Create issue ticket

考えれる984県の原因 末梢神経障害による遠位肢の筋力低下, 歩行困難

つまり: 末梢神経障害, よる遠位肢, 筋力低下, 歩行困難

  • 慢性炎症性脱髄性多発神経炎

    慢性炎症性脱髄性多発神経炎は2ヶ月以上かけて緩徐に進行する四肢筋力低下と感覚障害を主徴とする原因不明の後天性脱髄性末梢神経障害である。歴史的にはDyckらがメイヨークリニックの症例で緩徐進行、再発性などの臨床経過、左右対称で近位と遠位が同程度の障害など典型的CIDPと言われる臨床像を確立した。[ja.wikipedia.org] その辺りで、ギランバレー症候群は除外されてます 遡れば、昨年の夏頃より歩行困難が出てました 指先の痺れ(ペットボトルが開けられない等)は移植前の抗がん剤治療の時にも現れていたので… 最初は…「また、痺れてる」程度でいずれ元に戻る・と思っていました 歩行困難も入院していたので筋力の低下・だと思ってました 身体のダルさも白血病から来るものだと思[ameblo.jp] 7月26日から入院、検査が色々始まり、1週間が経過したあたりから歩行困難になりはじめ、二週目には膝折れしてしまい、とうとう立ち上がれなくなりました。 トイレに行けなくなり、塀尿にもなってしまって、入院2週目にして寝たきりとなりました。 進行が凄く早かったです。 CIDPかもしれない。。。[ai.2ch.sc]

  • 運動失調

    神経疾患としては、小脳障害、前庭障害、脊髄後索障害、末梢神経障害の可能性がある。小脳障害であれば小脳徴候、前庭障害ならば内耳症状や眼振、脊髄後索障害ならばロンベルグ徴候などで診断をすることができる。 診察手順としてはまずはロンベルグ徴候を調べる。ロンベルグ徴候陰性ならば小脳性運動失調(小脳失調)である。[ja.wikipedia.org] 小脳虫部の損傷では主として体幹性失調を来し、起立歩行障害(蹣跚歩行、すなわち腰の動揺が顕著なよろけ歩行)、大歩行を呈し、一般に姿勢、体位保持が困難で平衡機能障害を起こす。[ja.wikipedia.org] 表在覚の障害もあれば、末梢神経障害である。 この他に大脳に起因する運動失調がある。 運動失調を引き起こす神経中枢系障害の部位別にこれを分類すると以下のようになる。 大脳性運動失調症(英:cerebral ataxia、独:cerebrale Ataxie)は大脳皮質、特に前頭葉性の障害によって起こる。[ja.wikipedia.org]

  • 脊髄性筋萎縮症

    自立歩行を獲得するが次第に転びやすくなる。進行すると歩けない、立てないといった症状になる。後に上肢の挙上も困難になる。側弯症を伴うようになる。 IV型 成人発症型20歳以降の発症である。小児期や思春期に筋力低下を示すIII型の小児は側弯を示すが成人発症のIV型は側弯は生じない。重症度は多様である。[ja.wikipedia.org] 体幹や四肢の筋力低下、筋萎縮を進行性に示します。[nanbyou.or.jp] 深部腱反射は消失し、上肢は末梢神経障害によって手の尺側偏位と垂れ手が認められる。人工呼吸管理を行わない場合、死亡年齢は平均6 9ヶ月であり、24ヶ月までにほぼ全例が死亡する。 II型 中間型、慢性乳児型、ヂュボヴィッツ(Dubowitz)病発症は1歳6ヶ月までである。支えなしの起立や歩行ができないが、座位保持が可能である。[ja.wikipedia.org]

