Create issue ticket

考えれる50県の原因 末梢神経芽細胞腫

  • 神経芽細胞腫

    神経芽細胞腫(しんけいがさいぼうしゅ、neuroblastoma)は、小児がんの組織型の一種。現在は神経芽腫と呼ばれる。小児がんにおいては白血病についで患者数が多い。神経堤細胞に由来する悪性腫瘍で、主に副腎髄質や交感神経幹から発生する。副腎から発生する腫瘤として発見される。転移先として肝臓、骨、骨髄が多い。 乳幼児に多く発見される。そのため、以前は新生児のスクリーニングテストが行われていたが、新生児の場合はがんが、そのまま縮小してなくなるケースがあり、過剰な治療を行ってしまうとの批判から、今では行われなくなっている。[…][ja.wikipedia.org]

  • 高血圧症

    抄録 本態性高血圧症における食塩負荷時の血圧上昇に対するカリウム投与の影響を検討する目的で, 23名の本症患者に低塩食(NaCl25mEq/日)を3日間施行したのち, 6日間食塩(250mEq/日)のみを負荷した群(NaCl単独群)12名と,同量の食塩に加えてカリウム96mEq/日を投与した群(NaCl KCl群)11名に分け,比較した.その結果, NaCl KCl群ではNaCl単独群においてみられた食塩負荷時の血圧上昇は認められず,平均血圧の変化率はNaCl単独群に比し有意の低値を示した.尿中ナトリウム排泄はNaCl KCl群で食塩負荷早期(第1および第2日目)に有意の増加を認め, NaCl[…][doi.org]

  • リー症候群

    、ウィルムス腫瘍、肝腫、網膜細胞腫、骨肉腫、横紋筋肉腫、ユーイング肉腫、末梢神経外胚葉腫瘍、脳腫瘍 血液・免疫疾患 血球貪食リンパ組織球症、慢性活動性EBウイルス感染症、慢性GVHD(Graft Versus Host disease、移植片対宿主病)、骨髄異形成症候群、再生不良性貧血、自己免疫性溶血性貧血、特発性血小板減少性紫斑病、[city.nakagawa.lg.jp] ウィルムス(Wilms)腫瘍 肝腫 網膜細胞腫 骨肉腫 横紋筋肉腫 ユーイング(Ewing)肉腫 末梢神経外胚葉腫瘍 血液・免疫疾患 血球貪食リンパ組織球症 慢性活動性EBウイルス感染症 慢性GVHD(Graft Versus Host disease、移植片対宿主病) 骨髄異形成症候群 再生不良性貧血 自己免疫性溶血性貧血 特発性血小板減少性紫斑病[town.nagaizumi.lg.jp] 実施場所 野田市指定医療機関 別表 悪性新生物 白血病 悪性リンパ腫 ランゲルハンス(細胞)組織球症(Histiocytosis X) 神経細胞腫 ウィルムス(Wilms)腫瘍 肝腫 網膜細胞腫 骨肉腫 横紋筋肉腫 ユーイング(Ewing)肉腫 末梢神経外胚葉腫瘍 脳腫瘍 血液・免疫疾患 血球貪食リンパ組織球症 慢性活動性EBウイルス[city.noda.chiba.jp]

