Create issue ticket

考えれる1,162県の原因 末梢神経障害による遠位肢の筋力低下, 黄疸

つまり: 末梢神経障害, よる遠位肢, 筋力低下, 黄疸

  • ビタミンB12欠乏

    貧血と末梢神経障害の有病率はいずれもメトホルミン群で高かった。 (編集部) 1 名の先生が役に立ったと考えています。[medical-tribune.co.jp] その後、病状の進行とともに末梢神経障害として四肢のじんじん感や灼熱感などの感覚障害が、さらに進むと四肢の筋力低下もみられるようになります。また心臓に対する影響としては、心拍数は増加し、心拍出量が増え、末梢の血管は拡張し、皮膚が温かく湿った感じとなります。さらに進行すると心不全をきたし、肺に水がたまったり、足などにむくみをきたします。[itsuki-hp.jp] 貧血が起こり、蒼白、筋力低下、疲労が生じ、重度の場合には息切れやめまいも起こります。 重度の欠乏症によって神経が損傷することがあり、手足のチクチク感や感覚消失、筋力低下、反射消失、歩行困難、錯乱、認知症が起こります。 診断は、血液検査の結果に基づいて下されます。[msdmanuals.com]

  • ミトコンドリア DNA欠乏症候群

    TK2 遺伝子に変異がある病型では、乳児は一般的に正常に成長するが、2歳頃までに筋緊張低下(Hypotonia)と呼ばれる全身の筋力低下、疲労、持久力の欠失、摂食困難といった症状が現れ始める。一部の幼児では顔、口、喉の筋肉が自由に動かせなくなり始め、嚥下障害を示すこともある。[ja.wikipedia.org] 生後数週間以内に肝不全を発症、それに伴い黄疸と腹部膨張もみられる。また、成長の遅れや後退、眼の不随意運動といった多数の神経に関する問題が発生する。もう1つのタイプはこの稀な症候群の中でもさらに稀な分類であり、早発性のタイプよりも遅い乳幼児期に肝臓疾患に関する症状のみを発症する。[ja.wikipedia.org]

  • 慢性アルコール依存症

    赤血球中トランスケトラーゼ活性が低下する.治療はVB 1 を投与する. c)ペラグラ(pellagra):アルコールによるニコチン酸欠乏で起こる.顔面,手・足背など日光露出部に紅斑,色素沈着,皮膚肥厚(ペラグラ疹)を認める.下痢,舌炎,胃液分泌欠乏などの胃腸症状や貧血に続いて健忘,譫妄,錯乱,幻覚,妄想などの精神症状,ときに認知症を認める.末梢神経障害[kotobank.jp] 身体的症状 消化器系症状 慢性胃炎,胃潰瘍(腹痛,食欲不振,吐気,嘔吐,吐血) 大腸障害(下痢) アルコール性肝炎すなわち脂肪肝(肝肥大,右上腹部痛,全身倦怠感) 肝硬変症(黄疸,腹水) 膵臓炎,騨石(腹痛) 糖尿病 循環器系(心臓,血管系)症状 血管拡張(酒焼け,赤ら顔くも状血管腫) 動脈硬化症,高血圧症,循環障害 アルコール性心筋症(心肥大[synapse.ne.jp] 全身の倦怠感、上腹部の痛み、黄疸、腹水等の症状が出る。 アルコール性 肝硬変 - 肝細胞の破壊が広範に起こり細胞が繊維化される病気。肝炎と類似の症状がでる。日本国内の患者数は4.5万人いると言われる。 アルコール性 胃炎 胃粘膜の炎症である。慢性化して、胃潰瘍に発展する場合もある。胃痛、胸やけ、吐血等の症状。[ja.wikipedia.org]

