Create issue ticket

考えれる771県の原因 末梢神経障害による遠位肢の筋力低下, 歩行異常

つまり: 末梢神経障害, よる遠位肢, 筋力低下, 歩行異常

  • 末梢神経障害

    慢性炎症性脱髄性多発根ニューロパチー(CIDP) 2ヶ月以上かけてゆっくりと進行する末梢神経障害で、有病率は10万人あたり1 2人です。男女比は3:2で男性に多い傾向があります。 CIDPの症状・経過 四肢の筋力低下としびれ感が徐々に進行します。一方で、呼吸障害や自律神経障害が起こることはめったにありません。[utanohosp.jp] 異常感覚性大腿神経痛 Meralgia paresthetica 大腿外側皮神経、鼠径部 疼痛、灼熱感、知覚異常、立位歩行で増悪 肥満、妊娠、コルセット着用の圧迫 総腓骨神経麻痺 Common peroneal nerve palsy 総腓骨神経、総腓骨頭 感覚障害、足関節背屈障害、垂れ足、鶏歩 手術や病気での長期臥床、泥酔、ギプスや下肢装具[ja.wikipedia.org] 抗がん薬に伴う末梢神経障害(chemotherapy-induced peripheral neuropathy;CIPN)は、気持ち悪い異常感覚から日常生活に支障をきたし、重篤な状態では歩行、衣服の着脱ができなくなることもある。[kanehara-shuppan.co.jp]

  • 慢性炎症性脱髄性多発神経炎

    慢性炎症性脱髄性多発神経炎は2ヶ月以上かけて緩徐に進行する四肢筋力低下と感覚障害を主徴とする原因不明の後天性脱髄性末梢神経障害である。歴史的にはDyckらがメイヨークリニックの症例で緩徐進行、再発性などの臨床経過、左右対称で近位と遠位が同程度の障害など典型的CIDPと言われる臨床像を確立した。[ja.wikipedia.org] 手足に力が入りづらい(脱力)、転びやすい(歩行障害)、物をうまくつかめない(握力・巧緻性の低下)、触った感じが分かりづらい(感覚鈍麻)、痺れやちくちくした痛みを感じる(感覚異常)などの症状が出ます。腱反射は一般に低下ないし消失します。[cidp-sgj.org] トップ 疾患一覧 神経・筋疾患 慢性炎症性脱髄性多発神経炎(CIDP) 疾患メモ 慢性炎症性脱髄性多発神経炎(chronic inflammatory demyelinating polyneuropathy:CIDP)は2カ月以上進行する四肢の筋力低下,感覚障害をきたす自己免疫性脱髄性末梢神経障害である。[jmedj.co.jp]

  • 運動失調

    神経疾患としては、小脳障害、前庭障害、脊髄後索障害、末梢神経障害の可能性がある。小脳障害であれば小脳徴候、前庭障害ならば内耳症状や眼振、脊髄後索障害ならばロンベルグ徴候などで診断をすることができる。 診察手順としてはまずはロンベルグ徴候を調べる。ロンベルグ徴候陰性ならば小脳性運動失調(小脳失調)である。[ja.wikipedia.org] 広義には運動失調症と同時に起こるものとして大脳性障害における痙性歩行もしくは麻痺性歩行や、脊髄性障害において深部感覚障害により現れる麻痺性に近い歩行をも含むが、痙性歩行、麻痺性歩行は筋トーヌス異常により副次的に発生する失調として明確に区別される。[ja.wikipedia.org] 表在覚の障害もあれば、末梢神経障害である。 この他に大脳に起因する運動失調がある。 運動失調を引き起こす神経中枢系障害の部位別にこれを分類すると以下のようになる。 大脳性運動失調症(英:cerebral ataxia、独:cerebrale Ataxie)は大脳皮質、特に前頭葉性の障害によって起こる。[ja.wikipedia.org]

