Create issue ticket

考えれる11県の原因 末梢部反射低下

  • ニューロパチー

    検査と診断 症状 四肢末梢の筋力低下、手袋靴下型感覚低下、腱反射低下など。 家族歴・既往歴 問診にて確認する。 検査 血液検査、髄液検査、筋電図、神経伝導試験など。 治療法 しびれや疼痛に対して、抗うつ薬や抗てんかん薬を投与する。また、原因による特異的な治療を行う。 糖尿病性に対しては、血糖値のコントロールが重要となる。[nurseful.jp] 多発神経炎(Polyneuropathy) 多発神経炎は末梢神経障害で最も多く見られるパターンで、臨床的には①腱反射の減弱ないし消失、②四肢遠位優位の筋力低下や筋萎縮、③健常部と病変部の境目がはっきりせず、四肢遠位部ほど程度が強くなる手袋靴下型の感覚障害の3つで特徴付けられる。[yamamotoclinic.jp] なお多発神経炎では、手袋靴下型の分布に加えて胸腹部正中に縦に伸びた島状の感覚障害を認めることがあり(前掛け型感覚障害)、これも末梢神経の末端に表現された障害の一環と理解される。 ギランバレー症候群(Guillain Barre sundrom、感染後ニューロパチー) 急速に麻庫、腱反射低下が上行し呼吸不全を起す。[yamamotoclinic.jp]

  • 多発性神経炎

    多発神経炎(Polyneuropathy) 多発神経炎は末梢神経障害で最も多く見られるパターンで、臨床的には①腱反射の減弱ないし消失、②四肢遠位優位の筋力低下や筋萎縮、③健常部と病変部の境目がはっきりせず、四肢遠位部ほど程度が強くなる手袋靴下型の感覚障害の3つで特徴付けられる。[yamamotoclinic.jp] なお多発神経炎では、手袋靴下型の分布に加えて胸腹部正中に縦に伸びた島状の感覚障害を認めることがあり(前掛け型感覚障害)、これも末梢神経の末端に表現された障害の一環と理解される。 ギランバレー症候群(Guillain Barre sundrom、感染後ニューロパチー) 急速に麻庫、腱反射低下が上行し呼吸不全を起す。[yamamotoclinic.jp]

  • 自律神経性ニューロパチー

    検査と診断 症状 四肢末梢の筋力低下、手袋靴下型感覚低下、腱反射低下など。 家族歴・既往歴 問診にて確認する。 検査 血液検査、髄液検査、筋電図、神経伝導試験など。 治療法 しびれや疼痛に対して、抗うつ薬や抗てんかん薬を投与する。また、原因による特異的な治療を行う。 糖尿病性に対しては、血糖値のコントロールが重要となる。[nurseful.jp]

  • 尿毒症性肺炎

    上行する.振動覚や深部知覚の低下,腱反射の減弱・消失,末梢神経伝導速度の遅延をきたす.自覚的には,下肢静止不能症候群(restless legs syndrome)と呼称され,「足のおきどころがない」と訴え,夜間に高度で,体動時に楽になる.その他,しびれ感,灼熱感(burnig foot syndrome),脱力,筋痙攣などがある.透析療法[kotobank.jp] 腎性貧血,細胞外液量増加,高血圧性心疾患,動脈硬化症などが病態に寄与している.一方,高度の心拡大,低血圧,不整脈,右心不全などを呈する場合には尿毒症性心筋症(uremic cardiomyopathy)と呼称される. c)尿毒症性末梢神経障害(uremic neuropathy):知覚神経と運動神経ともに障害され,両側対称性で下肢に高度で,遠位にはじまり[kotobank.jp]