  • 伝染性単核球症

    神経系合併症 はまれであるが,具体的には脳炎,痙攣発作,ギラン-バレー症候群,末梢神経障害,無菌性髄膜炎,脊髄炎,脳神経麻痺,精神病などがある。脳炎は小脳機能障害を呈することもあれば,単純ヘルペス脳炎に類似した全脳性かつ急速進行性の経過を辿ることもあるが,通常自然治癒する。 血液系の合併症 は,通常自然治癒する。[msdmanuals.com] 脾腫、肝腫大、黄疸、脾破裂などの合併症を生じることがある。 EBVは唾液中に排出され、密な接触を介してヒトからヒトへと感染する。成人では90 95%が抗体陽性で既感染である。[clinicalsup.jp] また、血液検査で様々な程度の肝機能の異常がみられることが多いのですが、黄疸(おうだん)などの重い症状がみられることはほとんどありません。 発病している人の血液検査をすると、先に述べたように細胞核を一つだけ持つ白血球が増えています。[asahi.com]

  • 肝硬変

    サルコペニアとは筋肉量の減少と筋力低下をきたした状態を指します。肝硬変ではサルコペニアが多く、サルコペニアがあると同じ肝硬変でもサルコペニアがない患者さんと比べて病気の進行が速いことが分かってきており注目されています。したがって適切な食事と運動で筋力を保つことが重要になります。[kanen.ncgm.go.jp] その結果として生じる症状が黄疸です( 成人の黄疸 )。 胆汁は緑色がかった黄色の消化液で、肝臓の細胞によって作られます。作られた胆汁は細い管(胆管)に流れ込み、それらの管が集まって、より大きな管が形成されます。この大きな管は、最終的に肝臓から出て、胆嚢(胆汁を貯蔵します)または小腸につながります。[msdmanuals.com] (他には、肝硬変に伴う症状として、食欲不振、だるさ、微熱、黄疸、便通異常、むくみ、貧血、こむら返りなどがあります。) 肝がんは肺がん・子宮頸がんと同様、主要な発生要因が明らかになっているがんのひとつです。 最も肝心なのは、肝炎ウイルスの持続感染です。[okumaiin.jp]

  • 筋ベータ・エントラーゼ欠乏による糖原病

    […] enzyme欠損 肝腫大 筋力低下 IV型 Andersen病 肝・筋 branching enzyme欠損 新生児低血圧 肝硬変 心筋障害 V型 McArdle病 筋肉 筋型 phosphorylase 欠損 筋力低下 VI型 Hers病 肝臓 肝型phosphorylase欠損 肝硬変 低血糖 VII型 Tarui病 筋肉 PFKase[ja.wikipedia.org] 小児型( childhood acid maltase deficiency ) 乳児期あるいは小児期に筋力低下で気付かれます。近位筋の筋力低下が主症状で、心、肝肥大はありません。血清クレアチンキナーゼ(CK)値も軽度ですが高いので、多くの患者さんは肢帯型筋ジストロフィーの臨床診断をうけます。四肢の筋力低下はゆっくりと進行します。[jmda.or.jp] 糖原病Ⅲa型では、筋力低下や血清CKの上昇がしばしば認められる。心筋症も起こることがある。遺伝形式は常染色体劣性遺伝である。 以下の疾患は 筋型PhK欠損症 によく認められる特徴を有する。[grj.umin.jp]

  • ヘモクロマトーシス

    遺伝性ヘモクロマトーシスで一般的な症状 症状 有病率(概数) 全身症状(例,筋力低下,嗜眠) 75% 肝機能検査異常 75% 皮膚への色素沈着 70% 糖尿病 50% 関節障害 45% 勃起障害 45%(男性) 心筋症 15% 診断 血清フェリチン濃度およびトランスフェリン飽和度 遺伝子検査 症状および徴候は,非特異的,軽微,および発現が緩徐[msdmanuals.com] 金原出版, p.11, 2007 参照)を意識して,非代償転機の既往を聞く( 浮腫 ,腹水の出現歴, 黄疸 歴,肝性脳症の有無,消化管出血の有無など). ②理学的所見 ①クモ状血管腫,teleangiectasia,手掌紅斑,ばち状指:これらの所見は非代償期肝硬変に高頻度である. ②腹壁静脈怒張(caput medusae を含む):門脈圧亢進症[primary-care.sysmex.co.jp] その他の副作用 頻度不明 0.1%〜5%未満 血液 血小板減少、白血球数減少 神経系 めまい、頭痛、痙攣 循環器 注1) 低血圧、頻脈 胃腸 下痢、腹痛、嘔吐 嘔気 肝臓 黄疸 肝機能障害(AST(GOT)、ALT(GPT)上昇等) 過敏症 注2) 紅斑、蕁麻疹 発疹 筋骨格系障害 筋痙縮、関節痛 骨痛 腎臓 血尿、乏尿、血中クレアチニン増加[kegg.jp]

