Create issue ticket

考えれる282県の原因 末梢神経障害による遠位肢の筋力低下, 顔面筋力低下

つまり: 末梢神経障害, よる遠位肢, 筋力低下, 顔面筋力低下

  • 脊髄性筋萎縮症

    深部腱反射は消失し、上肢は末梢神経障害によって手の尺側偏位と垂れ手が認められる。人工呼吸管理を行わない場合、死亡年齢は平均6 9ヶ月であり、24ヶ月までにほぼ全例が死亡する。 II型 中間型、慢性乳児型、ヂュボヴィッツ(Dubowitz)病発症は1歳6ヶ月までである。支えなしの起立や歩行ができないが、座位保持が可能である。[ja.wikipedia.org] 体幹や四肢の筋力低下、筋萎縮を進行性に示します。[nanbyou.or.jp] 発症率は出生10万人当たり8.5 10.3人で、乳児の死亡で最多の遺伝的病因の一つであり、小児の筋力低下の主な原因疾患である。 日本では10万人あたり1-2人の割合で発症する。[ja.wikipedia.org]

  • 顔面肩甲上腕型筋ジストロフィー

    主な症状 思春期以降に顔面・肩甲の筋力低下で発症する方が多い 発症年齢や重症度には幅があり、筋力の左右差が見られることも特徴のひとつです。 発症前の運動機能は正常な例が多く、軽症の患者さんでは顔面筋の筋力低下が目立たない場合もあります。[mdcst.jp] 顔面肩甲上腕型筋ジストロフィーで首の筋肉が侵され顔が前に向けなかったのです。しっかり前を向けるようになり、顔面筋力低下で無表情だったお顔にも笑顔が弾けました。 顔面肩甲上腕型筋ジストロフィーは進行性の遺伝子病、原因不明、治療法無しと言われていますが、きっともっと私の体はよくなると思います。これからが楽しみで仕方ありません。[ameblo.jp] 図25:顔面肩甲上腕型筋ジストロフィー 初期症状として顔面の筋力低下(表情がなくなる)が主な人もいるが、多くは上肢の挙上困難がある。バンザイをするように依頼しても出来ず、肩甲骨の突出が顕著となる。写真は肩甲骨の突出(翼状肩甲)を示している。 肢は下腿から侵されるもの、大腿部から侵されるものの何れもあります。[jmda.or.jp]

  • 末梢神経障害

    数日経過した後に背中と四肢の痛みと筋力低下が起こり ギラン・バレー症候群 に似た症状になる。筋力低下顔面筋や球麻痺症状を呈するだけでなく腕と脚に広がり、その分布は非対称性のことや近位と遠位に広がることもある。自立神経異常症と交感神経系の活動亢進(瞳孔散大、頻脈、高血圧)はよくみられる。便秘、尿閉、失禁も起こることがある。[ja.wikipedia.org] 慢性炎症性脱髄性多発根ニューロパチー(CIDP) 2ヶ月以上かけてゆっくりと進行する末梢神経障害で、有病率は10万人あたり1 2人です。男女比は3:2で男性に多い傾向があります。 CIDPの症状・経過 四肢の筋力低下としびれ感が徐々に進行します。一方で、呼吸障害や自律神経障害が起こることはめったにありません。[utanohosp.jp] 太ももやお尻の筋肉の萎縮や筋力低下 足の変形 上肢や下肢の痛みや痺れ症状 眼や顔面の異常 顔面の動きや感覚、眼球運動には脳神経が関与しています。この神経が障害されると以下の症状につながります。 眼球運動の障害 顔面神経麻痺など 泌尿器・生殖器系の異常 骨盤にある膀胱や生殖器の働きには自律神経が関わっています。[dmic.ncgm.go.jp]