  • 高オルニチン血症・高アンモニア血症・ホモシトルリン尿症

    3.医学的知見に基づき1.又は2.に準ずると認められるもの 分類 名称 悪性新生物 白血病 悪性リンパ腫 ランゲルハンス(細胞)組織球症(Histiocytosis X) 神経細胞腫 ウィルムス(Wilms)腫瘍 肝腫 網膜細胞腫 骨肉腫 横紋筋肉腫 ユーイング(Ewing)肉腫 末梢神経外胚葉腫瘍 脳腫瘍 血液・免疫疾患 血球貪食[city.abiko.chiba.jp] ウィルムス(Wilms)腫瘍 肝腫 網膜細胞腫 骨肉腫 横紋筋肉腫 ユーイング(Ewing)肉腫 末梢神経外胚葉腫瘍 血液・免疫疾患 血球貪食リンパ組織球症 慢性活動性EBウイルス感染症 慢性GVHD(Graft Versus Host disease、移植片対宿主病) 骨髄異形成症候群 再生不良性貧血 自己免疫性溶血性貧血 特発性血小板減少性紫斑病[town.nagaizumi.lg.jp] 実施場所 野田市指定医療機関 別表 悪性新生物 白血病 悪性リンパ腫 ランゲルハンス(細胞)組織球症(Histiocytosis X) 神経細胞腫 ウィルムス(Wilms)腫瘍 肝腫 網膜細胞腫 骨肉腫 横紋筋肉腫 ユーイング(Ewing)肉腫 末梢神経外胚葉腫瘍 脳腫瘍 血液・免疫疾患 血球貪食リンパ組織球症 慢性活動性EBウイルス[city.noda.chiba.jp]

  • 高オルニチン血症

    分類 名称 悪性新生物 白血病 悪性リンパ腫 ランゲルハンス(細胞)組織球症(Histiocytosis X) 神経細胞腫 ウィルムス(Wilms)腫瘍 肝腫 網膜細胞腫 骨肉腫 横紋筋肉腫 ユーイング(Ewing)肉腫 末梢神経外胚葉腫瘍 脳腫瘍 血液・免疫疾患 血球貪食リンパ組織球症 慢性活動性EBウイルス感染症 慢性GVHD([city.tsuru.yamanashi.jp] 分類 名称 悪性新生物 白血病 悪性リンパ腫 ランゲルハンス(細胞)組織球症(Histiocytosis X) 神経細胞腫 ウィルムス(Wilms)腫瘍 肝腫 網膜細胞腫 骨肉腫 横紋筋肉腫 ユーイング(Ewing)肉腫 末梢神経外胚葉腫瘍 脳腫瘍 血液・免疫疾患 血球貪食リンパ組織球症 慢性活動性EBウイルス感染症 慢性GVHD([city.kariya.lg.jp] ウィルムス(Wilms)腫瘍 肝腫 網膜細胞腫 骨肉腫 横紋筋肉腫 ユーイング(Ewing)肉腫 末梢神経外胚葉腫瘍 血液・免疫疾患 血球貪食リンパ組織球症 慢性活動性EBウイルス感染症 慢性GVHD(Graft Versus Host disease、移植片対宿主病) 骨髄異形成症候群 再生不良性貧血 自己免疫性溶血性貧血 特発性血小板減少性紫斑病[town.nagaizumi.lg.jp]

  • クラツキン腫瘍

    (新形成)、例えば自律神経系の腫瘍、例えば交感神経腫、神経細胞腫、傍神経節細胞腫(褐色細胞腫、クローム親和性細胞腫)及び頸動脈小体腫瘍、末梢神経系上の腫瘍、例えば切断神経腫、神経線維腫、ニューリノーマ(神経鞘腫、シュワン細胞腫)及び悪性シュワン細胞腫。[ipforce.jp] えば聴神経鞘腫、星状細胞腫、例えば毛様細胞性星状細胞腫、原線維性星状細胞腫、原形質性星状細胞腫、大円形細胞性星状細胞腫、退形成性星状細胞腫及び神経膠芽腫、脳リンパ腫、脳転移、下垂体腫瘍、例えばプロラクチノーマ、HGH(ヒト成長ホルモン)産生性腫瘍及びACTH(副腎皮質刺激ホルモン)産生性腫瘍、頭蓋咽頭腫、髄芽腫、髄膜腫及び稀突起神経膠腫;神経腫瘍[ipforce.jp]

