Create issue ticket

考えれる272県の原因 末梢神経障害, よる遠位肢, 筋力低下

  • ギラン・バレー症候群

    ギラン・バレー症候群が全身型の疾患であるのに対して、同様の自己免疫が原因で末梢神経障害が起こる疾患にフィッシャー症候群やビッカースタッフ型脳幹脳炎があり、外眼筋麻痺、失調、深部反射低下などが見られる。[ja.wikipedia.org] 症状の程度は様々だが、運動神経の障害が主で初発症状は下肢の筋力低下から起こることが多い。その後、下肢から体幹部に向かい左右対称性に筋力低下や麻痺が上行する。四肢麻痺は、遠位筋に強く現れる。呼吸筋の麻痺が発症すると人工呼吸器により呼吸管理が必要となることがある。運動神経の障害が主であるが、軽度の感覚神経障害も発症する。[ja.wikipedia.org] 四肢の腱反射低下〜消失 症状の左右対称性 軽度の感覚障害、異常感覚 脳神経麻痺(外眼筋麻痺、顔面神経麻痺、球麻痺)の存在 自律神経障害(頻脈、不整脈、血圧変動)の存在 発症時に発熱を欠く診断を支持する検査所見 末梢神経伝導検査での異常(伝導速度低下、遠位潜時延長、伝導ブロック、F波潜時延長、複合筋活動電位低下など) 発症1週間以降における蛋白細胞解離[ja.wikipedia.org]

    不足: よる遠位肢
  • ポルフィリン症

    易疲労感、抑鬱気分、性欲低下、皮膚乾燥・菲薄化、内臓脂肪増加、筋力低下、骨量低下などが見られる。治療はGH補充療法である。 クッシング病: 副腎皮質刺激ホルモンが異常分泌(ACTH )される病気。[ja.wikipedia.org]

    不足: よる遠位肢
  • 血友病

    血友病(けつゆうびょう、Hemophilia)は、血液凝固因子のうちVIII因子、IX因子の欠損ないし活性低下による遺伝性血液凝固異常症である。 第VIII因子の欠損あるいは活性低下によるのは血友病A、第IX因子の欠損あるいは活性低下によるのは血友病Bである。 男児出生数の5000〜1万人に1人が血友病患者である。血友病Aは血友病Bの約5倍である。[…][ja.wikipedia.org]

    不足: よる遠位肢
  • 膵の悪性新生物
    不足: よる遠位肢
  • リー症候群
    不足: よる遠位肢
  • 急性間欠性ポルフィリン症
    不足: よる遠位肢
  • 脊髄性筋萎縮症

    深部腱反射は消失し、上肢は末梢神経障害によって手の尺側偏位と垂れ手が認められる。人工呼吸管理を行わない場合、死亡年齢は平均6 9ヶ月であり、24ヶ月までにほぼ全例が死亡する。 II型 中間型、慢性乳児型、ヂュボヴィッツ(Dubowitz)病発症は1歳6ヶ月までである。支えなしの起立や歩行ができないが、座位保持が可能である。[ja.wikipedia.org] 体幹や四肢の筋力低下、筋萎縮を進行性に示します。[nanbyou.or.jp] 発症率は出生10万人当たり8.5 10.3人で、乳児の死亡で最多の遺伝的病因の一つであり、小児の筋力低下の主な原因疾患である。 日本では10万人あたり1-2人の割合で発症する。[ja.wikipedia.org]

    不足: よる遠位肢
  • 運動失調

    神経疾患としては、小脳障害、前庭障害、脊髄後索障害末梢神経障害の可能性がある。小脳障害であれば小脳徴候、前庭障害ならば内耳症状や眼振、脊髄後索障害ならばロンベルグ徴候などで診断をすることができる。 診察手順としてはまずはロンベルグ徴候を調べる。ロンベルグ徴候陰性ならば小脳性運動失調(小脳失調)である。[ja.wikipedia.org] これは筋力、筋トーヌスは正常であるが中枢の障害により筋力の協調を保てないために起こる歩行であり、広義には四肢の筋トーヌス低下によるものを含むこともある。失調性歩行は通常、小脳疾患に認められる歩行の失調をいう。前庭性、小脳性の障害では体幹失調を来し、腰の動揺(揺れ)が顕著な蹣跚歩行が認められる。[ja.wikipedia.org] 表在覚の障害もあれば、末梢神経障害である。 この他に大脳に起因する運動失調がある。 運動失調を引き起こす神経中枢系障害の部位別にこれを分類すると以下のようになる。 大脳性運動失調症(英:cerebral ataxia、独:cerebrale Ataxie)は大脳皮質、特に前頭葉性の障害によって起こる。[ja.wikipedia.org]

    不足: よる遠位肢
  • シロバイケイソウ
    不足: よる遠位肢
  • 血友病B
    不足: よる遠位肢

類似した症状