですか? Q3. 本態の症状は? Q4. 生命に関わる怖い病気ですか? Q5. 放っておいても大丈夫ですか? Q6. [miwa-clinic.sakura.ne.jp]

  • ウィルソン病

    アカシジア 運動機能低下症(Hypokinesia) アテトーゼ 失調 Bradykinesia 脳性麻痺 舞踏運動 (chorea) ジスキネジア ジストニア 本態 Geniospasm ミオクローヌス Metabolic General Unwellness Movement Syndrome (MGUMS) Mirror movement[ja.wikipedia.org] 考慮する必要がある 他の 神経疾患 ( ジストニア概説 (;GeneReviews,GeneReviewsJapanは ここ を参照) 良性の家族もしくは本態 パーキンソン病およびそれとの鑑別を要する疾患 ハンチントン病 歯状核赤核萎縮症(DRPLA) パーキン型早発性パーキンソン病を含む若年性パーキンソン病 遺伝性ジストニア DYT1[grj.umin.jp]

  • パーキンソン病

    他方では、パーキンソン病が発病する数年〜数十年前から、本態と同じような姿勢時を持っていたという患者さんもいます。このことから、本態はパーキンソン病発症の危険因子であるとされています。パーキンソン病の患者さんの多くでは、安静時の振戦に加えて、姿勢時振戦があります。 安静時振戦の病状は、経過中に変化します。[utanohosp.jp] ジストニア 本態[mnh.go.jp] 4-5Hzのゆっくりとした安静時で80%の症例で経過中にみられる。随意運動にては停止し姿勢をとると10秒程度でが止まる。本態には潜時はない。頭部が左右に震えることは稀であるがL-dopaの副作用でみられることはある。 固縮は筋肉を受動的に伸展したときに検者が感じる抵抗である。伸展している間ほぼ同じように抵抗がある。[nagoya-central-hospital.com]

  • パーキンソン病 3型

    同研究は3月14日の本態(自分の意思と関係なく手や首が震える疾患)の患者さんから始まり、今回で4例目(前3例はいずれも本態)。振戦優位型のパーキンソン病患者さんを同装置で治療したのは日本初。[tokushukai.or.jp] 他方では、パーキンソン病が発病する数年〜数十年前から、本態と同じような姿勢時を持っていたという患者さんもいます。このことから、本態はパーキンソン病発症の危険因子であるとされています。パーキンソン病の患者さんの多くでは、安静時の振戦に加えて、姿勢時振戦があります。 安静時振戦の病状は、経過中に変化します。[utanohosp.jp] また本態と呼ばれる震えを主体とする疾患も時々パーキンソン病を疑われて紹介受診されます。パーキンソン病、薬剤パーキンソニズム、本態は、いずれも頭部MRIは正常という特徴があります。[med.nagoya-u.ac.jp]

  • 幼児の痙攣と舞踏病アテトーゼ

    甲状腺機能亢進症/バセドウ病 の姿勢時振戦 姿勢時(ふるえ):手指と腕を前方に伸ばした姿勢で、指を開いたり、コップを取る時に生じる。 甲状腺機能亢進症/バセドウ病 、本態、慢性アルコール中毒は姿勢時です。 写真の様に、紙を載せてみると、える様子が良く分かります。 本態 常染色体優性遺伝。[nagasaki-clinic.com] 宮本亮介/西村公孝 1 概 説 2 分 類 3 Parkinson病および類縁疾患でみられる 4 本態 5 本態に類似する振戦 6 その他の振戦 第5章 舞踏症 坂本 崇 1 定義,鑑別 2 病 態 3 病 因 第6章 アテトーゼ 坂本 崇 1 総 論 2 脳性麻痺 3 偽アテトーゼ 4 発作性運動源性舞踏アテトーゼ 5[shindan.co.jp] 広い意味では甲状腺機能亢進症や薬剤、アルコールのwithdrawalなもこれに含まれる。 本態 本態 は4Hz位の姿勢時振戦であり、安静時は出現しない。非進行性で、予後がよく、機序としては下オリーブ核の中枢性ペースメーカーにより生じていると考えられている。[ja.wikipedia.org]

  • 多発性パラミオクローヌス

    不随意運動 痙斜頚、眼瞼けいれん、本態、薬物誘発、ミオクローヌスなど けい 痙 斜頚 痙斜頚 眼瞼けいれん 痙攣 眼瞼痙攣 メージュ症候群 本態 姿勢 本態 薬物誘発 薬物誘発 その他の明示された型の 運動 本態音声症 ミオクローヌス 家族本態性ミオクローヌス 睡眠時ミオクローヌス[scuel.me] 過緊張発声障害 全身性ジストニア G248 その他のジストニー H01161 ジスキネジア ジストニア G249 ジストニー, 詳細不明 姿勢 本態 G250 本態 H01577 H01432 薬物誘発 G251 薬物誘発 運動 本態音声症 G252 その他の明示された型の ミオクローヌス 家族本態[kegg.jp] C—3.のみを症状とする疾患 7.本態 C—4.下肢の不髄意運動を症状とする疾患 8.痛む足と動く趾症候群 9.レストレスレッグス症候群 D.脊髄小脳変性症 D—1.常染色体劣性遺伝で後索性失調を主症状とする疾患 1.フリードライヒ運動失調症 D—2.常染色体優性遺伝で小脳性運動失調を主症状とする疾患 2.脊髄小脳失調症 D—3[chugaiigaku.jp]

