Create issue ticket

考えれる181県の原因 末梢神経障害による遠位肢の筋力低下, 深部腱反射の消失

つまり: 末梢神経障害, よる遠位肢, 筋力低下, 深部腱反射の消失

  • 脊髄性筋萎縮症

    深部腱反射は消失し、上肢は末梢神経障害によって手の尺側偏位と垂れ手が認められる。人工呼吸管理を行わない場合、死亡年齢は平均6 9ヶ月であり、24ヶ月までにほぼ全例が死亡する。 II型 中間型、慢性乳児型、ヂュボヴィッツ(Dubowitz)病発症は1歳6ヶ月までである。支えなしの起立や歩行ができないが、座位保持が可能である。[ja.wikipedia.org] この病気ではどのような症状がおきますか 全ての型で筋力低下と筋萎縮を示し、深部 反射 の減弱・消失が見られます。 I型は生後6か月ごろまでに発症、運動発達が停止し、体幹を動かすこともできません。支えなしに座ることができず、哺乳困難、 嚥下困難 、誤嚥、呼吸不全を伴います。舌の細かい振えがみられます。[nanbyou.or.jp] 深部反射消失し、上肢は末梢神経障害によって手の尺側偏位と垂れ手が認められる。人工呼吸管理を行わない場合、死亡年齢は平均6 9ヶ月であり、24ヶ月までにほぼ全例が死亡する。 II型 中間型、慢性乳児型、ヂュボヴィッツ(Dubowitz)病発症は1歳6ヶ月までである。支えなしの起立や歩行ができないが、座位保持が可能である。[ja.wikipedia.org]

  • 高カリウム性周期性四肢麻痺

    ③ 発作のない期間には筋力低下を認めない。 ④ ミオトニーを認める。以下の1あるいは2。 1. 臨床的にミオトニー (筋強直現象)がある。 (具体例) 眼瞼の強収縮後に弛緩遅延がみられる(lid lag)。 手指を強く握った後に弛緩遅延が認められる(把握ミオトニー、グリップミオトニア)。[ja.wikipedia.org] ①以下のすべての特徴を持つ麻痺(筋力低下)発作を呈する。 意識は清明。 発作時血清カリウム濃度が高値あるいは正常を示す。 呼吸筋・嚥下筋は侵されない。 発作持続は数10分から数時間程度。 寒冷、果物など高カリウム食の摂取、空腹あるいは安静(不動)が誘因となった発作がある。② 発症年齢は15歳まで。[ja.wikipedia.org]

  • ニューロパチー

    末梢神経障害の原因により障害される感覚の種類には特徴がある。 〈運動症状〉 通常,下肢優位・末梢優位の,左右対称性の四肢筋力低下を呈する。 病初期には下肢のみに症状がみられることもある。前脛骨筋の筋力低下により下垂足となり,膝を高く上げる歩行(鶏歩)を呈する。 腱反射は減弱 消失するが,アキレス腱反射が最も早期から低下することが多い。[jmedj.co.jp] III型 (肥厚性間質性ニューロパチー[hypertrophic interstitial neuropathy],Dejerine-Sottas病)は,まれな常染色体劣性遺伝疾患であり,小児期に進行性の筋力低下および感覚消失,ならびに深部反射消失として始まる。[msdmanuals.com] 深部反射の低下・消失。 血液検査 抗ガングリオシド抗体が陽性反応を示す。 神経伝導検査 伝導速度の低下、複合筋活動電位の振幅低下、伝導ブロックなどの異常所見。 髄液検査 発症から1週以降の蛋白細胞解離(髄液中の細胞数は正常だが、蛋白増加がみられる現象)。[nurseful.jp]

  • 高カリウム血症

    臨床症状は一般に神経筋症状であり,筋力低下および,重度であれば心室細動または心静止をもたらしうる心毒性が生じる。診断は血清カリウムの測定による。治療は,カリウム摂取の抑制,薬剤の調整,陽イオン交換樹脂の投与などが考えられ,緊急時にはグルコン酸カルシウム投与,インスリン投与,および透析を行う。[msdmanuals.com] 主な症状は 四肢の痺れ 不整脈、頻脈 筋力低下 吐き気などがあげられる。そのまま放置しておくと致死性不整脈から心停止に至る可能性がある。ECF(細胞外液)のK濃度が5.0 - 6.0mEq/lになると心電図異常(テント状T波、P波の消失、QRS幅延長)が見られ、7mEq/l以上になると致死的不整脈を起こす可能性が非常に高くなる。[ja.wikipedia.org] 高カリウム血症になると、筋肉の収縮が正常におこなえず、不整脈を発症したり、しびれや筋力低下、吐き気などの症状があらわれる他、重症の場合は心停止をおこすこともあります。また、災害時や事故により長時間筋肉が圧迫されるような状況に陥った場合、筋肉の細胞が破壊され細胞内のカリウムが流れ出すことで横紋筋融解症や高カリウム血症になることもあります。[fdoc.jp]

  • 低カリウム血症

    低カリウム血症の症状としては、多尿、高血圧、疲労、筋力低下、神経機能の低下、不安、イライラ、抑うつ、睡眠障害、虚弱、便秘、乾燥肌、筋肉痙攣(こむら返り)などがある。 軽度 (K 3.0-3.5mEq/L)特段の症状は現れない事が多い。若干血圧の上昇や不整脈を引き起こすことがある。[ja.wikipedia.org] 自覚症状が乏しいので、だるさや倦怠感、食欲低下、筋力低下や心電図異常が認められる場合、ルーチン検査として実施することが望ましい。 すべての入院患者、利尿薬を服用している患者では検討する。[clinicalsup.jp] -自覚症状から探る薬の副作用- 高橋隆一著(第一メディカル)より引用 低K血症 血清カリウム値が3.5mEq/L以下になった状態 脱力感、筋力減退、手足の麻痺、 呼吸困難 、口の渇き、 意識障害 (傾眠)など 筋力低下、反射の低下、不整脈、意識障害(周囲への無関心)など 血清カリウム値の低下。心電図など。[haart-support.jp]

