Create issue ticket

考えれる204県の原因 末梢性運動ニューロパチー

  • 絞扼性神経障害

    痛みのClinical Neuroscience(34) 運動器の痛み 6.断端神経腫や絞扼性神経障害のメカニズムと治療 Abstract 断端神経腫は,末梢神経の断裂に伴って生じる有痛性の偽神経腫であり,標準的な治療法がなく,治療に苦慮することもある.神経断端を適切に処理し,発生予防に努めることが重要である.絞扼性神経障害は体幹から四肢のさまざまな部位で生じ,絞扼神経によって知覚障害や運動障害を引き起こす.手根管症候群などは発生頻度も高く,絞扼部位の解剖学的構造や診断,治療法について理解しておくことが重要である. Full text loading...[…][pieronline.jp]

  • 慢性炎症性脱髄性多発神経炎

    疾患名 急性に進行 ギラン・バレー症候群 フィッシャー症候群 慢性に進行 慢性炎症脱髄多発根ニューロパチー(CIDP) MAG抗体陽性ニューロパチー 多巣運動ニューロパチー(MMN) ギラン・バレー症候群 急性に進行する末梢神経障害です。有病率は10万人あたり1 2人で、いずれの年齢層にも発症する可能性があります。[utanohosp.jp] 慢性 ( まんせい ) 炎症性 ( えんしょうせい ) 脱髄 ( だつずいせい ) 多発 ( たはつ ) 根 ( こん ) 神経炎 ( しんけいえん ) (CIDP)や 多巣 ( たそうせい ) 運動 ( うんどう ) ニューロパチー(MMN)はこの末梢神経が障害される病気です。[nihon-pharm.co.jp] 多巣運動ニューロパチー(MMN) 緩徐に進行する末梢神経障害で、有病率は10万人あたり0.5人です。中年で発症することが多く、男女比は2 3:1で男性に多い傾向があります。ガングリオシド抗体のうちGM1 IgM抗体が約半数の患者さんで検出され、末梢神経の髄鞘(電線のカバーに相当する部分)が障害されます。[utanohosp.jp]

  • ギラン・バレー症候群

    疾患名 急性に進行 ギラン・バレー症候群 フィッシャー症候群 慢性に進行 慢性炎症脱髄多発根ニューロパチー(CIDP) MAG抗体陽性ニューロパチー 多巣運動ニューロパチー(MMN) ギラン・バレー症候群 急性に進行する末梢神経障害です。有病率は10万人あたり1 2人で、いずれの年齢層にも発症する可能性があります。[utanohosp.jp] 多巣運動ニューロパチー(MMN) 緩徐に進行する末梢神経障害で、有病率は10万人あたり0.5人です。中年で発症することが多く、男女比は2 3:1で男性に多い傾向があります。ガングリオシド抗体のうちGM1 IgM抗体が約半数の患者さんで検出され、末梢神経の髄鞘(電線のカバーに相当する部分)が障害されます。[utanohosp.jp]

  • ダニ麻痺症

    犬のダニ麻痺症とは、メスの成長したダニが、犬の体から吸血する際に分泌した唾液によって、筋肉が麻痺してしまった状態のことです。 唾液腺から強力な神経毒を出すダニの多くは、アメリカとオーストラリアに集中しています。具体的には以下です。 運動麻痺を起すダニ 森林ダニ 正式名称 :Dermacentor variabilis 生息地域 :アメリカ東部・カリフォルニア州・オレゴン州 ロッキー山脈森林ダニ 正式名称 :Dermacentor andersoni 生息地域 :ロッキー山脈 カスケード山脈 ローンスターダニ 正式名称 :Amblyomma americanum 生息地域 :テキサス州・ミズーリ州[…][koinuno-heya.com]

  • ライム病

    News Scan 5人に1人は抗生物質による治療後も症状が消えない 休眠状態の「生残菌」が原因かも By Richard Bartz,via Wikimedia ライム病は本当に厄介な病気だ。マダニが媒介するこの感染症はかつて,簡単に克服できると考えられていた。マダニに咬まれた場所を中心にできる目玉のような赤い発疹が診断の決め手となるこの病気は,抗生物質を数週間服用すれば治るだろうと。だが米疾病対策センター(CDC)はここ数十年で,ライム病患者の5人に1人が治療後も疲労や痛みなどの症状を引きずっていることに気づいた。「治療後ライム病症候群」と呼ばれ,原因は不明だ。[…][nikkei-science.com]

  • 急性間欠性ポルフィリン症

    きゅうせいかんけつせいぽるふぃりんしょう 急性間欠性ポルフィリン症 ヘモグロビンを構成するヘムの合成に障害がおこり、精神症状や腹部症状が出る病気。ポルフィリン症の一種 3人の医師がチェック 19回の改訂 最終更新: 2019.02.19 POINT 急性間欠性ポルフィリン症とは[…][medley.life]

