Create issue ticket

考えれる1,374県の原因 末梢神経障害による遠位肢の筋力低下, 歩くことができない

つまり: 末梢神経障害, よる遠位肢, 筋力低下, 歩くことができない

  • 末梢神経障害

    慢性炎症性脱髄性多発根ニューロパチー(CIDP) 2ヶ月以上かけてゆっくりと進行する末梢神経障害で、有病率は10万人あたり1 2人です。男女比は3:2で男性に多い傾向があります。 CIDPの症状・経過 四肢の筋力低下としびれ感が徐々に進行します。一方で、呼吸障害や自律神経障害が起こることはめったにありません。[utanohosp.jp] 進行すると筋力低下などが起こり、歩きにくくなり転倒に注意せねばなりません。また、便秘や排尿困難が起こることもあります。障害が高度である場合、薬を中止しても症状改善には数か月を要することがあります。[scchr.jp] 歩くときにつま先が上がらず、膝を高く上げて歩かなければならなくなります。正座した後にも、足がしびれて力が入りにくくなりますが、この場合はすぐに回復します。腓骨神経麻痺の場合は、すぐには回復しません。 軽症の場合は、特に治療する必要はなく、自然に回復します。[saiseikai.or.jp]

  • 運動失調

    神経疾患としては、小脳障害、前庭障害、脊髄後索障害、末梢神経障害の可能性がある。小脳障害であれば小脳徴候、前庭障害ならば内耳症状や眼振、脊髄後索障害ならばロンベルグ徴候などで診断をすることができる。 診察手順としてはまずはロンベルグ徴候を調べる。ロンベルグ徴候陰性ならば小脳性運動失調(小脳失調)である。[ja.wikipedia.org] 病院を受診する場合の主訴としては「立てない」「歩けない」「まっすぐに歩こうとしても偏ってしまう」といった起立、歩行困難で受診される場合が多い。起立、歩行困難の原因としては運動麻痺、平衡障害、運動失調、歩行障害、骨折、心因性の場合がある。めまい、麻痺が認めなければ運動失調によるものと考えることができる。[ja.wikipedia.org] 表在覚の障害もあれば、末梢神経障害である。 この他に大脳に起因する運動失調がある。 運動失調を引き起こす神経中枢系障害の部位別にこれを分類すると以下のようになる。 大脳性運動失調症(英:cerebral ataxia、独:cerebrale Ataxie)は大脳皮質、特に前頭葉性の障害によって起こる。[ja.wikipedia.org]

  • 脊髄性筋萎縮症

    深部腱反射は消失し、上肢は末梢神経障害によって手の尺側偏位と垂れ手が認められる。人工呼吸管理を行わない場合、死亡年齢は平均6 9ヶ月であり、24ヶ月までにほぼ全例が死亡する。 II型 中間型、慢性乳児型、ヂュボヴィッツ(Dubowitz)病発症は1歳6ヶ月までである。支えなしの起立や歩行ができないが、座位保持が可能である。[ja.wikipedia.org] II型は支えなしに立ったり、歩いたりすることができません。舌の 線維束性収縮 、手指の振戦がみられます。成長とともに関節拘縮と側弯が著明になります。また、上気道感染に引き続いて、肺炎や 無気肺 になり、呼吸不全に陥ることがあります。 III型では立ったり歩いたりできていたのに、転びやすい、歩けない、立てないという症状がでてきます。[nanbyou.or.jp] 発症率は出生10万人当たり8.5 10.3人で、乳児の死亡で最多の遺伝的病因の一つであり、小児の筋力低下の主な原因疾患である。 日本では10万人あたり1-2人の割合で発症する。[ja.wikipedia.org]

  • 多発性筋炎

    2) 皮膚症状がなく、手指屈筋力低下や治療反応性が乏しい臨床的特徴がなく、筋生検で縁取り空胞がみられなければ、多発性筋炎か免疫介在性壊死性ミオパチー。 3) 皮膚症状のいずれかがあり、筋力低下症状のいずれかがあれば皮膚筋炎。 4) 皮膚症状のいずれかがあり、筋力低下症状がなければ無筋症性皮膚筋炎。[imed3.med.osaka-u.ac.jp] 背景 多発性筋炎(PM)/皮膚筋炎(DM)は、組織学的な特徴として慢性の炎症と横紋筋の障害、臨床的には進行性の筋力低下を特徴に持つ自己免疫性疾患である。主に、副腎皮質ステロイドや免疫抑制剤にて治療されるが、治療後にも半数以上の患者に筋力低下や ADL の低下が残ることが明らかになっている。[research-er.jp] 皮膚の症状がみられるものの筋力低下がみられない場合もあります。 図1.ゴットロン丘疹 関節症状 関節痛・関節炎がみられる事があります。関節リウマチのように骨が破壊されたり、変形したりすることはなく、軽症のことが多いと言われています。[kompas.hosp.keio.ac.jp]

  • 腰部脊柱管狭窄症

    圧迫の程度が軽い初期は軽度のしびれや痛みのみで日常生活にそれほど影響がないこともありますが、圧迫が重症化すると下肢の痛み、しびれ、筋力低下が出現し歩行が困難になる場合もあります。[hospital.luke.ac.jp] 間欠跛行の症状が出始めたら、まず、どれくらい歩いたら辛くなりはじめるかを記録しましょう。『あそこまで歩くといつもしびれてくる』とか『10分くらい歩くと痛くなってくる』など把握できたら、その手前で休憩するようにしてください。[mitsuihosp-recruit.com] 病名 腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう) 部位 腰 主な症状 腰痛、下肢痛、下肢の痺れ、筋力低下、歩行障害 診療科 症状の解説 主な症状として間欠性跛行が上げられます。これは、歩行に伴い下肢の脱力感が発生し、歩行困難となりますが、短時間の休憩ですぐに歩行可能となることです。[kmu.ac.jp]