  • 常染色体劣性肢帯型筋ジストロフィー 2A型

    その臨床症状は40 歳台以降に起こる遠位筋または近位筋の筋力低下または運動に誘発される筋痛で発症し、緩徐に進行して全身に広がり、一部に呼吸筋を障害する。遠位型の一部に声帯と咽頭筋を障害するものがある(Salmikangas 1999)。時に心筋障害や末梢神経障害をともなう(Olive 2005)。[pathologycenter.jp] 初期症状は、爪先立ちやジャンプが出来ない事、 平坦な道での歩行でつまづき転倒したり階段の昇降なども大変になるような症状が現れます。 また、発症後10年位で歩行困難とされていますが、個人差はあります。 そして、心臓や呼吸器は侵されにくいので生命的予後はよいとされています。[padj.jp] 最初に気付かれる症状は歩行異常に関するものです。 走れない、転びやすい、階段昇降困難、つかれやすいなど。 立ち上がる時にかなりの努力が要ります。 立ち上がる時に膝に手をあてて立ちます。 病型によって、進行が遅いものがあれば、速いものもあります。 【常染色体劣性遺伝 LGMD 2】 LGMD 2A *家族によってばらつきが大きいです。[plaza.rakuten.co.jp]

  • 筋ジストロフィー

    進行すると腰や下肢の障害も生じ歩行困難となることもある。顔面筋の障害により閉眼力低下、口輪筋障害(口笛が吹けない)などを来たし、独特の顔貌(ミオパチー顔貌)を呈する。肩や上腕の筋萎縮が高度なのに比し前腕部は比較的保たれるため、ポパイの腕と形容される。下肢の障害は、下腿に強いもの、腰帯・大腿に強いものなどいろいろである。[ja.wikipedia.org] 2歳ごろから発症し、10歳を過ぎる頃には歩行困難で車椅子の生活を余儀なくされる。近年は人工呼吸器の発達により、40歳まで生存する患者も増えている。なお、DMD患者では知能低下の症例が珍しくないこと、ジストロフィンのアイソフォームが中枢神経系で発現することから、ジストロフィンと中枢神経障害との関連も注目されている。[setsurotech.com] 筋力低下は30 歳以降に進行が目立つようになり、60 歳頃には歩行困難となる例が多い。症状は個人差が大きく、一部の患者では軽度の呼吸不全が生ずる。[pathologycenter.jp]

  • ビタミンB12欠乏

    重度の欠乏症によって神経が損傷することがあり、手足のチクチク感や感覚消失、筋力低下、反射消失、歩行困難、錯乱、認知症が起こります。 診断は、血液検査の結果に基づいて下されます。 高用量のビタミンB 12 のサプリメントを摂取すると、貧血による症状は消失する傾向があります。[msdmanuals.com] 貧血と末梢神経障害の有病率はいずれもメトホルミン群で高かった。 (編集部) 1 名の先生が役に立ったと考えています。[medical-tribune.co.jp] ビタミンB 12 欠乏症の神経性症状には、手およびそれより一般的な足の痺れや刺痛、歩行困難、記憶喪失、見当識障害、および気分変動を伴うまたは伴わない認知症などがある。神経学的合併症の進行は一般的にゆっくりであるものの、そのような症状はビタミンB 12 欠乏症の治療でも治らないかもしれず、長期にわたる場合は特にそうである。[lpi.oregonstate.edu]

  • 遺伝性運動感覚性神経障害

    原因は病原体などの感染症やワクチン接種が主なものですが、風邪や胃腸炎などのような症状のあと 1 週間から 3 週間程度で下肢の筋力低下が比較的急に現れます。運動神経の障害が主ですが、感覚神経障害が出ることもあり重症化すると呼吸困難に陥ることもある末梢神経障害です。通常は6か月程度で治ります。 アレルギー疾患が原因となるのが血管炎性です。[itamikenkiyu.jimdo.com] 【例10】 63歳男性、数ヶ月にわたり緩徐進行性の両下肢しびれ・歩行困難あり、痺れは次第に上行。下肢の腱反射は減弱。 診断: 末梢神経伝導検査で多発する脱髄所見と、髄液検査で蛋白細胞解離をみとめCIDP と診断。免疫グロブリン大量投与療法にて症状の改善を認めた。[nagoya-central-hospital.com] 症状 比較的急性に手足のしびれが現われ、筋力低下がどんどん進行して歩行困難になります。多くは、発症後1 3週間でピークに達し、その後は徐々に回復します。後遺症が残ることは少なく、再発もまれです。[kotobank.jp]

