Create issue ticket

考えれる172県の原因 末梢神経障害による遠位肢の筋力低下, 高色素沈着

つまり: 末梢神経障害, よる遠位肢, 筋力低下, 高色素沈着

  • 皮膚筋炎

    ADMは筋力低下は認められないが筋電図検査などでは筋原性変化などが認められるもの(clinically ADM;CADM)をここでは指す。[ja.wikipedia.org] 2) 皮膚症状がなく、手指屈筋力低下や治療反応性が乏しい臨床的特徴がなく、筋生検で縁取り空胞がみられなければ、多発性筋炎か免疫介在性壊死性ミオパチー。 3) 皮膚症状のいずれかがあり、筋力低下症状のいずれかがあれば皮膚筋炎。 4) 皮膚症状のいずれかがあり、筋力低下症状がなければ無筋症性皮膚筋炎。[imed3.med.osaka-u.ac.jp] 背景 多発性筋炎(PM)/皮膚筋炎(DM)は、組織学的な特徴として慢性の炎症と横紋筋の障害、臨床的には進行性の筋力低下を特徴に持つ自己免疫性疾患である。主に、副腎皮質ステロイドや免疫抑制剤にて治療されるが、治療後にも半数以上の患者に筋力低下や ADL の低下が残ることが明らかになっている。[research-er.jp]

  • ビタミンB12欠乏

    貧血と末梢神経障害の有病率はいずれもメトホルミン群で高かった。 (編集部) 1 名の先生が役に立ったと考えています。[medical-tribune.co.jp] その後、病状の進行とともに末梢神経障害として四肢のじんじん感や灼熱感などの感覚障害が、さらに進むと四肢の筋力低下もみられるようになります。また心臓に対する影響としては、心拍数は増加し、心拍出量が増え、末梢の血管は拡張し、皮膚が温かく湿った感じとなります。さらに進行すると心不全をきたし、肺に水がたまったり、足などにむくみをきたします。[itsuki-hp.jp] 貧血が起こり、蒼白、筋力低下、疲労が生じ、重度の場合には息切れやめまいも起こります。 重度の欠乏症によって神経が損傷することがあり、手足のチクチク感や感覚消失、筋力低下、反射消失、歩行困難、錯乱、認知症が起こります。 診断は、血液検査の結果に基づいて下されます。[msdmanuals.com]

  • 色素性乾皮症

    日本人に多いA群では、これらの皮膚疾患に加え、進行性の中枢神経障害や末梢神経障害が発症する(B、D、G群でも、神経障害の発症例が報告されている)。 これらの神経障害については、紫外線の照射量とは無関係であること以外は解明されていない。[ja.wikipedia.org]

  • アジソン病

    ホルモンの低下では、グルココルチコイド欠乏症状( 体重 減少、筋力低下、食欲不振、 低血糖 )やミネラルコルチコイド欠乏症状( 低血圧 、低ナトリウム血症、高カリウム血症)、アンドロゲン欠乏症状(女性では恥毛・腋毛の脱落)などが生じる。 ACTHの増加では、 皮膚 や粘膜の色素沈着などが生じる。[kango-roo.com] 代表的症状・検査所見 【症状】 共通した特徴は,疲労感,全身脱力感,食欲不振,体重減少,悪心・嘔吐,低血圧,低ナトリウム血症,カリウム血症,皮膚や粘膜の色素沈着(手掌の皮溝,乳輪や腋窩,歯肉,口腔粘膜,口唇など),白斑などの多彩な症状を呈する。[jmedj.co.jp] 症状は筋力低下、全身倦怠感、脱力感、低血圧、低血糖、食欲不振、嘔吐などの身体症状のほかに、無気力、不安などの精神症状を訴えることもある。また掌の手相の筋や膝、肘のシワが黒く色素沈着することもある。ゆっくり進行するため自覚症状が認識しにくく、発見が遅れることが多い。 診断は問診に加え、血液検査を行なう。[news-postseven.com]

  • 腺腫

    脱毛、末梢神経障害に対する効果的な治療法はいまだ開発されておりません。これらの副作用の大半は一時的なものであり、ほとんどの症状は治療後2週間から4週間で回復します。脱毛と末梢神経障害は回復にやや時間がかかりますが、数ヶ月かけて徐々に治療前の状態に戻ります。[ganjoho.jp] 副腎皮質刺激ホルモン産生腺腫:満月様顔貌、中心性肥満、血圧症、多毛、色素沈着などがおこ ります。 性腺刺激ホルモン:自覚症状は少ないのですが、性腺機能の低下がおこります。 8-3.検査 頭部CTやMRIにて診断がつきます。またホルモン検査や、眼科での視力・視野検査が必要になります。[akita-noken.jp] 満月様顔貌 中心性肥満・buffalo hump 血圧 月経異常 赤紫色の皮膚伸展線条(幅5mm以上が多い) 皮下溢血 座瘡 (にきび) 多毛 筋力低下 浮腫 糖尿 骨粗鬆症(若・中年) 色素沈着 精神異常 発育遅延(小児の場合) 皮膚萎縮 Ⅱ.[square.umin.ac.jp]

  • ヘモクロマトーシス

    遺伝性ヘモクロマトーシスで一般的な症状 症状 有病率(概数) 全身症状(例,筋力低下,嗜眠) 75% 肝機能検査異常 75% 皮膚への色素沈着 70% 糖尿病 50% 関節障害 45% 勃起障害 45%(男性) 心筋症 15% 診断 血清フェリチン濃度およびトランスフェリン飽和度 遺伝子検査 症状および徴候は,非特異的,軽微,および発現が緩徐[msdmanuals.com]

