Create issue ticket

考えれる131県の原因 末梢神経障害による遠位肢の筋力低下, 階段昇降困難

つまり: 末梢神経障害, よる遠位肢, 筋力低下, 階段昇降困難

  • 皮膚筋炎

    ADMは筋力低下は認められないが筋電図検査などでは筋原性変化などが認められるもの(clinically ADM;CADM)をここでは指す。[ja.wikipedia.org] 階段昇降困難、登攀性起立、ものを持ち上げにくいなどの対称性の四肢近位筋力低下、特に三角筋と腰筋が侵されやすく、頚部屈筋、嚥下筋、呼吸筋も侵されうる。多発性筋炎と比べて筋酵素の著明な上昇が目立つ。若年発症で慢性の経過をたどる抗SRP抗体陽性例も報告されている。抗HMGCR抗体、抗SRP抗体は受託測定が可能である(保険適応外)。[imed3.med.osaka-u.ac.jp] 病状が進行すると日常生活に際して寝返りや起きあがり動作、歩行、階段昇降などが困難になってきます。この病気は、以前は筋肉だけの病気と考えられていましたが、肺、心臓、関節などの他の臓器も障害されることがあります。病気の原因はわかっていませんが、自分の身体に対する抗体が自分自身を攻撃してしまう自己免疫疾患のひとつと考えられています。[kompas.hosp.keio.ac.jp]

  • 多発性筋炎

    2) 皮膚症状がなく、手指屈筋力低下や治療反応性が乏しい臨床的特徴がなく、筋生検で縁取り空胞がみられなければ、多発性筋炎か免疫介在性壊死性ミオパチー。 3) 皮膚症状のいずれかがあり、筋力低下症状のいずれかがあれば皮膚筋炎。 4) 皮膚症状のいずれかがあり、筋力低下症状がなければ無筋症性皮膚筋炎。[imed3.med.osaka-u.ac.jp] 病状が進行すると日常生活に際して寝返りや起きあがり動作、歩行、階段昇降などが困難になってきます。この病気は、以前は筋肉だけの病気と考えられていましたが、肺、心臓、関節などの他の臓器も障害されることがあります。病気の原因はわかっていませんが、自分の身体に対する抗体が自分自身を攻撃してしまう自己免疫疾患のひとつと考えられています。[kompas.hosp.keio.ac.jp] 背景 多発性筋炎(PM)/皮膚筋炎(DM)は、組織学的な特徴として慢性の炎症と横紋筋の障害、臨床的には進行性の筋力低下を特徴に持つ自己免疫性疾患である。主に、副腎皮質ステロイドや免疫抑制剤にて治療されるが、治療後にも半数以上の患者に筋力低下や ADL の低下が残ることが明らかになっている。[research-er.jp]

  • 慢性炎症性脱髄性多発神経炎

    慢性炎症性脱髄性多発神経炎は2ヶ月以上かけて緩徐に進行する四肢筋力低下と感覚障害を主徴とする原因不明の後天性脱髄性末梢神経障害である。歴史的にはDyckらがメイヨークリニックの症例で緩徐進行、再発性などの臨床経過、左右対称で近位と遠位が同程度の障害など典型的CIDPと言われる臨床像を確立した。[ja.wikipedia.org] トップ 疾患一覧 神経・筋疾患 慢性炎症性脱髄性多発神経炎(CIDP) 疾患メモ 慢性炎症性脱髄性多発神経炎(chronic inflammatory demyelinating polyneuropathy:CIDP)は2カ月以上進行する四肢の筋力低下,感覚障害をきたす自己免疫性脱髄性末梢神経障害である。[jmedj.co.jp] 筋肉への運動神経の信号がうまく伝わらない:筋力低下 手や足の感覚神経から脳に情報がうまく伝わらない:感覚低下、しびれ感、ふらつき CIDPの診断 まず、末梢神経障害を検出するのに一番重要な神経伝導検査を実際の症例を挙げつつ説明します。 図1は膝の裏からふくらはぎ、足の裏を走る神経である脛骨神経の運動神経伝導検査を行っている場面です。[hospital.japanpost.jp]

  • 筋ジストロフィー

    なお、筋力低下は対称的に起きるという特徴を持つ。また、各筋の筋力低下によって処女歩行遅滞、易転倒、登攀性起立(とうはんせいきりつ、ガワーズ(Gowers)兆候)、腰椎の前弯強、動揺性歩行(アヒル歩行)などをきたす。筋偽牲肥大に関しては腓腹筋や三角筋で特徴的に起こるが、これは筋組織の崩壊した後に脂肪組織が置き換わる事による仮性肥大である。[ja.wikipedia.org] ジストロフィン異常症や肢帯型は動揺性歩行などの歩容異常、階段昇降困難、易転倒性といった歩行障害で発症する。顔面肩甲上腕型では上肢挙上困難、筋強直性ジストロフィーはミオトニア現象や握力低下などで発症する。[nanbyou.or.jp] また、ジャンプや階段昇降など、重力に逆らう運動に困難さが生じます。 デュシェンヌ型筋ジストロフィーとは もっとも頻度・重症度が高い病型 デュシェンヌ型筋ジストロフィーは、小児期に発症する筋ジストロフィーの中でもっとも頻度が高い病型です。男児に発症し、発症時期は3歳ごろに多く、未治療の状態では、大半の方が10歳未満で歩行が難しくなります。[medicalnote.jp]

