Create issue ticket

考えれる34県の原因 末梢神経系関与

  • 急性アンフェタミン中毒

    また,残存する記憶障害にはアセチルコリン遊離抑制が関与するという。さらに,合成カンナビノイドは,末梢神経のCB2受容体やバニロイドVR1受容体との結合により,疼痛緩和,皮膚感覚消失,末梢血管拡張作用を持つ。また,統合失調症などの精神疾患では,CB1受容体に対する内在性カンナビノイドの反応障害が関与するという報告もある。[blog.goo.ne.jp]

  • 糖尿病

    糖尿病では、末梢神経の障害が多く、それには、代謝障害と微小血管障害による循環障害とが関与していると考えられます。末梢神経の細胞は、長い軸索突起(じくさくとっき)(神経線維)をもち、その周囲を髄鞘(ずいしょう)とシュワン細胞が取り囲んでいます。[kotobank.jp] 糖尿病性神経障害 神経系は、中枢神経系(ちゅうすうしんけいけい)(脳および脊髄(せきずい))と末梢神経系(まっしょうしんけいけい)に分けられ、後者はさらに体性神経系(たいせいしんけいけい)(知覚神経(ちかくしんけい)および運動神経)と自律神経系(じりつしんけいけい)(交感神経(こうかんしんけい)および副交感神経)に分けられます。[kotobank.jp]

  • 神経因性膀胱

    出典 小学館 家庭医学館について 情報 日本大百科全書(ニッポニカ) の解説 神経因性膀胱 しんけいいんせいぼうこう 排尿に関与する中枢および末梢 (まっしょう) 神経の障害によっておこる排尿障害を総称する。原因として神経の先天性および後天性の疾患がある。[kotobank.jp]

  • 家族性または散在性片麻痺性片頭痛

    現時点では病態不明も、末梢神経 ― 交感神経 ― 中枢神経(脊髄後角 下降疼痛抑制)の変化が複雑に関与しているものと想定。このため治療も多岐である(局所軟膏・各種内服剤(抗不安薬・抗てんかん薬・抗うつ薬等)・脊髄刺激電極・神経ブロック・拘縮予防のリハビリの組み合わせ)。[uchimichi-cl.jp]

  • 可逆性脳血管攣縮症候群

    三叉神経末梢性感作が拍動性頭痛に関与 脊髄背側路 視床 頭痛時 末梢性感作から中枢性感作に Q 血管 側頭動脈押さえると改善する人がいる fMRIでは否定的 感作がまだ完成してなければ効果があるのでは? Q CSDと三叉神経の関連 HMBG1が関連 CSDがおこると出てくる 三叉神経を刺激 Q発作時にセロトニンが抑制される ?[xn--u9jt92pgzf3lal41l.com]

  • 眼球振盪

    後天性眼振のうち、末梢性眼振は内耳の障害や視力障害によるものである。一方、中枢性眼振は中枢神経(小脳、脳幹の前庭系に関与する部分)の病変によるもので、前庭神経核、内束縦束、脳幹網様体など、また小脳の特に正中部に障害がある時に認められる。 眼振の治療は、原疾患の存在が明確である場合にはその治療を行う。[ja.wikipedia.org] 後天性眼振のうち、末梢性眼振は 内耳 の障害や 視力障害 によるものである。一方、中枢性眼振は中枢神経(小脳、脳幹の前庭系に関与する部分)の病変によるもので、前庭神経核、内束縦束、脳幹網様体など、また小脳の特に正中部に障害がある時に認められる。 治療 [ 編集 ] 眼振の 治療 は、原疾患の存在が明確である場合にはその治療を行う。[ja.wikipedia.org]

  • 便失禁

    3.神経関与する肛門括約筋の異常 外傷・腫瘍等により中枢神経・陰部神経・腰部脊髄に損傷がある場合、末梢の神経筋肉障害がある場合などが原因です。 老化による退行性変化(筋肉の衰えなど)が原因の場合もあります。 興奮したり、吠えたり、咳をしたりしたときには腹部が圧迫されて見られることが多く、 尿失禁が同時に見られることもあります。[warabee.jp]

  • ストリキニーネ中毒 

    体性神経に作用する薬物 体性神経は、意識的な活動に伴う感覚や運動に関与する神経で、興奮を中枢から末梢(骨格筋)に伝える遠心性の運動神経と、末梢(皮膚などの感覚器)から中枢に伝える求心性の知覚神経がある。骨格筋を麻痺させる薬物を筋弛緩薬といい、知覚神経を局所において麻痺させる薬物を局所麻酔薬という。[www-yaku.meijo-u.ac.jp]

  • 橈骨神経管症候群

    現時点では病態不明も、末梢神経 ― 交感神経 ― 中枢神経(脊髄後角 下降疼痛抑制)の変化が複雑に関与しているものと想定。このため治療も多岐である(局所軟膏・各種内服剤(抗不安薬・抗てんかん薬・抗うつ薬等)・脊髄刺激電極・神経ブロック・拘縮予防のリハビリの組み合わせ)。[uchimichi-cl.jp]

  • 末梢性筋障害

    体性神経に作用する薬物 体性神経は、意識的な活動に伴う感覚や運動に関与する神経で、興奮を中枢から末梢(骨格筋)に伝える遠心性の運動神経と、末梢(皮膚などの感覚器)から中枢に伝える求心性の知覚神経がある。骨格筋を麻痺させる薬物を筋弛緩薬といい、知覚神経を局所において麻痺させる薬物を局所麻酔薬という。[www-yaku.meijo-u.ac.jp]

さらなる症状