  • 高カリウム性周期性四肢麻痺

    ③ 発作のない期間には筋力低下を認めない。 ④ ミオトニーを認める。以下の1あるいは2。 1. 臨床的にミオトニー (筋強直現象)がある。 (具体例) 眼瞼の強収縮後に弛緩遅延がみられる(lid lag)。 手指を強く握った後に弛緩遅延が認められる(把握ミオトニー、グリップミオトニア)。[ja.wikipedia.org] ①以下のすべての特徴を持つ麻痺(筋力低下)発作を呈する。 意識は清明。 発作時血清カリウム濃度が高値あるいは正常を示す。 呼吸筋・嚥下筋は侵されない。 発作持続は数10分から数時間程度。 寒冷、果物など高カリウム食の摂取、空腹あるいは安静(不動)が誘因となった発作がある。② 発症年齢は15歳まで。[ja.wikipedia.org]

  • ビタミンB12欠乏

    貧血と末梢神経障害の有病率はいずれもメトホルミン群で高かった。 (編集部) 1 名の先生が役に立ったと考えています。[medical-tribune.co.jp] 抄録 39歳男性例を報告した.視覚異常を自覚し,1カ月後に全身痙攣発作が出現して当科に入院した.頭部MRIにて右前頭葉内側,中脳,視床,大脳皮質に異常信号が多発したが,痙攣発作のコントロールとともに右前頭葉内側を除いて異常所見はおおむね消失した.その後,失調性歩行,四肢しびれが顕著となり,大球性貧血,血清ビタミンB12値低下,抗胃壁細胞抗体陽性[doi.org] 運動 失調 不随意運動 歩行障害 自律神経系 異常 脊髄 障害 排尿障害 ニューロパチー (neurophathy、末梢神経障害) 特定系統の症候学 錐体路障害 錐体外路障害 切迫する病態に関しての用語 脳浮腫 頭蓋内圧 亢進 脳ヘルニア 脳死 脳血管障害 [ 編集 ] 一過性脳虚血発作 (TIA) 脳卒中 脳梗塞 脳出血 クモ膜下出血[ja.wikipedia.org]

  • 腰椎神経根障害

    今後も患者さんにとって私のキャリアとスキルが役立つ間は、そして大病に罹らない間は好きな顕微鏡下脊椎手術と絞扼性末梢神経障害手術を「神経レスキュー医」として、無理しない程度に続けたいと考えている。 「働ける間は働くことが天命 やるべきことがある人は幸せなのであろう。」[yu-ai.net] 馬尾型は両下肢のしびれ感や陰部のしびれ、異常感覚を認め、歩行により同症状が悪化します。さらに症状が重篤化すると膀胱直腸障害と言われる排尿障害や排便障害を認めることもあります。 神経根型では片側性に臀部から大腿部、下腿部への放散するような痛み、しびれを自覚します。圧迫されている神経根によって痛みの出る部位や範囲が異なります。[hospital.luke.ac.jp] 馬尾圧迫症状:両下肢・殿部・会陰部の異常感覚(しびれ、灼熱感、ほてり)、下肢脱力、膀胱直腸障害 間欠性跛行(起立や歩行を続けると殿部、大腿、下腿にしびれを生じ、前屈で2 3分休むとまた歩行できるようになります)は本症に特徴的な症状です。[shimazaki-hospital.com]