  • 家族性褐色細胞腫

    HVAはドーパおよびドーパミンの最終代謝産物で血漿HVAの約60%は副腎皮質などの末梢臓器由来である。カテコールアミン産生腫瘍では,尿中VMA濃度が高値を示す。クロム親和性細胞腫,特に神経細胞腫で尿中HVAの排泄が著しく増加する。上気道感染症,リウマチ熱,骨髄炎などと誤診されやすい。[test-guide.srl.info]

  • 神経節芽細胞腫

    神経原性腫瘍 末梢神経由来 (神経鞘腫、神経線維腫、悪性神経鞘腫) 交感神経節由来 (神経節細胞腫、神経節細胞腫、神経芽細胞腫) 傍神経節由来 (傍神経節腫) 髄外造血/骨髄脂肪腫 正常造血組織に類似 解答:髄外造血骨髄脂肪腫 傍椎体領域多発充実性腫瘤 脂肪を含む場合には髄外造血、骨髄脂肪腫も鑑別に挙げる。[trc-rad.jp]

  • ランゲルハンス細胞組織球増殖症

    ドナー 7人 非ホジキンリンパ腫 5人 Wilms 腫瘍 5人 慢性骨髄性白血病 4人 急性骨髄性白血病 3人 神経細胞腫 3人 その他 34人 腎臓グループ ネフローゼ症候群 43人 IgA腎症 7人 紫斑病性腎炎 4人 若年性特発性関節炎 3人 全身性エリテマトーデス 2人 若年性皮膚筋炎 1人 クローン病 1人 膜性増殖性糸球体腎炎[med.hirosaki-u.ac.jp] ドナー 5人 神経細胞腫 4人 肝腫瘍 3人 血球貪食リンパ組織球症 3人 先天性骨髄不全症候群 3人 血管腫 3人 急性骨髄性白血病 2人 腎腫瘍 2人 骨肉腫 2人 再生不良性貧血 2人 溶血性貧血 2人 思春期早発症 2人 ランゲルハンス細胞組織球症 1人 特発性血小板減少性紫斑病 1人 その他 13人 心臓グループ 先天性心疾患[med.hirosaki-u.ac.jp] ドナー 7人 胚細胞性腫瘍 5人 ユーイング肉腫 4人 思春期早発症 4人 神経細胞腫 3人 ランゲルハンス細胞組織球症 3人 特発性血小板減少性紫斑病 3人 急性骨髄性白血病 2人 先天性骨髄不全症候群 2人 先天性免疫不全症 2人 血管腫 2人 横紋筋肉腫 1人 血球貪食リンパ組織球症 1人 その他 10人 心臓グループ 先天性心疾患[med.hirosaki-u.ac.jp]

  • 末梢神経芽細胞腫

    小児のがんである神経細胞腫などに対しても骨髄・末梢血幹細胞移植が行われることがあります。 これらの場合、患者さんの状態によっては自家移植(自己移植)でも十分な効果を期待できる場合がありますので、同種移植との選択を慎重に行う必要があります。[jmdp.or.jp] 神経原性腫瘍 末梢神経由来 (神経鞘腫、神経線維腫、悪性神経鞘腫) 交感神経節由来 (神経節細胞腫、神経節細胞腫、神経芽細胞腫) 傍神経節由来 (傍神経節腫) 髄外造血/骨髄脂肪腫 正常造血組織に類似 解答:髄外造血骨髄脂肪腫 傍椎体領域多発充実性腫瘤 脂肪を含む場合には髄外造血、骨髄脂肪腫も鑑別に挙げる。[trc-rad.jp] 神経細胞腫は(脳や脊髄以外にみられる)末梢神経系の癌であり、15歳未満の小児癌による死亡率の12%を占める。小児では脳腫瘍を除いて、最も多い固形腫瘍である。神経芽細胞腫患者の約50%がハイリスク群に属する腫瘍であり、極めて強力的な治療にもかかわらず長期生存率は乏しい。[cancerit.jp]

さらなる症状