  • 尿毒症

    上行する.振動覚や深部知覚の低下,腱反射の減弱・消失,末梢神経伝導速度の遅延をきたす.自覚的には,下肢静止不能症候群(restless legs syndrome)と呼称され,「足のおきどころがない」と訴え,夜間に高度で,体動時に楽になる.その他,しびれ感,灼熱感(burnig foot syndrome),脱力,筋痙攣などがある.透析療法[kotobank.jp] 腎性貧血,細胞外液量増加,高血圧性心疾患,動脈硬化症などが病態に寄与している.一方,高度の心拡大,低血圧,不整脈,右心不全などを呈する場合には尿毒症性心筋症(uremic cardiomyopathy)と呼称される. c)尿毒症性末梢神経障害(uremic neuropathy):知覚神経と運動神経ともに障害され,両側対称性で下肢に高度で,遠位にはじまり[kotobank.jp]

  • 尿毒症性脳症

    上行する.振動覚や深部知覚の低下,腱反射の減弱・消失,末梢神経伝導速度の遅延をきたす.自覚的には,下肢静止不能症候群(restless legs syndrome)と呼称され,「足のおきどころがない」と訴え,夜間に高度で,体動時に楽になる.その他,しびれ感,灼熱感(burnig foot syndrome),脱力,筋痙攣などがある.透析療法[kotobank.jp] 腎性貧血,細胞外液量増加,高血圧性心疾患,動脈硬化症などが病態に寄与している.一方,高度の心拡大,低血圧,不整脈,右心不全などを呈する場合には尿毒症性心筋症(uremic cardiomyopathy)と呼称される. c)尿毒症性末梢神経障害(uremic neuropathy):知覚神経と運動神経ともに障害され,両側対称性で下肢に高度で,遠位にはじまり[kotobank.jp]

  • 遺伝性感覚性ニューロパチー

    検査と診断 症状 四肢末梢の筋力低下、手袋靴下型感覚低下、腱反射低下など。 家族歴・既往歴 問診にて確認する。 検査 血液検査、髄液検査、筋電図、神経伝導試験など。 治療法 しびれや疼痛に対して、抗うつ薬や抗てんかん薬を投与する。また、原因による特異的な治療を行う。 糖尿病性に対しては、血糖値のコントロールが重要となる。[nurseful.jp]

  • 遺伝性運動感覚性神経障害

    検査と診断 症状 四肢末梢の筋力低下、手袋靴下型感覚低下、腱反射低下など。 家族歴・既往歴 問診にて確認する。 検査 血液検査、髄液検査、筋電図、神経伝導試験など。 治療法 しびれや疼痛に対して、抗うつ薬や抗てんかん薬を投与する。また、原因による特異的な治療を行う。 糖尿病性に対しては、血糖値のコントロールが重要となる。[nurseful.jp]

  • 常染色体優性痙攣性運動失調 1型

    高齢発症であって小脳性運動失調と末梢神経障害(腱反射消失、筋緊張低下、遠位感覚低下、遠位筋の筋萎縮など)が前景に立つものであり錐体路症状は目立たなくなる。遺伝性パーキンソン症候群と末梢神経障害をしめすものをIV型に分類することもあるが、IV型は極めて稀である。また非典型例として痙性対麻痺型や純小脳失調型なども報告されている。[ja.wikipedia.org]

  • 急性ヒ素中毒

    に異常感覚を伴う感覚運動性多発ニューロパチーを生じ,四肢遠位の筋力低下,深部腱反射の減弱・消失をみる.暴露を中止することにより症状の改善をみる.[kotobank.jp] ミオクローヌス,小脳失調症状,記銘力低下,不眠などがみられる. 2)慢性ヒ素中毒: 慢性暴露では初期には手掌・足底の角化,体幹にびまん性の黒褐色の色素沈着,爪のMees線条などがみられ,長期経過例ではBowen病, 皮膚癌 の発症が高くなる.また鼻中隔穿孔,肺線維症,肺癌の発生がみられる.神経症状として,急性暴露から1 2週をすぎた頃より下肢末梢優位[kotobank.jp]

さらなる症状

類似した症状