  • 脊柱管狭窄症

    圧迫の程度が軽い初期は軽度のしびれや痛みのみで日常生活にそれほど影響がないこともありますが、圧迫が重症化すると下肢の痛み、しびれ、筋力低下が出現し歩行が困難になる場合もあります。[hospital.luke.ac.jp] 当然歩いたりする足の神経も腰の骨の中を通っています。その腰の骨がお年の変化で変形したり、骨をつなぎとめている靭帯が肥厚してきたりすると神経が圧迫されます。簡単に言うと加齢による変化です。さらに立つたり歩いたりという動作はその圧迫を強める方向に働き、結果として歩行時に足のしびれや痛みが生じるのです。[kouritu-cch.jp] 病名 腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう) 部位 腰 主な症状 腰痛、下肢痛、下肢の痺れ、筋力低下、歩行障害 診療科 症状の解説 主な症状として間欠性跛行が上げられます。これは、歩行に伴い下肢の脱力感が発生し、歩行困難となりますが、短時間の休憩ですぐに歩行可能となることです。[kmu.ac.jp]

  • リウマチ性多発筋痛症

    典型的には近位筋に重度の痛みおよびこわばりが生じ(筋力低下や萎縮は伴わない),非特異的な全身症状を呈する。赤沈亢進およびCRPの上昇が典型的にみられる。診断は臨床的に行う。低用量コルチコステロイドによる治療が効果的である。低用量から中用量のプレドニゾンまたはメチルプレドニゾロンに対する劇的で急速な反応が診断を裏付ける。[msdmanuals.com]

  • ギラン・バレー症候群

    の左右差が顕著で、かつその状態が持続 発症当初からの膀胱直腸障害の存在 50/μlを超える髄液細胞増多 髄液細胞文核における多核球優位 境界明瞭なレベルのある感覚障害除外診断 末梢神経障害:有機溶媒中毒、ポルフィリン代謝異常、ジフテリア、鉛中毒、血管障害、栄養障害、CIDP(初発、急性発症) 神経筋接合部障害:重症筋無力症、有機リン、ボツリヌス[ja.wikipedia.org] 歩くことが不自由になるなど、中等度以上では「経静脈的免疫グロブリン静注療法」や「血漿浄化(交換)療法」が行われます。前者は献血された血液から人の免疫グロブリンを精製し、点滴で投与します。末梢神経を攻撃する自己抗体を打ち消す効果があります。血漿浄化(交換)療法は、血液中にある自己抗体を体外に導いて取り除く治療法です。[healthcare.omron.co.jp] 症 状 咳や下痢の2週間後より、急に、両側の手足の先端から ビリビリするしびれ感 と、 力の入りにくさ があらわれて、数時間から数日のうちにどんどん進行して、 ものを持ったり歩いたりしにくく なります。症状の程度は人によって様々で、少し歩きにくい程度の方からほとんど手足が動かせなくなる方までいます。[ryu-naika.or.jp]

  • ミオパチー

    四肢筋力低下よりも呼吸筋力低下が先に進行し、早朝の頭痛、夜間の不眠で発症することも多い。早期からの呼吸筋筋力低下は成人型ポンペ病を疑う手がかりになる。早期からの呼吸筋筋力低下は筋原線維性ミオパチーやネマリンミオパチーでも認められるためポンペ病の重要な鑑別疾患となる。[ja.wikipedia.org] 新生児期発症では出生直後からの呼吸障害、飲み込みの障害 運動発達の遅れ、歩くのが遅い、走れない、転びやすい、歩けない 眼の動きがない 尖足などの関節拘縮、側彎など 心臓の機能の障害や不整脈 NCNP病院の診療科・専門疾病センター[ncnp.go.jp] また徐々に走りにくくなったり、歩き方に変化が見られたりします。進行すると近位筋も侵され、階段が上りにくいとか、椅子からの立ち上がりが難しくなるといった症状が出るようになります。発症10数年で歩行ができなくなると考えられています。[nanbyou.or.jp]

  • 多発性神経炎

    近縁語に ニューロパシー があるが,これは 末梢神経障害 の総括的な名称である。 出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報 百科事典マイペディア の解説 多発性神経炎【たはつせいしんけいえん】 末梢神経が2ヵ所以上同時に冒された病気。 神経炎 の一種。[kotobank.jp] 転倒や外傷に注意する この病気では、足の関節を動かす力が弱くなるために、足が上がらず、つま先が引っかかって転ぶことがあるので、歩くときは特に注意が必要です。また、感覚が低下すると外傷を受けやすくなるので、その点も注意しましょう。 関連する診療科目は以下の通りです。 病院を探すときは以下の科目を選択してください。 神経内科 内科[cocokarada.jp] でも、踵が床に着いた瞬間に爪先がペタンと床に着くので、左足だけぺたぺた、ぺたぺたと音を立てて歩くことになりました。 歩けるようにはなったものの、ペタペタの症状は回復せず、左手の小指・薬指もしびれが続き、力が入らず・・・・ 仙台へ戻り、研究室のスタッフに大変だった話をした途端、に大騒ぎ!!! [ameblo.jp]

さらなる症状

類似した症状