  • 末梢神経障害

    慢性炎症性脱髄性多発根ニューロパチー(CIDP) 2ヶ月以上かけてゆっくりと進行する末梢神経障害で、有病率は10万人あたり1 2人です。男女比は3:2で男性に多い傾向があります。 CIDPの症状・経過 四肢の筋力低下としびれ感が徐々に進行します。一方で、呼吸障害や自律神経障害が起こることはめったにありません。[utanohosp.jp] CIPNの診断は、病歴・深部反射消失、神経障害性化学療法後に生じた左右対称性の手袋-靴下型の感覚低下もしくは異常感覚、のいずれかの有無によって判断された。対象は当初paclitaxelとoxaliplatin使用関連のみに限定したが、後にdocetaxel・cisplatinにも対象を広げた。[jspm.ne.jp] ビタミン欠乏によるニューロパチー ビタミンB 1 欠乏による脚気(かっけ)が有名で、深部反射(しんぶけんはんしゃ)の消失に代表される多発神経炎のかたちをとります。[kotobank.jp]

  • デュシェンヌ型筋ジストロフィー

    これらの筋ジストロフィーは、筋肉の機能に関与している遺伝子の異常によって発生し、小児期や青年期に筋力低下を引き起こします。男児に発生する場合がほとんどです。 どちらの筋ジストロフィーも、筋力低下を特徴とします。 診断は、血液および筋肉組織サンプルの検査結果に基づいて下されます。[msdmanuals.com] 通常、DMDは1 4歳の小児期早期に発症し、一般に、歩き始めるのが遅い、立ち上がるのが困難、走ったり階段を上ったりするのが困難、などの筋力低下の症状が見られます 4 。筋変性が進行すると、平均で10代前半に歩行能力が失われます。呼吸筋の筋力低下により、最終的には人工換気補助が必要になり、また、心筋低下のため、心筋症につながります。[pfizer.co.jp] (外部のサイトを開きます) (3)呼吸機能低下、関節拘縮の予防には早期からのリハビリが大切 デュシェンヌ型では筋力低下、関節拘縮が進行するので、それを少しでも防ぐためのリハビリテーションが行われ、効果をあげています。[jmda.or.jp]

  • 自律神経性ニューロパチー

    体性神経線維に障害が起きた場合には,手袋靴下型の感覚消失および遠位筋の筋力低下を来すことがある( 末梢神経系疾患および運動単位疾患 )。 診断 診断は自律神経障害( 自律神経系の概要 : 評価 )と末梢神経障害の具体的原因(例,糖尿病,アミロイドーシス)の証明に基づく。[msdmanuals.com] III型 (肥厚性間質性ニューロパチー[hypertrophic interstitial neuropathy],Dejerine-Sottas病)は,まれな常染色体劣性遺伝疾患であり,小児期に進行性の筋力低下および感覚消失,ならびに深部反射消失として始まる。[msdmanuals.com] 慢性炎症性脱髄性多発根ニューロパチー(CIDP) 2ヶ月以上かけてゆっくりと進行する末梢神経障害で、有病率は10万人あたり1 2人です。男女比は3:2で男性に多い傾向があります。 CIDPの症状・経過 四肢の筋力低下としびれ感が徐々に進行します。一方で、呼吸障害や自律神経障害が起こることはめったにありません。[utanohosp.jp]

  • 家族性周期性四肢麻痺

    近位筋優位の、対称性、発作性の筋力低下・弛緩性麻痺。前兆なく突然発症する。 脱力発作は1時間以内が多いが、数日にわたり遷延することもある。 遺伝性のPPに関して述べる。脱力の程度も、下肢のみといった限局性筋力低下から完全四肢麻痺まである。発作の頻度も幅があり、毎日から生涯に数回までがある。[ja.wikipedia.org] Cornell Medical College; Attending Neurologist and Director, Neuromuscular Service and EMG Laboratory, New York Presbyterian Hospital-Cornell Medical Center 家族性周期性四肢麻痺は,深部反射[msdmanuals.com] 発作間欠期には筋力低下を認めないがCK上昇は認めることがある。一部に進行性に軽度の筋力低下を示すことがある。 筋生検は診断のために必要ではないが、空胞、tubular aggregateを認めることがある。[nanbyou.or.jp]

  • ランバート・イートン筋無力症症候群

    LEMS症状はの90%以上は体幹、四肢筋、特に下肢の筋力低下で発症し歩行障害が生じる。下肢の筋力低下は筋の強収縮後の筋力改善(post-tetanic potenciation)がみられる。そのため歩行開始時には下肢筋力低下がみられるが、歩いているうちに改善すると訴える。[ja.wikipedia.org] 深部反射は減弱ないし消失する場合が多いが、運動後に反射が出現する現象がみられることがある。悪性腫瘍合併例では、非合併例と比較して、進行が速く、また早期に嚥下障害などの球症状や眼症状が出現することが報告されている[ 7 ]。[medical.nikkeibp.co.jp] IIa 四肢・体軸 口腔・咽頭・呼吸筋の筋力低下 IIb 四肢・体軸 口腔・咽頭・呼吸筋の筋力低下 Class III 眼以外の筋の中等度の筋力低下 眼の症状の程度は問わない。[nanbyou.or.jp]

さらなる症状

類似した症状