  • 常染色体劣性痙性対麻痺 55型

    […] b.小児型(childhood acid maltase deficiency) 乳児期あるいは小児期に筋力低下で気付きます。近位筋の筋力低下が主症状で、心、肝肥大はありません。血清CK値は軽度上昇し、肢帯型筋ジストロフィーと臨床診断される例が多いです。四肢の筋力低下はゆっくりと進行し、呼吸筋も侵されやすいです。[www2b.biglobe.ne.jp] 常染色体劣性遺伝性痙性失調症ARSARCS, Charlevoix-Saquenay型(Autosomal Recessive Spastic Ataxia of Charlevoix-Saquenay) 12-18ヶ月の幼児期発症で歩行困難歩行時のふらつきを特徴とする。[ameblo.jp] 免疫性末梢神経障害. 滋賀医科大学神経セミナー(2005年9月1日、大津) 9) 楠 進. 免疫性神経疾患と抗糖脂質抗体:最近の話題について. 第2回新潟県神経免疫研究会(2005年9月9日、新潟) 10) 三井良之. 難病の基礎知識1.[med.kindai.ac.jp]

  • 頸部脊椎症

    症状が悪化すると、四肢の筋力低下、歩行困難、さらに排尿、排便困難等の症状が出てきます。 症 状 左は正常、右は変形した頸椎(頸椎を横から見たレントゲン写真) 症 状 左は正常、右は頸椎が変形して脊髄が圧迫されている(頸椎を横から見たMRI) 治療方法 神経の圧迫がないか、軽度の場合は内服(鎮痛剤)、リハビリ、ブロック注射等で治療します。[oitaseikei.jp] 共通に起こる症状にはまた、筋力低下があります。筋力低下が起こると、腕を上げたり、物をしっかり掴むことが難しくなります。[msn.com] ボタンのかけはずしがやりずらくなる 箸でものをつかめなくなった 針仕事がやりずらくなった(紐が結べないなど) 小銭がつかめない 書くことが不自由になった 足の痺れがひどくなった 歩行困難(つまづきやすい、階段が困難、早歩きができない) 排尿障害(出にくい、勢いがない、残尿感、頻尿、 尿もれ、失禁)[asahi.co.jp]

  • 常染色体劣性痙性対麻痺 20型

    この疾患の症状は痙性対麻痺が主体で、他に足の変形、深部感覚障害、排尿障害を伴うことがある「純粋型」と、痙性対麻痺に加えて精神発達遅滞、認知症、末梢神経障害、小脳失調、パーキンソン症状などを伴う「複合型」の2つのタイプがあります。[jpma-nanbyou.com] 全身にジストニアが広がるが,局所性ジストニアにとどまることもある.一般に5 10年で進行し,進行により罹患部位が変形し内反尖足など異常肢位をきたす.身体の各部位にジストニアがみられ,頸部では屈曲,捻転を生じるが,瞬間的な頭部の動きを伴うこともある.上半身では捻転運動,異常姿勢により著明な屈曲をきたす.脊椎側弯症,後弯症,骨盤捻転が生じる.歩行困難[kotobank.jp] 常染色体劣性遺伝性痙性失調症ARSARCS, Charlevoix-Saquenay型(Autosomal Recessive Spastic Ataxia of Charlevoix-Saquenay) 12-18ヶ月の幼児期発症で歩行困難歩行時のふらつきを特徴とする。[ameblo.jp]

さらなる症状

類似した症状