Create issue ticket

考えれる7県の原因 末梢軸索と脱髄性神経障害

  • 糖尿病性多発ニューロパチー

    末梢神経障害の確証を得るためと障害の有無を評価する場合、下記の検査を行う。 原因は免疫、遺伝性、中毒性、感染性、全身疾患に伴うニューロパチーなどがあり原疾患により治療法、予後が異なる。[clinicalsup.jp]

  • ウォルコット・ラリソン症候群

    障害と関連する 現象 は、中枢神経系又は末梢神経系における の減少を特徴とする。[astamuse.com] 脱髄化 細胞 (オリゴデンドロサイト及びシュワン細胞を含める)のミスフォールドタンパク質の非限定的な例は、CC1、 ミエリン塩基性タンパク質 (MBP)、 セラミド ガラクトシルトランスフェラーゼ ( CG T)、 ミエリン 関連 糖タンパク質 (MAG)、ミエリンオリゴデンドロサイト糖タンパク質(MOG)、オリゴデンドロサイトミエリン糖[astamuse.com]

  • 脳筋症ミトコンドリアDNA枯渇症候群

    Gene Reviews著 者: Ayman W EI-Hattab, MD, FAAP, FACMG, Fernando Scaglia, MD, FAAP, FACMG, William J Craigen, MD, PhD, FACMG, and Lee-Jun C Wong, PhD, FACMG. 日本語訳者 : 和田宏来 (県西総合病院小児科/筑波大学大学院小児科) Gene Reviews 最終更新日: 2012.5.17. 日本語訳最終更新日: 2018.3.19. 原文: MPV17- Related Hepatocerebral Mitochondrial DNA Depletion Syndrome 要約[…][grj.umin.jp]

  • 有毒性多発神経障害

    末梢神経障害の確証を得るためと障害の有無を評価する場合、下記の検査を行う。 原因は免疫、遺伝性、中毒性、感染性、全身疾患に伴うニューロパチーなどがあり原疾患により治療法、予後が異なる。[clinicalsup.jp] 神経生理検査:末梢神経伝導検査という電気刺激を利用した検査によって、刺激が伝わる速度(伝導速度)や、末梢神経がどのように障害されているか(性か)などを調べることができます。筋肉に針を刺す針筋電図検査が行われることもあります。 診断が難しいケースの場合、神経生検が行われることがあります。[medicalnote.jp]

  • 遺伝性感覚性ニューロパチー

    末梢神経障害の確証を得るためと障害の有無を評価する場合、下記の検査を行う。 原因は免疫、遺伝性、中毒性、感染性、全身疾患に伴うニューロパチーなどがあり原疾患により治療法、予後が異なる。[clinicalsup.jp]

  • 傍腫瘍性末梢性ニューロパチー

    神経生理検査:末梢神経伝導検査という電気刺激を利用した検査によって、刺激が伝わる速度(伝導速度)や、末梢神経がどのように障害されているか(性か)などを調べることができます。筋肉に針を刺す針筋電図検査が行われることもあります。 診断が難しいケースの場合、神経生検が行われることがあります。[medicalnote.jp]

  • バコル

    ミエリンの決定的な役割を考えると、末梢は、ギラン・バレー症候群(GBS)、慢性脱髄多発神経障害(CIDP)、および多巣性運動神経障害(MMN)、ならびに、毒素、薬剤、または例えば、糖尿病等の全身性疾患によって誘発される他の末梢神経病変等の急性および慢性末梢神経障害の顕著な特徴であることは、驚くべきことではない。[ipforce.jp] 超構造研究は、軸索とシュワン細胞(SC)との双方、ならびに微小血管系における変化(例えば、直径の減少および部分的)は、その全ては独立して発症するように見えることを実証している。[ipforce.jp] ヒト糖尿病神経障害において観察される末梢神経内の線維の進行的損失は、少なくとも部分的に、神経変性遅延および神経再生不全に起因する可能性があると結論付けている研究もある。代謝異常および微小血管異常、ならびに神経栄養因子の欠乏は、糖尿病性神経障害の発病に関与すると考えられている。[ipforce.jp]

さらなる症状