Create issue ticket

考えれる2,188県の原因 末梢神経障害による遠位肢の筋力低下

つまり: 末梢神経障害, よる遠位肢, 筋力低下

  • 末梢神経障害

    慢性炎症性脱髄性多発根ニューロパチー(CIDP) 2ヶ月以上かけてゆっくりと進行する末梢神経障害で、有病率は10万人あたり1 2人です。男女比は3:2で男性に多い傾向があります。 CIDPの症状・経過 四肢の筋力低下としびれ感が徐々に進行します。一方で、呼吸障害や自律神経障害が起こることはめったにありません。[utanohosp.jp] 運動神経が障害されますと,身体のバランスを上手く保てないため歩行や立っていることも難しくなることがありますし,時に筋力低下をもたらすことがあります。 感覚神経障害では,チクチクする感覚,しびれ,焼けつくような痛み,振動や温度が感じられない感覚が鈍ることなどもみられます。[clinicalscience.info] 炎症性疾患や糖尿病などにより末梢神経が障害されると、手足の筋力低下、しびれや痛み、便秘などの症状が現れ、日常生活に支障を来すことがあります。重症例では排尿障害や不整脈が起こることもあるという末梢神経障害の原因と症状について、国立精神・神経医療研究センター病院神経内科医長の岡本智子先生にお伺いしました。 末梢神経とは?[medicalnote.jp]

  • ニューロパチー

    末梢神経障害の原因により障害される感覚の種類には特徴がある。 〈運動症状〉 通常,下肢優位・末梢優位の,左右対称性の四肢筋力低下を呈する。 病初期には下肢のみに症状がみられることもある。前脛骨筋の筋力低下により下垂足となり,膝を高く上げる歩行(鶏歩)を呈する。 腱反射は減弱 消失するが,アキレス腱反射が最も早期から低下することが多い。[jmedj.co.jp] 早期発見のポイント 筋力低下、感覚障害のパターンや進行形式が多様であること、また末梢神経が障害される病気はほかにもたくさんあり、鑑別すべき病気も多いため、診断は容易ではありません。そのため、 末梢神経障害 に詳しい神経内科医を受診し、CIDPと診断されたら治療方針を決定してもらうのが望ましいです。[saiseikai.or.jp] 体性神経線維に障害が起きた場合には,手袋靴下型の感覚消失および遠位筋の筋力低下を来すことがある( 末梢神経系疾患および運動単位疾患 )。 診断 診断は自律神経障害( 自律神経系の概要 : 評価 )と末梢神経障害の具体的原因(例,糖尿病,アミロイドーシス)の証明に基づく。[msdmanuals.com]

  • 多発性神経炎

    近縁語に ニューロパシー があるが,これは 末梢神経障害 の総括的な名称である。 出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報 百科事典マイペディア の解説 多発性神経炎【たはつせいしんけいえん】 末梢神経が2ヵ所以上同時に冒された病気。 神経炎 の一種。[kotobank.jp] 症状 ・手足のしびれ ・脱力 ・筋力低下 ・歩行困難 ・顔面神経麻痺 治療 免疫ブログリン、血漿交換で回復を促進します。呼吸器感染症が併発した場合は、抗生物質投与や手術をします。筋力低下等、後遺症が出る場合があります。 検査 診断は神経内科の医師が行います。[b-net.tv] 慢性炎症性脱髄性多発根ニューロパチー(CIDP) 2ヶ月以上かけてゆっくりと進行する末梢神経障害で、有病率は10万人あたり1 2人です。男女比は3:2で男性に多い傾向があります。 CIDPの症状・経過 四肢の筋力低下としびれ感が徐々に進行します。一方で、呼吸障害や自律神経障害が起こることはめったにありません。[utanohosp.jp]

  • 自律神経性ニューロパチー

    体性神経線維に障害が起きた場合には,手袋靴下型の感覚消失および遠位筋の筋力低下を来すことがある( 末梢神経系疾患および運動単位疾患 )。 診断 診断は自律神経障害( 自律神経系の概要 : 評価 )と末梢神経障害の具体的原因(例,糖尿病,アミロイドーシス)の証明に基づく。[msdmanuals.com] 慢性炎症性脱髄性多発根ニューロパチー(CIDP) 2ヶ月以上かけてゆっくりと進行する末梢神経障害で、有病率は10万人あたり1 2人です。男女比は3:2で男性に多い傾向があります。 CIDPの症状・経過 四肢の筋力低下としびれ感が徐々に進行します。一方で、呼吸障害や自律神経障害が起こることはめったにありません。[utanohosp.jp] Entrapment neuropathy 圧迫による麻痺 DM患者は、軽度の差はあれ、末梢神経機能障害、循環上全を合併し、脆弱なため、外的な圧迫を浮けやすい部位では容易に絞扼性末梢神経障害をきたす。 上肢は、 手根管 、 Guyon管 、下肢では 足根管 が好発部位である。[shiga-med.ac.jp]