  • 甲状腺機能亢進症

    [中村浩淑] 甲状腺機能亢進症(代謝・内分泌疾患に伴う神経障害) (3)甲状腺機能亢進症 概念・臨床症状 本症の多くはBasedow病であり,甲状腺ホルモンの過剰に伴って易興奮性,神経質,集中力低下などの精神症状,手指振戦,頻脈,多汗などがみられる.甲状腺機能亢進症患者の61 82%に近位筋優位の筋力低下,筋萎縮,やせを生じ,甲状腺中毒性ミオパチー[kotobank.jp] しかし、新陳代謝の異常な亢進は、発熱・発汗(暑がり・皮膚のかゆみ)・顔や体のやつれ/体重減少・筋肉の衰え/筋力低下、貧血などをおこします。 また、安静でも不必要にエネルギーをどんどん消費するため、疲れやすくなります。 ※新陳代謝の異常な亢進は、食慾中枢を刺激し、体内の糖・脂肪が燃焼される以上に食べれば、逆に体重増加します。[nagasaki-clinic.com] 臨床症状 全身症状 全身倦怠感、疲れ易い、体重減少、身長の伸びの促進 眼症状 眼球突出、複視、まぶたの腫れ、目つきがきつい 首 甲状腺腫大 循環器症状 動悸、息切れ、頻脈、むくみ、不整脈、心不全 消化器症状 食欲の亢進、慢性の下痢 神経・精神症状 落ち着きがない、集中力低下、学力低下、情緒不安、不眠 皮膚 発汗増加、脱毛、かゆみ その他 筋力低下[jspe.umin.jp]

  • 悪性貧血

    貧血による 息切れ 、 動悸 、疲労感、 頭痛 などのほか、Hunter舌炎と呼ばれる有痛性の舌炎や、末梢神経障害による知覚障害、進行すると脊髄での髄鞘形成障害による振動覚、位置覚の低下や、歩行障害、抑うつ、不眠、認知機能障害などを認める。脊髄症状を示すものを亜急性連合性脊髄変性症と呼ぶ。[kango-roo.com] 集中力の低下 頭痛 食欲不振 筋力低下 疲れやすい 顔色が悪い 息切れしやすい これらが、貧血の主な症状になります。 あなたのスマホが、お薬手帳に! 鉄分不足だけが貧血の原因じゃないの? 貧血は、原因によって4種類に分けられます。[epark.jp]

  • ポルフィリン症

    急性ポルフィリン症は、ヘム合成に関与する酵素群の活性の低下により、δ-アミノレブリン酸(ALA)やポルフォビリノーゲン(PBG)などのポルフィリン前駆体が蓄積することで、腹部症状(腹痛、嘔吐など)、精神症状(幻覚、妄想など)、神経症状(四肢麻痺、筋力低下など)、高血圧や頻脈などの自律神症状を呈する疾患で、適切な治療が行われないと呼吸麻痺などで[medical.nikkeibp.co.jp] 急性期には腹痛・嘔吐などの消化器症状で発症し、四肢のしびれ・脱力などの末梢神経障害を伴うことが多い。腹痛は殆ど必発で激しいわりに圧痛・デファンスなど他覚的所見に乏しく、しばしばイレウス、さらにはヒステリーに間違われる。神経症状は、末梢神経障害がほぼ必発で四肢の脱力・シビレ等を診る。[med.kindai.ac.jp] 末梢神経障害 末梢神経障害は主に運動神経であり、過去より現在の方が認められなくなった。筋力低下はしばしば下肢近位側より始まり、上肢や下肢遠位にみられることもあり、呼吸筋まで悪化して呼吸不全を伴う完全麻痺になることがある。両側性軸索運動神経障害は遠位橈骨神経を障害することもある[King et al 2002]。[grj.umin.jp]

  • 副腎不全

    [症状] 副腎ホルモンの欠乏による症状として、全身倦怠感、脱力感、筋力低下、体重減少、食欲不振、低血圧、低血糖、精神症状(無気力、不安、性格変化)、色素沈着(皮膚、粘膜、爪、舌、口腔粘膜など)、月経異常、体毛脱落(女性)などがありますが、症状は通常徐々に始まり、程度も個々で異なるため症状がはっきりしない例から著しい症状を示す例まであります。[miyagi.doctor-search.tv] 3.症状 副腎皮質ホルモンの欠落により、易疲労感、全身倦怠感、脱力感、筋力低下、体重減少、低血圧などがみられる。食欲不振、悪心・嘔吐、下痢などの消化器症状、精神症状(無気力、不安、うつ)など様々な症状を訴える。いずれも非特異的な症状である。色素沈着は皮膚、肘や膝などの関節部、爪床、口腔内にみられる。[nanbyou.or.jp] ステロイドの副作用には,易感染性,血栓形成,消化管潰瘍,膵炎,耐糖能悪化,血圧上昇,筋力低下,無菌性骨壊死,骨粗鬆症,緑内障,白内障などがあります。女性の場合,月経への影響,さらに美容の観点から,中心性肥満・満月様顔貌・野牛肩といった体型変化, 瘡・多毛・脱毛・皮下溢血・紫斑といった体表面変化に対する配慮も欠かせません。[igaku-shoin.co.jp]

さらなる症状

類似した症状