Create issue ticket

考えれる63県の原因 末梢血管脈拍減少

  • 寒冷暴露

    『第496話』 【寒冷暴露】 「冷え性」のきっかけに 2001-04-22 これから暖かい季節に向かうと、女性の冷え性対策が本格化する。季節感からか肌寒い日でも薄着傾向となり、汗ばむ日には各施設で冷房が稼働する。冷房や冷たい外気に長時間さらされ、いったん体が冷えるとなかなか体温が戻らないことがある。これを「寒冷暴露」と言い、冷え性のきっかけになるともいわれる。 このような経験をした人は、体の中心部を冷やさない工夫が必要だ。冷房の効いているところではジャケットやズボンを着用し、使い捨て力イロを腰や太ももの付け根の内側などに張ると体温を保つことができる。[…][akiyaku.or.jp]

  • レーノー現象

    レイノー現象とは レイノー現象とは、寒冷刺激や精神的ストレスで指先の血行障害をきたし、“手足が冷える”現象です。 多くは正常な動脈において拡張と収縮が“過剰に”働くことで発症します。原因は様々です。診断は病歴・視診で行います。多くは原因疾患がない1次性ですが、膠原病によるレイノー現象は2次性と呼ばれ、時に重度の血行障害をきたします。 (1) 1 次性レイノー現象 1次性レイノー現象は、レイノー病とも呼ばれます。若い女性で特に40歳未満に多く、3人に1人が、レイノー病の家族歴があります。一般的に予後は良好で、指先に潰瘍をきたすほど重症化することは稀です。 (2) 2 次性レイノー現象 2[…][fukuda-c.com]

  • レイノー病

    レイノー病(レイノーびょう、英: Raynaud's disease)あるいはレイノー症候群(英: Raynaud syndrome、RS)とは、レイノー現象を主徴とする症候群である。原因の明らかでない原発性のものと膠原病に合併する二次性のものとに区別される。 寒冷時や冷水につかったときに四肢末梢部、とくに両手指が対称的に痛み、しびれ感とともに蒼白、あるいはチアノーゼなどの虚血症状をきたす場合で、若年女子に多発する。原因は明らかでない。1862年に状態を記述したフランスの医師モーリス・レイノー(fr:Maurice Raynaud (médecin))に因む。[…][ja.wikipedia.org]

  • 糖尿病

    糖尿病(とうにょうびょう、ラテン語: diabetes mellitus、DM)は、血糖値やヘモグロビンA1c(HbA1c)値が一定の基準を超えている状態をさす疾患である。東洋医学では消渇と呼ばれる。なお、腎臓での再吸収障害のため尿糖の出る腎性糖尿は別の疾患である。 糖尿病は高血糖そのものによる症状を起こすこともあるほか、長期にわたると血中の高濃度のグルコースがそのアルデヒド基の反応性の高さのため血管内皮のタンパク質と結合する糖化反応を起こし、体中の微小血管が徐々に破壊されていき、糖尿病性神経障害・糖尿病性網膜症・糖尿病性腎症などに繋がる。[…][ja.wikipedia.org]

  • 冠動脈疾患

    ご覧になりたい疾患の名称をクリックしてください。 虚血性心疾患には狭心症と心筋梗塞があります。狭心症は動脈硬化が原因で心臓に酸素を運ぶ血管(冠動脈)が狭くなり、心臓の筋肉に十分酸素が運べなくなることにより胸痛発作をおこす病気です。心筋梗塞は冠動脈の狭いところが完全に閉塞して心臓の筋肉が死んでしまう病気です。[…][keio-cardiovascular-surgery.com]

  • 動脈硬化症

    動脈硬化症(どうみゃくこうかしょう、arteriosclerosis)とは、動脈硬化により引き起こされる様々な病態の総称。 心臓から全身に血液を送り込む役割を担う動脈の内壁が肥厚し硬化した状態を指して動脈硬化と呼称する。本症はこの動脈硬化が原因で身体にさまざまな症状が現れることを指す。 動脈硬化には、アテローム性動脈硬化(粥状動脈硬化)、細動脈硬化、中膜石灰化硬化(メンケベルグ硬化)の3つのタイプが存在するが、一般に「動脈硬化」といえばアテローム性動脈硬化を指すことが多い。[…][ja.wikipedia.org]

  • 下肢の動脈硬化症

    長野中央病院 循環器科医師 板本 智恵子 食生活の欧米化がすすみ、高齢化社会となって、閉塞性動脈硬化症が増えています。閉塞性動脈硬化症は動脈硬化の進行により、足の動脈の血流が悪くなったり、血流が途絶える病気です。日本で糖尿病患者は予備軍も含めて1620万人といわれていますが、糖尿病や糖尿病性腎症により透析を行っている患者様では特に増えています。 動脈硬化は糖尿病、高血圧、高脂血症、たばこ、加齢、などにより長い年月をかけて進行します。この病気は特にヘビースモーカーに多いといわれています。閉塞性動脈硬化症の患者様は狭心症や脳梗塞を合併していることが多いといわれています。[…][healthcoop-nagano.or.jp]

  • 血液量減少症

    全国重症心身障害児施設職員研修会講演録 愛知県心身障害者コロニー 発達障害研究所治療学部門室長 三田 勝巳 はじめに 地球上で生活する私たちは常に1Gという重力を受けており、体の諸器官はこれに耐えられるように長い間かかって変化してきました。立ったり、歩いたりといった日常背活のほとんどの動作は重力に逆らうことであり、重力に対する適度な抵抗つまり運動をすることは健康や体力を維持するうえで重要です。[…][dinf.ne.jp]

  • 脱水

    脱水(だっすい、英:dehydration)とは、医学において体内の水分量が不足した状態を言う。この脱水には二種類の状態が存在し、細胞外液(血漿と間質液)を失う“volume depletion"と、細胞外液中の水分と細胞内液中の水を失う “dehydration" があるが、日本ではこれらを総称して「脱水」と呼んでいる。簡易なチェック方法として「毛細血管再充血時間」を計る方法(指の爪を上から5秒間押して白くなった状態から元のピンク色に戻るまでの時間)がある。2秒以上かかる場合は緊急治療が必要と判断される。[…][ja.wikipedia.org]

  • 低血圧

    低血圧とは 血圧とは、動脈の中を血液が流れる時に、血液が血管壁を押す圧力のことです。 血圧 循環血液量 末梢血管抵抗 、つまり循環血液量(心臓から拍出される血液量)と全末梢血管抵抗(細い動脈の収縮の程度)に左右されます。 血圧測定では、最高血圧と最低血圧を測定します。心臓が収縮するとき、血液が大動脈内に押し出され、大動脈がふくらみます。そのときに大動脈にかかる圧が 収縮期血圧 (最高血圧)です。次に心臓が拡張すると、ふくらんだ大動脈が元に戻ろうとし、その力で血液を末梢血管に送り出します。このとき大動脈にかかる圧が 拡張期血圧 (最低血圧)です。[…][apha.jp]

さらなる症状