  • 常染色体優性肢帯型筋ジストロフィー 1D型

    適切な医療を受ければ、寿命が延び生活の質が向上する 肢帯型筋ジストロフィーの種類 遺伝形式によって1型・2型に分かれる 肢帯型筋ジストロフィー(LGMD)とは、1歳以後に体幹に近い部分の筋肉(近位筋)の筋力低下で生じる筋ジストロフィーの総称です。[mdcst.jp] 走れない、転びやすい、階段昇降困難などです。立ち上がるときに努力がいり、しばしばGowers徴候(立ち上がるときに膝に手をあてて立つ)をみます。下腿の仮性肥大はないか、あっても軽度です。関節拘縮は下肢にみられ、早期から尖足をみるものもあります。歩行不能となると、全身の関節が拘縮するようになるのはデュシェンヌ型と同じです。[jmda.or.jp] なお、 筋力低下は対称的に起きる という特徴を持つ。また、各筋の筋力低下によって 処女歩行遅滞 、 易転倒 、 登攀性起立 (とうはんせいきりつ、 ガワーズ(Gowers)兆候 )、腰椎の前弯強、動揺性歩行(アヒル歩行) [1] などをきたす。[ja.wikipedia.org]

  • 脊髄性筋萎縮症

    深部腱反射は消失し、上肢は末梢神経障害によって手の尺側偏位と垂れ手が認められる。人工呼吸管理を行わない場合、死亡年齢は平均6 9ヶ月であり、24ヶ月までにほぼ全例が死亡する。 II型 中間型、慢性乳児型、ヂュボヴィッツ(Dubowitz)病発症は1歳6ヶ月までである。支えなしの起立や歩行ができないが、座位保持が可能である。[ja.wikipedia.org] 体幹や四肢の筋力低下、筋萎縮を進行性に示します。[nanbyou.or.jp] 発症率は出生10万人当たり8.5 10.3人で、乳児の死亡で最多の遺伝的病因の一つであり、小児の筋力低下の主な原因疾患である。 日本では10万人あたり1-2人の割合で発症する。[ja.wikipedia.org]

  • 早期呼吸不全がある遺伝性近位筋ミオパチー

    その臨床症状は40 歳台以降に起こる遠位筋または近位筋の筋力低下または運動に誘発される筋痛で発症し、緩徐に進行して全身に広がり、一部に呼吸筋を障害する。遠位型の一部に声帯と咽頭筋を障害するものがある(Salmikangas 1999)。時に心筋障害や末梢神経障害をともなう(Olive 2005)。[pathologycenter.jp] 【良性先天型】 乳児期早期から筋緊張と筋力低下があり、発育、発達の遅れなどから異常に気づかれ、処女歩行も遅れ、歩行開始後も走れない、転びやすい、階段昇降困難など歩行の異常が続きます。先天性ミオパチーの大半はこのタイプです。[kitaqshinsyo.com] 図28:ネマリンミオパチー良性先天型 歩行は可能であるが、走れない、階段昇降困難を認めて診断のため来院した。呼吸筋が弱く、さらに寝た位置から引き起こしても頭がついてこない(頸部屈筋の筋力低下)があるので先天性ミオパチーを疑われ筋生検し、診断が確定された。 咽頭筋の筋力低下があり、燕下困難を認めることもまれでありません。[jmda.or.jp]

  • 眼咽頭型筋ジストロフィー

    手足の筋力低下もあり、主に躯幹に近い筋にみられる。きわめてまれに手足の遠位が侵されることがある。手足の筋の侵され方も軽く、また呼吸筋や心筋が侵されないため天寿を全うするといわれている。眼瞼下垂が強いとき、嚥下が困難なときは手術により良い結果を得ている。 (福祉用具トップページへ)[riha.hariko.com] ジストロフィン異常症や肢帯型は動揺性歩行などの歩容異常、階段昇降困難、易転倒性といった歩行障害で発症する。顔面肩甲上腕型では上肢挙上困難、筋強直性ジストロフィーはミオトニア現象や握力低下などで発症する。[nanbyou.or.jp] 症状は、2 5歳で、転倒しやすい、動揺性歩行、階段昇降困難等で発症します。近位筋(胴体に近い筋肉)優位の筋障害分布をとります。腓腹部などが堅く肥大することがありますが、これは脂肪組織の浸潤であり筋が肥大するわけでないので、仮性肥大と呼びます。[www2b.biglobe.ne.jp]

  • 脊柱管狭窄症

    圧迫の程度が軽い初期は軽度のしびれや痛みのみで日常生活にそれほど影響がないこともありますが、圧迫が重症化すると下肢の痛み、しびれ、筋力低下が出現し歩行が困難になる場合もあります。[hospital.luke.ac.jp] 病名 腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう) 部位 腰 主な症状 腰痛、下肢痛、下肢の痺れ、筋力低下、歩行障害 診療科 症状の解説 主な症状として間欠性跛行が上げられます。これは、歩行に伴い下肢の脱力感が発生し、歩行困難となりますが、短時間の休憩ですぐに歩行可能となることです。[kmu.ac.jp] 表1 脊柱管狭窄症 部位 診断名 首 頚部脊柱管狭窄症 背中 胸部脊柱管狭窄症 腰 腰部脊柱管狭窄症 症状 脊柱管狭窄症によって、神経が圧迫されると、手足の筋力低下、しびれなどがおこります(表2)。頚部の脊柱管狭窄症では、主に両手のぎこちなさ、しびれが出ることが多いです。[byouin.metro.tokyo.jp]

  • リウマチ性多発筋痛症

    典型的には近位筋に重度の痛みおよびこわばりが生じ(筋力低下や萎縮は伴わない),非特異的な全身症状を呈する。赤沈亢進およびCRPの上昇が典型的にみられる。診断は臨床的に行う。低用量コルチコステロイドによる治療が効果的である。低用量から中用量のプレドニゾンまたはメチルプレドニゾロンに対する劇的で急速な反応が診断を裏付ける。[msdmanuals.com]

さらなる症状

類似した症状