Create issue ticket

考えれる94県の原因 末梢神経障害による遠位肢の筋力低下, 筋単収縮

つまり: 末梢神経障害, よる遠位肢, 筋力低下, 筋単収縮

  • 末梢神経障害

    慢性炎症性脱髄性多発根ニューロパチー(CIDP) 2ヶ月以上かけてゆっくりと進行する末梢神経障害で、有病率は10万人あたり1 2人です。男女比は3:2で男性に多い傾向があります。 CIDPの症状・経過 四肢の筋力低下としびれ感が徐々に進行します。一方で、呼吸障害や自律神経障害が起こることはめったにありません。[utanohosp.jp] 運動神経が障害されますと,身体のバランスを上手く保てないため歩行や立っていることも難しくなることがありますし,時に筋力低下をもたらすことがあります。 感覚神経障害では,チクチクする感覚,しびれ,焼けつくような痛み,振動や温度が感じられない感覚が鈍ることなどもみられます。[clinicalscience.info] 炎症性疾患や糖尿病などにより末梢神経が障害されると、手足の筋力低下、しびれや痛み、便秘などの症状が現れ、日常生活に支障を来すことがあります。重症例では排尿障害や不整脈が起こることもあるという末梢神経障害の原因と症状について、国立精神・神経医療研究センター病院神経内科医長の岡本智子先生にお伺いしました。 末梢神経とは?[medicalnote.jp]

  • 高カリウム性周期性四肢麻痺

    ③ 発作のない期間には筋力低下を認めない。 ④ ミオトニーを認める。以下の1あるいは2。 1. 臨床的にミオトニー (筋強直現象)がある。 (具体例) 眼瞼の強収縮後に弛緩遅延がみられる(lid lag)。 手指を強く握った後に弛緩遅延が認められる(把握ミオトニー、グリップミオトニア)。[ja.wikipedia.org] ①以下のすべての特徴を持つ麻痺(筋力低下)発作を呈する。 意識は清明。 発作時血清カリウム濃度が高値あるいは正常を示す。 呼吸筋・嚥下筋は侵されない。 発作持続は数10分から数時間程度。 寒冷、果物など高カリウム食の摂取、空腹あるいは安静(不動)が誘因となった発作がある。② 発症年齢は15歳まで。[ja.wikipedia.org]

  • 脊髄性筋萎縮症

    深部腱反射は消失し、上肢は末梢神経障害によって手の尺側偏位と垂れ手が認められる。人工呼吸管理を行わない場合、死亡年齢は平均6 9ヶ月であり、24ヶ月までにほぼ全例が死亡する。 II型 中間型、慢性乳児型、ヂュボヴィッツ(Dubowitz)病発症は1歳6ヶ月までである。支えなしの起立や歩行ができないが、座位保持が可能である。[ja.wikipedia.org] 体幹や四肢の筋力低下、筋萎縮を進行性に示します。[nanbyou.or.jp] 発症率は出生10万人当たり8.5 10.3人で、乳児の死亡で最多の遺伝的病因の一つであり、小児の筋力低下の主な原因疾患である。 日本では10万人あたり1-2人の割合で発症する。[ja.wikipedia.org]

  • 筋萎縮性側索硬化症

    2013年版ガイドラインによる主な鑑別疾患 運動ニューロン障害脊髄進行性筋萎縮症(進行性筋萎縮症)、伴性球脊髄性筋萎縮症、ポリオ後症候群、ヘキソサミターゼA欠乏末梢神経障害頸椎症、腰椎症、多巣性運動ニューロパチー、慢性炎症性脱髄性多発神経炎(chronic inflammatory demyelinating polyneuropathy;[ja.wikipedia.org] 鑑別診断 下位または上位ニューロン障害のみを示す神経変性疾患 脳腫瘍、多発性硬化症など脳幹病変 頚椎症、後縦靭帯骨化症など脊髄病変 末梢神経障害 [診断の判定] 次の1 5のすべてを満たすものを、筋萎縮性側索硬化症と診断します。 成人発症である。 経過は進行性である。 神経所見で、上記3つのうち2つ以上をみとめる。[agmc.hyogo.jp] 2017年5月25日 患者さん由来iPS細胞を用いた化合物スクリーニングにより、 筋萎縮性側索硬化症の治療標的分子経路を同定 ポイント 筋萎縮性側索硬化症(ALS) 注1 は、運動ニューロンが変性して筋萎縮と筋力低下を来す疾患で、そのメカニズムは詳しく知られておらず、十分な治療法がない。[cira.kyoto-u.ac.jp]

  • 多巣性運動ニューロパチー

    MMNの診断は末梢神経障害としての臨床症状、脱髄を示唆する電気生理学的な所見、および除外診断によってなされる。複数の研究グループから診断基準が提唱されているが、基本的な項目は共通している。[ja.wikipedia.org] 慢性炎症性脱髄性多発根ニューロパチー(CIDP) 2ヶ月以上かけてゆっくりと進行する末梢神経障害で、有病率は10万人あたり1 2人です。男女比は3:2で男性に多い傾向があります。 CIDPの症状・経過 四肢の筋力低下としびれ感が徐々に進行します。一方で、呼吸障害や自律神経障害が起こることはめったにありません。[utanohosp.jp] JAPIC試験ID JapicCTI-142472 最終情報更新日: 2018年6月22日 登録日:2018年6月19日 基本情報 対象疾患 試験実施者 帝人ファーマ株式会社 試験の種類 介入試験(薬剤) 試験の概要 多巣性運動ニューロパチー(MMN)患者を対象に、GGSの筋力低下の改善効果及び安全性を検討する。[rctportal.niph.go.jp]

