Create issue ticket

考えれる62県の原因 末梢T細胞減少

  • 間擦疹

    末梢血、組織の T 細胞と CD8 細胞は、治療後に減少した。治療後には単核細胞数は増加しツ反、 PHA は増強した。血沈 ( 20例 ) 、接着因子( ICAM-1,VCAM-1,ELAM-1 )( 6 例)インターロイキンー6は減少した。 6 症例の 2 次性リンパ浮腫では高い血清ヒアルロン酸は治療後に減少した。[chuoms.co.jp]

  • 深在性嚢胞性大腸炎

    T/NK細胞リンパ腫 5 ホジキンリンパ腫 2 多発性骨髄腫 10 骨髄線維症 2 血液疾患 輸血による鉄過剰症 15 骨髄移植 15 血小板減少性紫斑病 10 播種性血管内凝固症候群 10 先天性血栓性疾患 3 再生不良性貧血 5 発作性夜間血色素尿症 3 先天性凝固因子欠乏症 3 TOPに戻る 腫瘍外科 上部・下部消化管 食道がん 5[mh.nagasaki-u.ac.jp] 血液内科 血液腫瘍 急性リンパ性白血病 5 慢性リンパ性白血病 2 急性骨髄性白血病 15 慢性骨髄性白血病 5 骨髄異形成症候群 10 悪性リンパ腫 85 非ホジキンリンパ腫 80 びまん性大細胞型B細胞リンパ腫 30 低悪性度B細胞性リンパ腫 15 マントル細胞リンパ腫 5 再発又は難治性ろ胞性リンパ腫 5 成人T細胞白血病リンパ腫 15 末梢[mh.nagasaki-u.ac.jp]

  • 増殖型血管内皮リンパ腫

    におけるL-AMB(アムビゾーム)療法 末梢T細胞性リンパ腫に対するromidepsin(HADC阻害薬)療法 慢性骨髄性白血病に対するイマチニブ(グリベッグ)からニロチニブ(タシグナ)への移行試験 分子遺伝子学的完全寛解に達している慢性骨髄性白血病に対するStop ニロチニブ(タシグナ)試験 分子遺伝子学的完全寛解に達している慢性骨髄性白血病[osakaminami.hosp.go.jp] 成人型T細胞性白血病に対するレチノイド療法 濾胞性リンパ腫やマントル細胞リンパ腫のような低悪性度リンパ腫に対するR-B(リツキサン ベンダムスチン〈トレアキシン))療法 多発性骨髄腫に対するボルテゾミブ〈ベルケード〉 デキサメタゾン療法及びレナリドマイド〈レブラミド〉療法 骨髄異形成症候群に対するアザシチジン〈ビダーザ〉療法 発熱性好中球減少[osakaminami.hosp.go.jp]

  • 免疫不全を伴うラロン症候群

    T細胞機能障害がある場合、機能性抗体の産生がない場合、著明な末梢T細胞減少が明らかな場合は生ウイルスワクチン接種は控える。 重症例では骨髄移植(BMT)も考慮される。DiGeorge症候群におけるBMTや末梢血リンパ球移植の理論的根拠は造血幹細胞というよりむしろ成熟T細胞を供給することにある。[emeneki.com] 2.血清尿酸値の低下( 1mg/mL) 3.通常末梢T細胞が進行性に減少し、B細胞数は正常B細胞が減少する場合もある。 4.末梢血単核球、赤血球、線維芽細胞などのPNP活性が低下 5. PNP 遺伝子の異常による。 PNP 遺伝子解析で遺伝子異常を確認し、確定診断を行う。[nanbyou.or.jp] 2.通常末梢血リンパ球、T細胞数は正常だが、CD4陽性細胞が減少 3.B細胞表面MHC class IIの発現が欠損 4.無 低ガンマグロブリン血症:出生後数か月間は母体からのIgG型移行抗体が存在するため必ずしも低値とならない。またIgG値の正常値は月齢や年齢によって大きく異なる。[nanbyou.or.jp]

  • IgE型骨髄腫

    2.血清尿酸値の低下( 1mg/mL) 3.通常末梢T細胞が進行性に減少し、B細胞数は正常B細胞が減少する場合もある。 4.末梢血単核球、赤血球、線維芽細胞などのPNP活性が低下 5. PNP 遺伝子の異常による。 PNP 遺伝子解析で遺伝子異常を確認し、確定診断を行う。[nanbyou.or.jp] 2.通常末梢血リンパ球、T細胞数は正常だが、CD4陽性細胞が減少 3.B細胞表面MHC class IIの発現が欠損 4.無 低ガンマグロブリン血症:出生後数か月間は母体からのIgG型移行抗体が存在するため必ずしも低値とならない。またIgG値の正常値は月齢や年齢によって大きく異なる。[nanbyou.or.jp]