  • 家族性または散在性片麻痺性片頭痛

    脳腫瘍 2.てんかんで発症する脳腫瘍 M睡眠障害 1.ナルコレプシー(narcorepsy) 2.夜驚症(sleep terror) 3.レストレス・レッグズ症候群(むずむず脚症候群)(RLS) 4.その他の睡眠時随伴症 N頭部外傷 1.急性硬膜外血腫 2.急性硬膜下血腫 3.慢性硬膜下血腫(水腫) 4.虐待と頭部外傷 O不随意運動 1.本態[shindan.co.jp] 斜頸 249 7. 本態 249 V. 脊髄小脳変性症 250 1. 晩発性小脳皮質萎縮症 250 2. Holmes型失調症 251 3. オリーブ橋小脳萎縮症 251 4. 遺伝性オリーブ橋小脳変性症 252 1) SCA1 252 2) SCA2 253 5. MachadoーJoseph病(SCA3) 253 6. [rnavi.ndl.go.jp] E.自律神経性反射 姿勢振戦を生じる疾患 1.上肢前方挙上で頼著となる比較的規則正しい姿勢 ・生理的 ・疲労不安などによる ・甲状腺機能亢進症 ・慢性アルコール中寺(禁断状態でやすい) ・本態(家族性振戦、老人性振戦) ・パーキンソン病の一部 ・バーキンソン症候群の一部 ・変形性脊椎症による脊髄障害の一部 2.示指を鼻尖の[ibaraisikai.or.jp]

  • 原発性捻転ジストニア

    患者に数学を尋ねる)、不安や感情的興奮で増加する 原因: 特発性パーキンソン病:通常片手で始まり、次いで他の手足に広がる 薬物:抗精神病薬、メトクロプラミド、プロクロフェラジン 脳炎(HIV /エイズ、神経梅毒、PML、トキソプラズマ症) 慢性頭部外傷 注:他の安静時のには、ウィルソン病および重度の本態(ETは通常姿勢であるが、安静時[evanshuu2000xu.over-blog.com] 【不随意運動】 難治の不随意運動をきたす疾患の内、脳神経外科が扱う疾患としてパーキンソン病、本態、ジストニア(痙斜頸を含む)が挙げられます。 本態 :脳神経に明らかな異常を認めず、原因が不明でありその他に神経学的異常を伴わない振戦です。通常は姿勢時振戦であり、何らかの動作を行うときに起こります。[hyo-med.info] 発声障害 痙発声障害 では発声を制御する筋肉が障害されます。この病気の人は通常、体のどこかに本態が起こります。声帯の筋肉がけいれんすると声がまったく出なくなったり、話す声がひずんだり、ふるえたり、かすれたり、ささやきになったり、甲高くなったり、途切れたり、不明瞭になり理解するのが困難になります。[nannbyou.com]

  • 中心窩発育不全 - 初老性白内障症候群

    過緊張発声障害 全身性ジストニア G248 その他のジストニー H01161 ジスキネジア ジストニア G249 ジストニー, 詳細不明 姿勢 本態 G250 本態 H01577 H01432 薬物誘発 G251 薬物誘発 運動 本態音声症 G252 その他の明示された型の ミオクローヌス 家族本態[kegg.jp] ジストニア G242 特発性非家族性ジストニー 痙性斜頚 良性発作性斜頚 G243 痙性斜頚 H01608 口唇ジスキネジア 口顔面ジストニア 口舌ジスキネジア 口部ジスキネジア G244 特発性口顔面ジストニー 眼瞼痙攣 メージュ症候群 G245 眼瞼攣縮 下顎ジストニア 咬筋ジストニア 喉頭ジストニア 内転型痙攣性発声障害 外転型痙攣発声障害[kegg.jp]

  • 慢性アルコール依存症

    本態 パーキンソン病 このふたつの病気はふるえを起こす病気の中でも特に多くみられ、きちんと見分ける必要があります。これ以降詳しく説明します。 ふるえの基礎知識 本態とパーキンソン病 監修:東京女子医科大学 名誉教授 岩田 誠 先生[healthcare.ds-pharma.jp] 鑑別診断 しばしば家庭内発生する障害である本態が、アルコール離脱に関連した振戦と誤られるかもしれない。 ※参考文献 『DSM-5 精神疾患の診断・統計マニュアル』(医学書院) 『ICD-10 精神および行動の障害 臨床記述と診断ガイドライン(新訂版)』(医学書院) 厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイト[e-heartclinic.com] 代表的なものは、本態 注) 、パーキンソン病、甲状腺機能亢進症(こうじょうせんきのうこうしんしょう)、アルコール依存症などです。これらのうち、本態とパーキンソン病は特に患者さんも多く、ふるえの原因のかなりの部分を占めるといわれています。医師はまずこれらの病気を見分けてから治療を始めます。[healthcare.ds-pharma.jp]

さらなる症状