  • 門脈性肝硬変

    サルコペニアとは筋肉量の減少と筋力低下をきたした状態を指します。肝硬変ではサルコペニアが多く、サルコペニアがあると同じ肝硬変でもサルコペニアがない患者さんと比べて病気の進行が速いことが分かってきており注目されています。したがって適切な食事と運動で筋力を保つことが重要になります。[kanen.ncgm.go.jp] ・肝硬変とは ウイルス性肝炎やアルコール性肝障害の状態が長く続き、肝機能が低下し、黄疸、浮腫、腹水、肝性脳症といった症状が生じます。 また、肝細胞の線維化により血管が圧排され、門脈圧が上昇し、食道胃静脈瘤や脾腫、血小板減少などを引き起こします。症状がない時期を代償期、黄疸・腹水・肝性脳症などを伴う時期を非代償期と呼びます。[otsuka.co.jp] 症候性PBC(sPBC)になって黄疸が出るようになると、病気の進行を止めにくく、予後不良で、5年生存率は黄疸を示す血清総ビリルビン値(T.Bil)が2.0mg/dlでは60%、8.0mg/dl以上では35%に低下するとの成績があります。[saiseikai.or.jp]

  • 特発性肝硬変

    味覚低下の明らかな原因が不明の特発性味覚障害では、血清亜鉛の低下を認める場合が多いとされ、神経性のものとしては、手術等による末梢神経障害や、中枢性のものもあります 1) 。[dental-diamond.jp] 経過・予後 新生児肝炎の多くは、生後3-6か月以内に黄疸は消失し、1歳前には肝機能の正常化が得られる。しかし一部では胆汁うっ滞性黄疸が遷延する、あるいは黄疸は消失しても肝機能異常が残る症例がある。 * 本邦例(100例)の検討では、12か月時、94例の患児で肝機能正常化が得られている。[jspghan.org] G311 老人性脳変性 G319 神経系の変性疾患NOS G359 多発性硬化症(MS).脱髄 G360 視神経脊髄炎.脱髄 G369 急性播種性脱髄疾患 G374 亜急壊死性脊髄炎.脱髄 G378 脱髄疾患NOS G409 てんかん G529 脳神経の障害NOS G609 特発性ニューロパチー G619 炎症性多発性ニューロパチー G649 末梢神経障害[pathology.or.jp]

  • イソニアジド肝炎

    末梢神経障害と中枢神経系作用はイソニアジドの使用が関係している。イソノアジドの使用によって起こる ピリドキシン (ビタミンB6)の枯渇による副作用であるが、イソノアジドの投与量が5mg/kgの場合にはあまり生じない。なお、イソノアジドで発生する副作用の 多発性神経炎 はピリドキシン投与で軽減できる [3] 。[ja.wikipedia.org] 黄疸を認める場合には、入院治療が必要です。一般にグリチルリチンの静脈注射が有効です。黄疸に対しては胆汁酸製剤ウルソデオキシコール酸を内服し、黄疸の治りが悪いときには副腎皮質(ふくじんひしつ)ホルモン(コルチコステロイド)が使用されます。[kotobank.jp] ごくわずかですが、肝臓をひどく損傷して、黄疸、腹痛、かゆみ、皮下出血や出血が起きやすくなるなどの症状を引き起こす薬もあります。 医師は、薬によって生じた肝障害に対して、症状の有無にかかわらず、薬剤性肝障害という用語を使用します。この用語には、薬用ハーブ、植物、栄養補助食品などによる肝障害も含まれます。[msdmanuals.com]

さらなる症状

類似した症状