  • 肥大型間質性神経障害

    振戦、頭痛 不随意運動、協調運動低下、歩行障害、運動失調、めまい、知覚異常、頭蓋内圧亢進、末梢感覚運動ニューロパチー 皮膚 皮疹、光線過敏症、手指爪変色、脱毛 日光皮膚炎、皮膚青色化、紫斑、皮膚血管炎、血管神経性浮腫、蕁麻疹 眼 注2) 角膜色素沈着(12.3%) 視覚暈輪、羞明 眼がかすむ、視神経炎 肝臓 肝機能検査値異常[AST(GOT[kegg.jp] 229 多巣運動ニューロパチー(ルイス・サムナー症候群) 230 単クローン抗体を伴う末梢神経炎(クロウ・フカセ症候群) 231 脊髄筋萎縮症 232 球脊髄性筋萎縮症 233 脊髄空洞症 234 ハンチントン病 235 進行性核上性麻痺 236 線条体黒質変性症 237 ペルオキシソーム病 238 ライソゾーム病 239 クロイツフェルト・ヤコブ[ssri.com] 肺機能障害(7.9%) 胸部X線異常 喘息 血液 白血球減少、好酸球増加、好中球減少 ヘモグロビン、ヘマトクリット値の上昇及び低下、白血球増多、血小板減少、血液凝固異常 内分泌系(甲状腺) 甲状腺機能検査値異常(rT 3 の上昇、TSHの上昇及び低下、T 3 の低下、T 4 の上昇及び低下)(10.5%) 自律神経系 潮紅 流涎 中枢・末梢神経系[kegg.jp]

  • 末梢神経障害

    主要評価項目 用量制限毒性(DLT)、最大耐用量(MTD)、推奨用量(RD) 副次評価項目 Brief Pain Inventory (Short Form)の推移、末梢神経障害質問票(PNQ)の推移、CTCAE v4.0による末梢運動ニューロパチーおよび末梢感覚ニューロパチーの推移、有害事象(CTCAE v4.0)、心電図変化 試験の[rctportal.niph.go.jp] このほか、慢性炎症脱髄多発神経炎(CIDP)や多巣運動 ニューロパチー も、末梢神経障害の原因となる炎症の末梢神経障害として挙げられます。 糖尿病などの代謝性疾患 代謝に異常が起こる病気も末梢神経障害の原因となります。なかでも代表的な代謝性疾患は糖尿病です。[medicalnote.jp] 疾患名 急性に進行 ギラン・バレー症候群 フィッシャー症候群 慢性に進行 慢性炎症脱髄多発根ニューロパチー(CIDP) MAG抗体陽性ニューロパチー 多巣運動ニューロパチー(MMN) ギラン・バレー症候群 急性に進行する末梢神経障害です。有病率は10万人あたり1 2人で、いずれの年齢層にも発症する可能性があります。[utanohosp.jp]

  • ニューロパチー

    このほか、慢性炎症脱髄多発神経炎(CIDP)や多巣運動ニューロパチーも、末梢神経障害の原因となる炎症の末梢神経障害として挙げられます。 糖尿病などの代謝性疾患 代謝に異常が起こる病気も末梢神経障害の原因となります。なかでも代表的な代謝性疾患は糖尿病です。[medicalnote.jp] 慢性 ( まんせい ) 炎症性 ( えんしょうせい ) 脱髄 ( だつずいせい ) 多発 ( たはつ ) 根 ( こん ) 神経炎 ( しんけいえん ) (CIDP)や 多巣 ( たそうせい ) 運動 ( うんどう ) ニューロパチー(MMN)はこの末梢神経が障害される病気です。[nihon-pharm.co.jp] パターン6、対称の感覚障害と遠位部の反射消失があり、上位運動ニューロン徴候を伴うビタミンB12やビタミンE、銅欠乏による末梢ニューロパチーを伴う広範な変性症、進行性白質ジストロフィー(副腎脊髄ニューロパチー)を考える。ミエロパチーの合併疾患を検討する。[ja.wikipedia.org]

  • 多発性神経炎

    疾患名 急性に進行 ギラン・バレー症候群 フィッシャー症候群 慢性に進行 慢性炎症脱髄多発根ニューロパチー(CIDP) MAG抗体陽性ニューロパチー 多巣運動ニューロパチー(MMN) ギラン・バレー症候群 急性に進行する末梢神経障害です。有病率は10万人あたり1 2人で、いずれの年齢層にも発症する可能性があります。[utanohosp.jp] 慢性 ( まんせい ) 炎症性 ( えんしょうせい ) 脱髄 ( だつずいせい ) 多発 ( たはつ ) 根 ( こん ) 神経炎 ( しんけいえん ) (CIDP)や 多巣 ( たそうせい ) 運動 ( うんどう ) ニューロパチー(MMN)はこの末梢神経が障害される病気です。[nihon-pharm.co.jp] 免疫ニューロパチー 左右対称に四肢の運動・感覚障害を来たす末梢神経の病気です。2ヶ月以上の経過で進行する慢性炎症性脱髄性多発神経炎(CIDP)、数日から1週間程度で発症するギラン・バレー症候群が代表的疾患です。神経生理学的検査や髄液検査、抗ガングリオシド抗体の測定などを行い診断しています。[hospital.luke.ac.jp]

さらなる症状