  • 運動失調

    神経疾患としては、小脳障害、前庭障害、脊髄後索障害、末梢神経障害の可能性がある。小脳障害であれば小脳徴候、前庭障害ならば内耳症状や眼振、脊髄後索障害ならばロンベルグ徴候などで診断をすることができる。 診察手順としてはまずはロンベルグ徴候を調べる。ロンベルグ徴候陰性ならば小脳性運動失調(小脳失調)である。[ja.wikipedia.org] 表在覚の障害もあれば、末梢神経障害である。 この他に大脳に起因する運動失調がある。 運動失調を引き起こす神経中枢系障害の部位別にこれを分類すると以下のようになる。 大脳性運動失調症(英:cerebral ataxia、独:cerebrale Ataxie)は大脳皮質、特に前頭葉性の障害によって起こる。[ja.wikipedia.org] 神経学では協調運動障害といい、原則としては筋力低下は伴わない。麻痺があれば、運動障害がおこるのは当たり前だからである。協調運動に最も関与しているのは小脳と考えられている。同じ錐体外路である大脳基底核の障害では運動失調も起こりえるが、不随意運動の方が目立つことが多い。[ja.wikipedia.org]

  • クッシング症候群

    筋力低下 糖質コルチコイドが持つ鉱質コルチコイド作用によってナトリウムの再吸収が亢進し、逆にカリウム利尿が亢進して低カリウム血症が起こるため。 骨粗鬆症 尿中、血中コルチゾール検査:コルチゾール値の増加が見られる。また、通常朝高く夜低くなる日内変動の消失が見られる。[ja.wikipedia.org]

  • 筋炎

    2) 皮膚症状がなく、手指屈筋力低下や治療反応性が乏しい臨床的特徴がなく、筋生検で縁取り空胞がみられなければ、多発性筋炎か免疫介在性壊死性ミオパチー。 3) 皮膚症状のいずれかがあり、筋力低下症状のいずれかがあれば皮膚筋炎。 4) 皮膚症状のいずれかがあり、筋力低下症状がなければ無筋症性皮膚筋炎。[imed3.med.osaka-u.ac.jp] 顔面筋、頸筋 (けいきん) および四肢の筋の筋力低下と筋萎縮を主とするもので、四肢のうちでも躯幹 (くかん) に近い肩や腰の筋が強く冒される。皮膚の発疹 (はっしん) 、皮膚の萎縮や毛細血管の拡張を伴うものを皮膚筋炎とよんでいる。筋力低下とともに発熱、関節腫脹 (しゅちょう) 、筋痛を示すことが多く、血沈促進などの炎症所見がみられる。[kotobank.jp] 【考察】 これまでの報告からも壊死性筋炎は亜急性な経過、著名な筋力低下、近位筋優位の筋力低下、CK高値が特徴的である。 但し、1年以上の慢性な経過の報告もいくつかある。 緩徐発症の場合は筋ジストロフィー様のこともあり、鑑別を有する 遠位筋まで侵されることもよくある。[showa-u-rheum.com]

  • こむら返り

    代謝性疾患アルコール依存症、甲状腺機能低下症 神経系障害 末梢神経障害、神経叢障害、神経根障害、運動ニューロン疾患 マッカードル病、里吉病など 薬剤の副作用ならば原因薬剤の投与中止を検討する。何らかの疾患の症候として現れている場合は、原因疾患の治療が行われる。[ja.wikipedia.org] こむらがえりがおこるものは, 健常者ではみられないのに対し, 糖尿病患者では4.5%に見られた. (2) 週に一度以上のこむらがえりは健常者では1.9%, 糖尿病患者では11.5%にみられ, 有意に高頻度を示した. (3) 臨床所見との関連性の検討の結果, 糖尿病患者におけるこむらがえりは, 女性, インスリン治療者に多い傾向がみられた. (4) 末梢神経障害[doi.org]

  • 糖尿病性多発ニューロパチー

    慢性炎症性脱髄性多発根ニューロパチー(CIDP) 2ヶ月以上かけてゆっくりと進行する末梢神経障害で、有病率は10万人あたり1 2人です。男女比は3:2で男性に多い傾向があります。 CIDPの症状・経過 四肢の筋力低下としびれ感が徐々に進行します。一方で、呼吸障害や自律神経障害が起こることはめったにありません。[utanohosp.jp] Entrapment neuropathy 圧迫による麻痺 DM患者は、軽度の差はあれ、末梢神経機能障害、循環上全を合併し、脆弱なため、外的な圧迫を浮けやすい部位では容易に絞扼性末梢神経障害をきたす。 上肢は、 手根管 、 Guyon管 、下肢では 足根管 が好発部位である。[shiga-med.ac.jp] MAG抗体陽性ニューロパチー 緩徐に進行する末梢神経障害で、四肢の先にしびれ感と筋力低下が出現します。中年以降の男性に多いです。MAGは末梢神経の髄鞘(電線のカバーに相当する部分)を構成しており、MAG抗体によって髄鞘が障害されます。悪性腫瘍を合併している場合があり、血液検査などで定期的に検査しておく必要があります。[utanohosp.jp]

  • MERRF症候群

    また、糖尿病、末梢神経障害などの合併が報告されている。予後という観点から、心筋症の合併の有無は重要である。 代謝性アシドーシスを伴う血液・髄液中の乳酸・ピルビン酸値の上昇は、ほぼ全例に認められる。頭部CTやMRIでは、症状の進行とともに小脳及び大脳皮質の萎縮をみる。[ncnp.go.jp] 筋症状は、初期は易疲労性や動作の持続力の低下として自覚され、徐々に近位 筋優位の筋萎縮や筋力低下が明らかになる。 興味深いのは、8344変異をもつMERRF患者に脂肪腫を伴う症例が報告され、脂肪腫内のヘテロプラスミーの比率が骨格筋より高いという報告もある。[ncnp.go.jp]

さらなる症状

類似した症状