  • ニューロパチー

    症状 急激な四肢筋力低下と腱反射の低下・消失が特徴。 脳神経症状(両側性の顔面神経麻痺、動眼神経麻痺など)、自律神経症状(頻脈、不整脈、高血圧、発汗異常など)が生じる。呼吸筋麻痺により呼吸障害をきたすこともある。 発症1 2週間前に、軽い上気道炎症や下痢がみられる。 発症から4週間以内に症状のピークを迎え、その後自然回復することが多い。[nurseful.jp] 末梢神経障害の原因により障害される感覚の種類には特徴がある。 〈運動症状〉 通常,下肢優位・末梢優位の,左右対称性の四肢筋力低下を呈する。 病初期には下肢のみに症状がみられることもある。前脛骨筋の筋力低下により下垂足となり,膝を高く上げる歩行(鶏歩)を呈する。 腱反射は減弱 消失するが,アキレス腱反射が最も早期から低下することが多い。[jmedj.co.jp] 数日経過した後に背中と四肢の痛みと筋力低下が起こりギラン・バレー症候群に似た症状になる。筋力低下顔面筋や球麻痺症状を呈するだけでなく腕と脚に広がり、その分布は非対称性のことや近位と遠位に広がることもある。自立神経異常症と交感神経系の活動亢進(瞳孔散大、頻脈、高血圧)はよくみられる。便秘、尿閉、失禁も起こることがある。[ja.wikipedia.org]

  • ミオパチー

    顔面筋力低下(閉眼困難、笑顔がつくれない)と翼状肩甲は顔面肩甲上腕型ジストロフィーに特徴的な所見である。顔面筋力低下や把握性ミオトニアを伴う遠位筋優位の筋力低下は筋強直性ジストロフィーI型に特徴的な所見である。[ja.wikipedia.org] ネマリンミオパチー ミオチュブラーミオパチー コアミオパチー 先天性筋線維タイプ不均等症 これら4つの型は、顔面などの筋力低下を引き起こし、症状は軽度から重度まで様々です。ミオパチーの型に応じて、患者には呼吸に使う筋肉の筋力低下、嚥下(えんげ)困難、呼吸不全もみられることがあります( 呼吸不全 を参照)。[msdmanuals.com] 遠位型ミオパチーとは 筋肉の病気では、肩関節や股関節など体幹(胴体)に近い部分、すなわち近位の筋力低下が強いことが多いのに対して、指や足関節、手首など、胴体から遠い部分の筋肉、すなわち遠位筋の筋力低下が目立つミオパチーのことです。[remudy.jp]

  • 早期呼吸不全がある遺伝性近位筋ミオパチー

    顔面筋力低下(閉眼困難、笑顔がつくれない)と翼状肩甲は顔面肩甲上腕型ジストロフィーに特徴的な所見である。顔面筋力低下や把握性ミオトニアを伴う遠位筋優位の筋力低下は筋強直性ジストロフィーI型に特徴的な所見である。[ja.wikipedia.org] その臨床症状は40 歳台以降に起こる遠位筋または近位筋の筋力低下または運動に誘発される筋痛で発症し、緩徐に進行して全身に広がり、一部に呼吸筋を障害する。遠位型の一部に声帯と咽頭筋を障害するものがある(Salmikangas 1999)。時に心筋障害や末梢神経障害をともなう(Olive 2005)。[pathologycenter.jp] 顔面筋の筋力低下で、細長い顔をして表情の乏しい患者さんが多いです。口の周りの筋力も弱いので、口を開けていたり、ストローで水を飲みにくかったりも症状としてあります。 重症先天型 新生児期から呼吸筋が弱く、哺乳力も弱いのは重症乳児型と呼ばれています。手足の動きもほとんどなく、顔の表情はほとんどありません。[sentensei308.com]