  • 筋ジストロフィー

    なお、筋力低下は対称的に起きるという特徴を持つ。また、各筋の筋力低下によって処女歩行遅滞、易転倒、登攀性起立(とうはんせいきりつ、ガワーズ(Gowers)兆候)、腰椎の前弯強、動揺性歩行(アヒル歩行)などをきたす。筋偽牲肥大に関しては腓腹筋や三角筋で特徴的に起こるが、これは筋組織の崩壊した後に脂肪組織が置き換わる事による仮性肥大である。[ja.wikipedia.org] ジストロフィン異常症や肢帯型は動揺性歩行などの歩容異常、階段昇降困難、易転倒性といった歩行障害で発症する。顔面肩甲上腕型では上肢挙上困難、筋強直性ジストロフィーはミオトニア現象や握力低下などで発症する。[nanbyou.or.jp] 運動 失調 不随意運動 歩行障害 自律神経系 異常 脊髄 障害 排尿障害 ニューロパチー (neurophathy、末梢神経障害) 特定系統の症候学 錐体路障害 錐体外路障害 切迫する病態に関しての用語 脳浮腫 頭蓋内圧 亢進 脳ヘルニア 脳死 脳血管障害 [ 編集 ] 一過性脳虚血発作 (TIA) 脳卒中 脳梗塞 脳出血 クモ膜下出血[ja.wikipedia.org]

  • 腰部脊柱管狭窄症

    圧迫の程度が軽い初期は軽度のしびれや痛みのみで日常生活にそれほど影響がないこともありますが、圧迫が重症化すると下肢の痛み、しびれ、筋力低下が出現し歩行が困難になる場合もあります。[hospital.luke.ac.jp] 異常歩行状態を意味していると思われる.本論文では画像検査が88%にしか施行されておらず,症例数も少なく,対照群の詳細が不明であることなどから EV level IV とした.[minds.jcqhc.or.jp] 歩行しているとだんだん足が痺れたり痛くなり、休むと回復するのが特徴である。また、会陰(えいん)部の感覚に異常が生じることもある。なお、間欠性跛行は閉塞性動脈硬化症でもみられるため、鑑別が必要。 症状により、馬尾型(ばびがた)、神経根型(しんけいこんがた)、混合型の3型に分類される。[ja.wikipedia.org]

  • 筋萎縮性側索硬化症

    2013年版ガイドラインによる主な鑑別疾患 運動ニューロン障害脊髄進行性筋萎縮症(進行性筋萎縮症)、伴性球脊髄性筋萎縮症、ポリオ後症候群、ヘキソサミターゼA欠乏末梢神経障害頸椎症、腰椎症、多巣性運動ニューロパチー、慢性炎症性脱髄性多発神経炎(chronic inflammatory demyelinating polyneuropathy;[ja.wikipedia.org] ,下位運動ニューロン障害(すなわち,腓骨筋や手の小筋の筋萎縮),振動感の異常,凹足などの足奇形である.発症は10歳前から60歳代と幅広い.[grj.umin.jp] 鑑別診断 下位または上位ニューロン障害のみを示す神経変性疾患 脳腫瘍、多発性硬化症など脳幹病変 頚椎症、後縦靭帯骨化症など脊髄病変 末梢神経障害 [診断の判定] 次の1 5のすべてを満たすものを、筋萎縮性側索硬化症と診断します。 成人発症である。 経過は進行性である。 神経所見で、上記3つのうち2つ以上をみとめる。[agmc.hyogo.jp]

  • 筋緊張性ジストロフィー

    また、出生時より著明な筋力低下を示す先天型筋強直性ジストロフィーというやや特殊な病態も ある。平均寿命は55歳程度とここ20年間改善がみられていない。 2. 疫学 筋強直性ジストロフィータイプ1(DM1)は人口10万人当たり7人程度とされる。タイプ2(DM2)は本邦では1家系のみ同定されている。 3.[nanbyou.or.jp] DM1の歩行異常とその原因を明らかにする上で、3次元歩行解析などを用いて客観的で定量的な情報を多角的に収集し、それらの関連を検討することは有用である。患者に対するリハビリテーションプログラムはこれらの所見を考慮に入れるべきである。[jspt.japanpt.or.jp] 筋力低下に加えて、白内障、網膜変性症等の目の病気や糖尿病、高脂血症、不整脈など内分泌の病気、脱毛症を伴うことがあります。[hospita.jp]

さらなる症状

類似した症状