  • 出血性甲状腺嚢胞

    《続きを見る》 20 rituximab 25 下腿潰瘍、偽膜性腸炎再発、冠動脈疾患、呼吸不全、心不全症状増悪、心電図異常、感染エピソード、感染症、敗血症、死亡、無顆粒球症、白血球減少細胞性拒絶反応、肝炎、肝酵素上昇、肺炎、肺結核、血清IgG低下、血清病、視力障害、非特異型末梢T細胞リンパ腫、インフュージョンリアクション、かゆみ、ストレス[selimic.imic.or.jp]

  • 原発性免疫不全症

    2.血清尿酸値の低下( 1mg/mL) 3.通常末梢T細胞が進行性に減少し、B細胞数は正常B細胞が減少する場合もある。 4.末梢血単核球、赤血球、線維芽細胞などのPNP活性が低下 5. PNP 遺伝子の異常による。 PNP 遺伝子解析で遺伝子異常を確認し、確定診断を行う。[nanbyou.or.jp] 血清α(アルファ)‐フェトプロテインの上昇、線維芽細胞(せんいがさいぼう)とリンパ球の放射線照射によるDNA修復の障害があります。また末梢リンパ球の減少と機能低下、血清IgA、IgE、時にIgG2、IgG4の欠如が認められます。[medical.itp.ne.jp] 2.通常末梢血リンパ球、T細胞数は正常だが、CD4陽性細胞が減少 3.B細胞表面MHC class IIの発現が欠損 4.無 低ガンマグロブリン血症:出生後数か月間は母体からのIgG型移行抗体が存在するため必ずしも低値とならない。またIgG値の正常値は月齢や年齢によって大きく異なる。[nanbyou.or.jp]

  • 肝脾腫

    )の剖検例を病理組織学的 に検討し、その本態が悪性リンパ腫(末梢T細胞リンパ腫)であることを証明しました (腫瘍細胞が産生するサイトカインにより組織球が活性化・増殖)( Ref )。[med.osaka-cu.ac.jp] 非定型的な組織球の増殖と一部未熟系と考えられる組織球の貪食像が 見られ、MHと呼ばれていましたが、1979年にRidallらが可逆性のウイルス関連HPS (virus-associated hemophagocytic syndrome、VHAS)の存在を初めて報告( Ref )、 また1983年にMHが疑われた症例(発熱、肝脾腫、血球減少[med.osaka-cu.ac.jp]

  • 後天性溶血性貧血

    細胞リンパ腫 3 急性リンパ性白血病 2 特発性血小板減少性紫斑病 4 骨髄異形成症候群 9 再生不良性貧血 1 非ホジキンリンパ腫 34 骨髄線維症 1 ホジキンリンパ腫 1 溶血性貧血 1 多発性骨髄腫 10 後天性赤芽球ろうの疑い 1 成人T細胞白血病リンパ腫 6 その他疾患 5 赤芽球ろう 2 (平成29年度実績) 血液疾患センターページ[seichokai.or.jp] 24 17 10 51 282 (平成29年12月31日現在) 非血縁者骨髄採取数 平成27年 平成28年 平成29年 過去3年の合計 過去の合計 非血縁者骨髄採取 11 8 1 20 95 (平成29年12月31日現在) 新入院症例内訳(再入院を除く) 症例 件数 症例 件数 急性骨髄性白血病 8 真性多血症 1 慢性骨髄性白血病 3 末梢[seichokai.or.jp]

  • X連鎖低ガンマグロブリン血症

    2.血清尿酸値の低下( 1mg/mL) 3.通常末梢T細胞が進行性に減少し、B細胞数は正常B細胞が減少する場合もある。 4.末梢血単核球、赤血球、線維芽細胞などのPNP活性が低下 5. PNP 遺伝子の異常による。 PNP 遺伝子解析で遺伝子異常を確認し、確定診断を行う。[nanbyou.or.jp] 2.通常末梢血リンパ球、T細胞数は正常だが、CD4陽性細胞が減少 3.B細胞表面MHC class IIの発現が欠損 4.無 低ガンマグロブリン血症:出生後数か月間は母体からのIgG型移行抗体が存在するため必ずしも低値とならない。またIgG値の正常値は月齢や年齢によって大きく異なる。[nanbyou.or.jp]

さらなる症状