  • 多発性神経炎

    症状 ・手足のしびれ ・脱力 ・筋力低下 ・歩行困難 ・顔面神経麻痺 治療 免疫ブログリン、血漿交換で回復を促進します。呼吸器感染症が併発した場合は、抗生物質投与や手術をします。筋力低下等、後遺症が出る場合があります。 検査 診断は神経内科の医師が行います。[b-net.tv] 近縁語に ニューロパシー があるが,これは 末梢神経障害 の総括的な名称である。 出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報 百科事典マイペディア の解説 多発性神経炎【たはつせいしんけいえん】 末梢神経が2ヵ所以上同時に冒された病気。 神経炎 の一種。[kotobank.jp] ギラン‐バレー症候群(特定疾患)は原因不明の急性ないし亜急性多発神経炎で、四肢末端から始まる四肢筋の筋力低下、温痛覚や触覚の鈍麻が徐々に進行するもので、四肢のみならず顔面神経の麻痺 (まひ) がみられることも少なくない。多くは感冒様症状、すなわち軽い発熱や下痢などが先行し、1週間ないし10日目ころから神経障害が現れてくるのが通例である。[kotobank.jp]

  • B 細胞リンパ腫

    この他の主な副作用は、吐き気、嘔吐、 食欲の低下、末梢神経障害(手足のしびれ)、便秘もしくは下痢、肝臓や腎臓の障害 、脱毛、心臓や肺の障害などです。膀胱の粘膜が荒れやすくなる薬もあります。[niigata-cc.jp]

  • 特発性全般てんかん

    2017年 9月11日 第一三共は、α2δリガンド「ミロガバリン《の糖尿病性末梢神経障害性疼痛患者を対象とした第3相臨床試験「REDUCER試験《で、主要評価項目を達成したと発表した。REDUCER試験は、糖尿病性末梢神経障害性疼痛患者 約750例を対象とした日本を含むアジアでの第3相臨床試験。[shiga-med.ac.jp] 15例(86.6%)と関節痛や筋肉痛を訴える症例が多く認められた.長期経過の中で,天候不良時や疲労などのストレスを感じるときに疼痛の増悪を自覚する一方で,興味のあることに従事するなどストレスから開放されているときには改善がみられるなどの傾向がみられた.Allodyniaと思われる痛覚閾値低下の所見は20/24例(83.3%)が陽性であった.筋力低下[jpeds.or.jp] 2008年9月25日、ベルギーの製薬会社・UCB社は、糖尿病性末梢神経障害の治療薬としてのlacosamideの欧州承認申請の取り下げを発表した。 ラコサミドの抗てんかん作用には、電位依存性ナトリウムチャネルの緩除な上活化が関与していると考えられる。[shiga-med.ac.jp]

  • 自律神経性ニューロパチー

    症状 急激な四肢筋力低下と腱反射の低下・消失が特徴。 脳神経症状(両側性の顔面神経麻痺、動眼神経麻痺など)、自律神経症状(頻脈、不整脈、高血圧、発汗異常など)が生じる。呼吸筋麻痺により呼吸障害をきたすこともある。 発症1 2週間前に、軽い上気道炎症や下痢がみられる。 発症から4週間以内に症状のピークを迎え、その後自然回復することが多い。[nurseful.jp] 体性神経線維に障害が起きた場合には,手袋靴下型の感覚消失および遠位筋の筋力低下を来すことがある( 末梢神経系疾患および運動単位疾患 )。 診断 診断は自律神経障害( 自律神経系の概要 : 評価 )と末梢神経障害の具体的原因(例,糖尿病,アミロイドーシス)の証明に基づく。[msdmanuals.com] 太ももやお尻の筋肉の萎縮や筋力低下 足の変形 上肢や下肢の痛みや痺れ症状 眼や顔面の異常 顔面の動きや感覚、眼球運動には脳神経が関与しています。この神経が障害されると以下の症状につながります。 眼球運動の障害 顔面神経麻痺など 泌尿器・生殖器系の異常 骨盤にある膀胱や生殖器の働きには自律神経が関わっています。[dmic.ncgm.go.jp]

さらなる症状

類似した症状