  • 頸部脊椎症

    共通に起こる症状にはまた、筋力低下があります。筋力低下が起こると、腕を上げたり、物をしっかり掴むことが難しくなります。[msn.com] 攣縮(れんしゅく) 骨格回の収縮をいう。運動神経またはに直接刺激を加えるときが1回収縮する生理的な現象を(収縮)というが、同じ攣縮という言葉で、異常なの収縮をも表現している。 PDE-4(ホスホジエステラーゼ4) ホスホジエステラーゼ(PDE)を阻害することにより、CAMP・CGMPの細胞内濃度を上昇させる薬。[medicinova.jp] 腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、腰椎分離症・すべり症 椎体圧迫骨折:骨粗鬆症、転移性脊椎腫瘍 脊髄腫瘍:転移性脊椎腫瘍、脊髄硬膜内髄外腫瘍、脊髄髄内腫瘍 脊髄血管障害:脊髄動静脈奇形、脊髄動静脈瘻、脊髄硬膜外出血、脊髄梗塞 キアリ奇形、脊髄空洞症、癒着性くも膜炎 頭蓋頚椎移行部奇形:頭蓋底陥入症、環軸椎亜脱臼 絞扼性(こうやくせい)末梢神経障害[takasugihosp.org]

  • 低カリウム血症

    低カリウム血症の症状としては、多尿、高血圧、疲労、筋力低下、神経機能の低下、不安、イライラ、抑うつ、睡眠障害、虚弱、便秘、乾燥肌、筋肉痙攣(こむら返り)などがある。 軽度 (K 3.0-3.5mEq/L)特段の症状は現れない事が多い。若干血圧の上昇や不整脈を引き起こすことがある。[ja.wikipedia.org] 自覚症状が乏しいので、だるさや倦怠感、食欲低下、筋力低下や心電図異常が認められる場合、ルーチン検査として実施することが望ましい。 すべての入院患者、利尿薬を服用している患者では検討する。[clinicalsup.jp] -自覚症状から探る薬の副作用- 高橋隆一著(第一メディカル)より引用 低K血症 血清カリウム値が3.5mEq/L以下になった状態 脱力感、筋力減退、手足の麻痺、 呼吸困難 、口の渇き、 意識障害 (傾眠)など 筋力低下、反射の低下、不整脈、意識障害(周囲への無関心)など 血清カリウム値の低下。心電図など。[haart-support.jp]

  • 慢性疲労症候群

    頭痛 筋力低下 関節痛 筋肉痛 のどの痛み 軽い作業後、24時間以上続く全身のだるさ リンパ節のはれ もの忘れや憂鬱な気分、思考力や集中力の低下 不眠や過眠 症状が数日の間に出た 微熱(37.2 38.3 )や悪寒 *安易な自己診断は禁物ですが、もし8つ以上の症状があるようなら、できるだけ早く専門医のアドバイスを受けましょう。[anzenkun.nishio-rent.co.jp] さらに「1.微熱・悪寒、2.咽頭痛、3.首や脇のリンパ節の腫れ、4.原因不明の筋力低下、5.筋肉痛・不快感、6.軽い労作後に24時間以上続く全身倦怠感、7.頭痛、8.腫れや赤みがない移動性の関節痛、9.精神神経症状、10,睡眠障害、11.発症時、主たる症状が数時間から数日の間に出現」。[gateclinic.jp]

  • 急性過換気

    急な症状の出現ではなくても、しびれの範囲が広がっていく、別の身体の部位にしびれが出現してくる、など慢性の経過でも末梢神経障害をはじめとして様々な病気が隠れている可能性があります。 表1.[neurology-jp.org] 河田 脱力感を訴えるので多少の筋力低下はあるかもしれません。診察室に入る時も歩くのが大変そうでした。 栗井 身体所見は特に問題なさそうだけど,神経学的な所見はどうだった? 河田 えっ? 神経学的な所見も必要でしたか? 栗井 当然。脱力でしょ。[igaku-shoin.co.jp] 末梢神経障害は、一つの末梢神経にのみ障害がみられる場合を単神経障害、非対称性に複数の末梢神経に障害がみられる場合を多発単神経障害、左右対称性でいわゆる手袋靴下型に障害がみられる場合を多発神経障害といいます。[neurology-jp.org]

  • クーゲルベルグ・ウェランダー病

    深部腱反射は消失し、上肢は 末梢神経障害 によって手の尺側偏位と垂れ手が認められる。人工呼吸管理を行わない場合、死亡年齢は平均6 9ヶ月であり、24ヶ月までにほぼ全例が死亡する。 II型 中間型、慢性乳児型、ヂュボヴィッツ(Dubowitz)病 発症は1歳6ヶ月までである。支えなしの起立や歩行ができないが、座位保持が可能である。[ja.wikipedia.org] 脊髄性筋萎縮症 (せきずいせいきんいしゅくしょう、spinal muscular atrophy:SMA)とは、脊髄の前角細胞と脳幹の運動ニューロンの変性による筋萎縮と進行性の筋力低下を特徴とする常染色体劣性遺伝の形式の 遺伝子疾患 である。[ja.wikipedia.org] 疫学 [ 編集 ] 発症率は出生10万人当たり8.5 10.3人で、乳児の死亡で最多の遺伝的病因の一つであり、小児の筋力低下の主な原因疾患である [1] [2] 。 日本では10万人あたり1-2人の割合で発症する [3] 。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状

類似した症状